ピクシブ百科事典

危険生物

きけんせいぶつ

危険生物とは、危険な要素を持った動物のこと。
目次[非表示]

概要

色々な生態を持つ動物だが、中には獰猛だったり、猛毒を持ってたりするが、その殆どは自分の身を守る為であり、子孫を残す為である。

植物

トリカブト(毒草の代名詞)
トウゴマ(トウゴマ由来の毒素「リシン」は暗殺にも使われた)
チョウセンアサガオ(強力な毒を持ったアサガオ、量によっては麻酔薬にも麻薬にもなる)
キョウチクトウの仲間(樹液が猛毒。バーベキューの串にしただけで人が死んだ事例も)
シキミ(アニスによく似た種子が植物で唯一の劇物指定を受けている)
イラクサ(素手で触るとビリビリと痛む。)
スズラン(実は身近な猛毒草その1。毒性は青酸カリの15倍。
ヒガンバナ(実は身近な猛毒草その2。トリカブトと同じアルカロイド系の毒を持つ。)

菌類

ドクツルタケ(その破壊力から白い殺し屋・殺しの天使などの別名を持つ)
カエンタケ(触っただけでアウト)
ドクササコ(やられると急所がものすごいことになります)
アスペルギルス(最強のカビ毒と言われる「アフラトキシン」を生産するカビ
ベニテングタケ(色鮮やかな毒キノコ)
ツキヨタケ(暗闇で光る。ムキタケやシイタケと間違えやすい)

ウイルス細菌病原体

エボラウイルス(説明不要の最凶ウイルス。天然殺人兵器)
梅毒(未だに発展途上国では猛威を振るい続けている)
黄熱病(人類初のレベル4ウイルス)
ボツリヌス菌(最強の生物毒、一部のクラゲがこれを培養してる)
破傷風菌(ボツリヌス菌に並ぶ猛毒を生成)
腸管出血性大腸菌O-157(最強の食中毒菌)
狂犬病(ワクチン接種を受けずに発症したらまず確実に死ぬ。症状がえげつない上に治療の手立てがない)
クロイツフェルト・ヤコブ病(捕食によってしか伝染しないが、治療の手立てがない)

プランクトン

フィエステリア(殺人プランクトン)

寄生生物

レウコクロリディウム(超気持ち悪い寄生虫、野生の精神的ブラクラ
フィラリア原虫

海洋生物

オニヒトデ(毒持ちで、サンゴハンター)
ガンガゼ邪悪な姿をしたウニ
ファイヤーコーラル(偽サンゴ
ヒョウモンダコフグと同じテトロドトキシンと呼ばれる強力な毒を持つ)
キロネックス(クラゲ界最強の毒性を持つ上に4ノットの速度で泳ぐ)
カツオノエボシ(恐らく有名な電気クラゲ)
アンボイナ(毒針を持つ殺人貝)
ウンバチイソギンチャク(海の蜂)
スベスベマンジュウガニ(マヌケな名前だが甲羅や身に致死毒を複数持っている)
マウイイワスナギンチャクパリトキシンという動物が持つうち世界最強の毒を持つ)

ホホジロザメ(代表的なサメで、ジョーズのモデルにもなっている。世界三大人喰いザメの一角)
イタチザメ(世界三大人喰いザメの一角)
オオメジロザメ(世界三大人喰いザメの一角)
アカエイ(尾のトゲに猛毒)
淡水エイ(毒持ち)
カンディル(小さいが注意が必要)
ゴンズイ(毒持ち)
ゴライアス・タイガーフィッシュ(大きな牙を持つ)
ピラニア(アマゾンの集団人食い魚、実は臆病者)
ダツ(生きたダーツ
デンキウナギ(放電能力を持ったウナギ・・・ではなく、全く別の魚)
ミノカサゴ(毒持ち)
アイゴ(毒持ち)
オニカマス(かなり獰猛、一部の個体は毒持ち)
ゴマモンガラ(前歯が強靭で、獰猛なサンゴハンター)
フグ(素人が料理してはいけません)

