ピクシブ百科事典

F90

ふぉーみゅらーないんてぃー

漫画「機動戦士ガンダムF90」及びゲーム「フォーミュラー戦記0122」に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機動戦士ガンダムF90及びSFCソフトフォーミュラー戦記0122の主役モビルスーツ。
模型先行企画のため、バリエーションが他に類を見ないほど豊富なのが特徴。

カタログスペック

1号機 ノーマル装備

頭頂高14.8m
本体重量7.5t
全備重量17.8t
ジェネレーター出力3,160kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力74,760kg

概要

宇宙世紀0111年9月に「海軍戦略研究所」ことサナリィが、小型・高汎用性をコンセプトに開発したモビルスーツ
地球連邦軍から要請された、自機主力機コンペティションに提出さて、それまで軍の兵器受注をほぼ独占していたアナハイム・エレクトロニクスの提出機MSA-0120秒殺し、次期主力機のテストベッドとして採用された。

この一件によって、大型化・機能肥大化が主流であった従来のモビルスーツ開発路線を一気に塗り替え、以後に続く15mクラスの小型モビルスーツの先駆的存在となった。

F90自体も高性能な機体だが、機体各部のハードポイントにオプションを装備することで多種多様なミッションに対応できるのが大きな特徴である。
これは、サナリィが初めて小型MSを開発していく手探りの状態で、これから小型MSがどのように進化していくかを見究めるための機能であり、検証実験をしていく中で使い勝手や生産性を改善し、新しい種類の小型MSの試作機を開発後にさらに洗練し量産化していく流れの大元になる。
また、テストの結果が良好だったミッションパックのデータを基に目的に不必要な部分を整理した新種の単体のMSとして再設計され、F70「キャノンガンダム」のような試作機が製作されている。
なお、型式番号のF90は「高性能実験機F9シリーズの0番機」を意味しており、F70は「長距離支援機F7シリーズの0番機」と言う様に並行した番号付けがされているため、基本的に一桁台の数字が大きくなるほど後期・高性能化する。
ただし、F71「Gキャノン」アナハイム・エレクトロニクス社にOEM生産させるために、彼らの低い技術力と生産ラインにあわせて機体、OSの両面で徹底的なダウングレードを行ったため、F70から大幅に性能低下している。

1号機、2号機がロールアウトし、それぞれに違うパターンの疑似人格コンピューターが搭載されており、1号機にはType-A.R、2号機にはType-C.Aが搭載されている。

試験に於いて生産された2機が運用されたが、2号機はジオン軍残党である「火星独立ジオン軍(オールズモビル)」に奪取され、討伐隊が運用した1号機と交戦・大破している(この機体は後に回収され、F90Ⅱに改修された)。
1号機は後に戦艦「エイブラム」が受領し、宇宙世紀0122年の第二次オールズモビル戦役に投入された。
また試作機のセオリーであるパーツ供出用の三機目の存在がクラスターガンダムによって示唆されている他、役割は不明であるが更なる予備機が存在していた説がある。

主なパイロットはデフ・スタリオン(サイバーコミック版、宇宙世紀0120年)、ベルフ・スクレットフォーミュラー戦記0122、宇宙世紀0122年)。
他、ナナ・タチバナ(機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 継がれし血統(非公式作品)、宇宙世紀0123年)、ミノル・スズキ鋼鉄の七人(非公式作品)、宇宙世紀0136年)などがつとめた。
なお全て同型機などではなく同一の機体である。

また、上記のベルフ・スクレットが搭乗したF91シーブックが運用したF91と同一機体である(ただしバイオ・コンピューター搭載前の未完成状態)。
開発には元ホワイトベースクルーのジョブ・ジョンが携わっている。

マイクロハニカム技術

本機から導入された、革新技術の一つ。
ミノフスキー粒子に静電入力を行うと、立方格子状の力場が発生する事を利用した、装甲材精製技術。ヤシマ重工が開発した。
超微小サイズの力場を形成、これに沿って異種結晶化結合を成長させることでマイクロサイズのハニカム構造を有する装甲板を精製させる。
これによって以降の15m級MSは、従来装甲(以上)の強度を持ちながら、圧倒的な軽量化を達成している。

