ピクシブ百科事典

シルエットガンダム

しるえっとがんだむ

シルエットガンダムとは、プラモデル企画及び漫画作品『シルエットフォーミュラ91』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高15.4m
本体重量8.5t
全備重量21.7t
ジェネレーター出力4,570kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力92,080kg


概要

小型モビルスーツ開発でサナリィに後れを取ったアナハイム・エレクトロニクス(以下、AE社)が、『シルエットフォーミュラプロジェクト』において宇宙世紀0122年8月にロールアウトさせた、技術検証用ワンオフ実験試作機。形式番号にはRX-F91
(なお、同年の宇宙世紀0122年には、AE社の第二期MSジャベリン地球連邦軍に制式採用されている)

AEが宇宙世紀0112年に非合法に入手したサナリィのガンダムF90Vタイプ(宇宙世紀0111年ロールアウト/ミッションパック除く)、及びガンダムF91(宇宙世紀0116年ロールアウト/バイオ・コンピュータ除く)のデータが導入されており、機体バランスはF91に近似(但しF90Vタイプやバックキャノンタイプの方がより近い)している。

F91の再現を目的とした実験機ではあるが、フレームにはMSA-0120同様にヘビーガンのものが流用されている。このため、フレームレベルからMCA構造を採用したF91に対して、軽量化の面で追い付く事ができず、F91には採用されていたサイコフレームを始めとしたサイコミュ関連技術についても、AE社が連邦政府から破棄を徹底されていたため、再現が不可能であった。そのこともあり、高機動戦闘を連続して行ったり体当たりの様なフレームに直接負荷の掛かる様な行動を行った際フレームの消耗が著しくなるという欠点が生じている。
しかしながら、ジェネレーター出力など一部スペックでは上回る事ができ、ハードウェア面における総合性能では同等レベルに達したとされる(ただし推力面では、あくまでリミッター作動時のF91と比較して同等である)。 また機体構成はサナリィ製高級試験機であるF9系列で採用されている熱負荷に弱いタイプのコンピュータが使用されていない事も有って機体構造を装甲強度に振った頑丈な造りであり、パイロットのデザイン面での安心感はこちらの方が上だった、との事。

技術盗用のタイミング(何しろオリジナルであるサナリィ側にすら実機はまだF90Ⅱ用の不安定な試験型しか当時は存在していない)から必然的に、AEではバイオ・コンピュータを完成させられなかったため、代替として高性能教育型コンピュータを搭載している。この教育型コンピュータは、戦闘経験を積ませることでパイロット固有の『クセ』を覚える仕様となっている。

機動面においては、既存の機体ではコンピュータに行わせる機体バランスのバイアスやベクトル調整を、コクピットのサイドコンソールパネル上にある各トリムタブにおいて、マニュアルで変更するMACSS(マニューバ・コントロール・サンプリング(サポート)・システム)を採用している。この機能は試験機である当機の運用データからサンプリングを行い、後の量産機用のマニューバプログラムを生成する物で機体の挙動から無駄や危険行動を省いて抑制する機能であり別な観点から見れば「一種のリミッター機構」と言える物。一応文字設定上は「『机上論では』能力を単一方向に偏らせた状態での瞬発的な機動性能は、既存のあらゆるMSを上回るとされる」と記されているものの、操作方法の問題や上記のフレーム剛性の低さも相まって信頼性は低いといえた。
現にトキオ少尉は、エリート部隊であるダーク・タイガー隊デナン・ゾンデナン・ゲーとの遭遇戦において、MACSSをカットし機体制御を本来のダイレクト状態に戻す事で機体本来の機動特性を取り戻し、デナン・ゲーの撃墜に至っている

これらの他、シルエットガンダムは技術の模倣に重点が置かれたデータ収集用のテスト機のため、プロペラントの積載量が少なく、戦闘継続時間は通常の機体より短い(改になった際、積載量を若干増やしてはいるものの、長時間の戦闘に不向きという点は変わらなかった)。

パイロットはトキオ・ランドール、レイラ・ラギオール。

なお、プラモデルの商品名は「ガンダムRXF91」となっているが、これは『シルエットフォーミュラ91』の企画が当初二転三転していてタイトルがなかなか決まらなかった事の名残である(これに合わせてシルエット改も『RXF91改』となっている)。

武装

ビームライフル

専用のビームライフルで通常の物より連射性が強化されている。グレネードランチャーなどのオプションを装備可能。

ビームサーベル

バックパックに搭載されている。MSのサーベルとしては珍しくナックルガードの有る形状である。

ヴェスバー

可変速ビームライフル。詳細はリンク先を参照。
オリジナル機に搭載されている内蔵型の大容量メガコンデンサの解析・再現が不可能だったため、本体から分離しての使用はできない。更に、射撃にはヴェスバー固定のトリガーをマニピュレーターで操作する必要がある(フェイルセーフの意味合いもあるといえるが)。 ただしメガコンデンサはあくまで「分離させる事による取り回しの改善」の為の機構である為分離しての運用が無ければ要らないパーツであるとも言える。

独自の仕様として、片手での使用に特化し接続にクランクアーム方式を用いることで、AMBAC肢としての可動域を広く持たせられている(AMBAC肢としての機能自体は、F91のヴェスバーも有しているが、レール方式を採用しているためシルエットより可動範囲は低い)。この方式を採用したおかげでジョイントの強度が確保され、F91と比べて戦闘中の破損・脱落を起こしにくくなっている(劇中では脱落したシーンは一度も無かった)。またアームで保持されている為データリンクやエネルギー供給の不完全接続やコネクションロストなども基本的には生じない。

ビームキャノン

盗用技術に不安を抱いたAE社の技術者が、フェイルセーフ用の武装として、上述の大容量コンデンサ部に当たるユニットスペース(デッドスペース)に、追加搭載した。これはおそらくバックキャノンタイプの仕様も反映された物。 本体のヴェスバーと併用することで連射機能の強化や開発失敗時のスイッチングも容易である(ヴェスバーの再現に成功した為スイッチング機構は杞憂で済んだ)。

メガマシンキャノン

胴体肩口襟元に搭載された機銃。左右一対二基。

ビームスプレーガン

右前腕に装備された補助武装。F90Vの装備を参考にしたものであるため、換装も想定されている。
漫画版では装備されていない為下記のヘビーマシンガンや上記メガマシンキャノンと混同される事が多い。

ヘビーマシンガン

左腕の上下に左右一対半埋め込みで装備された補助火器。
漫画版や小説版でも使用描写が無く、ゲーム作品ではなかった事にされたり上記二種の補助火器と混同され易い。デザイン上も機銃ではなくスラスターの類と勘違いされることが多い。

ビームシールド

発振機の形状がノウハウ不足から大型化し、シールドビーム発生域も上下に二分割された狭い範囲の物となっており、取り外しての運用も考慮されていない。ただしその分高出力となっており、マニュアル変更でビームを片側のみ発生させたり、出力を片側に集中しビームソードとして攻撃に転用することも可能となっている(これが「後に利点が発見されている」という文章の意味を指すのかは不明)。ビーム非発生時にはガントレットとしての使用も可能。

関連項目

シルエットフォーミュラ91
Gキャノン・マグナ ハーディガン ネオガンダム シルエットガンダム改

ベース機

ヘビーガン

オリジナル機

F90 F91
機動戦士ガンダムF91

その他

MSA-0120
ジェムズガン ジャベリン
機動戦士Vガンダム

関連記事

親記事

シルエットフォーミュラ91 しるえっとふぉーみゅらーないんてーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シルエットガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7618

コメント