ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

一覧厨

24

いちらんちゅう

一覧厨とは、何でも一覧にすればいいと思っているピクシブ百科事典の編集者のことである。

概要

ピクシブ百科事典pixivのIDさえ持っていれば誰でも編集可能なwiki形式のサイトである。そして、pixivIDはメールアドレスさえあれば誰でも無料で簡単に入手可能である。ゆえにピクシブ百科事典にはたくさんの記事が存在し、さまざまな質の記事、言い換えれば玉石混交となっている。


その中には本当にこんな記事が必要なのかと疑いたくなる記事も山のようにある。例を挙げると誹謗中傷宣伝のために作られた記事や、立て逃げされた記事である。


その中でも、特に顕著な傾向が「○○の一覧」の乱立である。多くの人に必要とされない「一覧」をやたらと作りたがるユーザーのことを「一覧厨」と呼ぶことがある。


一覧を作る意義

ピクシブ百科事典のシステム上は親記事子記事の関係があり、本来は一覧は不要となるはずであるが、ピクシブ百科事典のこのシステムには「ひとつの記事はひとつの親記事しかもてない」、「子記事の表示は最大10個まで」というなどという仕様となっている。これを補うため記事の最後に参考項目としてリンクが貼られていることが多く、しばしば本文並みかそれ以上の量の関連タグが貼り付けられている。


「○○の一覧」にすれば雑多な記述を分割できて、記事が見やすくなる!


一部の厨房はそんなことを考えているものの、一覧で検索してみれば、確かに有用な記事も多いが、果たしてこんな記事が必要なのか、存在して誰が得をするのかと思われる記事も同程度に引っかかる。

さらに、ピクシブ百科事典の仕様では記事作成後の記事タイトルの変更ができない上、いったん作成された記事の削除も運営以外できず、めったなことでは運営は動かないため、一覧記事を作った人間の言語能力がおかしかった場合、おかしなタイトルの一覧記事を使い続けていくことになる。さらに、記事を分割することにより、わざわざユーザーにページ間の移動を強要することになりかねない。


おかしなタイトルの一例


…これらの「わけのわからない」一覧が作成される理由はさまざまである。


負担軽減

元の記事が長くなりすぎたため、一部を「○○の一覧」にして分割する。一番多い理由かと思われる。例えば作品の「登場人物の一覧」はキャラの画像を載せたい場合などでよく用いられる。


親記事

ピクシブ百科事典に「親記事・子記事」という機能がつけられてから増えてきた理由であり、主にカップリング系の記事に多く見られる。親記事を二つ以上指定することができないためである。子記事は通常3個、「もっと見る」をクリックしても10個以上表示されない。

一部の一覧記事は、埋もれてしまっている子記事を表示させるための親記事として活用されている。例えばドイツの文化・産業関連の記事一覧などは親記事の「関連項目」で網羅できる程度の内容であるが、「子記事の整理」と称して作成されている。


独自研究

ピクシブ百科事典には「母」一覧(白紙化済)や架空の財閥・御曹司一覧など、初版編集者の思いつきで作られた一覧記事が存在する。このような記事は書きかけ状態で放置されている場合も少なくない。

一方で、書き始めるとキリがないような範囲を扱っている一覧は、事項をひたすら羅列するだけで顕示欲が満たされるため、際限なく肥大化していくものもある。例を挙げると公式が病気シリーズ」「検索してはいけない言葉」「カップやきそば現象」「英国面」「チートキャラ一覧」「卑劣漢一覧(白紙化済)...といったような誰得な記事である。

チートキャラリアルチートリアルチート(日本)...といった具合に、事項が吟味されることもなく増え続けた結果、一覧記事まで分割記事扱いで際限なく増殖するという細胞のような事態に発展している場合もある。


また編集者が自分の趣味で独自の用語を作り出して悦に浸っている場合もある。こういった研究者ぶる態度はピクシブ百科事典でも利用規約に抵触する可能性が存在するが、ピクシブ百科事典の場合その程度では運営が仕事をしないためやりたい放題である(本当に運営が動くのは運営の不都合な真実が記述された場合や、規約違反の複数アカウントや、誹謗中傷個人情報などの記述、大幅な編集合戦が発生した状況などをユーザーが報告した場合のみであると考えられる)。


関連項目

繋がり荒らしと言われるユーザーが各記事の“関連項目”の部分に“関連性”が薄い語を際限なく追記(例えば眼鏡キャラというだけで他の作品の眼鏡キャラを関連項目に入れるなど)していった結果、その個所が一覧記事まがいの内容と化している例もある。


「一覧」を作る前に

記事を作る、あるいは関連項目に加える前にまず「それが本当に第三者にとって必要かどうか」をしっかりと考えてから、記事を作ってもらいたい。

例を挙げると「登場人物の一覧」系の記事は、中にはその作品の記事に登場人物の項目を作れば済む事もあるし、「特撮に顔出しで出演した声優」のような「◯◯した✕✕の一覧」「◯◯で✕✕の一覧」系の記事は、記事を作らずに「何をしたか」「何があったか」それとなく含ませる程度で済むかもしれない。

また、膨大な項目が存在する記事に関しては「果たして作成以降も記事がアップデートされ、維持できるか」ということも考慮する必要がある(特にソーシャルゲーム)。

とにかく大切なことは自分に必要でも、他人にはそうじゃないかもしれないという考えを常に頭に抱いて記事を作成・編集することにあるのである。


白紙化する前に

これらのどうしようもないもの白紙化されるべきなのかもしれない。しかし、「問題ユーザー隔離記事」などとして機能している場合もあるので、「削除理由を明らかにする」「作成したユーザーが活発ならばメッセージなどでコンタクトを取り、許諾をもらう」「編集者への誹謗中傷をせず、事実のみを記述する」ことを心がけるべきであろう。

また、初版作成ユーザーが誰の目からも明らかに「一覧厨」である場合でも、その親記事に当記事を設定するのは望まれることではない。


関連タグ

一覧 リスト データベース 記事の肥大化

厨房(ネットスラング) 厨房の一覧 無自覚な荒らし

pixpediaの一覧の一覧 一覧記事の一覧 不要記事

削除荒らし:一覧厨の不倶戴天の敵

復元荒らし繋がり荒らし:非常によく似た存在。兼任している者も多い

概要

ピクシブ百科事典pixivのIDさえ持っていれば誰でも編集可能なwiki形式のサイトである。そして、pixivIDはメールアドレスさえあれば誰でも無料で簡単に入手可能である。ゆえにピクシブ百科事典にはたくさんの記事が存在し、さまざまな質の記事、言い換えれば玉石混交となっている。


その中には本当にこんな記事が必要なのかと疑いたくなる記事も山のようにある。例を挙げると誹謗中傷宣伝のために作られた記事や、立て逃げされた記事である。


その中でも、特に顕著な傾向が「○○の一覧」の乱立である。多くの人に必要とされない「一覧」をやたらと作りたがるユーザーのことを「一覧厨」と呼ぶことがある。


一覧を作る意義

ピクシブ百科事典のシステム上は親記事子記事の関係があり、本来は一覧は不要となるはずであるが、ピクシブ百科事典のこのシステムには「ひとつの記事はひとつの親記事しかもてない」、「子記事の表示は最大10個まで」というなどという仕様となっている。これを補うため記事の最後に参考項目としてリンクが貼られていることが多く、しばしば本文並みかそれ以上の量の関連タグが貼り付けられている。


「○○の一覧」にすれば雑多な記述を分割できて、記事が見やすくなる!


