ピクシブ百科事典

HAL研究所

はるけんきゅうしょ

株式会社HAL(ハル)研究所とはゲーム開発企業の一つ。略称は『HAL研』・『ハル研』。
目次[非表示]

概要

1980年2月21日に設立。略称は「HAL研」。英名は「HAL Laboratory,Inc.」。設立当初はゲームだけではなくハードウェアなどのコンピューター事業にも関わっていた。設立当時から技術力の高いメーカーとして知られていた。星のカービィシリーズの生みの親として有名で、カービィシリーズ及びハコボーイ三部作ではHALの文字を模ったブロックが登場している。
2020年2月に創立40周年を迎えた。→ 特設サイト

1998年以降使われている「犬たまご」のロゴマークは糸井重里がデザインしたもの。
社名の元ネタは「2001年宇宙の旅」に登場するコンピューター「HAL9000」。

ハル研究所の出資会社が任天堂と取引していたこともあり、早い時期にファミコン市場に参入した。
初めて任天堂ブランドとして発売されたのが『ピンボール』であり、後に社長に就任する岩田聡が最初に開発に携わった作品でもある。その後は自社ブランドとしてファミコン、スーパーファミコンで自社ソフトを販売したが、ソフトの売り上げ不振、山梨県での不動産投資に失敗したのが仇となり経営不振に陥ってしまう。
1992年に任天堂から支援を受けて和議を申請し、翌年に社員であった岩田聡が社長に就任する。その後パソコン製品関係を開発する株式会社ハル・コーポレーションが分社化されてからは、ハル研究所はゲームソフト開発のみ行うようになる。任天堂によって販売されたゲームボーイ用ソフト『星のカービィ』、ファミコンソフト『星のカービィ 夢の泉の物語』が立て続けにミリオンセラーを達成、1999年に無事再建を果たした。
一方でハル・コーポレーションはエッガーランドの復刻版をPC向けに販売していたが、2002年に解散した。
その後は基本的に任天堂のセカンドパーティーとして星のカービィを中心としたゲームの開発を行い、次々とヒット作を生み出すようになる。

これらの経緯もあって分社化される前の頃と今とでは全く別の企業と見られることが多い。事実『ティンクル☆ポポ』(後の『星のカービィ』)として開発していた頃に任天堂から作り直しを要求され、販売を任天堂が行うようになった際は社内で反発があったくらいである。今の任天堂との関係を知るユーザーには信じ難いだろう。

2017年にはスマートフォン向けゲームに「HAL EGG」というブランド名で参入。久々の自社オリジナルゲームの販売となる。

主な作品

自社ブランド作品

上記は後にカービィシリーズに小ネタとして盛り込まれている。

任天堂ブランド作品

スクウェアブランド作品

HAL EGGブランド作品

  • はたらくUFO
  • 歩数で勝負!!カメさんぽ

その他

外部リンク

関連タグ

個別

ゲーム 任天堂 

関連人物

桜井政博:カービィシリーズの生みの親。現有限会社ソラ社長。1989年-2003年在籍。
岩田聡:元・HAL研社長。2000年に任天堂取締役、2002年に任天堂社長に就任。
糸井重里:元・代表取締役。MOTHERシリーズ、会社ロゴ関係
石川淳:HAL研所属の作曲家

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「HAL研究所」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57419

コメント