ピクシブ百科事典

スマブラ

すまぶら

スマブラとは、1999年から続く任天堂の対戦アクションゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの総称。
目次[非表示]

概要

開発はHAL研究所(無印、DX)、ゲームアーツ(X)、ソラ(X以降)、バンダイナムコスタジオ(for以降)。ディレクターは『星のカービィ』の生みの親でもある桜井政博
英題は"Super Smash Bros."で、略称は"SSB"。
任天堂を中心としたゲームの著名なキャラクターたちが集結し、入り乱れて戦う対戦ゲームである。

ジャンル

ジャンルは「対戦アクションゲーム」。
基本システムは格闘ゲームに近いが、同ジャンルへのアンチテーゼというコンセプトで作られており、「体力ゲージがない」「ボタン一つで必殺ワザが簡単に使える」といった格闘ゲームの常識を覆す仕様は、今作ならではの大きな特徴となっている。
ランダムに変化するステージやアイテムに勝敗が左右されることもあり、パーティーゲームの要素を含んでいるともいえる。これにより「コンボやコマンドを覚えて勝つ」という格闘ゲームのセオリーを避け、「その場の状況に応じて適切な判断を下し、運を味方に付ける」アドリブ能力が試されるゲーム性となっている。
あくまで「闘」ではなく「闘」。

ただし便宜上に格闘ゲーム扱いされることもあり、近年では世界最大の格闘ゲーム大会"EVO"での『DX』の採用を機に、競技タイトルとしてeスポーツ方面から注目を集めている。

誕生の経緯

HAL研究所で桜井Dが岩田聡らと開発していた「格闘ゲーム竜王」がプロトタイプである。竜王という開発コードはHAL研究所の開発スタジオがある山梨県竜王町(現・甲斐市竜王新町)に由来する。
オリジナルのキャラクターでは注目が集まりにくいということで、キャラクターデザインに有名イラストレーターを起用する案や、アニメ作品などとのタイアップを行うことも検討されたが、最終的に任天堂のキャラクターを集結させるという構想に落ち着いた(※1)。
任天堂のキャラクターが格闘ゲームのように闘うというコンセプトは、当時の任天堂からはあまり好ましく思われず、宮本茂も試作品で遊ぶまで難色を示していたという話も残っている。また、社内コンペで一度はお蔵入り扱いになったが、別の作品(※2)がリリース不可能と判断されてこのスマブラが世に出たという逸話もある。
そのため発売当初はメディアでの宣伝も全くと言っていいほどなく、『ファミ通』のレビューも微妙、さらにクソゲーを扱った書籍で紹介されるなど滑り出しは芳しいものではなかった。
しかし、口コミによって次第に人気が集まり、最終的には大ヒットを記録。桜井Dも自ら公式サイト「スマブラ拳!!」を立ち上げ、テクニックの奥深さを解説、ユーザーと積極的に交流していくことで現在に至るまでのムーブメントを作り上げた。
参戦すればシリーズやキャラクターの知名度向上に繋がることから、任天堂からの評判も厚く、新ハードを売り出す上でのキラータイトルとしての地位を確立。シリーズはすべてミリオンセラーを記録している(※3)。
今作の影響で、キャラクターや原作ゲームの知名度・人気が上昇した作品も多い(※4)。

  • ※1:シリーズが続いたことで著名な人物が原作イラストやデザインを手掛けたファイターが参戦したり、新ファイター紹介アニメーションが制作されたりしているので最終的にはいずれも採用されたといっていいだろう。
  • ※2:当初N64(64DD)ソフトとして開発されていた『MOTHER3』である説が濃厚。こちらもHAL研究所が当初メインとして関わっていた。
  • ※3:『for 3DS』と『for WiiU』を合算した場合。『for WiiU』のみ75万本に留まっている。
  • ※4:特に『メトロイド』シリーズの知名度向上や、『ファイアーエムブレム』シリーズの海外展開などに大きな影響を与えた。なお、『EARTH BOUND』こと『MOTHER2』の北米で当初は不評扱いだったのが、スマブラでネスが参戦した事で何者なのかと興味を持たれて作品が知られて再評価された事で現在でも根強い人気に繋がったとされている。

参戦の基準

オールスターゲームという性質上、誰が参戦するのか(あるいはしないのか)はユーザーの大きな関心事であり、新作発表のたびに各コミュニティでは予想・妄想が盛んになる。
最新作のキャラクターが宣伝を兼ねて参戦することもあれば、レトロゲームのキャラクターが思わぬ形で復活してユーザーを驚かせることもある。
公式もこれをサプライズと捉えており、『X』以降は凝りに凝った「参戦ムービー」を制作して話題作りに励んでいる。
しかし、他社からの新規ファイターが多数登場するようになった『for』から、このキャラを参戦してほしいというスパムがスマブラ関係者のTwitterなどで大量に送られる迷惑行為が起き始めた。これに対し桜井氏は大分参り、バンナムの原田氏は怒りをあらわにし、遠回しに「スパムの要望キャラは参戦させない」ように捉えられるコメントを述べていた。ソース
また、これらの声は当然該当ゲームの原作者側にも認識されておりコーエーテクモの安田氏は(リュウ・ハヤブサの参戦要望の声に対して)招待状お待ちしています(笑)。」と回答している。

また、ゲームが原作では無いアニメ及び漫画発のキャラクターの参戦要望もよく話題に挙がるが、これに関しては桜井氏はいつの時代もキッパリ「参戦はない」と否定している。以下TGS 2019での桜井氏の発言。
「俺の好きなアイアンマンはいつ出るんだとか、俺の好きな悟空はいつ出るんだとか、そういうことが海外からも色々飛んできてまして、でもやっぱり基本的には、ゲームマターで出るものが基本ですから

基本的にキャラクターを戦わせるゲームであるため、戦わせても違和感のないアクションゲームRPGのキャラクターが選ばれやすい傾向にある。ただし、先述の通り「格闘ゲームのアンチテーゼ」という面があるためか、本場の格闘ゲームのキャラクターは長い間参戦しなかった。
桜井Dは過去に「戦闘にふさわしくないキャラクターというのはどうしても『スマブラ』には出しにくい」と発言していたものの、『for』ではむらびとWiiFitトレーナーまでが電撃参戦しており、ある程度の融通は利くようである。ファイターの中では「F-ZERO(レースゲーム)」「スターフォックス(シューティングゲーム)」「どうぶつの森(スローライフゲーム)」「WiiFit(フィットネスソフト)」はとりわけ参戦者においては少数派のゲームジャンルである事が異彩を放っている。
また、スマブラの参戦に伴い付けられた独自の名称がそのまま正式なキャラ名となったキャラクターも少なからず存在する(例:ゼロスーツサムストゥーンリンク等)。
また、原作のキャラクターとは別に全く別の名前で参戦しているキャラクターも存在する(例:ピクミン&オリマーロゼッタ&チコ)。

『X』以降は、任天堂以外の他社からゲストキャラクターが参戦しており、可能性の幅が広がっている(※1)。
『X』ではコナミセガ、『for』では諸事情でコナミが外れるも新たにカプコンバンダイナムコゲームススクウェア・エニックスと増え、『SPECIAL』では再びコナミが加わったことや新たにATLUSMicrosoftSNKMojang ABディズニーが加わったことで、他社キャラクターのみでの乱闘が可能なほど充実している。
プレイアブルキャラクター以外にもアイテムやステージやBGMにも他社作品の要素が入っており、ますますバラエティ豊かになっている。

他社キャラクターの参戦条件は『X』当時に明かしたところでは「任天堂のゲーム機のソフトとして発売されたことがあること」、「任天堂のゲーム機のソフトとして貢献した作品であること」などが根底にあるようである。
もっとも、『for』で初参戦した『ファイナルファンタジーⅦ』のクラウド(※2)や『SP』で参戦した『ペルソナ5』のジョーカー(※3)はこの基準を満たしていると言えず、新たな基準として「将来的に新作の見込みがある作品」「世界的にも著名なゲームのキャラクター」から選出対象が広まったフシがある。

『バンジョー&カズーイ』は元々、任天堂傘下だったレア社マイクロソフトに売却された関係で、版権も同社に移った元・任天堂キャラクターであり、スマブラ参戦により里帰りを果たすという異例の事態となった。

テリー』の参戦は90年代以降『SNK』が直接任天堂のゲーム機で作品を出していないが(ファミコン時代は自社AC作品の移植など出していた)、他社による移植作品がある・バーチャルコンソールアーケードでネオジオ作品が移植されている為に任天堂とは全く縁が無かったわけではない。

スティーブ/アレックス』はあの世界一売れたゲームMinecraftとのコラボを実現。Minecraftのスマブラ参入は多くのユーザーから不可能と言われていた程であり、スティーブ/アレックスの参戦がインディーゲームを始めとするより多くのゲームの参入の可能性を作ることとなった。

カズヤ』の参戦は当初「間合いの戦いである鉄拳座標の戦いのスマブラにゲーム性が合いにくい」とされていた事から見送られていたタイトルだったが、これは当初平八で考えていた事もある。またデビル化という特徴を持つカズヤに着目した事で実現した。これでようやくバンナムからの参戦ファイターはパックマンのみという物足りなさはひとまず解消された。

  • ※1:そのため、『初代』のタイトルと『DX』のオープニングムービーで表示された「ニンテンドー(64の頃はニンテンドウ表記)オールスター」の文言は、以降のシリーズでは削除された。
  • ※2:一応、『キングダムハーツ チェインオブメモリーズ』(ゲームボーイアドバンス版)で登場はしているが、『ファイナルファンタジー』シリーズとして任天堂ハードに出た試しは『for』で発表された時点では無かった。 もっとも、旧作ナンバリングや派生作品など7に限らない『ファイナルファンタジーシリーズ』全体でみれば、任天堂ハードで出ている作品は多数存在する。
  • ※3:任天堂ハードへの出演は『ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス』(ニンテンドー3DS)と、参戦後の発売である『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ』(Nintendo Switch)のみである。もっとも、『ペルソナシリーズ』の派生元作品である『真・女神転生シリーズ』は任天堂ハードでナンバリングが発売されている。

設定・世界観

スマブラは「この世界」と呼ばれる、原作ゲームと異なる世界が舞台である。
登場するキャラクターはそれぞれの世界の彼らを元にしたフィギュア(※1)で、イメージの力を命として吹き込まれたことで戦っている。

ゲーム中で行われる「大乱闘」はスポーツのような扱いで、試合中は観客から声援が送られ、試合後は敗者が勝者を拍手でたたえる演出がされている(例外あり)。
あくまで「試合」であり、それを成立させるために、一部の能力を使わずに戦うファイターも存在する(※2)。
一人用モードは、フィギュアが創造主のマスターハンドに打ち勝ち、元の存在に還るという筋立てになっている。ただし、新作ごとにマスターハンドを上回る「真のラスボス」が存在し、その中には「この世界」に対する共通の敵でもある『亜空の使者』の亜空軍、『灯火の星』のキーラが確認されている。

これらの設定は『初代』の際に糸井重里が出したアイディアを基に、シリーズを重ねるごとに掘り下げていったものである。ただ、設定の提示はかなり抽象化されており、プレイヤーの想像にゆだねられている部分も大きい。また作品ごとに食い違う部分もある(※3)。

「参戦ムービー」では、スネークらが「招待状」を受け取ったことでファイターとして参戦している。各原作ゲームの世界から「この世界」に招待されたようにも見えるため、先述のフィギュア設定と食い違うが、以下のような解釈が可能である。

  • あくまで「参戦ムービー」はファイターの参戦を盛り上げるための映像であり、ゲーム本編の設定とは無関係である。
  • 「参戦ムービー」で繰り広げられている内容も「この世界」の一部で、非ファイターのキャラクターもすべて「この世界」の住人である。
なお、この「招待状」は非常に貴重なものであり、世界中で求められているらしい(※4)。

ゲームとして成立させるため、原作との整合性はあえて無視されている部分もある。たとえば公式設定での身長はカービィが20cm、ピカチュウが40cm、オリマーが3cmだが、スマブラ内では大差ない(※5)。

原作とは異なるスマブラ独自のキャラ付けがされている場合もあり、これは初期から参戦しているキャラクターほど顕著である。一方でキャプテン・ファルコンの「ファルコンパンチ」、カービィのコピー能力「スマブラ」など他の媒体にスマブラ要素が取り入れられたケースもある。

  • ※1:『初代』ではぬいぐるみのような扱いだったが、『DX』以降はフィギュアで統一される。
  • ※2:マスターソードのガノン特効効果を使わないリンク、ホバリング能力に制限のあるカービィ、ワイルド能力を使わずアルセーヌのみで戦うジョーカーなど。
  • ※3:『X』の『亜空の使者』内には「ファイターは戦うことで存在を維持しており、戦闘不能になるとフィギュアに戻る」という設定があった。背景などではシリーズ通して非ファイターが登場して動いている、など。
  • ※4:ジョーカーはゲームアワードの映像ジャックという設定で発表されたムービーにて招待状を華麗に盗んで参戦を予告。テリーはSNKキャラたちが招待状を巡って争奪戦をしているのをよそに落ちてきた招待状を拾って参戦した。これらは「参戦を希望されているキャラクターが非常に多いにもかかわらず、実現できるのは一握り」というスマブラの実情を反映したメタネタでもあると思われる。
  • ※5:あくまでこれはゲーム上の都合。『亜空の使者』のムービーでは、オリマーはピクミン共々非常に小さい姿だった。

音楽

音楽は原作ゲームのアレンジを主としており、キャラクターのみならず楽曲もオールスターである。
シリーズを重ねる毎に収録楽曲が多くなり、『X』ではCD5枚に収まるか収まらないかくらいの楽曲数を誇り、『for』ではさらに前作を上回っており、『SP』に至ってはステージ曲だけでも800曲以上、それ以外を含めると900曲前後(※)にまで至っている。これは全て通しで再生すると全部再生しきる前に一日が終わってしまうほどのボリュームである。
楽曲を多用する近年のRPG作品よりも桁違いの数で、ソフトの値段を考えると「豪華なサウンドトラックを買ったらおまけでスマブラがついてきた」と揶揄されるほど(特にDLCファイターに付いてくる楽曲は量が多ければDLC価格で本当に採算取れるのかと逆に心配になる程)。また、クロスオーバー作品でもここまで巨大化した収録曲数はそうそう無い。
なお、楽曲の権利関係が複雑なためサントラ化は困難だが、クラブニンテンドーでのキャンペーン限定でいくつかの楽曲のみをチョイスしたサントラ化がされたことがある。非売品であり、商品化はされていない。
コンポーザーの参加も少なくとも任天堂作品としても桁違いであり、著名なゲーム作曲家が多数参加したことも話題となった。

