ピクシブ百科事典

カバカーリー

かばかーりー

カバカーリーとは、TVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

ビーナス・グロゥブから地球圏へ進出し、キャピタル・アーミィとの協力体制を築いたジット団が、マスク率いるマスク部隊へ提供した漆黒のモビルスーツ
ジャイオーンG-ルシファーなどと同じくジット・ラボラトリィで開発されたG系統機であり、マスク部隊の指揮官であるマスク自らが搭乗する。

キア・ムベッキがジット団を掌握した後に開発した量産型モビルスーツリジットをベースに、ジット団のフラッグシップ機として開発されたのがこのカバカーリーであり、ジット製モビルスーツの中では最新鋭機に位置する。
遠・近・中距離それぞれに対応した特殊武装を運用する事ができ、G-セルフと同じくバックパックを換装する事で様々な状況に対応出来る万能機として開発されている一方、地球圏侵攻を想定した装備も施されており、膝当て装甲を用いた単独での大気圏突入能力や、両肩部シールドに搭載されたミノフスキー・フライトによる重力下飛行能力などがそれに当たる。

当初はジット団を背負って立つ機体として「G-IT」のコードネームで開発が進められ、地球圏でキアが搭乗する予定であった。
しかし、キアがビーナス・グロゥブで命を落とした為この機体に搭乗する事は敵わず、クンタラの出身であるマスクによってクンタラの魂の安住の地「カーバ」とそれを守護する守護神「カーリー」を組み合わせた「カバカーリー」の名が与えられ、ベルリ・ゼナムG-セルフと激闘を繰り広げた。

武装

ビーム・セイバー

手甲部に内蔵されているビーム・サーベル。出力を調整する事で機体全長の倍もの刀身を形成する事が出来る。
また、その性質上手に持っての使用は出来ないが、装備位置もあって手首のスナップを効かせた斬撃が可能。

ビーム・ショットガン

カバカーリーの携行するビーム砲。その名の通り、拡散ビームと通常のビームを使い分ける事が可能なショットガン。
エネルギー供給はマガジン式となっており、予備マガジンをサイドスカートにマウントする。
なお、拡散ビームを使用するには専用弾とマガジンが別途必要となる。

ビーム・リング

掌からレーザーを用いて遠隔操作する、擬似ファンネルとも形容出来る投擲兵器。
外観はインドの投擲武器チャクラムに似ており、バックパックに搭載されている。
リング内側にミノフスキー・フライト・フィールドを発生させる事で推進し、特に対艦戦闘等で威力を発揮する。
ビーム・リングとそれを格納するコンテナはカバカーリーの正式装備という訳ではなく、複数あるバックパック・オプションの内の一つに過ぎない。

外部作品にて

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦Xでは基本的には敵として登場するが、条件を満たすとパイロットのマスク、そしてマニィジーラッハバララユグドラシルと共に自軍入りする。

性能として切り込み役として使いやすく、Gレコ系のMSの中では扱いやすい部類の機体。 パイロットのマスクも優秀なスキルを始めから複数有している。ただし武装が物足りないのがやや残念。

なお自軍入りはフラグが必要だが困難ルートに進めれば無条件で入手可能(マシュマーその乗機も同様)。

ガンダムVS.シリーズ

機動戦士ガンダムEXTREME VS.2よりシリーズ初参戦。ビームリングとショットガンを主体に戦う近接寄り万能機体。アシストはマニィが乗るジーラッハプロヴィデンスガンダムばりのビームカーテンで援護する。
次回作・機動戦士ガンダムEXTREME VS.2 クロスブーストの看板機体でもある。

関連項目

Gのレコンギスタ
カットシー エルフ・ブル エルフ・ブルック マックナイフ ウーシァ
G系
G-セルフ G-アルケイン G-ルシファー ジャイオーン ジャスティマ ジロッド ジーラッハ ダハック トリニティ G-フェネクス ユグドラシル
マスク

関連記事

親記事

G系 じーけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カバカーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92683

コメント