ピクシブ百科事典

ハイパーゾーン

はいぱーぞーん

ハイパーゾーン(Hyper Zone)とはHAL研究所から発売されたスーパーファミコン用ソフト。後に発売された星のカービィ3の最終ステージの名前でもある。
目次[非表示]

コウトクテンヲネラエ ソシテ ツヨイセントウキデツギノエリアニススメ!

概要

1991年8月31日にスーパーファミコンソフトとして発売された3Dシューティングゲーム。
作曲は後にカービィシリーズに深く関わる石川淳が担当。HAL研究所が経営破綻する前の作品の一つであり、スーパーファミコン初期の隠れた名作として知られている。

パッケージを見るとSF系シューティングに見えるが実際は産業廃棄物処理のために作られた未来のアミューズメントパーク「ハイパーゾーン」という設定らしい…。詳しい解説はパッケージ裏、取扱説明書に記載されているが、中々カオスな内容になっている。

シューティングゲームとしては奥スクロールに分類され、目の前に現れる敵や障害物を蹴散らしていく至ってシンプルな構成。ステージの最後にボスが出現し、次のステージに進むことができる。全部で8ステージ。

発売から約7年後…

本作の発売から7年後に『星のカービィ3』のダークマターゼロとの戦闘ステージ名として「ハイパーゾーン」の名前が再び使われた。

カービィの方が記憶に残っているためか、2021年10月現在当タグが付いている絵8作の内6作がカービィ、1作が本作、もう1作がメイン画のHAL研設立40周年記念絵。

関連動画

全面クリア動画


BGM集


関連ダグ

HAL研究所 スーパーファミコン 星のカービィ3

外部リンク

HAL研公式サイト『WORKS』内作品紹介
Wikipedia

関連記事

親記事

HAL研究所 はるけんきゅうしょ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイパーゾーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77

コメント