ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

病み」と「デレ」の合成語。先行する「ツンデレ」からの派生で男性向け萌え文化を中心に2000年代中~後半にかけて広まった。
意中の相手(多くは主人公)に対する二律背反の感情や葛藤の慢性化、独占欲の不充足等により、理性良識常識を欠いた状態を示す。

簡単に説明すると、
相手への好意が強く高まり過ぎた結果、病的な精神状態になってしまうこと。もしくはそうした精神状態
といった意味合いの言葉である

実際に、クレランボー症候群と言う名で愛されていると妄信する精神疾患がある。

複数の創作物の感想から自然発生的に生まれた用語であるため、人によって定義に差はあるものの、概ね以下のような解釈がなされた。

  • 元来の性格は普段は温厚で控えめ、または引っ込み思案でコミュ障気味。ぼっち故に異なる意見に触れられないまま思考を先鋭化させてゆく
  • 性格が災いして、自分から恋愛関係に発展させるのが苦手。それ故に数少ないきっかけを手放すまいと必死になる。
  • 日常の些細な出来事から、相手を恋愛対象として意識しはじめる。一度でも気になりだすと全てを知り尽くさないと気が済まず、酷い場合には盗撮盗聴盗難等のストーカー行為に及ぶ。
  • 最初から発症している場合、直接の接触がある前から既に脳内で仮想恋愛が始まっている事も。
  • 気を惹こうとして対象限定で世話焼きになり、さらに過保護になる。特に女性はダメ男製造機、男性はモラルハラッサー化しやすい。
  • 付き合いが始まると生活の軸を完全に恋愛対象へと移行させる。同時に相手も自分を中心とした生活を送る事を望み、共依存関係を理想とする。
  • 自身の人間関係が脆弱故、心配性で束縛が非常に強い。不安の種はすべて排除するというスタンスで、特に自分以外の異性(同性愛者ならば同性も)との接触は万死に値する
  • 怒りの矛先は原則として相手でも自分でもない第三者。むしろ、実際に浮気があったとしても相手の罪は見て見ぬふりをする事も。いわゆる「ちょろイン」との差異は、表面上は納得したとしても、無意識の内に「病み」を進行させてゆく点である。
  • 自分の愛情が拒絶されたと感じると、とても悲観的になる。その後はより表現の手段を大規模化させる場合と、第三者に責任転嫁する場合に大きく分かれる。
  • 増大した「病み」が閾値に達すると発狂し、酷い場合には自他に対して凶行に走る。そうした時の思考は「全て壊して二人だけの世界を作ればいい」「死ねばもう心が動く事はない」といったある種の自暴自棄である。
  • いずれにしろ大抵は暗い結末を迎え、そうでなくても想定通りの形で恋愛が成就する事は少ない。

見てゆくと分かるように、「ヤンデレ」は第三者はおろか恋愛対象とすらまともにコミュニケーションを取ろうとしていない。彼女ら彼らの言う「愛情」は独善に基づく自己陶酔に始まり、被害妄想に基づく自己完結に終わっていくのである。

「ヤンデレ」の発展

命名こそ最近のものだが、このような類型自体は古今東西で確認する事ができる。
古くは日本神話イザナミコノハナサクヤヒメギリシャ神話ヘラ新約聖書の『サロメ』に行き着くほか、個人の創作物においても『源氏物語』の六条御息所まで遡るなど、キャラクター造形としては古典的な部類である。ただしヤンデレという言葉が広まるようになったのは2000年代以降であり、それ以前は定まった名称は無かった。例としてダイヤモンドは砕けない(1992年)に登場する山岸由花子は現代ではヤンデレの典型とされているが、作中では「プッツン由花子」という表現が使われていた。

該当する人物は大抵女性で、恨み妬みの強さを誇張する事で浮気や不倫・不貞行為を戒める寓話的な意味が込められている事が多い。現代に「ヤンデレ」が流行した理由も、一つにはそうした意味があった。
2000年代後半はいわゆる処女厨の台頭等によって、長らく男性向け萌え文化の中心にあった「ハーレム」物が退潮し始めた時期でもあり、創作物においても「性の乱れ」に対する目が厳しくなりつつあった。浮気の兆候を潰して回る「ヤンデレ」の行動は、見方によっては貞操を守り不埒な輩への制裁を行うトリックスターとも取れ、そうした時代における一種のシンボルとして受け入れられた。

