ピクシブ百科事典

ケルベス・ヨー

けるべすよー

ケルベス・ヨーとは、アニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の登場人物である。

CV:須田祐介

人物像

宇宙エレベーター「キャピタル・タワー」の保全を担うキャピタル・ガードに所属する中尉
デレンセン・サマターの部下であり、平時は彼と共に養成学校の教官を務めている。
気さくな性格の持ち主で養成学校の生徒達とも打ち解け合うが、一方で仕事には真面目な姿勢で打ち込む。
敬虔なスコード教信者だが、船舶マニアであり特に軍艦には目がない。
主な搭乗機はレックスノーザンスガットなど。

デレンセンがキャピタル・アーミィへ召喚されたのに対し、彼はタブー破りを行うアーミィへ良い感情を抱いていなかった事もありキャピタル・ガードへ残留している。特にアーミィと反発するウィルミット・ゼナムに共感しており、彼女が単身キャピタルを抜けだした際には自ら部隊を指揮し、露払いとしてウィルミット帰還の支援を行った。
その際にレックスノーやG系統用の高トルクパックといったキャピタル・アーミィの装備を持ち出しており、ウィルミットをキャピタルまで送り届けたアメリア軍の海賊部隊と合流し、共闘。そのまま海賊の母艦であるメガファウナと行動を共にし、表立ってアーミィと敵対する立場を取った。
この際、教え子であるベルリ・ゼナムと同じくキャピタル・ガードとしてアーミィに反発をする立場を取っており、メガファウナをキャピタル・タワーへ寄港させる際にはタワーに務める職員に対して口利きをするなど、キャピタル・ガードとしての立場を活かし、一行をサポート。ベルリに対しては教官としてではなく良き戦友として接するようになる。

ドレット軍が掲げるレコンギスタ作戦を止めるべく、メガファウナがドレット軍の母国であるトワサンガへ旅立ってからは、道中捕虜にしたリンゴ・ロン・ジャマノッタを監視するが、次第にリンゴと意気投合し、信頼関係を築く。しかし、一方でラライヤ・マンディを気にかける彼に対して何かと対抗心を燃やす事も少なくはない。
しかし、それでも戦場ではラライヤを護るべくリンゴと共同し、お互いに彼女をサポートし、三人共揃って宇宙戦争を生き抜き、戦後に催されたクレッセント・シップでの世界一周旅行に興じた。

なお、機体によほどの愛着があったのか、あるいは単に乗機に恵まれなかったのか、様々なモビルスーツが次々と戦場に投入される中、ビーナス・グロゥブでラ・グーから提供されたザンスガットに乗り換えるまではお世辞にも高性能とは言えぬレックスノーで激戦を戦い抜いており、ベルリらの陰に隠れがちなものの、パイロットとしての実力は高いものと思われる。

関連項目

Gのレコンギスタ
ベルリ・ゼナム ルイン・リー デレンセン・サマター ウィルミット・ゼナム リンゴ・ロン・ジャマノッタ

ガールフレンドがいない連中のことも考えてやれ

pixivに投稿された作品 pixivで「ケルベス・ヨー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33802

コメント