ピクシブ百科事典

バロックガン

ばろっくがん

バロックガンは新SDガンダム外伝「鎧闘神戦記」のラスボスである。
目次[非表示]

崇めよ…争いなき完璧なる世界の創造神を…

概要

スダ・ドアカワールド十二神の一柱で、破壊と想像を司る『覇界神』である。

嘗て武神デュエルカイザーより、地上の守護神の任を引き継いだ黄金神スペリオルカイザーが作り上げた世界を自分の物とすべく、配下の軍勢を率いて地上に侵攻した。

戦いは地上の幾つもの勢力をも巻き込む修羅場と化し、スペリオルカイザーとの決戦にて黄金神の操手(地上で活動する為の肉体)に致命的なダメージを与えたが、自身も無事では済まず、スペリオルドラゴンの最後の力で、配下の近衛騎士団(ゾディロック)もろとも、ラクロアの「機兵の谷」の最深部に封印される。

しかしタダでは封印されず、スペリオルドラゴンが新たなる操手として天宮の武者頑駄無真悪参を選び、彼をスダ・ドアカに連れてくる際に妨害する。これによってスペリオルドラゴンは騎士ガンダムサタンガンダムに分裂してしまい、黄金神の復活を大幅に遅らせる事に成功した。

その後は復活の時を待ち望んでいたが、「黄金神話」にてスペリオルドラゴンが死亡した事で封印が綻び、更にロームフェラー財団の考古学者トレーズによって発掘された事で、仮の復活を果たす。封印を完全に解除するべく天使族の巫女リリーナ姫を捕らえる為、トレーズに「創世軍オズワルド」を組織させ、天使族の里や地上への攻撃を開始する。

タイミングが悪い事にスペリオルドラゴンは、十二神に復帰するべく天界へ向かっており不在。
守護天使ヒイロにバスターソードを与え、シャッフル騎士団に神託を与えるなど保険はかけていたが、天使族の郷はオズワルド軍の猛攻で壊滅。最大の障害となりうるシャッフル騎士団に対しては、バロックガン自ら封印の力を与えた雷迅機トールギス、熾炎機ヴァイエイト、瀑水機メリクリウスの三体の機兵によって、各個撃破して封印してしまう。

鎧闘神となった騎士ウイングガンダムや四闘神らの活躍でオズワルト軍が敗退した為、戦況を打破するべく電光騎士ゼクス騎士ガンダムエピオンとして送り込み、一進一退の戦いが起こる最中、堕天使ドロシーによって誘拐されたリリーナを生体ユニットとして取り込み遂に完全復活を遂げ、近衛騎士団と歴代の勇者達に倒された悪の軍勢を甦らせスダ・ドアカを闇で覆い尽くす。

しかしスペリオルドラゴンの導きにより現れた「啓示騎士エックス」によってシャッフル騎士団はパワーアップして復活、アルガス騎士団の生まれ変わりであったパートナー達の力を得て四闘神も「守護機神」となり、近衛騎士団も軍勢も壊滅。
神としての力をフルに発揮してシャッフル騎士団を圧倒するが、新たな力を得たウイングとエピオンの決死の攻撃で、リリーナを奪還。力を制御できず暴走を始めるが、ドロシーがリリーナに代わり生体ユニットとなったことで、「豪嵐神バロックガンΩ」として更なるパワーアップを果たすも、二体の鎧闘神のソウルユナイトした超鎧闘神ウイングとの最後の対決で遂に撃破される。天界から帰還したスペリオルドラゴンの力で、超鎧闘神ウイングと融合した事によってスダ・ドアカの新たなる守護神サンボーンへと生まれ変わった。

関連

バロックコア

バロックガンの神としての「核」、モチーフはリボーンズガンダム
嘗ての黄金神の戦いの際に「操手」に宿って激戦を繰り広げた。

近衛騎士団(ゾディロック)

バロックコアにつかえる騎士団で、スペリオルドラゴンにとってのシャッフル騎士団にあたる。
全員が闘神にも匹敵する力を持つが、古代の戦いで半数が死亡、一人が離反。残り半数はバロックガン諸共封印されていたが、バロックガン完全復活と共に復活する。
またも一人離反者を出し、残りはシャッフル騎士団と守護機神に蹴散らされる。

コメント