一部の厨房はそんなことを考えているものの、一覧で検索してみれば、確かに有用な記事も多いが、果たしてこんな記事が必要なのか、存在して誰が得をするのかと思われる記事も同程度に引っかかる。

さらに、ピクシブ百科事典の仕様では記事作成後の記事タイトルの変更ができない上、いったん作成された記事の削除も運営以外できず、めったなことでは運営は動かないため、一覧記事を作った人間の言語能力がおかしかった場合、おかしなタイトルの一覧記事を使い続けていくことになる。さらに、記事を分割することにより、わざわざユーザーにページ間の移動を強要することになりかねない。


おかしなタイトルの一例


…これらの「わけのわからない」一覧が作成される理由はさまざまである。


負担軽減

元の記事が長くなりすぎたため、一部を「○○の一覧」にして分割する。一番多い理由かと思われる。例えば作品の「登場人物の一覧」はキャラの画像を載せたい場合などでよく用いられる。


親記事

ピクシブ百科事典に「親記事・子記事」という機能がつけられてから増えてきた理由であり、主にカップリング系の記事に多く見られる。親記事を二つ以上指定することができないためである。子記事は通常3個、「もっと見る」をクリックしても10個以上表示されない。

一部の一覧記事は、埋もれてしまっている子記事を表示させるための親記事として活用されている。例えばドイツの文化・産業関連の記事一覧などは親記事の「関連項目」で網羅できる程度の内容であるが、「子記事の整理」と称して作成されている。


独自研究

ピクシブ百科事典には「母」一覧(白紙化済)や架空の財閥・御曹司一覧など、初版編集者の思いつきで作られた一覧記事が存在する。このような記事は書きかけ状態で放置されている場合も少なくない。

一方で、書き始めるとキリがないような範囲を扱っている一覧は、事項をひたすら羅列するだけで顕示欲が満たされるため、際限なく肥大化していくものもある。例を挙げると公式が病気シリーズ」「検索してはいけない言葉」「カップやきそば現象」「英国面」「チートキャラ一覧」「卑劣漢一覧(白紙化済)...といったような誰得な記事である。

チートキャラリアルチートリアルチート(日本)...といった具合に、事項が吟味されることもなく増え続けた結果、一覧記事まで分割記事扱いで際限なく増殖するという細胞のような事態に発展している場合もある。


また編集者が自分の趣味で独自の用語を作り出して悦に浸っている場合もある。こういった研究者ぶる態度はピクシブ百科事典でも利用規約に抵触する可能性が存在するが、ピクシブ百科事典の場合その程度では運営が仕事をしないためやりたい放題である(本当に運営が動くのは運営の不都合な真実が記述された場合や、規約違反の複数アカウントや、誹謗中傷個人情報などの記述、大幅な編集合戦が発生した状況などをユーザーが報告した場合のみであると考えられる)。


関連項目

繋がり荒らしと言われるユーザーが各記事の“関連項目”の部分に“関連性”が薄い語を際限なく追記(例えば眼鏡キャラというだけで他の作品の眼鏡キャラを関連項目に入れるなど)していった結果、その個所が一覧記事まがいの内容と化している例もある。


「一覧」を作る前に

記事を作る、あるいは関連項目に加える前にまず「それが本当に第三者にとって必要かどうか」をしっかりと考えてから、記事を作ってもらいたい。

例を挙げると「登場人物の一覧」系の記事は、中にはその作品の記事に登場人物の項目を作れば済む事もあるし、「特撮に顔出しで出演した声優」のような「◯◯した✕✕の一覧」「◯◯で✕✕の一覧」系の記事は、記事を作らずに「何をしたか」「何があったか」それとなく含ませる程度で済むかもしれない。

また、膨大な項目が存在する記事に関しては「果たして作成以降も記事がアップデートされ、維持できるか」ということも考慮する必要がある(特にソーシャルゲーム)。

とにかく大切なことは自分に必要でも、他人にはそうじゃないかもしれないという考えを常に頭に抱いて記事を作成・編集することにあるのである。


白紙化する前に

これらのどうしようもないもの白紙化されるべきなのかもしれない。しかし、「問題ユーザー隔離記事」などとして機能している場合もあるので、「削除理由を明らかにする」「作成したユーザーが活発ならばメッセージなどでコンタクトを取り、許諾をもらう」「編集者への誹謗中傷をせず、事実のみを記述する」ことを心がけるべきであろう。

また、初版作成ユーザーが誰の目からも明らかに「一覧厨」である場合でも、その親記事に当記事を設定するのは望まれることではない。


コメント

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー