ピクシブ百科事典

不要記事

ふようきじ

不要記事は、記事が存在するメディアにとってふさわしくない、あるいは必要ではない記事である。
目次[非表示]

概要

新聞雑誌など、インターネット上でのwikiなどのメディアには複数の記事が存在する。
その中には「果たしてこの項目はこのメディアに必要なのか?」と思わざるを得ない記事も残念なことに存在する。
この言葉はそれを指すものである。この項目では一般的な状況を説明したのち、pixivおよびピクシブ百科事典の該当項目に関して解説を行う。

どのような記事が不要とされるか

一概にそのような記事が発生する理由は言えないが、そのようなものが存在する場合は複数の理由が存在する。
なお、通常これらの記事が作成されることを防ぐため、規約ルールというものが存在し、それをチェックする人間が通常存在する。

メディアのルールに沿わない

一般的にメディアには存在する理由があり、その理由に沿って記事は執筆される。たとえば一般の新聞であるならば「事実性の報道」や「読者への娯楽提供」などがあげられる。
ここで裏の取れていない「怪文書」を事実として掲載することは「事実性の報道」に反することであるため、不要である(むろん「怪文書の存在」や「怪文書の流布」は事実であればそれを報道することは必要である場合がある)。
また、雑誌などでは広い話題を取り扱うものも専門的な話題を取り扱うものも存在するが、特に専門的な雑誌等にその内容に外れた記事を複数掲載する、ということも含まれる。

一般的なルールにそぐわない

また、メディアの中の人の話であったり、過度に他者のプライバシーを扱った記事など、またそのメディアが想定する読者がほしがらない話題もほとんどの場合、必要のない記事であるとみなされる。

執筆者の問題

メディアは人が作るものであるが、その編集者ライターが「自分の好きなもの」や「自分の考え」などを読者の存在を考えずに執筆し、そのメディアの質を落とすことが存在する。
また、メディアの中の人自身のレベルが低いにもかかわらず能力を超えた仕事を行わせようとしたため発生することがある。
通常そのような人々は除外されるが、各種事情によりそのままの場合も存在する。

スポンサー

たいていのメディアはスポンサーに出資してもらうことにより活動できるものである。
そして出資の見返りとしてメディアに広告を出したり、そのメディアに特定の内容の記事を書かせたり逆に書かせなかったりすることもできるようになる。
その反応に対しメディアもスポンサーに逆らうことは出資を失う原因となり、通常それは困難であるため、そのような記事が掲載されることが存在する。

ピクシブ百科事典

日々新たな項目が作られるピクシブ百科事典であるが、それらの中には「ピクシブ百科事典の目的にそぐわない」、「利用規約に反する」などの必要性が一切感じられない記事も少なくない。そしてそれを防ぐための明確なルールや記事の監視、あるいはユーザー同士が記事の作成や編集に対して話し合いや合意を持つシステム処理できる管理人的な存在もほぼ存在しない状況であり、それらの記事に対して編集者個人個人で対処する必要が存在する。

ルールに関して

ピクシブ百科事典は、pixivのタグについて、記事を作成できるサービスです。ヘルプより引用
とあるため一般的な考えでは作品にタグとして使われていない項目は必要がないかもしれない。また、利用規約の禁止事項に記載されているような商業用の広告、宣伝又は勧誘を目的とする情報や、人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現、さらに第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷するような記事も不要とされる。

記事の特徴

必要性がない記事の特徴としては、「タグとして機能していない」「タグとしての利用がない、あるいは利用者が特定の人物に限られる」「運営及び第三者への誹謗中傷」「サイトの目的外利用」と言うことが挙げられる。
また、「不必要な分割やまとめ記事(内容が薄いにもかかわらず分割されたり、項目が少ないにもかかわらずまとめるためだけの記事)」やもこの中にあげられるかもしれない。
なお、これらの記事は立て逃げされていたり、「著作権などの他者の権利を侵害」していることも多い。
ただし、以下の記事は特に区別される。

必要となる例外

なお、「pixivのタグとして使用されていなくとも、ピクシブ百科事典の複数項目で使用されており、説明が必要な項目の記事」や「特定の記事の項目が多く整理しても編集に支障が出る程度になったりあるいはネタバレ防止、または曖昧さ回避のため分割された記事」、「タグを整理分類するための親記事として使用する記事やまとめ」、「曖昧さ回避のための誘導記事」「pixivの特徴あるユーザーを解説するための(誹謗中傷やプライバシーの暴露などを含まない)記事」などは必要な記事ではないかと思われる。
また、ピクシブ百科事典にて表示される「タグの使用数」はtags.phpを参照しており、これはR-18を除くイラストうごイラ漫画」の数」であるため、R-18R-18Gのイラスト等、さらには小説投稿機能などの投稿数を含まない。さらに、英数の場合大文字小文字を区別する。

記事への対処

一般的にそれらの記事はいくつかの対処法が存在する。ユーザーに対しては一般的には注意で何とかなるが、何とかならない場合、運営への通報という手段をとる必要があるかもしれない。
また、記事に関しての対処は次の通り

  • 無視
pixivピクシブ百科事典では使用されていないが、通常使用される単語に関しては記事がまっとうなものならばそのまま放置しても構わない気がする(ピクシブ百科事典の場合なぜかほかの検索に引っ掛かるため、単純な白紙化だと問題が生じる)。
また、自演記事検索妨害等にならない限りは放置したほうが編集合戦が発生したり荒らし化したりしなくてよいかもしれない。
  • 誘導
他にふさわしい項目などがある場合、そちらへのリンクで代替する方法である。この方法は「スペースや全角英数など、pixivのタグとして使用できず作品にリンクしない」記事や「不適切な分割、あるいは誤記などにより、使用しづらい」記事に対して行うべきであろう。
  • 白紙化
これに関しては通常「規約違反な記事」「第三者の権利を侵害せずには執筆できない記事」、「ピクシブ百科事典の目的外利用」、「重大な検索妨害を引き起こす記事」などに行われるものである。
ただし実際には「タグが存在しない記事」や「自作自演記事」、「著作権侵害があるが修正可能な記事」などでも行われる。
  • 再執筆
著作権侵害自作自演を理由として削除される記事に対し行われ、問題のある記事を問題のない記事として再生するものである。

ユーザーに対して

また、これらの記事を作成したり編集したユーザー、および不要記事と誤って分類したり対処を間違えたユーザーに関しては以下の処置を行うべきであろう。

  • 注意
あなたがpixivのアカウントを持っていたり、持っていなくとも連絡先がある場合でそれらのユーザーにメッセージスタックフィードにて「~は~でやめたほうがいいですよ」と注意する方法である。たとえば無知により個人的な記事およびタグとして使用できない記事の作成を行ったなどの場合はこれは効果的である場合が多い。

  • 通報
注意しても暴言を吐いたり、同様の行為を繰り返したり、大量に不要な記事を作成していたりするユーザーに関しては、あなたがpixivのアカウントを持っておらず、問題ユーザーが他の連絡先を示していない場合に関しては運営通報ピクシブ百科事典の通報先pixivの通報先)すべきであろう。
またpixivのアカウントを所有している場合、ユーザーページの左下に存在する「このユーザーを報告/ブロック」から行うほうがよい(参考画面(この画面は記事の編集者のもの)、ただし、この報告は1ユーザーにつき1回限り)。
なお、この対処により該当ユーザーのアカウント停止(複数名)やピクシブ百科事典編集禁止(2017年以降確認されたのは2名)などの処置がとられることがある。

一覧に関して

この記事の一覧は作成するメリットが低く、それよりも膨大な量のリンクが存在することによる編集の困難化および特定記事に対するレッテル貼りにつながるなどデメリットのほうがはるかに多いため、ここには掲載しない。

関連項目

メディア 記事
投稿作品の無い記事一覧
白紙化誘導通報: 不要記事に行う対処
荒らし記事 自演記事 転送記事(Pixiv記事用)

コメント