元々は据え置き型ゲーム機の作品だった故にどこでも収録曲が聴けるとはいかなかったが、初の試みであった携帯ゲーム機でのスマブラ「for3DS」では本体スリープでも聴く事ができる仕様だった為、ポータブル音楽プレイヤーの機能が付き、「SPECIAL」では据え置き機と携帯ゲーム機の両方の特徴を持つニンテンドースイッチで本格的に持ち運びながら聴けるようになった。

※2021年10月時点でDLCファイターと一緒に付いてくるもの(+一部Miiファイターのコスチュームなどに付属する曲)を含めるとそれまでのサウンドテストの曲を全て出していた場合、最終的に1068曲という4桁の大台に達している。サウンドテストで聴けないファイター達のファンファーレ等を含めると既に膨大になっている計算になる。サウンドテストで聴けるもので全曲通し再生で発売当初から既に37時間を超えている

基本ルール

各キャラの持つ技やアイテムを駆使して相手にダメージを与える――ところまでは通常の格闘ゲームと同じだが、スマブラではダメージをいくら与えても、それだけでは相手を倒す事は出来ない。
その代わり、ダメージが蓄積されると攻撃で吹っ飛ばされる速度・距離が増加するので、相手を画面外(上下左右どこでも良い)までふっとばすことで"倒した"事になる。
相手を場外へとKOしたことを「撃墜」といい、これによる得点を競うのがスマブラの基本ルールである。
(つまり、本作ではリングアウト負けが基本である。プレイヤー間では「バースト」とも言われる)

このシステムにより、どれだけダメージを受けてもステージに復帰さえ出来れば負けず、逆にダメージ量が少なくとも足場から転落して復帰に失敗すれば即座に負けるという、常に油断はできないが初心者でも十分戦えるゲーム制となっている。

ちなみに、『DX』以降は通常の対戦格闘のように体力制(一定量のダメージで敗北)にすることも出来る。
(『for』までの体力制は1ストック制かつ記録されないスペシャル乱闘扱い。もちろん通常の乱闘同様に画面外に吹っ飛ばされてもアウト)

基本操作

※攻撃は「ワザ」と表記され、漢字表記の「技」は本シリーズでは誤りとなる。N64版は初代と表記。

移動
基本的にスティックを使用する。
左右にスティックを倒すと傾きに応じて歩行のスピードが変化。スティックを弾くことでステップ→ダッシュが可能。
上に弾くか「X/Y」ボタンでジャンプ。またほとんどファイターは1度だけ・一部のキャラクターは複数回、空中ジャンプが可能。
下に倒すとしゃがみ、『X』以降は一部のキャラクターのみしゃがみ歩きができる。すり抜け可能な薄い床に乗っている時に下に弾くと、その場で真下に降りることができる。

通常ワザ
A(Wiiリモコン単独の場合は2)」ボタンを使用。
Aボタンのみの弱攻撃、スティックを倒して押す強攻撃、スティックを弾いて押す(Wiiリモコン単独の場合、1・2ボタンの同時押しでも可能。『for』以降ではそれ以外の場合でもA・Bボタンの同時押しで出せる)スマッシュ攻撃がある。『DX』以降はスマッシュ攻撃をボタン長押しで溜めることが出来る(スマッシュホールド)。
空中では攻撃ワザが変化し、上・下・前・後・ニュートラル(スティック入力無し)の5種類。
他、ダッシュ攻撃、起き上がり攻撃、がけつかまり攻撃などがある。

必殺ワザ
B(Wiiリモコン単独の場合は1)」ボタンを使用。
通常・横・上・下の4種類(初代のみ横を除いた3種類)。
その名の通り、通常ワザよりも特殊ないし強力な能力を持つが、大抵は隙といった弱点も大きくなる。中には攻撃を反射するなど特殊な効果を持つワザもある。
とりわけ上必殺ワザはほとんどのキャラが上昇しながら繰り出すため、横方向に移動する横必殺ワザ共々吹っ飛ばされた時の復帰には必須となる(例外有り)。
『X』以降はアイテム・スマッシュボールを取得した後(『SP』ではゲージ制が追加)の一度だけ、通常必殺ワザが最後の切りふだになる。

シールド
いわゆるガード。スティックを軽く入力することでシールドの位置をずらせる。
攻撃を受けたり時間が経つとシールドが小さくなっていき、攻撃を防げる範囲が狭くなっていく。
シールドが完全に無くなるとシールドブレイクとなり、真上に軽くふっとばされた後ふらふら状態となりしばらく動けなくなる。
攻撃を受ける直前にシールドを張る(『SP』では攻撃を受ける直前にシールドを解く)とジャストシールドが成立。シールドが一切削れず、シールドを解く際の硬直が非常に短くなって攻撃でキャンセル可能になる。
ただしジャストシールドが成立しなくても、ジャンプや上スマッシュ・弾き入力しながら上必殺技などで、シールドを解くスキを出さないガードキャンセルが可能である。

なお、プリンだけシールドブレイク時の吹っ飛びが極端に多く、天井が無い限りそのままバーストする(天井がある場合は受け止められ、地面に落ちた時に他キャラ同様ふらふら状態となる)。
ヨッシーのシールドは卵型で、小さくならない代わりに色が黒ずんでいく。

緊急回避
シールド中に弾き入力を行うことで攻撃をかわす操作。キャラの向きに応じて前方か後方か変化する。『DX』以降はその場回避(下入力)や空中でも使用可能になった。

『X』『for』は空中回避のしりもち落下が廃止され、連続して使えるようになった。
『SP』では1度の浮遊~攻撃被弾までにつき1回しか使えなくなった。代わりにその場回避の終わり際のスキが事実上少し減った。

つかみ
つかみボタンを入力するか、シールドボタンを押しながら攻撃ボタンを入力することで相手をつかむことができる。
この時にスティックを倒して攻撃ボタンを押すことで相手を投げる。初代は左右投げのみだが、『DX』以降は上下投げが追加し投げる操作はスティックを倒すだけでOK、攻撃ボタンはつかみ時の攻撃に使用される。
ドンキーコングは相手をつかんで運ぶことが可能で、つかんだ相手を道連れにして場外に飛び降りるケースもよくある。リンク・サムスなどは「ワイヤーつかみ」であり、隙が大きいがつかめる範囲が広く、遠くからガケにつかまることも可能。
なお、つかんだままでいると初代のみ強制的に前方投げとなるが、『DX』以降はつかみが解除される(つかみはずし)。

ダッシュ中に後ろに振り向くと同時につかみボタンを入力することで「ふりむきつかみ」となり、相手を掴める距離が通常よりも長くなる。

アピール
読んで字のごとく。攻撃は出来ない(一部例外キャラは存在するが、『X』以降のルイージでもない限り威力は皆無)。
カービィのコピー能力を捨てるコマンドでもある。
ボタンの位置は押しにくい/ゲームでめったに押さないような箇所にある場合が多い。
『DX』までは、一人用モードで敵を倒してアピール(≒勝ち挑発)をするとボーナス点数がつくシステムがあった。

『DX』以降は特定のキャラが特定ステージで使用できるスマッシュアピールが追加。成功すると仲間と通信会話が出来る。
シリーズを通してスターフォックス勢が対応しているが、加えて『X』ではスネーク、『for WiiU』ではピットも対応している。

『X』以降はアピール種類が増え、方向キーの上(Wiiリモコン単独ではニュートラル)/横/下で変化する。
当然、キャラを撃墜してから行うのが基本だが、友人とプレイする時はあまりやりすぎるとリアルファイト(またはアピール後も執拗に狙われたり)になる可能性もなくはないので、ご利用は計画的に。

ファイター

プレイヤーが操作可能なキャラクターはファイターと呼ばれ、各ファイター達はキャラクター本人ではなく、人形(『初代』)やフィギュア(『DX』)にイメージが吹き込まれることで動き出した存在とされる。前述の通りサイズの縮尺が合っていないのもその為。
ファイターの性質は吹き込まれたイメージにもよるようで、あまりに強烈かつ偏ったイメージを受けたフィギュアが禁忌の存在と成り果てた例もある。 
尚、フィギュアの「持ち主」については一切不明だが、『初代』のOPを見る限り作中にも一応登場してるようだ。つまり、スマブラの戦いとは「持ち主がフィギュアを使って行うブンドドのようなもの」と考えられる。

一覧

  • 『X』以降では、任天堂内に留まらず他社のキャラクターも参戦している。版権はamiibo一覧やスマブラ・原作公式サイト等で参照。
  • 後述の表はスマブラでの名称を記載している(例としてサムス・アランサムスソニック・ザ・ヘッジホッグソニックとしている)。
  • 隠しファイターか否かについては各スマブラシリーズ作品の記事を参照。


記号の意味

記号意味
基本ファイター
モデルチェンジファイター(ダッシュファイターを含む)
変身・交代して戦うファイター
ダウンロードコンテンツとして追加されたファイター
ダウンロードコンテンツかつ変身・交代して戦うファイター
×使用不可能(登場しない、またはファイター以外の役割でのみ登場)


ファイター一覧

Noファイター出典シリーズ64DXXforSP
01マリオスーパーマリオブラザーズ
02ドンキーコングドンキーコング
03リンクゼルダの伝説
04サムスメトロイド
04'ダークサムスメトロイド××××
05ヨッシーヨッシーアイランド
06カービィ星のカービィ
07フォックススターフォックス
08ピカチュウポケットモンスター
09ルイージスーパーマリオブラザーズ
10ネスMOTHER
11キャプテン・ファルコンF-ZERO
12プリンポケットモンスター
13ピーチスーパーマリオブラザーズ×
13'デイジースーパーマリオブラザーズ××××
14クッパスーパーマリオブラザーズ×
15アイスクライマーアイスクライマー××
16シークゼルダの伝説×
17ゼルダゼルダの伝説×
18ドクターマリオスーパーマリオブラザーズ××
19ピチューポケットモンスター×××
20ファルコスターフォックス×
21マルスファイアーエムブレム×
21'ルキナファイアーエムブレム×××
22こどもリンクゼルダの伝説×××
23ガノンドロフゼルダの伝説×
24ミュウツーポケットモンスター××
25ロイファイアーエムブレム××
25'クロムファイアーエムブレム××××
26Mr.ゲーム&ウォッチゲーム&ウオッチ×
27メタナイト星のカービィ××
28ピット光神話・パルテナの鏡××
28'ブラックピット光神話・パルテナの鏡×××
29ゼロスーツサムスメトロイド××
30ワリオメイドインワリオ××
31スネークメタルギアソリッドコナミ×××
32アイクファイアーエムブレム××
-ポケモントレーナー(※1)ポケットモンスター×××
33ゼニガメポケットモンスター×××
34フシギソウポケットモンスター×××
35リザードンポケットモンスター××
36ディディーコングドンキーコング××
37リュカMOTHER××
38ソニックソニック・ザ・ヘッジホッグセガ××
39デデデ星のカービィ××
40ピクミン&オリマー(※2)ピクミン××
41ルカリオポケットモンスター××
42ロボットファミリーコンピュータロボット××
43トゥーンリンクゼルダの伝説××
44ウルフスターフォックス×××
45むらびとどうぶつの森×××
46ロックマンロックマンカプコン×××
47Wii FitトレーナーWiiFit×××
48ロゼッタ&チコスーパーマリオブラザーズ×××
49リトル・マックパンチアウト×××
50ゲッコウガポケットモンスター×××
51Mii 格闘タイプMii / 大乱闘スマッシュブラザーズ×××
52Mii 剣術タイプMii / 大乱闘スマッシュブラザーズ×××
53Mii 射撃タイプMii / 大乱闘スマッシュブラザーズ×××
54パルテナ美神話・パルテナの鏡×××
55パックマンパックマンバンダイナムコ×××
56ルフレファイアーエムブレム×××
57シュルクゼノブレイド×××
58クッパJr.(※3)スーパーマリオブラザーズ×××
59ダックハントダックハント×××
60リュウストリートファイター(カプコンU.S.A.)×××
60'ケンストリートファイター(カプコン)××××
61クラウドファイナルファンタジースクウェア・エニックス×××
62カムイファイアーエムブレム×××
63ベヨネッタベヨネッタ(セガ)×××
64インクリングスプラトゥーン××××
65リドリーメトロイド××××
66シモン悪魔城ドラキュラ(コナミ)××××
66'リヒター悪魔城ドラキュラ(コナミ)××××
67キングクルールドンキーコング××××
68しずえどうぶつの森××××
69ガオガエンポケットモンスター××××
70パックンフラワースーパーマリオブラザーズ××××
71ジョーカーペルソナATLUS××××
72勇者(※4)ドラゴンクエスト(スクウェア・エニックス)××××
73バンジョー&カズーイバンジョーとカズーイの大冒険Microsoft××××
74テリー餓狼伝説SNK××××
75ベレト/ベレスファイアーエムブレム××××
76ミェンミェンARMS××××
77スティーブ/アレックス(※5)MinecraftMojang AB××××
78セフィロスファイナルファンタジー(スクウェア・エニックス)××××
79ホムラゼノブレイド××××
80ヒカリゼノブレイド××××
81カズヤ鉄拳(バンダイナムコゲームス)××××
82ソラキングダムハーツディズニー××××

※1:ポケモントレーナー自身は戦わず、3匹の手持ちポケモンを操作する。
※2:『for』以降ではカラーバリエーションとしてピクミン&アルフも参戦。
※3:カラーバリエーションとしてクッパ7人衆も参戦。
※4:デフォルトは『Ⅺ S』の勇者。カラーバリエーションとして『Ⅲ』『Ⅳ』『Ⅷ』の勇者も参戦。
※5:カラーバリエーションとしてゾンビエンダーマンも参戦。

作品別の参戦ファイター数

作品初期隠しDLC合計
6484-12
DX1411-25
X2114-35
for 3DS3912758
for Wii U438758
SP11631286

※変身・交代可能なファイターは、1体として纏めている。

ファンファーレ

勝利時のファンファーレは、基本的に出典のシリーズごとに決められているが、『X』以降ではシリーズが同じファイター同士でも違うファンファーレが流れるケースがある。
また、『MOTHER』シリーズなどのように作品ごとに別々のBGMが流れることもある。

動画(64~SPまで) 動画(SPのみ)

シリーズ / ファイター曲名出典
マリオ(下記を除く)コースクリアスーパーマリオブラザーズ
クッパ軍団(『for』以降)〃(エレキギターVer.)
ロゼッタ&チコOverture / Super Mario Galaxyスーパーマリオギャラクシー
ドンキーコング、ディディーコングBonus Winスーパードンキーコング
キングクルールTHE PIRATE SHIPスーパードンキーコング
ゼルダの伝説(『64』『DX』)メインテーマゼルダの伝説
〃(『X』以降)トライフォース入手
サムス、ゼロスーツサムスアイテム取得/ボス撃破メトロイド
ダークサムス、リドリー〃(バロックVer.)
ヨッシーヨッシー・ストーリーヨッシーストーリー
カービィ、デデデカービィダンス星のカービィ
メタナイト〃(エレキギターVer.)
スターフォックスメインテーマスターフォックス64
ポケットモンスターメインテーマポケットモンスター 赤・緑
ネス(『64』『DX』)エイトメロディーズMOTHER2 ギーグの逆襲
MOTHER(『X』『for』)MOTHER EARTHMOTHER
〃(『SP』)EIGHT MELODIES
キャプテン・ファルコン(『64』『DX』)GOAL FANFAREF-ZERO X
〃(『X』以降)Finish to GoF-ZERO GX
アイスクライマーステージクリアアイスクライマー
ファイアーエムブレム(下記を除く)ファイアーエムブレムのテーマファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣
ルキナ、クロム、ルフレ(『SP』)「I」~為ファイアーエムブレム 覚醒
カムイ(『SP』)if~ひとり思う~ファイアーエムブレムif
ベレト/ベレスフレスベルグの少女~風花雪月~ファイアーエムブレム 風花雪月
Mr.ゲーム&ウォッチ(『DX』)(オリジナルBGM)大乱闘スマッシュブラザーズDX
〃(『X』以降)(オリジナルBGM)大乱闘スマッシュブラザーズX
ピット、パルテナタイトル光神話 パルテナの鏡
ブラックピットブラックピットのテーマ新・光神話 パルテナの鏡
ワリオ(オリジナルBGM) ※1大乱闘スマッシュブラザーズX
スネークMETAL GEAR SOLID MAIN THEMEメタルギアソリッド
ソニックMISSION CLEAR(原曲)ソニック・ザ・ヘッジホッグ (2006)
ピクミン&オリマーメインテーマピクミン
ロボットブロックセットMEMORY スタート
どうぶつの森タイトルどうぶつの森
ロックマンTITLEロックマン2 Dr.ワイリーの謎
Wii Fit トレーナーミニゲーム リザルトWii Fit
リトル・マック勝利パンチアウト!! (FC)
Mii(『for』)メインテーマ大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U
Mii(『SP』)命の灯火大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
パックマンスタートパックマン
シュルク名を冠する者たちゼノブレイド
ホムラ/ヒカリ戦闘!!ゼノブレイド2
ダックハントゲームA・B スタートダックハント
ストリートファイターステージ終了ストリートファイターII
クラウドファンファーレファイナルファンタジーVII
セフィロス再臨:片翼の天使 ~Advent: One-Winged Angel~(原曲)ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
ベヨネッタLet's Hit The Climax!、GM04 バースリザルトジングル(原曲)ベヨネッタ
インクリングバトル 勝ちジングルスプラトゥーン
悪魔城ドラキュラclear悪魔城ドラキュラ
ジョーカー(下記を除く)勝利(原曲)ペルソナ5
〃(メメントス+『P4』BGM)Period(原曲)ペルソナ4
〃(メメントス+『P3』BGM)戦いのあと(原曲)ペルソナ3
勇者序曲(原曲)ドラゴンクエスト
バンジョー&カズーイジグソーピースかくとくバンジョーとカズーイの大冒険
テリー結果が全て餓狼伝説
ミェンミェンARMSグランプリ公式テーマARMS
スティーブ/アレックス進捗達成(原曲)Minecraft
カズヤなし ※2-
ソラHand in Handキングダムハーツ
※1:アレンジ楽曲「ワルイージピンボール」でも聞けるフレーズで、後に『ワリオランドシェイク』の「アヤヤンいせき」にも使われている。冨田朋也によると「任天堂からもらった曲で『スマブラX』には関わっていない」とのこと。
※2:個人戦に限り専用の勝利アナウンスが入る。「Kazuya Mishima wins!」

シンボル

シリーズ別のシンボル。基本的にファイターかステージに要素を出展しているシリーズにのみ与えられている。

シリーズシンボル備考
大乱闘スマッシュブラザーズ十字に切られた円クロスオーバーと4人対戦を表している
大乱闘スマッシュブラザーズDX照準?戦場にカーソルを合わせると現れるシンボル
マリオスーパーキノコ
  • 『初代』のメタルマリオ戦では金属化したキノコのシンボルが使用されている
  • 『X』以降は斑点が出現しよりスーパーキノコっぽくなった
ドンキーコングDK『X』以降はデザインが変化
ゼルダの伝説トライフォース
メトロイド デザインが変化しているが、そもそもシリーズロゴがスクリューアタックを基にしたものである(「S」はサムスのイニシャルだと思われる)
ヨッシーヨッシーのたまご『X』以降は向きが変わった
星のカービィワープスター
スターフォックス「スターフォックス」のシンボル『X』以降はデザインが変化
ポケットモンスターモンスターボール『X』以降はデザインが変化
MOTHER「O」の地球『X』以降はデザインが変化
F-ZEROキャプテン・ファルコンのヘルメットに描かれているハヤブサ
アイスクライマーボーナスステージのナス
ファイアーエムブレムファルシオン『X』の対戦勝利画面では通常のデザインとは違うデザインのものが使用されている
ゲーム&ウオッチアラームの人『X』以降はデザインが変化
光神話 パルテナの鏡パルテナの神弓
ワリオW
メタルギア
  • 「FOX」のシンボル(『X』)
  • !(『SP』)
小島プロダクションの脱退によりデザインが変化
ソニックソニックチームのロゴ
ピクミンピクミンの花
ファミリーコンピュータ ロボット『ジャイロ』
どうぶつの森たぬきち商店のシンボルや家具のアイコンの葉っぱ
ピクトチャットデュアルスクリーン(DSのロゴの一部)
エレクトロプランクトンナノカープ
ロックマン歯車
Wii Fit「ダンスのポーズ」を執るWii Fit トレーナー
パンチアウト!!ボクシンググローブ
パックマンピザ欠けパックマン
ゼノブレイドモナド
ダックハントカモ
バルーンファイト2つの風船
Nintendogsイヌの肉球
すれちがい伝説王さまの帽子
トモダチコレクションマンション
レッキングクルードラム缶
パイロットウイングスライトプレーン
Wii Sportsウーフーアイランド
Miiverse『Miiverse』のアイコン
ストリートファイタータイトルロゴの「SF」
ファイナルファンタジータイトルロゴの「FF」
ベヨネッタアンブラの時計
スプラトゥーンイカ
悪魔城ドラキュラ悪魔城のシルエット
ペルソナ心の怪盗団のシンボル何故か『ペルソナ5』のみを表すシンボルになっている
ドラゴンクエストロトのしるし
バンジョーとカズーイの大冒険ジグソーピース
餓狼伝説テリーのジャケットの☆
ARMS『ARMS JAPAN GRAND PRIX』のロゴのアーム
Minecraftブロック
鉄拳一八のグローブ(鉄拳)
キングダム ハーツタイトルロゴの王冠
MiiアイコンのMii『SP』でMiiのゲームのスピリットに使用されている

関連タグ

製作・販売
任天堂
HAL研究所
ソラ
バンダイナムコ
タイトル
ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ
大乱闘スマッシュブラザーズDX
大乱闘スマッシュブラザーズX
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
全体
スマッシュブラザーズ
コラボレーション
クロスオーバー
キャラクター
謎のザコ敵軍団
マスターハンド
クレイジーハンド
亜空軍
タブー(スマブラ)
マスターコア
光の化身キーラ
混沌と闇の化身ダーズ
キーラ・ダーズ
アイテム
アシストフィギュア
サンドバッグくん
スマッシュボール
ステージ
戦場(スマブラ)
終点
大戦場
小戦場
モード・システム・ステージ
ターゲットをこわせ
ホームランコンテスト
ホントの最終決戦
最後の切りふだ
亜空の使者
フィールドスマッシュ
スピリッツ(スマブラ)
灯火の星
ファイターパス
参戦
スマブラ参戦!!
アニバーサリー
大乱闘スマブラ_20thAnniversary‼︎
スマブラSP1stAnniversary!
users入り
スマブラ100users入りスマブラ500users入りスマブラ1000users入りスマブラ5000users入りスマブラ10000users入りスマブラ50000users入りスマブラ100000users入り
小説users入り
スマブラ小説10users入りスマブラ小説50users入りスマブラ小説100users入りスマブラ小説500users入りスマブラ小説1000users入りスマブラ小説5000users入り
カップリング・グループ
スマブラ組み合わせ・CP一覧
腐マブラ腐向け隔離タグ)
百合ブラ百合隔離タグ)
版権作品企画版権企画
スマブラアニメ企画
ねこすま。
原作・開発協力・キャラクター版権
任天堂
株式会社ポケモン
ゲームフリーク
インテリジェントシステムズ
モノリスソフト
プラチナゲームズ
レア社
コナミ
セガ
カプコン
バンダイナムコゲームス
スクウェア・エニックス
ATLUS
Microsoft
SNK
Mojang AB
ディズニー
ネタ
スマブラパロ
スマブラ参戦シリーズ
スマブラの洗礼


関連リンク

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ - Wikipedia
ニコニコ大百科「大乱闘スマッシュブラザーズ」
Smash Bros.
大乱闘スマッシュブラザーズWiki

関連記事

親記事

HAL研究所 はるけんきゅうしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スマブラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スマブラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222780206

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました