ピクシブ百科事典

サナリィ

かいぐんせんりゃくけんきゅうじょ

サナリィとは、宇宙世紀のガンダムシリーズに登場する兵器研究・開発公社である。

概要

主に地球連邦政府への軍事支出や戦略、兵器の将来的展開等の助言を行う公的団体。
正式名称は海軍戦略研究所であり、サナリィとは、英語名の略称S.N.R.I.(Strategic Naval Research Institute)に発音を当てた名称である。

スペースコロニー建設の為の企業連合体の一員としてサイド1建設に携わった企業を前身に持ち、企業としての歴史自体は宇宙世紀改暦以前から続いている。
宇宙世紀改暦後に自社株の大半を地球連邦政府によって買収され公社として半官半民の企業となり「戦略戦術研究所」へと改名。地球連邦軍の諮問機関として、長期的視点から軍の予算運用に対する提言を、連邦政府へと行ってきた(このため、連邦軍にとっては予算の使途に口うるさい『目の上のタンコブ』であった)。また半官半民企業という性質上、正式な手続きをとれば戦略戦術研究に必要な機材やモビルスーツを連邦軍から受領する事も可能であり、宇宙世紀0088年のグリプス戦役終結時には、ガンダムNT-1とその関連機材を接収した上で、運用している

そして、第二次ネオ・ジオン抗争終結から半年後の、宇宙世紀0093年9月に連邦軍直轄の「海軍戦略研究所」へと再編され、以降の活動へと至る。

宇宙世紀0102年に大規模戦乱の終息に伴う軍事費削減の為に「モビルスーツの小型化」を提言した事で知られる。
これは、グリプス戦役から第二次ネオ・ジオン抗争までの間にモビルスーツの多機能・大型化が進んだ事で機体の維持や整備にかかるコストが増大した事も手伝って比較的スムーズに受け入れられた。
また、サナリィ自体も事前にこの提言の有益度を証明するため、小型・高出力ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉の研究に早くから着手しており、宇宙世紀0096年に生じた小規模軍事衝突ラプラス事変では、10mサイズながらも多機能を達成した可変型MSロトを独自にロールアウトさせていた事なども功を奏した。

しかし、当時連邦軍のモビルスーツシェアの大半を担っていたアナハイム・エレクトロニクスは軍事費の高騰によって利益を得ていた事もあってサナリィの提示したコンセプトには消極的であり、連邦軍からの発注で開発したヘビーガンはジェガンのダウンサイジングに過ぎないものであった。
このためサナリィは独自にモビルスーツ開発に着手。「フォーミュラ計画」と称された同計画で開発されたF90を開発。連邦軍の次期主力機コンペティションにおいてアナハイムの最新鋭機MSA-0120を圧倒的な差で下し、開発の主流を小型モビルスーツに切り替えたのであった。
しかしながら一方で、連邦は長年の開発実績を持つアナハイムを無視することができず、サナリィ開発の機体をアナハイムがOEM生産を行う体制を構築する。しかし、その体制もF71のOEM生産という部分的なものに終わっており、サナリィも自社の生産設備を増強させ独自のモビルスーツ開発を推し進めて行くようになった。

なお、サイド2に於けるザンスカール帝国建国の際、サナリィのサイド2支社の設備、人員、技術の大半が帝国によって接収されてサイド2駐留の連邦軍部隊と共にベスパとして統合されており、同時に本社や別支社のスタッフ達が反ザンスカール組織であるリガ・ミリティアに参画している。

関連項目

ガンダム 宇宙世紀
機動戦士ガンダムUC 機動戦士ガンダムTwilightAXIS
機動戦士ガンダムF91 機動戦士ガンダムF90 シルエットフォーミュラ91
機動戦士Vガンダム 機動戦士クロスボーン・ガンダム

アナハイム・エレクトロニクス

pixivに投稿された作品 pixivで「サナリィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20900

コメント