ピクシブ百科事典

ネオガンダム

ねおがんだむ

ネオガンダムとは、プラモデル企画及び漫画作品『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』に登場する、アナハイム・エレクトロニクスが開発した最後のガンダムタイプ・モビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高15.1m
本体重量7.9t
全備重量20.7t
ジェネレーター出力4,710kW
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
スラスター総推力95,200kg


概要

アナハイム・エレクトロニクス(以下、AE社)がシルエットガンダムをベースに「シルエットフォーミュラプロジェクト(SFP)」の到達点として開発した、第二期モビルスーツであり、(現状では)歴史上最後のアナハイム・ガンダムとなる。

シルエットガンダムは、サナリィF91に対して、ハード面においては互角の性能を再現できたと判断されたが、AEがサナリィを抑え、次期主力MS開発メーカーの座に返り咲くためには、インターフェースを含めたあらゆる点でF91を凌駕する必要があった。
このためAE社は、宇宙世紀0130年代をリードするためのMSを目指して、ネオガンダムはSFP及びブッホ・コンツェルンとの裏取引で得られたノウハウに加え、既存のアナハイム・ガンダムのコンセプトやデータをフィードバック投入した機体として完成させたのだった。

型式番号はRX-99として登録されているが、社内開発コードはAFX(ANAHEIM Formula eXamination)-9000である。

ネオガンダムの機体スペック(ハード面)は、当然ながら全ての面でF91(宇宙世紀0116年ロールアウト)を上回る(F91(リミッター作動時)/RX-99:ジェネレーター出力4,250kW/4,710kW:パワー・ウェイト・レシオ4.4倍/4.6倍)。
武装面においても、本体接続のため射角等に問題を抱えていたヴェスバー(可変速ビームライフル)は、G-バード(G-B.R.D.。あの勇者の武器とは無関係)という手持ち式火器として再構成されている。
バイタルエリアは、データ回収及びパイロット生還率の向上を目的にホリゾンタル・インザ・ボディ形式のコア・ブロック・システムが搭載されており、合体後のバックパックを兼ねるコア・ファイターの構成もガンダム試作1号機などのガンダム開発計画で開発された物に似る。

試作機として二機が確認されており、1号機は黒、2号機は白を基調とした塗装が施されロールアウトした(メイン画像は2号機)。
特に1号機はブッホ・コンツェルンとの裏取引によって入手したネオ・サイコミュ・システム(ただし、ブラックボックス技術)が搭載されており、脳波による完全思考制御によって、かつてのユニコーンガンダム同様に、考えるだけで機体を操作する事が可能となっている。
一方で2号機にはネオ・サイコミュは搭載されておらず、コックピットシステムは既存の物を採用。その余剰スペースには、サブシートを設置している。ネオガンダムはネオ・サイコミュ搭載を前提としている機体のため、これを搭載していない2号機は、充分な性能が引き出せない『未完成品』と言うべき仕様となる。

パイロットはバス・ガレムソン大佐(1号機)及びトキオ・ランドール少尉(2号機)。
ガレムソン大佐のパイロットスーツは、ネオ・サイコミュに対応するため、ラフレシアのそれと同様の、あるいはバンシィ・ノルンを踏襲した光ケーブルによって機体と接続される仕様となっている。

ネオガンダムは次期主力機のベース機として地球連邦軍へ納入される予定であったが、紆余曲折を経て1号機と2号機は敵対。最終的に2号機のコア・ファイターを残して機体は失われ、その後の経緯は不明とされている。
そしてまた、次期主力量産機の開発計画自体も、連邦という組織の弱体化を理由に、前年(宇宙世紀0122年)に制式採用されたAE社のジャベリンを最後に有耶無耶となり30年以上が経過することとなった。

なお、サナリィも本機と同時期に、コア・ブロック・システムを搭載したクラスターガンダムを開発しており、MSの開発市場は一時的に一種の収斂進化の様相を呈していた。

武装

頭部バルカン

頭部に搭載されたバルカン砲。
ビーム兵器主体の機体の中で唯一の実体弾兵装。

ビームサーベル

ファーストガンダムを踏襲するかのように、バックパックに装備されたビームサーベル。
マウント時には、ガンダム試作1号機やZZガンダム等と同じくビームガンとして使用可能となっており、小型ながらも高出力のビームを発射することが出来る。

ビームシールド

左腕にマウントされているビームシールド。
シルエットガンダムのそれよりデバイスが小型化され、腕部と一体化した仕様となった。

G-バード(G-B.R.D.)

SDネオガンダム


Generative Beam Rifle Deviceの略称(いわば独立稼働式ビームライフル)。
ロングバレルを有し、全高・全幅ともに通常のライフルの2~3倍という超大型ビームライフル。単純な全長だけで言えば、Sガンダムのスマートガンより短縮されてはいるが、体積(質量)では大きく増加している。
大型化の理由は、独立稼動に必要なユニットをワンパッケージングしてあるためで、サブフライトシステムメガライダーの携帯型、あるいは複合武装アームド・アーマーDEの完成型と言うべき複合ユニットとなっている。それに加え、ヴェスバーの盗用・検証で得られたメガ粒子の連続帯域変速機能も導入されたため、極めて微細な出力調整が可能となっており、ネオガンダムへ幅広い任務に対応できる汎用性を持たせることに成功した(通常サイズのビームライフルが用意されてないのは、このためと考えられる)。特に内蔵ジェネレーターから直接縮退・収束されるメガ粒子の最大出力は、コロニーの隔壁を貫通し、その向かい側に居たラー・カイラム級戦艦エイジャクスを撃沈するという、文字通り「ヴェスバーを超える」ものであった。
固定にはハードポイントやウェポンラックのようなものを介せず、腕部に固定ハンガーとグリップで保持する形を取る。その関係上、レールマウント式を採用したF91のヴェスバーほどの射角制限が無く、且つストック最後部に配されたスラスターを任意方向へ向ける事で、迅速な戦地到達を可能とする。
加えてジェネレーター内蔵型となった事で、本体側ジェネレーター出力のほとんどを自機の推力に回せるため、4.6倍のパワー・ウェイト・レシオを誇る本体スラスターと相まって、更なる機動力強化にも貢献している、正しく万能装備である。


