ピクシブ百科事典

ガンダムAN-01

がんだむえーえぬぜろわん

ガンダムAN-01とは、機動戦士ガンダムシリーズのウェブ小説「機動戦士ガンダムTwilightAXIS」に登場する機動兵器である。コードネームは「トリスタン」
目次[非表示]

スペック

型式番号RX-78AN-01
頭頂高18.0m
全備重量59.5t
総出力1,920kW
総推力114,000Kg


概要

スペースデブリ回収を請け負うブッホジャンク社が、極秘ルートで入手したガンダムNT-1を修復・改修した機体。新旧様々な機体のジャンクパーツを流用しており、サイド6の戦闘で大破した頭部をはじめ、胸部やランドセルなどが新造されており、ベース機とは似ても似つかぬ姿となっている。

同社に雇われた私兵集団「バーナム」の強化人間であるクァンタン・フェルモが搭乗し、アクシズに潜入した。

武装

ビームライフル

νガンダムと形状がよく似た大型ライフル。Eパックではなく、銃本体にエネルギーを充填する方式。

ビームサーベル

背部のランドセルに装備された近接武装。形状がガンダムMk-IIと酷似するが、関連性は不明。

90mm腕部ガトリング砲

唯一ベース機から引き継がれた武装で、外装を変更している。

60㎜頭部バルカン砲

新造された頭部に内蔵された機関砲。モビルスーツには威力不足だが、牽制や迎撃等に使用されている。

バリエーション

クレヴェナール

AN-01を中枢ユニットとして組み込んだ巨大アームドベース。形式番号RX-78KU-01。
バーナムが秘密裏に開発した。装備された武装や外装の入手経由は、これまでのバーナム所属MSと同様に不明である。AN-01と同じくクァンタン・フェルモが搭乗し、小惑星アクシズに現れた連邦政府直轄部隊「マスティマ」や、同行したアルレットとダントンを追い詰める。

ガンプラ

2017年06月10日にHGUCで発売。特徴的な頭部やバックパックは新規造形だが・・・

・キット自体はHGUCガンダムNT-1の流用(2004年発売)(ALEX用のブレードアンテナ、ライフルが付属)
・シールドは先端を除いて色分けされているが、ライフルは白単色(塗装は必須)
・腕部ガトリングは装着は可能だが、カバーパーツが装着不可能のため余剰パーツ扱い
etc・・・

というキット内容のため多くのユーザーからは落胆の声が上がっているが、逆にプラモ魂(スピリッツ)に火が点いたユーザーが出現し改造した作品が現れている。

関連タグ

ガンダムNT-1 機動戦士ガンダムTwilightAXIS

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムAN-01」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12094

コメント