従来的な観点からも、「ヤンデレ」の存在感は無視できないものであった。当時の萌え文化は他ジャンルからの独立性が高い一方で、それ自体が自己完結しがちな「閉じた」環境であり、ヒロインとなる人物は主人公(≒「お客様」)に過剰なまでの媚びを見せる事が多かった。
「ツンデレ」とて結局は主人公の許に落ち着く、予定調和な「プレイ」の一種と化しており、発狂はおろかネガティブな感情が見られる機会さえ稀であった中に現れた「濃い」人物群は、相当斬新かつ刺激的なものに映った。
更に、「コミュ障で世界が狭い」という点はオタク層が抱えやすい特性でもあり、全く理解不能な存在というわけでも無かった。一度成立したカップル関係を狂信的なまでに維持しようとする「ヤンデレ」は、どちらの立場に立って見てもおいしい存在であり、身の破滅さえ望む所だった。

「ヤンデレ」は、まさにその極端な行動原理によって人気を博したのである。

知名度が高まるにつれ、最初から「ヤンデレ」物として製作される作品も現れ始め、より刺激的な表現も追及されるようになると、以下のような展開が頻出するようになっていった。

  • 自分だけを見るようにひたすら説得(という名の脅迫洗脳)を行う。
  • 監禁四肢切断等により、物理的に自分を頼らざるを得ない状況を作る。
  • 疑心暗鬼に陥り、恋愛関係に留まらず「障害」と見做したもの全ての排除を図るようになる。
  • 心身を独占できない事を悟った等の理由により、愛慕する者本人の殺害をも決意する

また、外観的にも記号化が進み、次第に初見で識別が可能にもなっていった。
下2つは性描写以外による成年指定推奨表現(R-15GR-18G)にかかりがちで、実際に該当シーンを含むアニメ放映が吹き飛んだ事例も存在する。

「ヤンデレ」が死傷者を出す事案は神話の時代から一定数見られたものの、一連の流れがニコニコ動画MAD等で取り上げられ、一種の「シリアスな笑い」としても受容されるようになる中で、こうした展開が新たな「テンプレ」となっていった事は確かである。

「ヤンデレ」の転回

過激化とブームによる作品数の急増は、次第に「とりあえず刃傷沙汰」といった粗製乱造の様相を呈するようになり、当初からの愛好者よりそうした風潮に対する疑問の声が上がり始める。
狂人の自己満足(本当の意味でのリョナ)を見せ付けられるばかりで、真っ当な「デレ」が一向に感じられなくなっているという声である。
本来「ヤンデレ」とは「ツンデレ」同様、接し方次第で「デレデレ」にも持っていけるはずの萌え要素であり、「病み」方向の最終手段である凶行ばかりがクローズアップされるべきではないとする反発が起こった。

その結果、部分的に重なる概念として存在していた「メンヘラ」を巻き込む形で以下のような定義の再編に至った。

ヤンデレ
1特定の誰かを愛している、他は(時に自分自身さえ)どうでもいい
2愛している特定の人のためになんでもする「護って、尽くす」行為がベースにある
3愛している人にそっぽを向かれるのを何より恐れるが、それ以外の他人からどう思われようが知ったことなし
4一言で言えば、「愛してくれないなら邪魔なあいつ殺す!」
メンヘラ
1誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい
2誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある
3自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし
4一言で言えば、「愛してくれないならここで死んでやる!」
出典インターネット上で用いられるコピペより
これにより「ヤンデレ」が持っていた自己中心性や攻撃性の多くが「メンヘラ」に投げられる形となり、従来「ヤンデレ」とされていたキャラクターの中からも再考を促される例が出てきた。
例えば『ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD』は一時期盛んにMAD素材として用いられ、「ヤンデレ」物の代表作の一つとなっていたが、現在ではその会話の通じない様は「メンヘラ」であると解されている。
同作も含まれるが、「最初から病んでいる」というパターンも激減した。恋愛に関わろうとも、対象からの影響無くして生じた「病み」を持つ者は「メンヘラ」だからである。求められる描写が「病み」から「その結果としての盲従・献身」に移行したと言え、日常生活、特に対象側にマイナスの影響を及ぼす行動が忌避されるようになった。

他方、本来多様な「病み」の総称であったはずの「メンヘラ」は、「色情狂」や「自己愛性人格障害」を前提として捉えられる傾向が強まり、特に女性に対しては「どうせ愛されないのだからこちらも愛情を与える必要は無い」といった先制攻撃さえ匂わせる言説が増加している。

あるいは、「ヤンデレ」を萌え要素として純化させるプロセスだったとも考えられ、実際に「二次元はヤンデレ、三次元は「メンヘラ」とはっきり二分する言説も存在している。「ツンデレ」同様、ある程度結末の見える展開の方が好まれるようになり、萌え本来の文脈に近づきつつあると言える。
ただし、「ヤンデレ」物における「ハッピーエンド」の定義は依然として一般的な意味とは異なっており、「共依存エンド」を求める声などは現在も多い。端的に言えば恋愛対象(主人公)が満足していればそれで良いのである(→メリーバッドエンド)。

もっとも、2010年代半ばの時点では、こうした動きは男性向け萌え文化以外では限定的であり、「メンヘラ」との線引きが困難なケースも多々見られる。
限定的であろうが、病んだ面を持つ時点で「ヤンデレ」は「メンヘラ」の一種であるという主張もあり、全てをどちらかに分ける事は現実的ではないだろう。判断に迷う場合は「ヤンデレ?」として留保するのも一つの手である。

「ヤンデレ」のー例

※以下には公式側が明言していないキャラクターも含まれている。

女性篇

漫画・小説

江迎怒江雪華綺晶パーム=シベリア
めだかボックスローゼンメイデンHUNTER×HUNTER
えむかえむかえ
イ゛ヒ
センシティブな作品
ベラルーシ山岸由花子紅赤朱秋葉
Axis Powers ヘタリアジョジョの奇妙な冒険月姫』『MELTY BLOOD
なたりゃー!
山岸由花子
秋葉サマ
ユベル※1我妻由乃※2ルーシー
遊戯王GX未来日記エルフェンリート
愛を貰いっぱなしじゃ悪いからね
ユッキー♥
センシティブな作品
御園マユ星伽白雪アンナ・錦ノ宮
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん緋弾のアリア下ネタという概念が存在しない退屈な世界
無題
星伽の巫女
センシティブな作品
中原岬霧島翔子贄川春奈
NHKにようこそ!バカとテストと召喚獣デュラララ!!
岬ちゃん ハイスクールにようこそ!ver.
センシティブな作品
♥
ユウリ様若葉みらいアリサ・サザンクロス
魔法少女かずみ☆マギカ魔法少女かずみ☆マギカケロロ軍曹
センシティブな作品センシティブな作品
アリサ・サザンクロス
凰鈴音セシリア・オルコットリィズ・ホーエンシュタイン
インフィニット・ストラトスインフィニット・ストラトスシュヴァルツェスマーケン
あたしの出番ッ!
セシリア
妹様
柊真昼ビビアンブランシェ
終わりのセラフ七つの大罪ショコラの魔法
真昼
ワンドロ絵
ブランシェ嬢@ショコラの魔法
トガヒミコ月ノ輪紅真深九重クレア
僕のヒーローアカデミア灼熱の卓球娘帰宅部活動記録
血をチウチウ
全身全霊であなたを
センシティブな作品
夜ノ森紅緒六条御息所松坂さとう※3
未確認で進行形源氏物語ハッピーシュガーライフ
センシティブな作品
六条御息所
ハッピーシュガーライフ
志賀梓叶井かなえ
笑う標的君に愛されて痛かった
梓
君に愛されて痛かった
サテラ(リゼロ)
Re:ゼロから始める異世界生活
Satella




※1:ふたなり
※2:「恍惚のヤンデレポーズ」当事者。流血系末期の逸材で「ヤンデレクイーン」の異名を持つが、それは世界観が「バトルロワイアル」物であった事が大きく、恋愛対象に刃向かう意思は既に持っていないという、「ヤンデレ」の過渡期を象徴するキャラクターでもある。
※3:最愛の人には危害を加えないが、その好きな人絡みになると、最悪の場合

アニメ

暁美ほむら薔薇水晶芙蓉楓※1
魔法少女まどか☆マギカローゼンメイデンSHUFFLE!
あの子が悲しむわ。
薔薇水晶。
忘れ得ぬ想い
双子座のパラドクスノヴァ惣流・アスカ・ラングレー※2
聖闘士星矢Ω魔法騎士レイアース新世紀エヴァンゲリオン
双子座パラドクス
影
アスカ色々
薫梢沙条愛歌
少女革命ウテナFate/Prototype』、『蒼銀のフラグメンツ
こずえ
ASTARTE


