ピクシブ百科事典

荒らしに反応する人も荒らしです

あらしにはんのうするひともあらしです

読んで字の如くである。
目次[非表示]

概要

この言葉はインターネット、特に電子掲示板上の格言の一種。
意味としては「荒らし下手に対処するとつけあがって悪化する、あるいは荒らしに偽装した対立厨だったりするため、ユーザーレベルでは見て見ぬふりをして運営等へ通報、対処を待つほうが良い」ということである。

実際

ただし、この言葉を多用してる人間ほどスルー出来ていないということであり、ましてや逆恨みのようにサービス等に書き込んだりブログWiki等に書き込んだりするのはスルーできていない証拠ともいえる。
つまりどんなに言葉を言い繕っても、荒らし糾弾する時点でスルーできない人間ということであり、つまりは荒らしと同等ということである。(その意味では、この記事も反応したので荒らしということになる。)

例外

ただし運営管理人の制裁、pixiv等でいうところの不利益な措置や、法律等に則り警察への通報やおよび訴訟を行うことはこれには該当しない。むしろスルーすると責任放棄となり、荒らしのやりたい放題となる。
また、Wiki等「ユーザーがいろいろ編集可能」なコンテンツにおいては、荒らしの目的が内容等の乗っ取りの場合も存在するため、管理人が対処しないからと言って内容を放置すると不具合がある場合や運営等の対処により再発が見られない場合は修正すべきであろうと思われる。

対処法

この言葉を言いたくなったときには黙って関係各所、サイトの管理者、あるいはサービスの運営元に報告を出すことが必要である。
そして彼ら(この二つが同一とは限らない)は断固とした態度で荒らしに対処、例えば適用されるルール等の作成、特定ワードの書き込み制限禁止、荒らしが用いていると推測されるIPやアカウント等の遮断や制限等、プロバイダへの通報、荒らし本人への訴訟等を行う必要がある。
もし彼らが運営仕事しろ状態だった場合やピンボケ対応しかせず、何らかの法律に抵触する場合は弁護士・行政機関等に相談することが結局のところ遠回りに見えて近道である。
それでも嫌がらせが止まない場合はそこから出ていくのが最善であり、そのようなサイトやサービスはは放っておいても状況悪化しユーザーが離れて衰退したり、時にはサーバごと消滅したりするためである。

pixivの場合

荒らしと疑われる行為を行うユーザーを発見した場合、無自覚の場合はとりあえずメッセージスタックフィード等で注意を行う。
故意に規約違反を犯している、あるいは注意したのに治る見込みがない場合、運営通報する。基本的にアカウントや作品に付属する「このユーザーを報告/ブロック」「この作品に対する情報提供」を利用するが、場合によってはお問い合わせおよび緊急時のお問い合わせを利用することを検討する。

ピクシブ百科事典の場合

無自覚で第三者に迷惑をかけている場合、例として故意ではない自演記事不要記事の作成、独りよがりの編集、意見の相違による編集合戦などに関しては注意や助言を行うべきであろう。
また、故意にピクシブ百科事典の記事掲示板破壊したり編集合戦を起こす、キャラクターや記述内容、あるいは編集者への誹謗中傷荒らし記事の作成やなりすまし複数アカウントなど明らかに規約違反と思われる場合は速やかに運営へ通報し、アカウント停止を確認後記事の修正不要記事などは白紙化、破壊された利用される記事等に関しては修復を行ってください(基本的に荒らしが作成および編集した記事等への運営の関与はNOPAGE白紙化保護、あるいは履歴削除に限られるように見え、あまり例が存在しないため)。
なお、運営への通報はアカウントを管理しているpixivへのほかにピクシブ百科事典へのお問い合わせも存在はする。

結論

すなわち荒らしに対しては「このサービスはきちんと管理されているためあなたの思う通りにはなりませんよ」と思わせるのが上策ということであると思われる。

関連タグ

荒らし 自治厨 対立厨 格言 矛盾
通報 禁止 制限 アカウント停止
みんなのおもちゃ

外部リンク

同人用語の基礎知識 荒らし・荒らし行為

コメント