ピクシブ百科事典

柊真昼

ひいらぎまひる

「柊真昼」とは、『終わりのセラフ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:遠藤綾

概要

帝ノ鬼の次期当主候補の15歳の少女。小説版のヒロイン。
柊シノアの同母姉で柊暮人の異母妹、柊深夜とは家が決めた婚約者同士。鬼呪装備を作った人物でもある。
いわゆるヤンデレでメンヘラと言える。少女の妄想じみた言動が特徴。
作者や柊暮人の評価によると天才過ぎるがそのために人の痛みが分からない。
人を操ることに長けており、気づいた時には彼女の手のひらで踊っていたことなんて展開はザラ。
彼女が現れると大量に人が死ぬ、ある意味では歩く天災

かつての一瀬グレンの恋人で、彼とは幼い頃に出会い惹かれあうものの、それを良しとしない柊家によって引き裂かれ、高校入学と同時に再会する。
別れた後もグレンの事を思っており、それが彼女の原動力となっている。
次期当主候補の中でも最も有力だったが《帝ノ鬼》を裏切り宿敵の《百夜教》につき、《鬼呪装備》の原型を作り上げた。
たびたびグレンの前に立ちはだかり、全てを捨てて自分と共に来るように諭す。


死んだと思われていたが、鬼となってグレンの鬼呪装備「真昼ノ夜」に宿っている。
なお、通常の鬼呪装備は緑色なのだが、真昼ノ夜だけは赤色をしている。これは、吸血鬼の持つ装備と同じ色である。



グレンともに終わりのセラフ研究を進めている描写がある。

かつてグレンにノ夜という鬼呪装備を与えている。
そして彼女自身は阿朱羅丸四鎌童子の二つを所持していた。
阿朱羅丸は生まれた時から自分の中に棲んでいた鬼であり、四鎌童子は妹のシノアの中に棲んでいた鬼である(どっちがどっちに宿っていたのか明確な描写は無い)
柊家らしく家族愛には縁がないが、妹の柊シノアについては気にかけており、四鎌童子一瀬グレンに託しシノアに渡すように頼んでいる。


以下 小説6巻ネタバレ























第3位始祖 クルル・ツェペシと交渉して吸血鬼となる。
元々、バケモノじみた強さだったが、さらに強くなり、いとも簡単にグレンチームを圧倒する。
さらに彼女と共に行動していた百夜教の斎藤の正体も吸血鬼であり、しかもかつては第二始祖と呼ばれていた。
さらには、裏切った二医と九鬼ともに帝ノ鬼に内乱を起こす。

関連イラスト

鬼の世界
柊真昼


柊真昼
真昼の夢


まひる
【終わりのセラフ】柊真昼



関連タグ

終わりのセラフ 一瀬グレン 真昼ノ夜 帝ノ鬼 柊シノア 鬼呪装備 阿朱羅丸 四鎌童子 クルル・ツェペシ

pixivに投稿された作品 pixivで「柊真昼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915229

コメント