小型・高出力ミノフスキー・イヨネスコ型熱核反応炉

本機から導入された、革新技術の一つ。
それまでに製造されていたジェネレータと比較し、小型・軽量でありながら高出力を達成している。
後世代には15m級用でありながら7,000kWを越える大出力を達成したモデルも開発された。

ただし欠点として、ビームが直撃した場合、炉心の核融合反応が停止する前に、放射線およびプラズマの隔壁の役割を果たすIフィールドの崩壊が先んじる可能性が生じる様になった。
つまり、以降世代のMSのジェネレーターにビームが直撃した場合、甚大な核爆発が起こる可能性が生まれてしまい、特に大気圏内・コロニー内戦闘で極めて大きな戦術的制約が全陣営に課される事となってしまった。

なお、ビームではなく通常実体弾頭などで破壊された場合は、それまでの大型ジェネレーター通りに通常爆発のみが生じる(無論、それでもコロニーに穴を空けてしまう規模であるが)。

ハードポイント

本機から導入され、以降のサナリィ系列MSの標準となった、高機能技術。
それまでのウェポンラック(ラッチ)が、特別な場合を除いてマニピュレーター用の装備を戦場まで懸架するだけの、言わば『落とさないように引っ掛けておく機能』であったのに対して、ハードポイントは装備の規格さえ対応していれば、接続部を介してエネルギー供給、FCSとの連動による照準及びトリガー指令の全てを行うことができる。これにより、ジェネレーターに余裕さえあれば、ビームライフル等をわざわざマニピュレーターに持ち代える必要なく使用可能になった。また一応物理的に干渉しなければ装備をパーツ単位で装備する「混載」や空きハードポイントへの装備増設も可能とされていたが、Vタイプ(ヴェスバー・ビームシールド)Lタイプ(ロングレンジライフル)などは装備に必要な高出力や精密照準システムと言った装備側の要求性能も有って混載に制限が生じる場合(Vタイプは完全に混載不可となっている)もある。

F97以降は、上記に加えて稼働軸(丸型部がそのまま周動する)機能が加わり、より照準がつけやすく改良されている。

バリエーション(1号機)

※I・LタイプはF90Ⅱ用にデザインされているが、本来は共通なので併記してある。同じくYタイプもクラスターガンダムの解説中に登場するのみの装備だが併記。

ノーマル

F90 1号機


ミッションパックを装着していない状態。各ハードポイントにはカバーが取り付けられている。
ミッションパック無しでの戦闘は、格闘戦を想定している。
背面のミッションパックの装着には、ノーマルバックパックのハードポイントを介して装着する場合と、バックパックごと交換する場合がある。
武装はビームサーベル・ビームライフル・シールド・頭部バルカン。これらは各ミッションパック装備時にも併用される場合が有る。

Aタイプ

ガンダムへ。次の目標に向かって下さい。


アサルト・タイプ。
敵地奥深くへの長距離侵攻を目的とした装備。
大型のミノフスキークラフトユニットが背中に接続されており長時間飛行が可能。航続距離を伸ばす為に両腕部に6t(計12t)両脚部に17t(計34t)の大型のプロペラントタンクを搭載、この増槽は分厚く作られておりシールド代用の装甲を兼ねる仕様となっている。大気圏内ではミノクラユニットに外反角で取り付けられた下向き垂直翼によって姿勢制御を行うため、両肩はミノクラユニット前部パーツによって固定されている。この前部パーツにはビームキャノンとマシンキャノンが一基ずつ併設(左右一対なので計四基)されている。携行武装は「メガビームバズーカ」一挺で両サイドスカートに予備Eパックを装備する。本来は「単機長距離巡行で索敵に引っ掛からずに敵MSを無視して敵拠点にビームバズーカを叩き込んで逃げ帰る戦法」用であり、対MS戦闘はあまり考慮していないのだが、『フォーミュラー戦記』などでは「敵MSが自拠点(母艦)に近づく前に迎撃に向かう高速長距離迎撃機」仕様扱いされており(当時はIタイプは公表されていなかった)、画稿・文字設定上は持ってないはずのビームライフルやビームサーベルも使用していた。

Dタイプ

デストロイド・タイプ。
面制圧を目的とし、多数の実弾射撃兵器としてロケット弾・グレネード・クラッカーを装備し腰背部から前に伸びたガトリング砲を搭載し一斉射撃による弾幕戦術を基本とする近接用(敵の真正面に突っ込む)であり、追加装備の重量による機動力低下を防ぐのと運動性と小回りを強化する為に両脚部には多方向スラスターユニットを搭載している。
またサイドスカートとノーマルバックパックのハードポイントは一応フリーとなっている。設定画では右サイドスカートにEパックを介してノーマルのビームライフルを装備し左側にライフル用予備Eパック、バックパックにシールドを背負っている。手部は両方ともフリーなので恐らく手でビームライフルを携行した場合更に予備Eパックを右サイドスカートに追加出来る物と思われる。
ハードポイント追加射撃武装を一斉射で撃ち切った後はデッドウェイトとなったオプションをパージしてノーマルタイプ(脚部のスラスターユニットが有るので厳密には異なるが)として戦う事を想定している。

Hタイプ

F90ほばーさん


ホバー・タイプ。
背中・腰・両足にホバーユニットを接続し、陸上での高速移動が可能。両肩に4連ロケットランチャーユニット、右腕に二連装グレネードランチャーユニット、左腕にHタイプ用の実体盾を装備し携行装備としてビームピストルを持つ。基本的には当時残存していた旧ジオンアフリカ残党掃討用。ただし小型化による積載燃料の少なさも有って四時間程度しか戦闘時間が持たないらしい。

Iタイプ

【C86】ゲスト告知


迎撃(インターセプト)タイプ。
サブフライトシステムとフライングアーマーとしての機能を持ち先端部にマシンキャノンを一対二基有する大型シールドを装備し、脚部に増設ブースターとシールドとの接続部を兼ねた装甲ユニットを装備。携行武装はビームランサー。ビームランサーはスパイク状のビームを打ち出すこととビームショットガンとしての機能を持つ。また大型シールドは破壊されるとインターセプトの根幹機能自体の破綻を来すためにIフィールドを搭載しシールドをビームから保護し損傷率を減らしているという。

漫画「鋼鉄の7人」作戦では、小型核ミサイルとビームライフルを内蔵したショットランサーを装備して運用されている。

Lタイプ

ガンダムF90


狙撃(ロングレンジ)タイプ。
各種センサーを搭載し、実弾射撃も可能なマルチビームライフル「ロングレンジライフル」を装備。
大出力を要する装備の為、背部の接続部にサブジェネレーターを装備し出力を上げている(4290kw)。
両腕部に自衛用の連装ミサイルランチャーを装備し右肩にはバックパックから移設されたビームサーベル二基、両足にロングレンジライフル用Eパック、左サイドスカートにロングレンジライフル用実体弾弾帯一基(7発分)左肩にロングレンジライフル用の大型精密照準補佐センサー群を搭載する。

ロングレンジライフルはビーム射撃時は狙撃用の高収束メガ粒子ビームを筒状Iフィールドの機能によりビームの速度変化とビーム軌道変化による超長距離狙撃が可能で、実弾射撃時は発射前に入力されたプログラムで打ち出された弾に内蔵されたスラスターによって一回のみ一定の角度、方向転換が可能である。ロングライフルはフォーミュラシリーズ関係の機体であればF90、F90Ⅱ以外の機体も運用可能。

漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では宇宙世紀0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においてフロンティアサイドに向かうクロスボーン・バンガードの宇宙移動要塞イルルヤンカシュ攻撃戦でナナ・タチバナのF90Ⅱがこの装備で出撃し、超長距離狙撃で多数の敵を撃破すると言う戦果を挙げた。しかし敵の反撃に遭い、しかも試作型バイオコンピューターの調整が不十分だったため接近戦には対応できずシステムエラーを起こして起動不能となってしまった。だが機体とパイロットは無事に回収されている。

Mタイプ

マリン・タイプ。
バックパック自体を換装して装着するハイドロジェットユニットを搭載し、水中で減衰し使い物にならないビーム兵器に代わって水中銃や魚雷で武装した水中戦装備仕様。

Pタイプ

SD F90 P装備


プランジ・タイプ。
ウェーブライダーの技術を応用したシールドと、機体全体を覆うように装備した各種ブースターや増槽でリフティングボディを形成、単独での大気圏再突入を可能にしたタイプ。
簡易型Ζガンダム(あるいはリ・ガズィ)とも言える装備であり、腕に取り付けたシールドは攻撃からの防御にも使用できるが、携行している銃器が威力の低い右肩部ビームガンのみなので戦闘には不向き(ビームライフルは装備していない)。
第二次オールズモビル戦役に於いても、宇宙から地上への移動のみに使われ、戦闘では使用されていない。

Sタイプ

ガンダムF90


サポート・タイプ。
敵機と直接対峙しない長・遠距離からの火力支援を目的とし、長距離ビーム砲や巡航ミサイルを装備。フロントスカートには長距離照準用の追加センサー群が増設され、足を止めての射撃時の安定性の増加を図るため、腰背部にはジャッキアームが増設され両肩はビームキャノン砲のパーツと固定される。腕を覆う様に二連装ミサイルとガトリング式4連ビーム砲が複合化されたユニットが取り付けられている。このユニットは腕部だけではエネルギーが足りない様でサイドスカートのエネルギー供給ユニットが繋がったパイプによってエネルギーが供給されている。
本オプションの運用データを基にF70が開発された。

Vタイプ

【C87ゲスト】F90V描きました


カタログスペック

頭頂高14.8m
本体重量8.7t
全備重量21.5t
ジェネレーター出力4,420kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力75,850kg
フォーミュラー戦記0122の看板機体
V.S.B.R(ヴェスバー。可変速ビームライフル)装備テストタイプ。
新兵器であるヴェスバービームシールドのテストを行うための装備であり、これらの高出力兵装を同時ドライブするため、サブジェネレータを追加して補っている(一応本装備の完成と共にF90本体側も小型軍用MS規格のジェネレーター1基に換装された模様)。
さらに排熱の問題から肩部スタビライザー兼用排熱フィンが必須となっているめ、他のミッションパックとの混合アッセンブリは選択出来ない、一面では本機の『完成型』と言える仕様(それでも最大稼働時には、排熱速度の問題により稼働時間の制限が生じてしまう)。
ビームライフルは勘違いされがちだがF90の標準装備の物ではなくVタイプ用の高収束化を施した強化改良版を装備する。またメガガトリングガンを右前腕に追加装備している。
第二次オールズモビル戦役の中盤で完成し、ベルフ少尉の手によって大きな戦果を挙げた。
本ミッションパックのの運用データからF91のハード面の最終調整が起こ行われており、そのプロトタイプと位置付けられる。


前述の通り漫画作品では、宇宙世紀0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においてナナ・タチバナがこのタイプでクロスボーン・バンガードを迎撃した。

Yタイプ

ヤングスター・タイプ。
3号機と共にクラスターガンダムの素体となった
コアファイター運用試験装備だといわれる。
詳細は不明、当該記事参照。

バリエーション(2号機)

火星独立ジオン軍仕様

ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様


オールズモビルに奪取され、改修されたF90の2号機。
外装の8割を交換し、ガンダムF90の特徴であるミッションパックによるオプション機能をあえて省くことでMS単体としての性能が向上した。
青を基調とした鹵獲前と違い、赤い機体色が特徴。

F90Ⅱ

オールズモビルズより奪還した際に大破したものを再改修。胸部デザインはF91に近くなった。
両足のジェネレーターがMS用の物になり(改修前はレース用人工衛星用の物を流用していた)、バイオコンピューターが試験的に搭載される。
また肩のハードポイントには標準で増加装甲とスラスターが装着されている。詳細は当該記事へ

備考

上記のミッションパック以外にも、A・S・Dタイプの装備を混載した不正規な「フル装備」(サイバーコミック版、及びGジェネレーションに登場)が存在する。名称としてはフル装備というよりは混載型など他のより適切で妥当な呼称は有ったと思われるが……。
また設定上は、アルファベットすべてに対応するタイプが存在したともいわれている。

関連項目

機動戦士ガンダムF90 フォーミュラー戦記0122
クラスターガンダム ジョブ・ジョン
MSA-0120
ラー・カイラム

機動戦士ガンダムF91
F91 シルエットガンダム


阿修羅頑駄無

pixivに投稿された作品 pixivで「F90」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227390

コメント