ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

宇宙世紀で運用されている大気圏内用SFS
ホバークラフトだが、相当の高空まで運用できるほか、MS離脱後もメガ粒子砲を用いて戦闘機のように運用される。

ΖΖ』での描写から、胴体前部にコクピットを持った有人機であるのが判明している(MSからの操作で無人操縦も可能)。

モビルスーツを2機まで搭載可能で対地対空兼用のメガ粒子砲を装備している。

グリプス戦役では主にティターンズやそれに協力する連邦軍部隊が運用したが、ティターンズ崩壊後はネオ・ジオンやアフリカ独立戦線・青の部隊などの反連邦勢力にも流出した。
この頃まではアクト・ザクハイザックなど18m級のMSが最前線を張っていたためMSを2機積載して飛行することが多かったが、MSが大型化が進んだU.C.0096年時点では1機のみ積載しての飛行がメジャーとなっており、ジオン残党軍マラサイも単機で運用していた。

バリエーション

89式ベースジャバー

ジェガンとベースジャバー


宇宙世紀0089年にロールアウトされた地球連邦軍の宇宙用SFS。
武装はオミットされており、MSの行動半径を3倍に伸ばすブースターで、完全にMS輸送に特化している。機体上下に各1機のMSを搭載可能。基本的はMS側から操作されるが、コックピットを備えており有人宇宙艇としても使用できる。

なお、『逆襲のシャア』が初登場作品だが、機体名は「ベースジャバー」と通常と同じだった。後の『機動戦士ガンダムUC』で「89式ベースジャバー」という名称がついた。

また『機動戦士ガンダムF90FF』を見る限りでは宇宙世紀0122年の第2次オールズモビル戦役の時にも使われている模様。

94式ベースジャバー

コミケ86新刊情報


機動戦士ガンダムUC』で初登場したベースジャバー。構造が簡略化されている。
コクピット部を挟むようにブースター付きプロペラントタンクを左右に繋げた双胴型の形状で、大型ブースター部分はジョイントで切り離し可能なモジュールとなっている。

このブースター付きプロペラントタンクはフルアーマーユニコーンガンダムナラティブガンダムA装備にも転用されている。

関連タグ

サブフライトシステム

関連記事

親記事

サブフライトシステム さぶふらいとしすてむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベースジャバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました