ピクシブ百科事典

バンシィ・ノルン

ばんしぃのるん

バンシィ・ノルンとは『機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック(ユニコーンモード/デストロイモード)

頭頂高19.7m/21.7m
本体重量27.3t
全備重量48.8t
ジェネレーター出力4,520kW/測定不能
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力185,380kg/測定不能


概要

ユニコーンガンダム2号機バンシィを総合性能向上のために改修したモビルスーツであり、新たにリディ・マーセナス少尉がパイロットを務める。
型式番号RX-0[N](この改修によって、1号機との型式番号上の区別が可能になった)。
ノルン”は北欧神話に登場する、ウルズヴェルザンディスクルズの、運命の三女神を示す名である。

改修前のアームド・アーマーBS、VNは、大気圏内戦闘において一定の有効性を示したが、マニピュレーターへの干渉による汎用性低下を招いていたため撤去された。
これに代わって、ユニコーンガンダム・タイプ本来の武装であるビームマグナムIフィールド・ビームバリア内蔵シールドをベースとしつつ、本体と併せて各機能をマイナー・バージョンアップさせている。

新規に装備されたアームド・アーマーにより、サイコフレームの搭載量が増加したことで、感応波の送受信能力を大幅に拡大させる事に成功しており、理論上はニュータイプ強化人間で無くともデストロイ・モードの起動が可能となった。
まさにニュータイプの不敗神話やジオニズムの完全否定を目指した「UC計画」本来の意図を反映・体現させたものになっていると言っても過言ではない。

サイコフレームの発光色はプルトゥエルブ搭乗時同様に赤みがかった金色であったが、フルアーマーユニコーンおよびネオ・ジオングとの戦闘の中、リディ少尉のニュータイプへの覚醒に応えるように、1号機により近いレッドゴールドへと変化していった。

ネオ・ジオングとの戦闘終了後、ミネバ・ザビがメガラニカにおいて『ラプラスの箱』に込められた“祈り”を地球圏全域に向けて語る中、彼女をコロニーレーザーから守るため、バナージ・リンクスと共にサイコ・フィールド・バリアを展開。自らを文字通りの「最後の盾」とする。
当初は完全には防げず、僅かにレーザーを漏らしていたが、リディ少尉が全てのわだかまりを乗り越えた事でサイコフレームは虹色へと輝きを変え、“ユニコーンガンダム【光の結晶体】”とシールドファンネルによるサイコフィールド・バリアの力だけでは防ぎきることのできなかったレーザーの残照に対して、最後まで盾としての役割を果たしきった

更にその直後、宇宙の彼方へ独り往こうとする“ユニコーンガンダム【光の結晶体】”に追いすがり、裡なるバナージへと呼びかける際にも、虹の輝きを保ち続けていたため、リディ少尉のニュータイプへの素養はバナージと同じ高みまで至っていたのだと推察できる。

その後『機動戦士ガンダムNT』にて、その人智を超えた能力を危険視、1号機と共に機体以外のサイコフレーム研究と合わせて地球連邦軍と共同で封印の協定が結ばれる。

パイロットスーツ

特殊機であるRX-0には、通常のパイロットスーツには無い様々な機能を内蔵した専用となるパイロットスーツが用意されている。
このスーツは各機によってカラーリングが異なり、2号機用は黒地に金色のラインが走っている。

機能の詳細はこちらの該当項を参照。
ノルンへのマイナー・アップデートに伴い、ヘルメットにはリニアシートと直結しているコードが増設されている。これはアームド・アーマーXC(後述)のためのものと思われ、後年にアナハイム社が開発したネオガンダム1号機のネオ・サイコミュ用接続ケーブルに近似している。

武装

60mmバルカン砲

頭部に2門装備されている機関砲。

ビームマグナム

ユニコーンガンダム・タイプの主力武器。詳細はリンク先を参照。
本機のビームマグナムは、アンダーバレルにリボルビング・ランチャーを増設している。

リボルビング・ランチャー

ビームマグナムのアンダーバレルに追加装着された、回転弾倉型マルチプルランチャー。
4箇所の弾倉型プラットフォームそれぞれに異なるユニットが装填できるため、組み合わせによって継戦能力と対応任務の拡張を同時に達成する事も可能。
ユニットの切り替えは外観通りに回転弾倉型プラットフォームを回転させる事で行うのが特徴であり、短所でもある(対称位置のユニットへ変更するには、秒単位のラグが生じる)。このため、クシャトリヤ・リペアード戦では判断ミスにより敵機の目前で武装を切り替えるという愚を犯してしまい、ビームマグナムごと弾き飛ばされてしまった。

なお、劇中では主に実弾武装を装填していたことから、Iフィールド・バリアを装備しているユニコーンガンダム戦に特化させていたと思われる。
なお、リアスカートラッチに、ビームマグナムのEパックと同様、リボルビング・ランチャー用の予備弾倉も装着できる。

設計思想としては、後年のV2ガンダムのビームライフル(特にバスター・オプションである追加弾倉装備型)が近似している。

ビームジュッテ

近接防御用。
GP-01フルバーニアン用のライフルと同様の装備であるが、リボルビング・ランチャーの場合はユニット切り替えの必要があるため、咄嗟の対応には不向きである。

ボップ・ミサイル

小型ミサイル。ガンタンクが同名の武装を使用していたが、関連性は不明。
他の弾頭も然りであるが、亜光速で射出されるメガ粒子と比較すると実体弾の推進速度は非常に遅いため、ビームマグナムと織り交ぜて使用する事で時間差攻撃として有効に機能する。

瞬光式徹甲榴弾(MGaAP)

「徹甲榴弾」とは、装甲を貫く硬質弾頭の中心部に、遅延性炸薬を仕込む事で、敵機の内部まで弾頭を潜り込ませてから炸裂させる砲弾を指す。
劇中の描写から、着弾後、高焦点温度の燃焼剤が一定時間燃え続け、装甲を溶融させたのち炸裂する断頭と推定される。
Iフィールド・バリア内蔵シールドに特に有効な武装であったが、残念ながらユニコーンガンダムに対しては直撃を与えられなかった。

マイクロハイド・ボンプ

射出後にそのまま漂う接触式の浮遊機雷。
弾頭がスラスターを有していない(スラスターが発光すると位置を悟られる)ため、大気圏外戦闘専用。

ナパーム弾

ゲーム『EXTREME VSマキシブースト』において登場。リボルビング・ランチャーから発射する実弾武器。

ビームサーベル

パックパックに2本、両腕に1本ずつ装備されている格闘兵器。デストロイモード時にはビームトンファーとして使用することも可能。

なお、宇宙世紀0093年以降のサーベルは、エネルギー消費を抑えるアイドリング・リミッターが標準搭載となっているが、劇中において本機は使用していない

シールド

サイコフレームが使用されている実体シールド。Iフィールド発生機を搭載しており、ビーム兵器に対して絶対的な防御力を有する。
ただし原理上、実体弾に対しては通常のシールドとしてしか機能しない(サイコフレーム活性化時には剛性が向上するため、不確定性を残すものの実体弾に対しても高い防御力を持つ)。
このため、(デストロイモード発動中ではあったが)クシャトリヤ・リペアードの放った簡易ファンネル・ミサイルの直撃によって、下記のアームド・アーマーDEは爆砕されてしまったがシールド本体は使用可能状態で残った。
この直後の更なる弾幕により、バンシィ・ノルンは右脚を破壊されている(フル・サイコフレーム機がフレームレベルでダメージを受けた唯一の事例)。

アームド・アーマーDE

「Defence - Extention(ディフェンス・エクステンション)」の略称。
攻防の両性能を強化する増加サイコフレーム兵装。
上記のシールドに被せる方式でマウントし、実体弾に対する二次装甲(Iフィールド発生器を覆う)の役割を果たすのみならず、ウィング部に配置されたスラスターによる推力強化、さらには先端部に配されたメガキャノンがサブウェポンとして機能する。

増速ブースターとしては基本的に背部のアームド・アーマーXC(後述)にマウントして運用する。この状態では、ベースジャバー級の長距離高速移動が可能とされる。劇中ではリディ少尉が左前腕に装備したままスラスターを使用し、フレキシブルバインダー同様のAMBACに利用しながら、拳側のメガキャノンでの攻撃を敢行した(重心が偏るため、高度な姿勢制御技術が必要)。

アナハイム・エレクトロニクスのMSは、『シールドは破損する(させる)兵装である』という設計思想に進んでいたが、本装備はむしろティターンズおよび下部組織であるニュータイプ研究所(企業ではなく地球連邦軍内の兵器開発部門)がロールアウトしたガンダムTR-1ヘイズルガンダムMk-Ⅴのシールド・ブースター、ギャプランのムーバブル・シールド・バインダーに寄った設計となっている。このため、本ユニットのスラスターはティターンズ系モデル同様、戦闘機動ではなく戦地到達移動(初期加速)が主たる役割と考えられる。後述のパワー・ウェイト・レシオの増強は、ほぼ本装備に頼っている=推力に対して推進剤の搭載量が少ない事からも、初期加速で推進剤(爆発物)を使い切る運用を基本とする推測を補強する(ヘイズルのシールド・ブースターは更に安全策を採って難燃性の推進剤を搭載するという、中途半端な仕様となっていた)。

アームド・アーマーXC

「Xeno - Connect(ゼノ・コネクト)」の略称。
バックパックに増設された外装ジェネレーター兼サイコミュ拡張ユニット。
コンパクトな形状ながらも出力1,000kW以上を有する優秀な設計である。ユニコーンガンダム・タイプは元々(特にユニコーンモードにおいて)Iフィールド・バリアを稼働させるための出力に余裕がなかったため、この増強は防御機能の信頼性向上に繋がっている。

デストロイモード時には鬣(たてがみ)状に展開することで頭部ブレードアンテナと連動し、搭乗するパイロットから放たれる感応波と、敵性サイコ・マシンが発する感応波の送受信能力をそれぞれ増幅させる。これにより、NT-Dの発動が緩和されニュータイプの素養の低いパイロットであってもデストロイモードへ『変身』させられる(ゼノ・コネクト=異種統合はこの機能を指すと思われる)。

中央ユニットを展開させると、ビームマグナムやアームド・アーマーDEをマウントするラッチが現れる。

“忌むべき技術”とされる『n_i_t_r_o(ナイトロ)』システムの応用技術の一つとされており、バンシィ・ノルンの装備は一部スペックを省いてNT-Dの発動をサポートする為に機能を限定した『表向き』の仕様であり、n_i_t_r_oを有した『本来のXC』はフェネクスに搭載された。
なお、ネオ・ジオングのサイコシャードによって爆砕させられたため、『武装』に分類されるようである。

サイコミュ・ジャック

厳密には武装ではないが、本項に記載する。
デストロイモードにおける、RX-0共通の対サイコ・マシン機能。フル・サイコフレームによってパイロットの感応波を過剰なまでに増幅・放射することで、周辺戦域の敵機のファンネルなどサイコミュ兵装や機体制御を、支配下に置く。
しかし、ネオ・ジオングとの戦闘においては、相手が『格上』であったためか、ファンネル・ビットの制御を奪うことができなかった。

ユニコーンモード

通常状態。
アームド・アーマーDEの恩恵によりパワー・ウェイト・レシオは3.8倍と、次世代機同等にまで向上している。
20m級かつ汎用タイプのMSでこの比率は、驚異的とすら言えるほどである。

インターフェースには、極めて珍しいタッチパネルを併用しており、リディがリボルビング・ランチャーの武装選択に用いているシーンが見られる。
しかし、選択に3~4秒とかなりの時間を要していたためか、後年代の機体には採用されていない。

デストロイモード

既述の通り、リディ・マーセナスの覚醒に伴ってサイコフレームの輝きはレッドゴールド、そして虹へと昇華していった。

本形態時のインターフェースは、コントロールスティック及びフットバーの一般仕様から、インテンション・オートマチックによる完全脳波コントロールに移行する。詳細はユニコーンガンダムのデストロイモード項を参照。

メディアミックスでのバンシィ

小説版

「ノルン」自体が登場せず、最後まで初期状態(ビームガトリングを装備しないユニコーンガンダム)のままである。
しかしながら、最終的にはサイコフレームは虹色に達している。この『虹色の小説版バンシィ』は、プレミアムバンダイにおいて、完全受注生産版マスターグレードとして立体化された。

漫画(バンデシネ)版

アニメーション版同様に、バンシィ・ノルンとして登場。さらにハイパービームジャベリンを装備して戦場に立った。
なおアームド・アーマーDEは元々『バンデシネ』に登場した兵装を、アニメーション版が逆輸入した。

関連タグ

機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダム バンシィ
ネオ・ジオング クシャトリヤ・リペアード
リディ・マーセナス
サイコフレーム サイコ・フィールド サイコミュ

ネオガンダム(アナハイム社の開発した、完全脳波コントロールタイプの第二期MS

pixivに投稿された作品 pixivで「バンシィ・ノルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195892

コメント