ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

重複

ちょうふく

同じ物事が重なり合うこと。つまり同じ物事が重なっていることである。
目次 [非表示]

概要

同じ物事重なり合うこと。

本来は「ちょうふく」と読むが、「じゅうふく」と読む者も多かったことから、現在ではこの読みも許容されている。


ゲーム用語としての「重複」

ゲーム用語では「複数の同系統の要素が全て有効になる」と言う意味合いで使われることが多い。


例えばコンピュータRPG攻撃力アップの補助魔法アイテムの両方を使う場合、先に使ったものだけが有効、後から使ったものだけが有効(上書き)、最も効果の高いものだけが有効、全て累積(加算もしくは乗算)して有効…などのケースがあるが、全て有効な場合に「(効果は)重複する」「重複が可能」などと言う。


一般的に「重複」と言うと「1つ以外は無駄」というニュアンスで使われることが多いため、知らないと混乱することがあるが、ゲームの世界では「重ね掛けが有効」の意味で定着してしまっている。


ただし、古典的なテーブルトークRPGでは、重複=最も効果の高いものだけが有効の意味、累積=加算して有効の意味、として使い分けているものがあり、一部のコンピュータRPGでもそれを踏まえて「重複」と「累積」を使い分けている例も見られる。紛らわしいが文脈で判断するしかないだろう。


ピクシブ百科事典の「重複」

記事の重複

同じ事柄について解説している記事が複数ある状態。複数の表記や異なる名前のある事柄(表記揺れ)で時々見受けられる。


例を上げると、古い時代の自転車を指す「ペニー・ファージング」と、その俗称である「オーディナリー」の記事が重複しており、全く別々に解説を行っている。後者の記事が先発で、前者の記事が後から立てられたのだが、既に似たような記事があったことに気づかなかったのか、既存の記事があることを知った上であえて重複記事を立てたのかは定かではない。


乱立された一覧記事の内容がほとんど同じになっている例もしばしば見られる。例えば、「天然危険物」と「危険生物」に挙げられている項目は、大半が重複している。


ピクシブ百科事典のガイドラインでは、「記事の重複や乱立...は避け」とあり、「内容の整理」が勧められている。重複記事は一方を表記揺れの転送記事として処理し、もう一方の記事に統合するなどの対策が考えられる。特に私物化などの目的で分割された記事に関しては積極的に是正されるべきである。


記事によっては、表記揺れを利用して、ある事柄のファン目線での紹介文と問題点について言及した記述を別記事に分離していることもある。


記述の重複

「ほとんど、あるいは全く同じ意味合いの文言」が同じ記事内に繰り返し書いてある状態。


長い記事で起こりやすい現象で、加筆の際、既存の記述を読んでいないためにその事について既に言及しているのに気づかなかったり、印象を強めたいがために冗長となるのを承知の上で追記する、等で起こる模様。


記述の重複は無駄に記事が長くなる上、読んでいる人の混乱を招くので、基本的に望ましい状態ではないが、重要事項は「大事な事なので繰り返すが」などと前置きして、敢えて重ねて書くこともある。


遺伝子の「重複」

細胞分裂の際のDNA複製ミスで起こる遺伝子変異の一つで、遺伝子を含むDNA領域が重複する現象。染色体全体が重複する場合もある(倍数体)。同じく遺伝子変異である遺伝子の欠落に比べると割と頻繁に起こっていることが知られ、重複した領域は本来の遺伝子としては機能しなくなる(偽遺伝子)が、ノンコーディングDNAなど他の目的に転用される場合もあり、生殖細胞で起こった場合は進化の原動力となることもある。


癌細胞のDNAでは遺伝子の重複などの変異が多数起こっていることが知られているが、人間を含む多くの生物の正常なゲノムにも、重複した遺伝子の残骸が少なからずあるようである。


関連タグ

重複アイコン pixpediaで分割された項目 大事なことなので2回言いました

ゲーム用語 バフ 上書き

ピクシブ百科事典 記事の肥大化

生物学 遺伝学 遺伝子 進化 DNA

関連記事

親記事

重ねる かさねる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168899

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました