ピクシブ百科事典

ネットマナー

ねっとまなー

ネット・SNSにおける利用マナーのこと。『ネチケット』とも呼ぶ。
目次[非表示]

概要

ネット・SNS世界における利用マナーのことであり、20世紀末から21世紀初頭では「ネチケット」とも呼ばれ、意味もほぼ同義である(現在ネチケットは大方死語に近い)。

といっても、その内容は現実世界における一般常識や社会人のマナーとほとんど変わらないため、一部では「ネットマナーやネチケットなどと、当たり前のことにわざわざ名称を作って呼ぶ必要はない」と考える人も少なからずいる。

問題

2000年代半ばごろから利用者の低年齢化、スマホやSNSの登場などにより、ネット環境利用者が爆発的に急増したのと比例して、10代〜20代を中心にネットマナー(ネチケット)を守らない人が増加し、犯罪行為やトラブルへの発展が世界中で発生するようになった。

特に日本の場合、ネットマナーが乏しかった(想像力が足りなかった)がゆえに起きた代表的な事件として、事実無根な誹謗中傷行為により一斉検挙されたスマイリーキクチネット中傷被害事件(外部リンク)や、オープンな場所であるという自覚を持たず、友人にばらす感覚で犯罪行為や悪ふざけをネット・SNS上に公開して炎上するバカッター』『バイトテロ(外部リンク)が挙げられる。

ネット・SNS利用の他、リスク回避をする上でも事件の詳細は知っておきたいし、余計なトラブルやお互いに不愉快な思いをしないように、ネットマナーは身につけておいた方が良いだろう。

広義的なネットマナーの詳細やpixiv利用のマナー・概要および、二次創作の取扱いについては、『pixivマナー』『ネチケット』の項目を参照。

万が一、法律に関わる間違いを犯してしまった場合

  • 軽い気持ちで相手を晒し上げた。
  • 犯罪(殺害)予告・犯罪自慢をしてしまった。
  • 無断転載トレパクなどで、権利元から法的処置を処する警告メールが来た。
  • 誹謗中傷やバッシングをして、相手側が訴訟を起こすと言われた。
  • ネット・SNSに上げた顔写真が拡散され、アダルトサイトなどに転載された。


過去にネットマナーを考慮せず、結果として犯罪行為やトラブルに巻き込まれたケースは以上の項目が多く挙げられるが、自分の力だけで対処できない場合、親族や学校の先生、会社の上司、最悪の場合は最寄りの警察署へ相談する方が賢明である。

なお自身に原因がある場合は言い訳や応酬をせず、とにかく相手側へ一刻も早く丁重な謝罪・対応を行い、これがTwitterなどのSNS上のやりとりだった場合は炎上も考慮し、自身のバッシングやプライバシー侵害行為には、毅然と対応する旨を併せて伝える事も求められる。

後者の場合、よく削除をしたりアカウントを消して逃亡するケースも多いが、5分もあればネット・SNSの情報は拡散され、より事態が悪化するだけでしかないし、学生であれば将来の進学や就職活動に支障をきたす恐れがある。
またネット・SNSの怖さを知らない若い世代や利用初心者は、顔写真や住所といった個人情報を平然と載せたりするケースが多いので、無闇に公開するのは慎んだほうがいい。

なお炎上の際、これらを嗅ぎつけてネットイナゴがやってくる場合が多く、説得や弁解、話し合いはより彼らを喜ばせ、エスカレートさせるだけなので、極力相手にしない方が望ましい。
こちらも上記の『スマイリーキクチネット中傷被害事件』や『ネットイナゴ』の記事が詳しいので、読んでみるといいだろう。

関連項目

pixivマナー ネチケット
毒吐きネットマナー - かつてはネチケットと共に個人サイト運営者に重宝され、マナーサイトと呼ばれていたが、その実態は大きく異なる。

ネットマナーに反する行為
荒らし 中傷 無断転載 トレパク 2ch脳
荒らしに反応する人も荒らしです ネットイナゴ
マルチポスト 荒らし記事 リク厨 検索妨害
自治厨 キャラヘイト アンチ 出会い厨

関連記事

親記事

インターネット いんたーねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネットマナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11473

コメント