2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

wiki

うぃき

不特定多数のユーザーがWeb上の文書を編集できるシステム。インターネット百科事典やゲーム攻略情報サイトなどに活用される。
目次[非表示]

注意 : Wikipediaの略ではありません!(外部リンク)。

概要

Wiki」とは、PC(パソコン)またはスマホ(タブレット)のブラウザ(Webブラウザ)を利用してサーバー上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステム(コンテンツマネジメントシステム、CMS)の一種。または、システムに使われるソフトウェア自体や、システムを利用して作成されたWebサイト全体を指す。

CMSはWebサイトの運用やブログなどに広く使われているシステムだが、Wikiは不特定多数のユーザーが共同でコンテンツを作り上げることを前提に、誰でも文書の書き換えができるようになっている点が他のCMSとは異なる。

ちなみに、「Wiki」の語源はハワイ語の「Wikiwiki(「速い」「急ぐ」「形式張らない」などの意)」で、「ページ更新が速く行われる」という意味が含まれている。
開発者の1人であるウォード・カニンガム氏が、ホノルル国際空港(現、ダニエル・K・イノウエ国際空港)内で運行されている「Wiki Wiki Shuttle」(外部リンク・英語)というシャトルバスを見て命名したとされる。

特徴等

Wikiが通常のWebサイトやブログと異なる点は

  1. 各種権限を多数の人間に与えることができる
  2. 変更点を第三者が確認可能(サイトによっては例外あり)
  3. 内容を編集することができる権限はいくつかの段階に分かれる。上位の段階では他者の編集等に制限もかけることができる
  4. GoogleなどのWeb広告を利用してサーバー維持費を軽減させたり収益化したりすることができる

wikiで作られたサイトは一般的には誰でも閲覧できるが、編集権限に関しては「メンバー(ログインユーザー)のみ編集できる」サイトと「非ログインユーザーでも編集できる」サイトがあり、また同一サイトでも特定ページに編集制限をかけることができる。なお、「サイトの管理者」と言ってもWikiの場合、サーバーの管理者、システムの設置者、設置者から管理権限を与えられた人であり、それぞれ権限が異なるため注意が必要。
一覧内にはあえてWikiと名乗らないサイトもあるが、Wikiとの性質や見方はほぼ同じである。

インターネット百科事典をはじめ、掲示板まとめサイトや、ゲームなどの攻略サイトの作成、エンジニアのノウハウの共有などに使われている。

wikiの理念と編集ルールについて

基本的に「誰でも自由に編集できる」がwikiの強みであるが、当然のことながらサイトごとに独自の編集ルールが敷かれており、その内容や匙加減もサイトによってまちまちである。「誰でも自由に編集できる」ことは「閲覧者の気持ちや語彙などを何も考えずに自由気ままに好き勝手に編集していいこと」→「「ルールやマナーなどを無視してもOKと言う解釈」ではなく「一般的なルールやマナーなどを守って編集すること」ということは念頭に置いておこう。

あるWikiサイトではルール違反とされるような内容が別のWIkiサイトでは許容されていたり、その逆もあったり、一般的なサイトの通念上は常識的なことであっても否定的な捉え方をされていたりと、サイトごとのルール(規約など)を熟読した上で編集に携わることが望まれる(サイトによっては規約に定められていない不文律がある場合もあるので、他のユーザーの振る舞いを観察し空気を読むことも必要)。
以下の項に解説を譲るとして、Wikiと言っても閲覧とコメントのみになっていて管理者以外は一切のページの編集ができないものもある。

代表的なサイト

このシステムを用いたサイトのうち、「インターネット百科事典」の項目に載っているサイト以外をあげる。

ゲーム専門WIki(全般)

  • ゲームカタログ@Wiki
  • Game8
  • ゲームWIki@jp
  • AppMedia
    • AppMediaが運営する攻略Wiki。編集権限はAppMediaの編集部のみ。ただし、コメントについては外部ユーザーの投稿・編集は可能とのこと。
  • GameWith
  • プロゲーマーを教育・育成し、プロプレイヤーを輩出する企業が運営する日本最大級とされるゲーム攻略サイト。攻略ページの外部リンク
  • Gamerch(ゲーマチ)
    • 『株式会社エムフロ』が運営するゲーム攻略サイト。@Wikiとほぼ同じだが、パソコン(スマホ・タブレットのブラウザからはPC版を表示すれば可能)からしか作成編集できない。公式あるいは公認の攻略Wikiもある。

他のゲーム系Wikiにはない特徴的な機能としてソシャゲでよくある『ガチャシミュレーター』と言うものがある。
その他、収益化プログラムとして広告収益還元システムがある。(詳細はリンク先を参照)

各社のシリーズ作品別に特化した専門WIki

  • TYPE-MOON Wiki
  • TYPE-MOONのブランドゲーム全般専門のWiki。
  • ポケモンWiki
    • (ポケモン版Wikipedia、ソフトウェア、機能などは前者とほぼ同じ)ポケットモンスターとは無関係記事や内容は書いてはいけないと言う独自のルールがある。(理由はリンク先にて確認のこと)


オールジャンル、その他のWIki

  • はてなキーワード
    • はてなダイアリーはてなブックマークなどを運営するはてなの一コンテンツ。編集にははてなダイアリーで一定程度の編集が必要。短い記事が多い。
    Fandom
    • 旧称WIkia。ウィキペディア創設者のジミー・ウェールズらにより立ち上げられた。ゲーム、映画、テレビなどのエンターテインメントに関する情報を扱う。だが関係無い人気上位のwikiをバナーやファン・フィードで執拗に推してくる。
    ウィキリークス
    • 匿名のままWikiを用いて各国政府、大企業、宗教などに関する機密情報を暴露するウェブサイト。オーストラリア人のジュリアン・アサンジにより設立された。一般に報じられるのは英語版への投稿のみで、正式な日本語版の存在は一切明かされていない。
  • アニヲタwiki(仮)
    • もともとは冥殿氏運営の個人サイト「アニヲタの集い(外部リンク)」の一コンテンツ。2012年に同サイトが閉鎖された後@wiki上に移転し、散逸した旧wikiの記事サルベージを行いながら発展していった。
    • 記事の作成や編集に厳しい条件があり、特に誹謗中傷やアンチ行為に対する相互監視が非常に厳しいため、結果として荒れにくい。
    • 基本的に編集はログインメンバーでなくても可能だが、項目の作成はログインメンバーに限定されている。
  • ユアペディア
    • ウィキペディアの方針に反感を抱いた管理人により、編集方針を緩くしたサイトとして設立された。編集者もウィキペディアから追い出されたり、反感を持って飛び出した者が多い。また編集者の意見が強く他人がいじれないため、誹謗中傷も大量に書き込まれている。
    • 詳しいことは当該項目に譲るとして、端的に言えばウィキペディアに書けない怪文書を公開するためのサイトである。情報源としては絶対に信用してはいけない。


  • Chakuwiki(谷口一刀) ※リンク先はウェイバックマシン
    • 谷口正人(谷口一刀)氏が運営する個人サイト『借力』のMediaWiki版。メインページには「バカが、バカなテーマで、バカな情報を集める場」と記載されている。このコンセプトと「過去の編集の改変禁止」というルールがあることから、電子掲示板の要素を持ち備えている。ただ、そのルールが災いして例えどんなに稚拙な文面、内容の間違いがあっても他者による推敲すら許されないというジレンマを抱えている(明らかな誤字脱字の場合はその限りではない)。
    • 2020年9月頃より親サイト『借力』へ接続ができなくなり、同年12月8日よりChakuwikiにも接続が不可能となってしまった。管理者の一人が谷口氏に原状回復を依頼するためメールを送信したが、その谷口氏は8月中に逝去していたことが判明。その後もIPアドレスからはアクセスできていたため、サイトの引継ぎを巡って議論が行われていたが、12月23日頃にはIPアドレスでも繋がらなくなり、議論の結果を見ないまま同サイトは閉鎖された模様。閉鎖後は「後継」を自称するサイトが複数立ち上げられている。
    膨大なページ数wiki
    • ポケモンBBSから派生したWiki。膨大なページ数を目指すためネットミームを中心とした記事が大量に立てられている
    • しかし悪意ある編集によって2021年8月と2022年6月に一時全面閲覧停止となった
    Tanukipedia
  • エンサイクロペディア
  • エンペディア

主なシステム

この項目ではサーバにて使用するプログラム、あるいはそのシステムをレンタルできるサイトなどを記述する。

プログラム

これらはサーバにおいて使用され、なおサーバではない個人のPCでも該当の言語が走る場合使用できることもある。
基本的にこのプログラムはソースが公開され、ライセンスフリーに近いもので公開されていることが多い。

  • TWiki……Perlにて記述されており、データベースもなくても動く。管理機能が充実しているため特に企業が使うことが多いとされる
  • YukiWiki……日本人が作成したWikiクローン、Perlで記述。後述するPukiWikiのもととなった。
  • MoinMoin……ウィキクローン( もともとのプログラムであるwikiwikiwebのクローン )の一つ、pythonで記述されており、データベースも不要らしい。欧米ではメジャーとされる。
  • MediaWiki……PHPにて記述されており、データベースを用いる。Wikipedia等を運営するウィキメディア財団がリリースしており、自らのニーズに合わせるようにバージョンアップがなされているが、他のサイトや上記で挙げたポケモンwikiでも使用されている。(※それ以外のソフトウェアなどの例外あるいは非公開)
  • PukiWiki……先のYukiWikiをPHPに移植したもの。派生がいろいろ存在したり、携帯電話からも利用できたりする。また、データベースも必要としない。プラグインに定評がある。

レンタル

個人でWikiを利用する場合、サーバを立ち上げるかレンタルしたうえで上記プログラムを導入する必要がある。これはかなり手間がかかる。
そこで、フリー、あるいは安価に個人が使用できるWikiを準備可能なサービスを行っている会社や個人が存在している。この運営元も管理者として扱われることがある。
これらのサイトはWeb広告(広告)により成り立っている。

  • Seesaa Wiki( 外部リンク )……旧livedoorWiki。ブログレンタルのSeesaaが運営する。携帯から見ると広告が多い。アダルトの設定可能。
  • @wiki( 外部リンク )……和歌山県にある「有限会社アットフリークス」が運営。開設までの手順が簡単なためか2ちゃんねるのまとめウィキや攻略ウィキに使われることも多かったものの、2013年個人情報漏洩をやらかしたり、けつの穴が小さいため客離れ( 例としてニンジャスレイヤーまとめウィキはwikiwikiに移転 )が起きたほか、スマホ版はメニューが常時表示されないか画面一番下部にしか出ないなど、少し使いづらい。
  • Wiki3( 外部リンク )……レイアウトは、ニコニコ大百科のように記事のしたにID付きのコメントができる。@wikiの記法とよく似ている。
  • wikiwiki( 外部リンク )……ソフトはPukiWiki Plus!( Pukiwikiの派生版 )。顔文字アイコンが使えるほか、携帯版はメニュー常時表示という点ではアットウィキよりは使いやすい。wikiひとつひとつの個性が大きい。
  • FC2Wiki( 外部リンク )……アダルト関係とかレンタルサーバとかいろいろやっているFC2が運営するレンタルサイト。Webサイトや電子掲示板とIDが共通であり一括管理も可能。ここに書かれているwikiのうち唯一アダルト画像の張り付けが可能。
  • wikidot( 外部リンク )……SCP_Foundationの多彩な表現を実現できるほど自由度が高いwiki。

表記ゆれ

ウィキ

関連タグ

インターネット ホームページ webサイト レンタルサーバー サービス サーバー DNS] インターネット百科事典 攻略サイト コンピューター

関連記事

親記事

インターネット いんたーねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51908

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました