ピクシブ百科事典

ネットマナー

ねっとまなー

ネット・SNSにおける利用マナーのこと。「ネチケット」と呼ばれることもある。

ネット・SNS世界における利用マナーのことであり、20世紀末から21世紀初頭では「ネチケット」とも呼ばれ、意味もほとんど同義である(現在ネチケットはほとんど死語に近い)。
といっても、その内容は現実世界における一般常識や社会人のマナーと大して変わらないため、一部では「ネットマナーやネチケットとわざわざ分けて呼ぶ必要はない」と考える人も少なからずいる。

利用者の低年齢化、スマホやSNSの登場などにより、ネット環境利用者が爆発的に急増したのと比例して、ネットマナー(ネチケット)を守らない人が増加し、犯罪行為やトラブルに発展するほどの問題となっている。
守らなかったがゆえに起きた代表的な事件として、スマイリーキクチ中傷事件バイトテロが挙げられるので、ネット・SNS利用の他、リスク回避をする上でも事件の詳細は知っておきたい。

余計なトラブルやお互いに不愉快な思いをしないように、ネットマナーは身につけておいた方が良いだろう。

広義的なネットマナーの詳細やpixiv利用のマナーついては、「ネチケット」の項目を参照。

万が一、法律に関わる間違いを犯してしまった場合

  • 軽い気持ちで相手を晒し上げてしまった。
  • 犯罪予告・犯罪自慢をしてしまった。
  • 無断転載トレパクをして絵師や版権元に訴えられた。
  • 誹謗中傷やバッシングをして、相手側から訴訟を起こすと言われた。
  • ネット・SNSに上げた顔写真が拡散され、アダルトサイトなどに転載された。


過去にネットマナーを考慮せず、結果として犯罪行為やトラブルに巻き込まれたケースは以上の項目が多く挙げられるが、学校の先生や会社の上司へ相談、最悪の場合は最寄りの警察署へ相談する方が賢明である。
なお自身に原因がある場合は、言い訳や応酬をせずに一刻も早く丁重な謝罪を表明し、迅速な対応をする事が求められる。

よく削除をしたりアカウントを消して逃亡するケースも多いが、5分もあればネット・SNSの情報は拡散され、より事態が悪化するだけでしかない。
またネット・SNSの怖さを知らない若い世代や利用初心者は、顔写真や住所といった個人情報を平然と載せたりするケースが多いので、無闇に公開するのは慎んだほうがいい。

なお炎上の際、これらを嗅ぎつけてネットイナゴがやってくる場合が多く、説得や弁解、話し合いはより彼らを喜ばせ、エスカレートさせるだけなので、相手にしない方が望ましい。
こちらも上記の『スマイリーキクチ中傷事件』や「ネットイナゴ」の記事が詳しいので、読んでみるといいだろう。

関連項目

ネチケット pixivマナー
毒吐きネットマナー:かつてはネチケットと共に個人サイト運営者に重宝され、マナーサイトと呼ばれていたが、その実態は大きく異なる。

ネットマナーに反する行為
荒らし 中傷 無断転載 トレパク
荒らしに反応する人も荒らしです ネットイナゴ
マルチポスト 荒らし記事 リク厨 検索妨害
自治厨 キャラヘイト アンチ 出会い厨

pixivに投稿された作品 pixivで「ネットマナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10200

コメント