ピクシブ百科事典

GN-X

じんくす

GN-X(ジンクス)とは、機動戦士ガンダム00に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

型式番号GNX-603T
頭頂高19.0m
重量70.4t
動力機関GNドライヴ[T]×1
武装
  • GNビームライフル/GNロングビームライフル×1
  • GNビームサーベル×2
  • GNシールド×1
  • GNバルカン×2
  • GNクロー×2


アレハンドロ・コーナーがヴェーダから持ち出した技術を元に、GNドライヴ[T](タウ)(擬似太陽炉)と共に極秘裏に開発した擬似太陽炉搭載型の量産型モビルスーツ

開発後にAEU人類革新連盟ユニオンら旧三大国家群を統合させて発足した国連軍にそれぞれ10機、計30機が配備され、各国のエースパイロットが搭乗した(その経緯もあって、本機は「エースパイロット専用の量産機」というガンダムシリーズではかなり稀有な立ち位置にある機体である)。
基本性能は同時期のガンダムと遜色の無いレベルであり、幾度となくソレスタルビーイングを追い詰め、組織壊滅の原因となった機体という事もあり、歴代ガンダムシリーズでも最強の量産機の一角として名が挙がる事も多い。
ただしあくまで基本性能が同等なだけなので、各ガンダムが得意とする射撃や格闘などの要素では今一つ劣る。

ガンダムスローネの量産試作機である「スローネヴァラヌス」の設計や運用データがベースにされており、頭部に四基配置されたカメラ・アイや、X字状に配置されたGN粒子発生装置など、ヴァラヌスの特徴が色濃く受け継がれている。
また操縦系統の違うパイロット達でもすぐに使いこなせるよう、頭部に新開発のサブコントロール・システムが搭載されるなど、シンプルな操縦系統に設定されている。

建造にあたっては、各パーツを細かく分散し「新型ワークローダーの部品」という名目で民間企業に組み立てさせ、それらを軌道エレベーター内の秘密工場に集めて完成させる、という綿密な偽装工作が行われた。
秘密裏に開発された機体ではあるものの、非常に完成度が高くバランスのとれた量産機であり、その後地球連邦軍の主力として追加生産され、後継機も作られていく。
グラハム・エーカーに支給された1機はGNフラッグ開発の為に解体されたが、残りの29機はガンダム掃討作戦「フォーリン・エンジェルス」に対ガンダム戦の切り札として参加し、ガンダムと刺し違えつつもそのほとんどが大破した。

主な搭乗者はパトリック・コーラサワーソーマ・ピーリスセルゲイ・スミルノフなど。

その生い立ちはガンダムの量産型という点ではジムに、ガンダムに匹敵する性能を持つ敵軍の量産機という点ではゲルググに相当すると解釈できる。

武装

GNバルカン

頭部に搭載されたビームバルカン。
ビームライフルよりも威力は低いが連射性能に優れ、主に牽制やミサイルの迎撃などに使用される。

GNビームライフル

銃身の換装で用途に応じた運用を行う事が出来るビームライフル。
腕部コネクタから粒子供給が可能な他、稼働時間に限りのある擬似太陽炉搭載機の使用を考慮して大型のGNコンデンサにGN粒子を貯蔵できる。
センサーとバレルを増設する事でロングライフルとして使用可能。この換装機構を利用して、後継機と共に様々な装備オプションが開発されている。

GNビームサーベル

大腿部に収納されるビームサーベル。
ビームの刃によって高い切断力を発揮し、その威力はガンダムの使用するGNビームサーベルにも匹敵する。

GNクロー

腕部マニピュレータは指先が鋭利に尖っており、これを予備兵装として使う事ができる。
GNフィールドをまとう事でその破壊力を増大させられるが、本来は粒子切れの際に使用される。

GNシールド

腕部にマウントされるEカーボン製シールド。
GNフィールドの効果によって単純な追加装甲以上の防御能力を得ている。
AEUやユニオン出身のパイロットが搭乗する事を考慮して中央部にはディフェンスロッドを装備している。

劇中での活躍

トリニティの襲撃を受けた人革連基地への増援という形で劇中に初めて登場。
セルゲイ・スミルノフ中佐率いる特務部隊「頂武」へ供与された本機らは統率された集団戦法とガンダムクラスの高い性能を遺憾なく発揮し、ガンダムスローネ部隊を圧倒。撃退に成功するという功績を挙げる。
特にソーマ・ピーリス中尉は初めて自身の反応速度に追従出来る機体だったという事もありスローネツヴァイのファングによる方位攻撃を難なく回避し、逆にファングを撃墜している。
スローネを撃退した後は国連軍の主力機として対ソレスタルビーイング戦へ30機中29機が投入される。

戦闘の最中にパトリック機はデュナメスを中破させ、ロックオン・ストラトスの利き目を負傷させている。
殲滅戦が終了した頃にはほとんどの機体が損傷、もしくは大破してしまうが、ガンダムのほぼ全機の破壊、鹵獲、母艦の破壊にも成功しており、GN-Xという機体の多大なる性能を見せつけることになった。

バリエーション

GN-X Ⅱ(ジンクスツー)

ジンクスⅡ


外伝00Fなどにおいて登場。
両肩にマウントラッチが設けられ、全身のGN粒子発生装置が小型化されている。
詳細はGN-XⅡを参照。

GN-X Ⅲ(ジンクススリー)

GNX-609T


地球連邦平和維持軍の主力機体。
GN-XⅡで小型化された粒子の発生装置がさらに小型化され、よりシンプルなシルエットを有する。
詳細はGN-XⅢを参照。

GN-X Ⅳ(ジンクスフォー)

ジンクスⅣ


劇場版で登場した機体。
後述のスペルビアジンクスを設計母体とし、イノベイドから得た技術を積極的に採用したことで、第3.5世代ガンダムをも凌駕する程の大幅な性能アップを果たし、トランザムシステムの標準搭載にも成功している。
詳細はGN-XⅣを参照。

アドヴァンスドジンクス

MGジンクス


GN-Xの後期生産型に改良を加えた機体で、国連軍のエースに支給された。
肩部ディフェンスロッドの追加や通信機能の強化など、様々なカスタマイズが施されている。
詳細はアドヴァンスドジンクスを参照。

スペルビアジンクス

スペルビアジンクス(立ち絵)


GN-XⅢのカスタム機。
海からの強襲揚陸用に開発された機体で、水中巡航の際には外付けの強襲揚陸ユニットを装備する。
詳細はスペルビアジンクスを参照。

立体物

ガンプラシリーズではHGとしてGN-Xが一般販売で発売された。
また、MG(マスターグレード)モデルのGN-Xも発売されている。量産機のMGが発売されたのは宇宙世紀に登場したもの以外ではGN-Xが初。
アクションフィギュア「ROBOT魂」ではGN-Xがプレミアムバンダイ限定で販売されていた。

その他

劇中での活躍からか、スーパーロボット大戦シリーズやGジェネレーションシリーズなどの外部作品でも量産機としては高い性能を持っていることが多い。


関連項目

ガンダム
機動戦士ガンダム00
ガンダムスローネ アヘッド

pixivに投稿された作品 pixivで「GN-X」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338575

コメント