ピクシブ百科事典

ロールプレイングゲーム

ろーるぷれいんぐげーむ

ゲームジャンルの1つで通常「RPG」と略される。「役割を演じるゲーム」の意。本来はボードゲームのジャンル(TRPG)だが、日本では主にコンピュータゲームを指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶテーブルゲーム。→TRPG
  2. コンピュータゲームのジャンルのひとつ。 1.から派生したもの。本項で解説
  3. そらまふうらさかによるオリジナル楽曲。 → ロールプレイングゲーム(そらまふうらさか)



概要

TRPGの戦闘システムをコンピューターゲーム化したものが、コンピューターRPGとなる。TRPGはGMと呼ばれるストーリー進行役が必要で、最低2人以上は必要となるが、GMの役割をコンピューターが務めることにより、一人でも遊べるRPGを確立させたとも言える。

コンピューターRPGの歴史

ドラゴンクエスト」シリーズの大ヒットにより一般的にも普及したため、しばしばドラクエがRPGの元祖とまで言われる事もあるが、正しくはなく、それ以前からも存在したジャンルである。

どれが元祖であるかは諸説はっきりしないが、ジャンルとして確立させたという意味ではウルティマ(前身のAkalabethは1979年)とWizardry(1981年)の影響が大きい。
国内では当初それらの移植版が一部にプレイされていたもののマイナージャンルであったが、ゲームデザインや操作の簡素化と視覚的な判りやすさを重視した「ザ・ブラックオニキス」や、アクション要素を取り入れた「ドラゴンスレイヤー」、「ハイドライド」(3作とも1984年)等のシリーズがヒットして普及を始め、少しずつ期待のジャンルとして成長していく。

とは言えまだマニアックなイメージと、セーブ機能をどうするかという問題からファミコン家庭用ゲームへの普及は遅れるものの、この時期のユーザーには未知数のRPGへの憧れのようなものはあり、RPG的な冒険探索ファンタジー謎解きライフ制パワーアップ等の要素を持ったアクションゲームが次々投入される。
結果「ドルアーガの塔」「チャレンジャー」等がヒット、さらには「スーパーマリオブラザーズ」の大ヒットの一因ともなっている。

86年2月には普通にデーターセーブの出来るファミコンディスクシステムで「ゼルダの伝説」が発売。開発スタッフはアクションAVGと言っているものの、RPG要素を強く持ち、雑誌等でもRPGとして紹介されることは多かった。
同年3月にはファミコンに「ハイドライド」がアレンジ移植(ハイドライドスペシャル)。こちらはROMカートリッジだがパスワード方式でセーブ可能になっている。

そして1986年5月に「ドラゴンクエスト」が発売される。
こうした土壌はあったものの、非リアルタイムのコマンド型RPGは家庭用ゲーム機初であり、ある種の賭けでもあったが、モンスターデザインの鳥山明繋がりで週刊少年ジャンプで大々的に取り上げられたことや堅実な作りでじわじわ売り上げを伸ばし、RPG初のミリオンセラーとなることになる。

その後はよりストーリー・演出重視のもの、やり込み要素重視のもの、SRPG等他ジャンルと組み合わせたもの等様々に分化し、またネットとMMORPGの普及で原点のTRPGに近い遊び方も出来るようになってきている。

近年ではリアルタイム制・エンカウントがシームレスになっている作品も多く、英語圏ではまずこういったシステムになっているかどうかが評価のポイントになっている傾向も見られている(ターン制の戦闘シーン切り分けになっているものが「クラシックRPG」と呼ばれているほど)。

ロールプレイング?

作中の登場人物を「演じる」ことがロールプレイングなのだが、
実際は一本道のシナリオに流されている、自由度の低い作品は多い。

関連タグ

ゲーム RPG TRPG MORPG MMORPG
ARPG(アクションRPG) SRPG(シミュレーションRPG) ローグライクゲーム エロRPG
ステータス画面 ダンジョン ファンタジー ファンタジー職業 剣と魔法の世界

関連作品・シリーズ

DQ FF RPGツクール

その他

RPGパロ

関連記事

親記事

コンピュータゲームのジャンル一覧 こんぴゅーたげーむのじゃんるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロールプレイングゲーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498685

コメント