ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サナリィ

かいぐんせんりゃくけんきゅうじょ

サナリィとは、宇宙世紀のガンダムシリーズに登場する兵器研究・開発公社である。
目次 [非表示]

概要

主に地球連邦政府への軍事支出や戦略、兵器の将来的展開等の助言を行う公的団体。

正式名称は海軍戦略研究所であり、サナリィとは、英語名の略称S.N.R.I.(Strategic Naval Research Institute)に発音を当てた名称である。


スペースコロニー建設の為の企業連合体の一員としてサイド1建設に携わった企業を前身に持ち、企業としての歴史自体は宇宙世紀改暦以前から続いている。

宇宙世紀改暦後に自社株の大半を地球連邦政府によって買収され公社として半官半民の企業となり「戦略戦術研究所」へと改名。地球連邦軍の諮問機関として、長期的視点から軍の予算運用に対する提言を、連邦政府へと行ってきた(このため、連邦軍にとっては予算の使途に口うるさい『目の上のタンコブ』であった)。また半官半民企業という性質上、正式な手続きをとれば戦略戦術研究に必要な機材やモビルスーツを連邦軍から受領する事も可能であり、宇宙世紀0088年のグリプス戦役終結時には、ガンダムNT-1とその関連機材を接収した上で運用し、その機体の稼働データを収集・解析し自社開発の礎である機体を開発したとされる。


そして、第二次ネオ・ジオン抗争終結から半年後の、宇宙世紀0093年9月に連邦軍直轄の「海軍戦略研究所」へと再編され、以降の活動へと至る。これは第二次抗争にてアナハイムが敵であるネオ・ジオンにもMSを供給していた事が原因で連邦軍でもMSの独自開発の必要性が出たと考えたからである。


宇宙世紀0102年に大規模戦乱の終息に伴う軍事費削減の為に「モビルスーツの小型化」を提言した事で知られる。

これは、グリプス戦役から第二次ネオ・ジオン抗争までの間にモビルスーツの多機能・大型化が進んだ事で機体の維持や整備にかかるコストが増大した事も手伝って比較的スムーズに受け入れられた。

また、サナリィ自体も事前にこの提言の有益度を証明するため、小型・高出力ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉の研究に早くから着手しており、宇宙世紀0096年に生じた小規模軍事衝突「ラプラス事変」では、10mサイズながらも多機能を達成した可変型MSロトを独自にロールアウトさせていた事なども功を奏した。


しかし、当時連邦軍のモビルスーツシェアの大半を担っていたアナハイム・エレクトロニクスは軍事費の高騰によって利益を得ていた事もあってサナリィの提示したコンセプトには消極的であり、連邦軍からの発注で開発したヘビーガンはジェガンのダウンサイジングに過ぎないものであった。


この時期からシャアの反乱以降の新規プロジェクトに消極的だったアナハイムを見切りをつけた元アナハイムのスタッフが多くなり、その中には、「Z計画」の主要メンバーやその弟子たちも含まれていてさらには、ティターンズの「TR計画」関係者やアクシズの亡命者もサナリィのメンバーになった。


このためサナリィは独自にモビルスーツ開発に着手。「フォーミュラ計画」と称された同計画で開発されたF90を開発。連邦軍の次期主力機コンペティションにおいてアナハイムの最新鋭機MSA-0120を圧倒的な差で下し、開発の主流を小型モビルスーツに切り替えることに成功した。


しかしながら、サナリィが次期主力MSとして提出したF70キャノンガンダムの特注機然とした設計は、到底大量配備に耐えるものではなかった。このため連邦上層部内には長年の開発実績を持つアナハイムを再評価する機運が生じ、キャノンガンダムをベースに、アナハイムがこれを量産向けに再設計した仕様であるF71Gキャノンを同社がOEM生産を行う体制を構築する。しかしサナリィ側はこれを不服とし、キャノンガンダムの問題点を伏せた上でアナハイムの設計を非難した。またサナリィは秘匿主義体質からジェネレーター等、主要技術のアナハイムへの供与を拒んだ。これらのことから、サナリィとアナハイムの確執は深まり、また連邦上層部にもサナリィへの不信を抱かせる結果となる。


その後、連邦主力機はアナハイム設計製造のジェムズガン/ジャベリンに決定し、F71のOEM生産体制は部分的なものに限定された。


さらにその後、アナハイムはMS産業保護の観点からそれまでの一社独占の方針を転換し、周辺企業との開発技術及び生産設備の提携を強めていく。一方サナリィは各コロニーや資源惑星に複数の支社を設置、それと同時に自社の生産拠点も増設することにより、それまでのアナハイムに代わり独自のMS開発を推し進めていくことになる。


また0130年代に起きた木星戦役では地球侵略を密かに画策する木星帝国に対抗しようとする宇宙海賊へ木星圏での運用を想定した機体を提供し、これによって連邦の目の届かない木星圏での実戦データを入手するつもりであった。しかし戦いの舞台が地球圏に移行した事で海賊が試作機を使用している事がバレてしまい、海賊への支援を隠蔽する為に機体の売り込みを断念、大赤字を出してしまった。その後、それを挽回するべく、ミノフスキードライブを搭載した機体の開発に乗り出すが木星帝国残党軍の襲撃により機体や開発データは奪取・消失されてしまう。


しかし、0150年代に起きたサイド2に於けるザンスカール帝国建国の際、スーパーサイコ研究所をはじめとしたサナリィのサイド2支社の設備・人員・技術の大半が帝国によって接収され、サイド2駐留の連邦軍部隊と共にベスパとして統合される事態が起きた。ザンスカールのMSが部分的にサナリィ製のMSと似通っているのはその理由による。またサナリィ出身のスタッフは反ザンスカール組織であるリガ・ミリティアにも参加し、自軍でのMS開発に貢献している。しかしリガ・ミリティアはサナリィ出身スタッフを経由してのザンスカールへの技術漏えいを恐れ、開発ナンバーの偽装及び抹消等の対策を講じている。


その懸念は正しく、0116年の時点で木星公社フォンセ・カガチカラス、エグムのサイファー(とアナハイムとの橋渡しとしての連邦軍のリベラ・アマルガム)がジュピター・サナリィとしてハウゼリー・ロナに接触しており、様々な情報流出等が意図したものである可能性が生じている。加えて木星支社による本社のデータの強奪、更に技術漏洩やリバースエンジニアリングの支援を行った可能性も出てきている。


さらに0160年代から70年代になると各コロニーの独立が加速し宇宙戦国時代が勃発、交流途絶状態に陥る事態が起きる。分散していた各サナリィ支社はMS開発を行うどころではなくなり、企業停止を余儀なくされ、全体的な技術衰退を促す結果となった。


分散しすぎた会社と製造拠点を宇宙戦国時代の影響によって次々と失い、もはやサナリィは自力でのMS開発すら不可能となった。それに伴い、独占していた技術も混乱により失っているため、0190年代以降に起きる高級量産機マンマシーン誕生による残存技術乱用から生じた資源枯渇や機体大型化をはじめとした先祖返りを引き起こす結果をもたらした。一方でアナハイムはMS開発は自社の一部門でしかないと考え、時代を見越したうえで他社との提携によりMS産業全体の維持を目指した。サナリィの凋落はこれと逆の方向に向かった結果とも言える。

しかし元サナリィMS開発スタッフをはじめとする人材によって設立した『セイバーチーム』のような独立MS開発チームが後の時代で活躍し、そのMS群が世界混乱を阻止していることを考えるとサナリィの培った技術は無駄ではなかったといえる。


開発機体

▲は映像作品、MSV企画、外伝ゲーム作品外


フォーミュラ計画関連機群

詳しくは当該項目を参照。


関係者


関連項目

ガンダム 宇宙世紀

機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムTwilightAXIS

機動戦士ガンダムF91 機動戦士ガンダムF90 シルエットフォーミュラ91 機動戦士ガンダムF90FF

機動戦士Vガンダム 機動戦士クロスボーン・ガンダム


アナハイム・エレクトロニクス

TR計画:グリプス戦役後に計画技術者を受け入れたナスムド研を0107年に吸収している。

関連記事

親記事

宇宙世紀 うちゅうせいき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260876

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました