ピクシブ百科事典

マスターグレード

ますたーぐれーど

「マスターグレード」とは、バンダイのプラモデルシリーズのブランド名。
目次[非表示]

概要

マスターグレードとはバンダイが発売するプラモデルシリーズブランド名の一つ。
略称はMG。1995年7月のRX-78-2 ガンダムから始まり現在も続いているガンプラの中ではハイグレード(HG)に次いで息の長いブランドである。

コンセプトは「高級品のガンプラ」。企画当初は「究極のガンプラ」だったが、1997年から発売されたパーフェクトグレードがそれ以上のハードルを追求したコンセプトのガンプラになったためこう改められた。MG化が決定した機体はカトキハジメ氏の監修で新たに描き直された画稿を元に制作され、高級品というコンセプトの通りこのブランドでのガンプラ発売が決まる事はその機体にとっても一種のステータスになっている。

サイズは1/100統一で、リアル性の追求を目的に一部の内部メカを再現していたが、現在では内部フレーム全体が再現されそこに装甲をはめ込む方式になっている(ただし説明書では各部の内部フレーム→外装を組み立ててから胴体に接続する事が推奨されている)。

現在のラインナップでは上述の内部フレーム完全再現に加えコックピットハッチの展開、機体もしくは武装のギミックの完全再現、各関節の必要最低限もしくはそれ以上の可動といった条件をいずれも満たしている。
また、劇中で無理があったギミック(ストライクフリーダムガンダムレールガン収納と腰の可動の両立、ガンダムエクシアGNソードのグリップ収納、Vガンダムの変形そのものなど)もMG独自の解釈で新規ギミックを取り入れる事で消化されている事が多い。

すでに一度MGされた機体が再びMG化される場合は「Ver.2.0」と付けられるが、一部例外もある(エールストライクガンダム Ver.RMなど)。また、カトキ氏完全監修のガンプラにはVer.Kaの肩書も付けられる。

2014年1月発売のMGガンダムXでついに全ガンダムシリーズの映像作品の前半主役機がMGで立体化された事となった。

ガンダムシリーズ専用のブランドと思われがちだが、実は聖戦士ダンバイン機動警察パトレイバーからも商品が出ている。

派生シリーズとしてロボットではなくジャンプアニメ主人公や仮面ライダーのような人型キャラクターをプラモデル化したMG FIGURE‐RISEがあるが、こちらはTIGER&BUNNYを最後にラインナップが途絶えている。

関連イラスト

pixivでは現在もMG化されていない機体の箱絵をイメージしたイラストが多い。
メイン画になっているウイングガンダムゼロ(TV版)も現在MG化されていない(似たようなデザインのプロトゼロならMG化された)。

MGバウンドドック
祝!ブレイヴ MG化!(嘘)


関連タグ

バンダイ MG プラモデル ガンプラ Ver.Ka
モビルスーツ ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「マスターグレード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23337

コメント