ピクシブ百科事典

ノレド・ナグ

のれどなぐ

ノレド・ナグとは、テレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場人物。同作のヒロインの一人である。

CV:寿美菜子

人物像

キャピタル・テリトリィにあるセントフラワー学園のチアリーディング部に所属する少女。
おでこ紋章が付けている。
活発ながらも面倒見の良い性格を持ち、記憶を失っているラライヤ・マンディの面倒も見る。
ベルリ・ゼナムに好意を寄せており、環境チェック用小型ロボット「ハロビー」に「ノベル」と名付けている。

キャピタル・ガード養成学校のルイン・リーと同じく下層階級である「クンタラ」(宇宙世紀末期の食糧難時代に食人が行われた際に、捕食される側に立たされた人間の末裔に対する蔑称)の生まれ故に差別される事があるものの、彼女を理解する学友のマニィ・アンバサダやボーイフレンドのベルリ達からは対等に扱われている。
クンタラの人喰いにおける被捕食者であったという歴史的背景から、本能的に自衛する武器としてハンティング用のパチンコを携帯しており、その腕前も一級品。

成り行きでキャピタル・アーミィと敵対することになったベルリと共に海賊部隊の母艦であるメガファウナに身を寄せるが、その一方でベルリが海賊部隊のアイーダ・レイハントンに興味を示した事からアイーダを警戒し、時として嫉妬の念を彼女に向ける。
半ば成り行きで海賊部隊と行動を共にするようになったものの、ベルリ達と共に一度キャピタルへ帰還を果たした後もメガファウナに乗艦し、宇宙へ、月へ、果てには金星へと旅を続けていく。

道中、ラライヤが障害から回復を果たした事に喜ぶが、一方で人一倍彼女に世話を焼いていた事もあり、寂しさに苛まれるが、持ち前の立ち直りの早さから早々にこれから復帰し、医学と歴史政治学を学ぶべく学業に励む。
そして、トワサンガにてアーミィと逸れたマニィと再び行動を共にするようになり、金星の旅を経て彼女と共にビーナス・グロゥブのG系統機G-ルシファーを強奪。以降はマニィの教えもあってモビルスーツ操縦を覚え、G-ルシファーのナビゲーション兼サブパイロットとしてラライヤと共に戦う。
終戦後はムーンシップと共に世界中を航行。
残されたチュチュミィと、共にどこかへ旅立ったベルリの<書き置き>を見つけ、
チュチュミィを抱えて激おこしていた。

関連項目

Gのレコンギスタ
ベルリ・ゼナム ルイン・リー ラライヤ・マンディ マニィ・アンバサダ
アイーダ・レイハントン クリム・ニック
G-ルシファー
チアガール 紋章のデコ娘

pixivに投稿された作品 pixivで「ノレド・ナグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298580

コメント