ピクシブ百科事典

吸血鬼(終わりのセラフ)

きゅうけつき

「吸血鬼」とは、『終わりのセラフ』に登場する上位の存在。
目次[非表示]

概要

世界崩壊後、滅んだ世界を支配し、常軌を逸した身体能力を有する、人の生き血を吸う種族。
約千年前、真祖と第二位始祖の一人リーグ・スタフォードが失踪した事により、現在は第二位始祖のウルド・ギールスを頂点としているが、吸血鬼界のルールは真祖によって作られたものである。
世界中に集落があり、日本の京都の地下にある「サングィネム」は三番目に大きな集落とされている。

人間を「家畜」と見下し侮る者が大半で、人間を警戒する者は少なく、上位の吸血鬼の拠点では人間に命を保証する代わりに血を提供させ飼い殺している。
特徴として耳が尖った形をしており、瞳は血のように赤く、その大半は美男美女。
長らく血を吸わない状態が続き、血が欠乏すると身体能力・再生能力が低下し、となる。鬼となった際は過去の記憶がなくなる。

人間の7倍以上の身体能力と、切断された手足の接合などの再生能力を備えている。
紫外線が弱点であり、これを浴びると体内で毒素が発生し、死に至る。そのため、普段から「紫外線中和装置」を装着している。この弱点を利用した「日光拷問」という拷問法がある。
また、頭部の破壊鬼呪装備の攻撃も弱点である。


第一位始祖から第五位始祖までの者は「上位始祖」、第六位始祖から第二十位始祖までの者は「貴族」、その他の「一般吸血鬼」に分かれおり、「一般吸血鬼」の中から下位貴族に迫る力を持つ者が多く所属し、主に領地の防衛や献上物の護送を行う部隊「都市防衛隊」が存在する。
「上位始祖」と「貴族」は、吸血鬼自体が数を容易に増やす事を好まない為、報告は上がらないが、人間を「吸血鬼化」し、自身の眷属とすることを認められている。
「吸血鬼化」した者は、心臓が止まり、血に対する欲望しか残らないが、人間の血を飲まない限り身体は成長する。しかし、一度でも人間の血を吸うと完全な吸血鬼となる為、身体の成長は止まり、瞳が赤くなる。吸血鬼と吸血鬼化された者は「親子」に、同じ吸血鬼の血で吸血鬼化した者達は「兄弟」となる。しかしその関係は複雑で、「親」を慕う「子」がいれば、自身を死ぬ事のない身体にした「親」を憎む「子」がいる。
吸血鬼の力は、生きた年数と主の能力が色濃く反映されると言われているが、ウルドとリーグの様に同時期に同列の場合もあれば、クルルとレスト・カーの様に時期が離れていても同列の場合もある。「上位始祖」や「貴族」の場合、数が低い程力や権力が大きく、同列の場合権力争いが生じる。位数=人数と言われている。

武器は、一級武装二級武装の2つのグレードが確認されている。一級武装は基本的に貴族や都市防衛隊の実力者が所持することが多く、二級武装は一般吸血鬼が所持している。所有者の「血を吸え」という言葉と共に、柄から吸血される仕組みを持つ。血を吸った武器は刀身が赤く染まり、所有者の身体能力を大幅に上昇させる。武器の形状には通常の「剣」に加え、「レイピア」や「ハルバード」の様なものもある。

終わりのセラフを禁忌とし、その実験に手を出した《百夜教》や呪術組織を実験体である子供達を含めて殲滅する。

メンバー

上位始祖

シカ・マドゥ / 四鎌童子

第一位始祖(真祖)。上位始祖吸血鬼全員の「親」。
数千年前にアシェラ・ツェペシと共に失踪。「シガマ」「シガマドゥ」と呼ばれている。

ウルド・ギールス

第二位始祖。ロシアを統治し、聖ワシリイ大聖堂を拠点としている。
真祖と同列のリーグの失踪した現在の吸血鬼界のトップ。

リーグ・スタフォード / 斉藤

第二位始祖。フェリド・バートリーとクローリー・ユースフォードの「親」。
真祖失踪後に失踪し、《百夜教》を創設した。

クルル・ツェペシ

第三位始祖。日本を統治し、京都の吸血鬼地下都市・サングィネムの女王。
数千年前の古代ギリシャ暗黒時代に吸血鬼となった元人間で、貴族家出身。真祖と共に失踪したアシェラ・ツェペシの実妹。百夜ミカエラと柊真昼の「親」。
ある目的から《終わりのセラフ》を欲している。

レスト・カー

第三位始祖。ドイツを統治している。
同列であるクルルをライバル視している。

ガーベル・ファテマ

第三位始祖。

ニュクス・パルテ

仮面を被った女吸血鬼。階級は不明。

キ・ルク

第五位始祖。
ウルドに従っており、ウルドの命令でクルルツェペシとフェリド・バートリーの拷問官を務める。

ケーク・サノリアム

第五位始祖。
失踪したリーグを主とし、百夜教に身を置いている。

貴族

サイレン(故人)

第六位始祖。
世界崩壊直後、フェリドに殺害された女吸血鬼。

バステア・イルクル

第六位始祖。
表向きは死亡した事になっているが、現在はリーグに従い百夜教に身を置いている。

フェリド・バートリー

第七位始祖。日本ではクルルに次ぐNo.2の地位を持つ。
リーグの眷属で、クローリー・ユースフォードとは「兄弟」。

フオラ・オント(故人)

第十位始祖。
大阪にあるフェリドの館でクローリー・ユースフォードに殺害された男吸血鬼。

クローリー・ユースフォード

第十三位始祖。フェリドの派閥に属する元テンプル騎士団。
表向きはフェリドの血で吸血鬼化した第十三位始祖だが、実際は第二位始祖のリーグの血で吸血鬼化したため、その実力は第七〜八位始祖レベル。フェリドとは「兄弟」。

ルカル・ウェスカー(故人)

第十五位始祖。
レスト・カーの派閥に属する貴族だが、名古屋を拠点としている。

チェス・ベル

第十七位始祖。クローリー・ユースフォードの従者の一人。
自由奔放な性格で、言動が軽い。クローリーの血を好んでいる。

ホーン・スクルド

第十七位始祖。クローリー・ユースフォードの従者の一人。
真面目で大人しく、性格が正反対のチェスを諌める姉的存在。クローリーの血を好んでいる。

メル・ステファノ(故人)

第十九位始祖。
名古屋の地下街を拠点としていたが、一瀬グレン隊に討伐される。

都市防衛隊

百夜ミカエラ

第三位始祖クルル・ツェペシの眷属。元人間で、百夜優一郎の家族。
4年前、フェリド・バートリーに重傷を負わされた際、クルルの血を服用し吸血鬼となるが、4年間人間の血を吸血しなかったため、人間と同様に成長していったが、優一郎の血を吸血した事で完全な吸血鬼となる。

ラクス・ウェルト

百夜ミカエラの同僚。
過去、早乙女与一の姉・早乙女巴を殺害した事から、与一に敵意を向けられている。人間を殺す事に全く躊躇せず、己の血に対する欲望に忠実。

レーネ・シム

百夜ミカエラの同僚。
人間を「傲慢で欲深い生き物」と嫌悪している。

身分不明

エスター・リー(故人)

ルカル・ウェスカーに付き添っていた男吸血鬼。
ルカルを狙っていた早乙女与一柊深夜の奇襲から、ルカルに盾にされ死亡。

ルギー

世界崩壊前、ルカルと共に《百夜教》の殲滅に携わっていた。

ロー

当時人間だったクローリー・ユースフォードの前に現れた男吸血鬼。クローリーを手にかけようとするも、その直後フェリド・バートリーと遭遇し、生死不明。

その他

アシェラ・ツェペシ / 阿朱羅丸

真祖シカ・マドゥの三人目の眷属。クルル・ツェペシの実兄。
数千年前に真祖と共に失踪。

ノ夜

アシェラ・ツェペシとクルル・ツェペシとは顔見知り。

柊真昼 / 真昼ノ夜

クルル・ツェペシの眷属。元人間で、柊家の元次期当主候補。阿朱羅丸をその身に宿して産まれたため、吸血鬼となった後も鬼呪装備を使用する事が出来る。


関連タグ

終わりのセラフ 鬼呪装備

関連記事

親記事

終わりのセラフ おわりのせらふ

子記事

兄弟記事

コメント