ピクシブ百科事典

リク厨

りくちゅう

リク厨とは、「リクエストにおける厨房のような行為を行う輩」の省略形である。
目次[非表示]

概要

pixivに限らず、各種コミュニティなどではリクエストによる作品テーマの募集などが行われることがよくある。この行為はおおむねリクエストを受ける側の善意として行われている。
「意見・感想お待ちしています」などの一言は、色んな作品でよく見受けられる。

しかし、リクエストを希望する側の中にはその善意を踏みにじり、リクエスト募集者や他のリクエスト希望者を全く顧みない方法でリクエスト要望する者が多々見受けられ、大きな問題になっている。

要するに、迷惑行為を伴う手段でリクエストを行う者=リク厨であり、その目的は
あらゆる手段を講じてでも自分の要求を強引に押し通し、思い通りの絵を描かせようとすることである。
ゆえになりふり構わない傾向も強く、時にリクエストを募集していないユーザーにまで突撃することさえある。

主な事例

リク厨の迷惑リクエストには主に以下のようなものがある。

主な行為

  • 多重アカウントによるソックパペット自作自演、ツール類などの工作を行い、確実にリクエストを取得しようとする。当然、同一人物のリクエストばかりで占められてしまうため、ほかの人のリクエストは採用されにくくなる。
  • 無駄に詳細な指定を行い誰得なイラストをリクエスト、さらにそのイラスト等にけちをつけ、描き直しを要求する。
  • リクエストを募集していない作者に対してもイラスト作成を強要する。
  • リクエストされた作品を受け取っても、お礼などは一切言わないばかりか、酷い時にはリクエスト募集主を罵倒する。
  • リクエストを断られたり、ルール違反を理由に拒絶された場合、逆ギレして作者を誹謗中傷しだす。
  • リクエスト募集に関する人気投票で好きなキャラに組織票を送る。または、わざと誰得な不細工キャラが人気上位になるように工作する。
  • カプ厨の場合、他のカプ絵のリクエストを蹴落とすことに必死になっている。
  • 自分向けの作品を描く作者が山ほどいるにも関わらず、自分向けじゃない作品専門の作者にばかり自分向けの作品を描くように強要する(自分の嗜好を宗教だと思っている。わざとやっている)。
  • 編集者、批評家ごっこが好きで、作者に上から目線で描いているイラスト、長編作品などを自分好みに直すように説教する(キャラやストーリーのファン、本気で作品を面白くしたい人とはかなり異なり、他所でいくらでも見れる性欲発散物化などの改変を欲求する)
  • 作品を描いている作者(筆は速くも遅くもなく、量産度も普通)に「筆が遅い」「今月はたった○ページ」などと駄目出しをする。速度にこだわる割に、一度見た作品は二度と見直すことはない。
  • 作者に物理的・体力的に不可能な欲求をする(書く側の立場に立てない)他、向こうがそれに応えても不満があれば作品を無視して作者の悪口を言いだす(プライベート、性格、読者の質などをゲスの勘繰りで叩く)
    • 作者とその読者の性格を勝手に決め付け(事実よりも悪く捉え)、「お前たちが自己投影しやすいように、【萌え豚・腐女子向けやゆとり世代向けと別の意味で誰得な内容。読者を馬鹿にして作った内容。わざとその人が理想視する内容よりも低クオリティーに作った内容。】にしろ」というアドバイスを装った嫌がらせを言う。
  • 完璧じゃないのが当たり前のプロット、ネーム、ラフスケッチ、覚え書きに「日本語がおかしい」「デッサンが狂っているから直せ」「人様に見せられる段階に達してないから勉強しろ」「有名漫画家と同じやり方(※やり方は人それぞれ)でやれ」「売れっ子作家じゃないとそのやり方をしちゃ駄目だ」「毎日ペン入れをしなきゃ画力が落ちるから毎日本気絵を描け」「マイナー絵を描くのは時間の無駄だから金になる絵だけを描け(※何も描かない人にはノーコメント)」「他作品を参考にするのはパクリ行為だからしちゃ駄目だ(模写、トレース以外でも)」「漫画を描くには漫画以外を参考にしないと駄目だ&漫画に似た媒体は参考にしちゃ駄目だ&漫画以外の媒体は漫画以外の媒体だから面白いんだ&作品の影響を受ける時ははっきりと目に見える部分だけの影響を受けるものだ(ダブルスタンダード。一番目は本人の意見ではなく、受け売りの意見だったりする)」と説教する(創作の知識がない癖に創作者の目線で語る)
  • 「取材、資料が嫌いだ」と宣言してない作者に「取材をしなきゃ駄目だ」「資料を見なきゃ駄目だ」と頻繁に説教し、「子どもでも分かる簡単な知識を集めるのは取材や資料に入らないから駄目だ(“内容”よりも“難しさ”に重点を置く。同じ小難しい知識好きでも、中二病の作家は“お洒落”“好き”の延長線上で横文字や漢字や豆知識を好んでるだけであり、このタイプとは異なる。例えば、スポ根に使うスポーツの資料は苦だが、日常モノに使うスポーツの資料は苦じゃない作家もいる。作家は一芸に秀でていればいいだけであり、全ジャンルを描けなきゃいけないルールなんてルールはないのである。ジャンルも今までの様式に捕らわれない、未開拓のジャンルが山ほどあるのである。)」「資料集めの過程が大変じゃないと駄目だ(例・漢字びっちりの分厚い本を読む、ものすごく遠い図書館で誰も知らない書物を見つけるなど)」「誰でもできることをするのは修行に入らない」と無理難題を押し付ける。資料・取材が不十分だと分かる完成作品を見て言うならまだしも、作者が作品の構想を練っている段階で、あとで作品に合った資料を集めようとしているにも関わらず、説教する。しかも、説教する際に作者が意図しているジャンル(完成予想図)を無視する。
  • 「意見・感想お待ちしてます」と言ってない作者に作品を改悪するアドバイスをし、「アドバイスを聞いて作品が売れたら売り上げ金を寄こせ」と言ってくる(突っ込みどころ満載)
  • 長編などで、今現在の展開を好きな人をいる事を考慮せずに平気でその展開を貶し、「自分の意見=読者全員の意見だ」という態度の元に、自分好みの展開(暴力三昧などの誰得な展開が多い)に変えさせる欲求をする(作者・読者両方にプレッシャーをかける)
  • 灰汁の強い絵柄を貶し、別の灰汁の強い絵柄(好みが分かれる絵柄なのに、本人は全員に受ける絵柄、最も優れた絵柄だと勘違いしている)に変える欲求をする
  • 現実と切り離したファンタジー作品(このままでも感情移入は行いやすい)を現実を舞台にした下世話な話や現実の半径1メートル以内に毛を生やしたちゃちいファンタジー作品に変えさせる欲求をする。現実にこだわる割に現実の自分に都合の悪い要素、立体感、空気感などは無視する。
  • 「できることならこうして欲しい」「無理ならいいです」などの謙虚な一言は沿えず、作者が絶対に自分の命令を聞くという大前提でいる(作者を自分の承認欲求を満たす機械にする)それも、作者が作品を描かなかったら困る訳ではない
  • ある作者の作風が好き、ある作品がどうしても見たいというこだわりがある訳ではなく、単なる構ってちゃんで作者をその場しのぎの玩具にする
  • 「お客様は神様だ」というルールに酔い、天狗になり、作者を読者の奴隷扱いする
  • 「あれ描け、これ描け」「あれ描くな、これ描くな」「好きなものより売れるもの(誰得エログロ、時代錯誤のテンプレートなど)を描け」とうるさい癖に作品にを出さず(エアプ)、身近にいるターゲットから作品(本やCD)を盗んだり、自分に向けられていない作品を「キャラや話が好きだから読むのではなく」「馬鹿にする目的や批評する目的やにわかな知識でコミュニティーで人気者になる目的で」読んだりする。作者と読者、人間と二次元キャラクター両方の敵である。
  • 自分に向けた作品を描かない作者とその読者のアンチに転向する。普段は自分に合わない嗜好のアンチをやっている癖に、ある時には「○○(嫌い、あるいは詳しくない嗜好)を好む読者はもっと高度な作品を求めている」「その作風は××(普段馬鹿にしている作品)のパクリだ(実際にはよくある作風)」と、普段馬鹿にしている作品とその読者の味方面をして作者を貶す。だが、嫌いな嗜好ないし詳しくない嗜好を扱った既成有名作品を酷評するので、矛盾がバレバレ。
  • 作者が作者と仲がいい人(信頼してる人や、作品の本質を見ている読者)のリクエストを聞いていた時に、その人に嫉妬して自分にもリク絵を描かせようとする。
  • 作者に自分が呼ばれてなかっただけなのを認めず、「作者はイエスマンや楽な行動や褒め言葉や自分の言いなりになる部下だけが好きで、努力や厳しい指導や叱咤の言葉が嫌いなんだ」とシャドーボクシングをし出す(「努力」と「徒労」、「渇が入る言葉」と「アンチ発言」の違いも分からない)。
  • 検索で自分好みの作品を探すのではなく、作り手全員に自分の好みを宗教のように押し付ける。
  • 好みに合わない作品の検索避けができず、ワンクッションページを置いている作品を平気で貶し、自分は公の場で下ネタや嫌いな作品・作家・キャラクター・カップリング・信者・アンチの悪口を平気で垂れ流す。
  • 商業作品と比べて同人作品を(質、人気、売り上げ面で)貶すのが好き。だが、実際には商業作品の9割が嫌いで、毎日のようにキャラクター、展開、カップリング、スタッフの悪口を言っていて、しかも商品に金を出さず、実際には商業と同人両方の敵だったりする
  • 二次元で「男女の恋愛(両者の扱いは平等ではない)」「エロティックな異性集団(10代だけや特定の属性だけで、異性全員ではない)」「無個性な主人公(自分の分身)が努力せずにモテる話」「暴力三昧の話」以外に興味がない率が異様に高く、二次元を承認欲求を満たす場所や現実ではしたいのにできない行動の発散先、八つ当たり先に設定する。


その弊害

  • 度重なる強引なリクエストにリクエスト募集主が疲弊し、二度とリクエストを出さなくなる。最悪の場合、コミュニティから去ってしまう
  • それと同時にその人へリクエストを希望していた人も同様にコミュニティから去ってしまう。
  • (投稿した絵師自身が好きで描いているのならばともかく)誰得なイラストの増加により、コミュニティ自体が疲弊する。
  • (好きで描いて投稿している絵師が存在するならばともかく)コミュニティ全体に、作風を統一する同調圧力(それも、誰得な作風)ができてしまう


…つまり、そんなに見たい作品があるならば、自分で描くという選択が真っ当なのは、この弊害を緩和できる意味合いもあるという事である。

pixivにおける事例

  • 一度に多人数に対してのリクエスト応募を行う(マルチリク)。さらには複アカすらも利用する(複アカに関しては企画参加用・18禁作品投稿専用等複数取得しているユーザーは存在するものの、これは利用規約13条の(11)の例外及び10条の(1)によるもの。必要性があって初めて認められることであり、身元隠し目的の場合は運営は黙認しているだけで、規約違反である。
    • なお、pixiv百科事典の場合、利用規約において例外規約が機能していないため、実質複数アカウントを所持することは規約違反である。運営仕事しろ)
  • リクエストしていない作者に対しリクエストを飲ませるように仕向ける。
  • 依頼やお礼などはコメント欄を避け、メッセージで行い、証拠が残らないように行うことが多い。もちろん、メッセージでリクエストすること自体は問題ないが、リク厨のそれに関しては各種悪行が発覚しにくくするための手段である。
  • 自分が気に入らなかった、あるいは拒否された場合、その作者に対し1点爆撃などの荒らし行為などを行う。また、その行為を行うため、別アカウントを取得してその作者を攻撃する(無論、この行為は複数のルールにまたがった規約違反である)。


わかりやすいマナー

イラリクについて守ってほしいマナー


リクエストについての書き手からの意見


対策の上でのポイント

もっとも、こういう手合はそういう指摘に対しては早々に退散するか、最悪上記のような「“ほならね理論”はやめろ」とか「生意気なことを言うな」とばかりに自分勝手な反発に出ることもあるため、しつこいようなら対応は最低限に留めてさっさとCO、ブロックなした方が良い。

何よりの対策は“そんなのには極力関わらない”ことだろう。
万が一、それによって暴れだしたとしても、無視が一番である。

関連項目

 荒らし モメサ 迷惑行為 乞食
イラリク イラストリクエスト
pixivマナー 困ったリクの一例

関連記事

親記事

ちゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リク厨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4240

コメント