ピクシブ百科事典

ウルド・ギールス

うるどぎーるす

ウルド・ギールスとは、「終わりのセラフ」に登場するキャラクターである。

概要

ロシアを統治する吸血鬼 第二位始祖。
吸血鬼の中では珍しい褐色の肌を持つ。
「親」である真祖の失踪、同時期に吸血鬼化された同列のリーグ・スタフォード不在である現在の吸血鬼界においてのリーダー。
ロシアの聖ワシリイ大聖堂を拠点としている。
剣を武器としている。
始祖が造り上げた吸血鬼界のルールに従順で、ルールを変えようというキ・ルクの案を聞いた際も否定的な態度を示していた。

力によって人間を蹂躙するのではなく、ある程度文化を残して家畜にする。そのため、レスト・カーから「人間が楽しそう」「文化のレベルもちょうどいい」ということから「正しい吸血鬼の見本のような街」と称賛される。人間の演劇を気に入っている模様。


関連タグ

終わりのセラフ 吸血鬼 クルル・ツェペシ レスト・カー リーグ・スタフォード

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルド・ギールス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22623

コメント