以上のようにG-バードは、様々な機能を内包したマルチウェポンではあるが、本質的には「カタログスペック上でヴェスバーを上回っただけ」の武装に過ぎない。


当時のAE社の技術力で極限までダウンサイジングしてあるが、携帯武装としては大型の部類となっており、その上右前腕全体で支えるスタイルを採ったため、後部ストックが肩アーマーやバックパックに干渉しやすく、携帯武装としての射角が活かしきれない形状的制約を抱えている(そもそも、収納したまま背面への精密射撃が可能なF91のヴェスバーと比較して、手持ち式のG-バードが射角で勝っているとは言い難い面もある)。なおグリップの位置は固定のため、ビームシールドとの干渉もあり、左腕では使用できない
機動補助面でも、一方向に加速するサブフライトシステムとしては優秀だが、旋回を補助するような側面部サブスラスターは有しておらず(あっても姿勢制御程度)、戦闘機動ではかえってデッドウェイトとなる欠点が生じた。このため、スペックの時点で(ハードの)運動性はAMBACを強化したシルエットガンダム改に劣っており、実戦においてもネオ・サイコミュというアドバンテージを有した1号機ですら、2号機とシルエットガンダム(改)との戦闘機動に対して、ビームを掠らせる事すらできなかった。
高性能センサー類については、静止状態での精密狙撃はともかく、ミノフスキー粒子下における高機動戦闘において『命中させられない長距離砲撃機』は、枚挙にいとまがない。

そもそもにおいて、G-バードがジェネレーター内蔵型になったのは、AE社の技術力不足によって大容量コンデンサの解明ができなかったための苦肉の策でしかなく、第二期MS本体稼働のエネルギーが大きく削減され、かつジェネレーターの高出力化により、MS本体のエネルギーでメガ粒子の縮退が直接行えるようになった(つまり、エネルギー切れが起きにくい)ことから、相対的にジェネレーター内蔵武装の価値が下がりつつあったトレンドに、逆行していた面が強い。
加えてダウンサイジングされた熱核反応炉は、ビームの直撃を受けた場合に甚大な核爆発を生じる可能性が高くなっている。この理由もあり、第二期MSでジェネレーター内蔵型携行武装を採用しているのは本機のみとなる程であった(厳密には『Vガンダム』におけるV2バスターガンダムおよびゴトラタンも、ジェネレーター内蔵型武装を運用しているが、これらは実質的に固定武装であり、武装の被弾は本体の被弾と同義となるためデメリットは小さい)。

その他、使用MS側の性能に依存しない事が本来の『ジェネレーター内蔵型』のメリットであるが、G-バードは連続帯域(無段階)調整機能搭載の関係上、通常のMSでは扱いきれない代物と化しているため、事実上ネオガンダム専用となっている(データ収集後、通常のMSに扱えるよう改良する予定だった、とのこと)。加えて調整の煩雑さは完全思考制御を採用した1号機でなくては、メリットを完全には引き出せないなど、右腕専用である外装と併せて、武装としての柔軟性はむしろ低い。

結局後年には、サナリィで同時期にF90Ⅲによって開発・運用テストされていた、メガビームバズーカというオプション式の可変速ビームライフル(大容量メガコンデンサ方式)が連邦軍の規格武装として制式採用されることとなる。AE社はサナリィの特許を用いてビームバズーカOEM生産している歴史上の事実から、G-バードは『兵装で重要となるのは使い勝手』という本質を忘れた、AE社の悪癖が現れた武装であったと言える。


焼け石に水ではあるが、コア・ファイターとのドッキング機構があり、これによって大火力・高加速力を併せ持った航宙重戦闘機としての運用も可能となっている。
(コア・ファイターの小さな翼面積で、空力学的に明らかに不利なドッキング形態のまま、重力下で航空可能かは不明。大気圏内での運用を考えていないという意見もある)


余談

ガンプラ

1992年9月に1/100スケールで発売。成型色は2号機のものである。1号機のカラーリングでは発売されていない。

設定

F91の、ヴェスバーを収納したままでの高精度背面射撃は、『機動戦士ガンダムF91』が一般販売用LD・ビデオテープとして再編される際に追加されたシーンであり、ジェネレーターの核爆発設定についても『機動戦士Vガンダム』において、御大の意向によって追加された設定である。
つまるところ本機は、発売(設定)後に様々な要因から割を食ったMSであると言える。

関連項目

シルエットフォーミュラ91
シルエットガンダム
サイコミュ Sガンダム ユニコーンガンダム バンシィ・ノルン
ジェムズガン ジャベリン

サナリィ関連

F90 F91 ヴェスバー

クロスボーン・バンガード関連

ジレ・クリューガー
ラフレシア

pixivに投稿された作品 pixivで「ネオガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36385

コメント