昆虫

オオスズメバチを始めとするスズメバチ科のハチ
ゴキブリみんなのトラウマと言っても過言ではない、天然ブラクラ
ミイデラゴミムシ(毒ガス兵器を持つ虫)
パラポネラ(弾丸アリ
トビキバアリ(凄まじい脚力を誇る殺人アリ)
グンタイアリ(集団狩人アリ)
トノサマバッタなど、相変異をするバッタ(蝗害の真犯人)
チャドクガ(幼虫がいる木の近くに寄っただけでかぶれることも)
ジカ熱マラリアデング熱などを媒介する)
ハエ(細菌やウイルスを食品に塗り付けていく。人間や動物の目の周りに卵を産むことも)
ベネズエラ・ヤママユガ(幼虫)(節足動物最強の毒を持つ毛虫)

その他の

サソリ(特にデスストーカーと呼ばれる個体は危険)
クロゴケグモ(誰が呼んだか毒グモ界のコブラ)
セアカゴケグモ(背中が赤い毒グモ)
ジョウゴグモ(最強クラスの毒を持つクモ)
マダニ(吸血性のダニ、実は細菌持ち)
ムカデ(死亡例はないがアナフィラキシーショックを起こすこともある)

爬虫類

アナコンダ(デカい上に獰猛)
ニシキヘビ(アナコンダ同様)
コブラ(代表的な毒蛇)
タイパン(毒蛇の中でも、2種類の毒を併せ持つ最強クラスの毒蛇)
マムシハブ(日本に於ける毒蛇の代名詞)
ヤマカガシ(実は毒蛇。毒牙だけではなく、背中の付け根にも毒を持っている)
ウミヘビ(ベルチャーウミヘビという個体は最強クラスの毒を持つ)
コモドドラゴン(強靭な身体に加え、実は強力な細菌と毒を持ってます)
クロコダイルワニの中でも飛び抜けて獰猛)
ドクトカゲ(実は、毒を持つトカゲもいます)
ワニガメ(非常に強靭なアゴを持っている超獰猛なカメ)
カミツキガメ(ワニガメの次に危険なカメで、特定外来種)

両生類

ヤドクガエル触るな危険
アカハライモリフグと同じ毒を持つ)

カモメ(かなり気が荒い)
ペリカン(実は結構獰猛な上に鳥類最大級の体格。)
ピトフーイ(珍しい毒持ち)
ヒクイドリ世界で最も危険な鳥
タカワシフクロウなどの猛禽類
ダチョウ(脚のキックが超強力)

哺乳類

ネズミ(ネズミも実は、危険生物です)
アフリカゾウ(アフリカ最強の草食獣、生きた重戦車)
コウモリ(血を吸ったり、伝染病を媒介したり)
(説明不要)
オオカミ(科の猛獣)
イノシシ(野生の戦車)
カモノハシ(オスにのみ強力な毒がある)
ヤマアラシ(背中に強力な針毛持ち)
カバ(実は雑食性でアフリカ最強のハンター
アメリカバイソン(別名:バッファロー)
サイ(強力な角を持つ草食獣)
アリクイ(腕の力も強く、特に爪が危険)
クズリイタチ科最強その1、小さな巨人)
ラーテルイタチ科最強その2、世界一勇敢な動物)
トラライオン等の大型
ハイエナ(腐肉食と思われがちだが、実はハンターでもある)
ハクビシン(可愛い姿とは裏腹に獰猛)
アライグマ(可愛い姿とは裏腹に適応力があり、獰猛)
シャチ(海における最強のハンター
マッコウクジラ(肉食動物の中では最大)
アシカ(実は危険生物)
ゾウアザラシ(最大級のアザラシ)
ヒョウアザラシ(海のヒョウ
ゴリラ(怪力だが意外と大人しい。怒らせなければ大丈夫)
チンパンジー(実は全身筋肉の塊であり、人に懐いてない野生のチンパンジーは非常に凶暴)
人間(丸腰では雑魚。だが道具を作ったり群れとなったら意外に危険

関連タグ

動物 植物 菌類
天然危険物 

pixivに投稿された作品 pixivで「危険生物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301600

コメント