ピクシブ百科事典

ベルリ・ゼナム

べるりぜなむ

アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。同作の主人公である。
目次[非表示]

CV:石井マーク

人物像

宇宙エレベーター「キャピタル・タワー」の守護を目的とした組織「キャピタル・ガード」の養成学校に通うパイロット候補生。キャピタル・ガード養成学校の成績優秀者であり、2学年上のクラスに飛び級するだけの天才的な才能を持つ。
ラライヤ・マンディによって地球にもたらされたモビルスーツG-セルフ」を動かせる3人の内の1人。
友人など親しい間柄の人間からは「ベル」の愛称で呼ばれる。好物はバナナとシナモンのビスケット。

キャピタル・タワー運行長官ウィルミット・ゼナム養子であり、血の繋がった親子ではないが実の母のように彼女を慕う孝行息子。キャピタルの重役であるウィルミットの期待に応える為に無茶をすることもあるが、彼がキャピタル・ガードを志したのも、母の手助けをしたいと願ってのことである。
ウィルミットがスコード教の教典に対して厳格である事から、彼もその影響を受けてスコード教徒として科学技術の発展を咎める教の教えを尊重している
(その為、キャピタル・アーミィやスコード教が秘匿する事実に対しては疎い)。

普段は持ち得た才能から来る余裕の現れから常に笑顔を浮かべている事が多く、陽気でマイペースな一面も見られるが、その一方で命のやり取りを行う戦場ではその笑顔を消す事も少なくはない。
育ちの良さや才能の豊かさから疎まれる事も少なくはないが、その天真爛漫な性格からクンタラに対しても分け隔てなく接し、ルイン・リーノレド・ナグ達とも交友を結んでいる。
モビルスーツパイロットとしても特筆した才能を持ち、戦闘用モビルスーツであるG-セルフに対して作業用のレクテンを用いてこれを手球に取っている(ただし、これはG-セルフ側の不調とレクテンの性能向上も手伝っている)。

劇中での活躍

宇宙での実習中にアイーダ・レイハントンの乗るG-セルフと交戦しこれを拿捕するが、その際にアイーダに一目惚れした為に捕虜となった彼女を気にかける。
そして、アイーダ奪還のために海賊部隊が襲撃を繰り返す中で、アイーダの想い人であったカーヒル・セイントを手にかけてしまう。

その際にアイーダから責められた事に起因する謝罪と後悔の念もあり、ガールフレンドのノレド・ナグとG-セルフの正規パイロットであるラライヤ・マンディらと共にキャピタル・テリトリィを抜け海賊部隊の旗艦であるメガファウナに身を寄せ、G-セルフのパイロットとしてキャピタル・アーミィと戦う事になる。

キャピタル・アーミィに対してはタブーを軽視して次々と新型モビルスーツを繰り出してくる姿勢に疑問を抱き、また母親にもアーミィの詳細が知らされていなかった事も手伝い、アーミィに対して厳しい姿勢で望む。
当初はキャピタルへの帰還を前提に行動していた事もあり、ノレドと共にメガファウナを脱出する隙を伺うなど戦争を甘く捉えていた時期もあったが、戦闘中に恩師であるデレンセン・サマターを撃墜した事によって、戦争という現実を直視させられ、彼の心に深い傷を刻む。
それでも状況に流されるように戦場に立つが、そんな中で自分の身を心配して単身キャピタル・タワーから抜けだした母ウィルミットを保護する事になる。

母をキャピタルまで送り届ける為に奮闘した結果、これによって自信を取り戻し、それと同時に「宇宙からの脅威」が地球に迫りつつある事を知ると、今度は自分の意思でメガファウナに残る決意を固め、宇宙からの脅威に対抗し、キャピタル・アーミィとアメリア軍による宇宙戦争を止めるべく宇宙へ向かう。

宇宙での戦いを経て、クリム・ニックによって占拠されたキャピタル・タワーの頂上部「ザンクト・ポルト」へ向かうが、そこでザンクト・ポルトを襲撃したトワサンガのドレット艦隊と交戦。彼らの存在を目の当たりにしたアイーダの提案によって、彼らが進める地球再征服(レコンギスタ)作戦を阻止するべく、ドレット軍の本拠地であるスペースコロニー国家「トワサンガ」への旅に出る。

宇宙へ出てからパイロットとしての才覚に磨きをかけ、ついにはトワサンガ最大のコロニー「シラノ-5」に到達するが、ベルリはそこで自らがトワサンガの名家であるレイハントン家の生まれである事を知る。
一目惚れした初恋の相手が自らの実の姉であった事、そして宇宙という環境が自分の生まれ故郷であった事を知り、その事実を受け入れる努力を状況の変化が許さない事に対して強い憤りを覚える事もあったが、その後落ち着きを取り戻し、アイーダを姉として認め彼女の支えとなるべく、尽力する。

そして、仲間達と共にレイハントン家が設立したヘルメス財団の本拠地である金星圏のコロニー「ビーナス・グロゥブ」を目指し、そこで地球へのレコンギスタを成そうとするジット団と敵対。激戦の果てに地球圏へのレコンギスタを実行した彼らを追撃する。
地球圏への帰還を果たし、戦争の根本を正すべくパーフェクトバックパックを装着したG-セルフで数々の戦場と悲劇を乗り越え、やがてニュータイプとしての素養に目覚めていく。
そして、キャピタル・アーミィとアメリアによる戦争の行く末を見届け、マスクを激闘の末に打ち倒した。

終戦後はムーンシップに乗船し、世界旅行を敢行。のちに仲間達と別れ、単身世界を回る旅へ出た。

関連項目

Gのレコンギスタ 主人公
アイーダ・レイハントン ラライヤ・マンディ ノレド・ナグ ルイン・リー デレンセン・サマター クリム・ニック ケルベス・ヨー ウィルミット・ゼナム
G-セルフ レクテン ジャハナム

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルリ・ゼナム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697589

コメント