※1:「空鍋」当事者。「ヤンデレ」誕生の契機となった一人と言われている。
※2:ツンデレも兼ねる(初期)。

ゲーム

岩下明美大倉都子カチュア・パウエル
学校であった怖い話ときめきメモリアル4タクティクスオウガ
岩下さんのお誕生日
あなたのうしろにウサギさんが・・・
カチュア・パウエル(黒服)
桂言葉※1西園寺世界上崎裡沙
SchoolDays『SchoolDays』アマガミ
桂言葉
西園寺世界
センシティブな作品
佐藤良美フェーリ天倉繭
つよきすぷよぷよフィーバー2零〜紅い蝶〜』および『眞紅の蝶
鉱山跡地で捕まえて
プリンシパルスター!
蝶
ν-13穂村愛美佐久間まゆ
ブレイブルー君が望む永遠アイドルマスターシンデレラガールズ
ニュー
ほむっち
新エリア広島ヤンデレ来てるじゃないですかーー!!!!
間桐桜龍田ラベンダー
Fate/Staynight』、『Fate/Zero艦隊これくしょんフラワーナイトガール
【MUGEN】 間桐 桜 【表情素材】
何か気になることでも?
団長さんの味
紗矢誘宵美九※3
beatmaniaⅡDXデート・ア・ライブ四八(仮)
さや
メイド美九
四八(笑)
一文字めづる清姫ベンチバイス
しんけん!!Fate/GrandOrder俺タワー
姫を放置して遠くから眺め隊
清姫
恍惚のヤンデレなベンチバイス
コッコロ/棗こころエリコ/倉石恵理子シズル/星野静流
プリンセスコネクト!Re:Diveプリンセスコネクト!プリンセスコネクト!
センシティブな作品
「壊し屋」エリコ
シズル
グレーテル月島美夏※2エフィ
シノアリス狂った果実ファイアーエムブレムEchoes
ヘンゼル·グレ一テル
ヤンデレの帝王
エフィちゃん
愛宕大鳳赤城隼鷹※4ローン※4ロシェ
アズールレーンアズールレーンパズドラ
センシティブな作品
ローンサマラクガキ
センシティブな作品



※1:「niceboat.」当事者。本人がそうした凶行に至った経緯が細かく描写されており、元祖ヤンデレの人。
※2:未だなおエロゲー史上最狂最悪のヤンデレと称される伝説のヒロイン。
※3:ゲーム内でイベント行われたシミュレーションで与えられた役割としてであり、一時期てなものである。
※4:まとめてやべーやつ(アズールレーン)

他ジャンル

野々原渚ジュビジー(イリーガルタイプ)D音
ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD武装神姫終焉ノ栞プロジェクト
ヤンデレ妹
ジュビジー
猿マネ椅子盗りゲーム
佐伯奈々子MAYU健音テイ
惡の華VOCALOIDUTAU
『絶対別れないから』
ELLIE
病んでる版
メレ
獣拳戦隊ゲキレンジャー
メレさま



男性篇

漫画・小説

ファウストⅧ世雪代縁※1※2ジャイボ
シャーマンキングるろうに剣心ライチ☆光クラブ
血の十字架とストライプ
デジャヴ
なくなっちゃえばいい
久保田誠人御狐神双熾朝日奈祈織
WILDADAPTER妖狐×僕SSBROTHERSCONFLICT
無題
忠誠わんこ
うつくしいひと
小平ルネジェラスシン※3
機巧童子ULTIMO『機巧童子ULTIMO』北斗の拳
ルネ
嫉妬の糸
力こそ正義
ヴァニラ・アイス※4イルミ=ゾルディック狗神※5
ジョジョの奇妙な冒険HUNTER×HUNTER繰繰れ!コックリさん
ガオン!
針舐
狗神
セラヴィー蔵科ミズキ水瓶座のカミュ
赤ずきんチャチャリアルアカウント聖闘士星矢
微笑みのヤンデレ紳士
ミズキお誕生日☆【04.19.2016】
水瓶座のカミュ
相場晄
ミスミソウ
ミスミソウ


※1:度を越したシスコンでもある。
※2.※3.※4:実際に『ヤンデレ大全』に掲載されている。
※5:女性でもある。というより性別が不明。

アニメ

キッシュ尾瀬イクミロロ・ランペルージ
東京ミュウミュウ無限のリヴァイアスコードギアス
キッシュ
もくせいのばら
ロロ


ゲーム

ケイスケジュリオ・ディ・ボンドーネ海棠鷹斗
咎狗の血ラッキードッグ1CLOCKZERO
まっくろくろすけ
年賀状ジュリオ
君のいない世界なんて、いらない。
片桐稔五十嵐太一松浦宏明
鬼畜眼鏡『鬼畜眼鏡』『鬼畜眼鏡』
籠の鳥
cafe time
まわりみち
シュラン・オペルジン=キサラギトーマ
スーパーロボット大戦ZブレイブルーAMNESIA
乙女シュラン
この障害が!
あか
小峰良次岩峰舟峯義孝
裸執事はーとふる彼氏龍が如く3
こない愛しとりますのに
hatolog
(今頃大吾さんは何をしているんだろうか・・・)
南雲薫※1ノワール伯爵国分寺楓
薄桜鬼スーパーペーパーマリオ血染めの花
薄桜鬼09
くろい伯爵


※1:度を越したシスコンでもある。

他ジャンル

真木清人東條悟草加雅人
仮面ライダーOOO仮面ライダー龍騎仮面ライダー555
【11月30日追記】あなたにも良き終末が訪れん事を…。
東條くん意外で優しくしてくれたの、あなたが初めてです
カイザの日
呉島光実久里虫太郎C太
仮面ライダー鎧武ウルトラマンA終焉ノ栞プロジェクト
ミッチ
人気漫画家 久里虫太郎
「僕の勝ち」
芝浦淳
RIDER_TIME_龍騎
毒占欲


「ヤンデレ」の定義を満たしているが、一般的にそう呼ばれにくいキャラクター


関連タグ

病み 病んでるヤンデル) デレ 狂愛 愛が重い ヤンデレ? 黒化 闇堕ち
被害妄想 イヤボーン 心の闇 毒属性
拘束 束縛 監禁 DV・逆DV ストーカー エロトマニア
ヤンデレコンビ
お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない
【ヤンデレ学園】 ヤンデレリセットボタン(交流企画)
ヤンホモ腐向けタグ
病み男子:ヤンデレ男性キャラ用棲み分けタグ
yandere 病嬌

細川忠興: 実在(史実)のヤンデレ戦国武将。
阿部定:昭和時代に実在したヤンデレ。
戸川純:ダウナーすぎるキャラクターから当時「ビョーキ」と呼ばれていた。現在では早すぎたヤンデレとして再評価されている。

二次創作関連

可憐(闇可憐)鶴町伏木蔵暗黒パラディン
シスタープリンセス忍たま乱太郎ファイナルファンタジー4
センシティブな作品
ツイッターろぐ3
月は移ろい闇を呼ぶもの
黒憂ヤンデロイドヤンバニ
けいおん!VOCALOIDTIGER&BUNNY
センシティブな作品
右 手 が あ い て る よ
【T&B】18話
マー君折檻組ヤンデレ兄妹※1ヤンこれ
Axis Powers ヘタリアAxis Powers ヘタリア艦隊これくしょん
兄貴!
ろべら
イムヤのこと...嫌いになったの?
東方ヤンデレ黒リーネヤンデセレナ
東方projectストライクウィッチーズポケットモンスターXY
ヤンデレ霊夢
みぃぃいぃぃっちゃん!
XY 59話を見て...ヤンデレ化
ヤンデれいかヤンデ六花ヤンデゆい
スマイルプリキュアドキドキ!プリキュアGo!プリンセスプリキュア
大丈夫よ・・・
ドキドキな マナの為だったら私・・・
は~るかちゃ~ん…
神岸あかり(あかり姐さん)小佐内ゆき※2琥珀さん
ToHeart小市民シリーズ月姫
気分転換絵
栗きんとん事件
琥珀さん
メアリーミカサ・アッカーマン※3麦野沈利
Ib進撃の巨人とある魔術の禁書目録
邪魔だなぁ 邪魔だなぁ 邪魔だなぁ 邪魔だなぁ…
ミカサ・ヤンデレッマーン
浜面にげて~!!
病ミリーヤンデ未来十六夜アキ
機動戦士ガンダムAGE戦姫絶唱シンフォギア遊戯王5D's
好きなのよ?
歪鏡・未来
愉悦

※1:「ヤンデレ」要素の無い作品にも共通して用いられる。先述の通り、妹の方は公式設定。
※2:『ヤンデレ大全』に掲載されている。
※3:『進撃の巨人』の公式パロディ漫画である『進撃!巨人中学校』では実際にヤンデレ染みたキャラクターとして描かれている。

ヤンギレ:ヤンデレとは違う何か
ヤンデレ彼女:「ヤンキーのデレ」の略語。オニデレという言葉があったりなかったり。他にリルビエート(『武装神姫』)、向井拓海(『アイドルマスターシンデレラガールズ』)等がこう称される事がある。

他の記事言語

Yandere

関連記事

親記事

性格 せいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤンデレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122614095

コメント