ピクシブ百科事典

シルエットガンダム

しるえっとがんだむ

RXF91とは、シルエットフォーミュラに登場するモビルスーツ。

概要

小型モビルスーツ開発でサナリィに後れを取ったアナハイム・エレクトロニクスが、「シルエットフォーミュラプロジェクト」において開発した試作機。
その実態はサナリィから非合法に入手したデータによって開発された機体であり、サナリィ製のガンダムF90Vタイプ、及びガンダムF91のデータが直接導入されたデッドコピー機である。
データの解析不足から技術的な面でオリジナルに劣る部分はあり、既存の機体からのパーツ流用も多かった(ムーバブルフレームに関してはヘビーガンのそれが流用されている)為、重量の面ではF91クラスの軽量化を果たせないでいるものの、ジェネレーター出力はF91以上の数値を叩きだしており、総合的な機体バランスはオリジナルと同等のものとなっている。
(ただし、量産MSへのデータ流用のための機体であるのならば、量産機ベースのフレームなのは、むしろ理にかなっているとも言える)
またF91の特徴と言えるバイオコンピューター関連技術の模倣に失敗しており、代替措置として高性能教育型コンピューターを搭載。これによってパイロットの癖や技術を機体バランスに反映させている。

武装面ではF90V、F91同様にヴェスバーとビームシールドを搭載する。
しかし、ビームシールド発振機の形状はノウハウ不足から大型化してしまっている(ただし、これは後に利点が発見されている)。
ヴェスバーも内蔵型の大規模コンデンサーの十分な解析が不可能だったため、本体から分離しての使用は不可能となっており、取り回しの面ではF91のそれに劣る。
また、盗用した技術に不安を抱いた技術者によってフェイルセイフ用の武装として本来ならば大容量コンデンサ部に当たるユニットスペースに通常のビームキャノンを併設搭載している。もっとも本家サナリィのF91ですらヴェスバー開発失敗に備えた仕様が存在するのでこちらは流石に安全策を取るのも仕方なかったとは言えるだろう。

技術の模倣・開発に重点が置かれたデータ収集用のテスト機であり、プロペラントの積載量は少なく、戦闘可能時間は短い。
パイロットはトキオ・ランドールレイラ・ラギオール


関連項目

シルエットフォーミュラー91
F90 F91 シルエットガンダム改
ヘビーガン

pixivに投稿された作品 pixivで「シルエットガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4784

コメント