ピクシブ百科事典

セルゲイ・スミルノフ

せるげいすみるのふ

セルゲイ・スミルノフとは、「機動戦士ガンダム00」の登場人物。
目次[非表示]

CV:石塚運昇

人物像

身長:189cm
体重:一期時82kg
二期時78kg
血液型:A型
生年月日:2264年1月28日
年齢:一期時43歳
   二期時48歳
出身地:ロシア

「ロシアの荒熊」の異名を持つ人革連軍MS部隊の優秀な指揮官で、その名は軍内外に広く知れ渡っている。『1st』における階級は中佐。左目の上から頬にかけて大きな傷跡を持つ歴戦の勇士で、MSパイロットとしての能力もきわめて高い。ガンダムの性能を確かめるため、単機でエクシアに挑むなど、風聞を信じず、自分で見聞きしたものしか信用しない主義である。「超人機関」により生み出された超兵ピーリスが部下として配属されたが、若い彼女が戦闘に参加することや、超人機関の非人道的な研究については否定的であった。
『2nd』におけるセルゲイは、アロウズの士官から侮辱されても抵抗せず、衛星兵器メメントモリに関して下された箝口令に苦悩しながらも従うなど、『1st』で見られたような勇猛な軍人としての姿は鳴りを潜めている。
敵ではあるが基本的には善人であり、「ガンダム00屈指の良心」と言われている。

1stの活躍

対ガンダムを目的に創設された特務部隊「頂武(ちょうぶ)」の隊長として、幾度となくガンダムと交戦した。GN粒子による電波撹乱を逆手にとってプトレマイオスを発見し、スメラギの戦術を裏をかいてキュリオスとヴァーチェを鹵獲寸前まで追い詰めるなど、指揮官として高い能力を見せている。国連軍結成後は、ジンクス部隊を率いてガンダムを圧倒し、決戦において、傷つきながらもついにキュリオスを撃破した。

2ndでの活躍

ガンダム討伐の功績によって地球連邦軍大佐に昇進している。ピーリスとは親子に近い関係を築いており、養子に迎え、本当の親子となることまで考えていたが、彼女にアロウズへの転属命令が下ったことでそれは保留となった。戦闘でピーリスが行方不明になった際には部下の制止を振り切って、単独で捜索を行なっている。発見した彼女から、「ソーマ・ピーリス」という人格が後から上書きされたものであり、現在は本来の人格を取り戻しているということを知らされ、1人の女性として幸せに生きることを願い、戦いに参加させないことを約束させてアレルヤに彼女を託している。
ハーキュリーからクーデター計画を知らされた際も、諌めるのみで参加することはなかった。一方で、強硬な手段で世界統合を推し進めるアロウズに対しては疑問を抱いており、そういった彼の行動や思想は軍内部に少なからぬ影響を与えていたといわれ、アロウズからは危険視されていた。また、セルゲイによって死亡が報告されたピーリスの乗機は破壊されずに回収されており、上官であったマネキンもセルゲイの報告に疑念をいだくが、心に留めるだけで追求はしなかった。

スミルノフ家の闇

妻ホリー・スミルノフの死を巡って深い確執があり、十数年に渡って音信不通で、アンドレイがアロウズに所属していたことも知らなかった。軍人となったことは、ハーキュリーを通じて知っていたようである。母を失って心を閉ざした息子と向き合う術を見出せず、結果として投げ出す形になってしまったことに大きな負い目を感じていた。

最期

クーデター派による軌道エレベーター占拠事件では、「ティエレン全領域対応型」に搭乗して密使としてハーキュリーの下に向かったが、その任務自体がセルゲイを抹殺するための陰謀であり、彼の脱出を待つことなくメメントモリによる砲撃が行なわれ、軌道エレベーターは崩壊した。
ハーキュリーとともに脱出し、落下する破片の迎撃に当たったが、ハーキュリーと共にいたことでクーデターに与していたとアンドレイに誤解され、攻撃を受けた。息子に対して武器を振るうつもりは無く、説得も聞き入れてもらえずに、無抵抗のままコックピット付近にGNビームサーベルを受けてしまい、妻や息子への謝罪を語りながら、壮絶な最期を遂げた。死ぬ前に自機の爆発に息子を巻き込まないように離れる思いやりも見せた。セルゲイとアンドレイの人間関係は本作のテーマである「 解り合うこと」の困難を表現しているともいえる。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 ガンダム00 ソーマ・ピーリス アレルヤ・ハプティズム
アンドレイ・スミルノフ パング・ハーキュリー ミン中尉 キム司令 ティエレン GN-X

竜騎将バラン:妻を亡くし、自身の息子と敵対した父親同士。中の人も共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「セルゲイ・スミルノフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86030

コメント