ピクシブ百科事典

目次[非表示]

🦈概要

軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類の内、鰓裂(エラ孔)が体の側面に開く者の総称。
起源は4億年前まで遡り、若干の形態変化はあるが、基本的な身体構造は殆ど古代種と変わらない。
世界中の海洋に分布し、約500種が現存。一部の種は深海や淡水域にも進出している。

同じく板鰓亜綱の魚にエイが居るが、サメとは異なり鰓裂が下面に開く事で区別される。
鼻にはゼリー状の物質がたっぷり詰まったロレンチーニ瓶という電気センサーを備えており、
獲物や外敵が動く事で発生する微弱な電気信号をキャッチできる。

ネズミザメ科及びオナガザメ科のサメは熱交換を行う奇網という毛細血管の集まりを持ち、
体温を水温よりも高く保つ事が出来る分、水温の変化にも強い。

最大はジンベエザメの体長14m、最小はツラナガコビトザメオナガドチザメ等の体長20cmまで姿も大きさも様々だが、全長1~3m のものが多い。

ほぼ全てが肉食動物(ジンベエザメ、ウバザメ、メガマウスの3種は濾過食専門)であり、シャチなど一部の動物を除けば、海中最強の生物といえる。

強そうな外見から、創作では「強力な捕食者」や「悪役」として取り上げられがち。ただし人食いザメと呼ばれるような種類はそう多くなく、むしろ人間に食べられるサメのほうが多いくらいである。

映画ジョーズディープ・ブルーは有名で、ジョーズ成功にあやかる為に作られたサメのパニック映画は数多く存在し(クオリティでは前2作には及ばない)、サメ映画というカテゴリが出来た。特に最近のサメ映画においては頭が複数になったり、陸や空、果てには異次元にまで出てくるなど、もはやあらゆる面において見境がなくなっている。

尾鰭欠刻

尾鰭上部には「尾鰭欠刻」または単に「欠刻」と呼ばれる三角状の切れ込みがある。
形状は種による差も大きく、種によっては三角の突起に見えたり、くびれに見えるものもある。
アブラツノザメやジンベエザメなど尾鰭欠刻を持たない種もいるが、ホホジロザメなどの頻繁に「サメ」のイラストのモチーフとされる種には概ねこの尾鰭欠刻が存在する。

しかし、多くの絵では見落とされがちだが、
この部分もサメの特徴の一つなので、抑えておけばサメマニアに喜ばれる…かもしれない。
ちなみに、欠刻の大きさは分類に使用される事もあるので、割と重要。

種類

以下に知名度の高いサメ及び、代表的な種類を示す。

ネズミザメ上目

ネズミザメ目

ネズミザメ科

オオワニザメ科
オナガザメ科
メガマウスザメ科
ウバザメ科
ミズワニ科
ミツクリザメ科

メジロザメ目

メジロザメ科

ヒレトガリザメ科
シュモクザメ科
トラザメ科
ヘラザメ科
ドチザメ科
チヒロザメ科
タイワンザメ科
アフリカドチザメ科

ネコザメ目

ネコザメ科

テンジクザメ目

オオセ科

ジンベエザメ科
トラフザメ科
テンジクザメ科
クラカケザメ科
コモリザメ科
ホソメテンジクザメ科

ツノザメ上目

ツノザメ目

ツノザメ科

オンデンザメ科
ヨロイザメ科
アイザメ科
カラスザメ科
オロシザメ科

カグラザメ目

カグラザメ科

ラブカ科

ノコギリザメ目

ノコギリザメ科

キクザメ目

キクザメ科

カスザメ目

カスザメ科


絶滅


長所と短所

鮫の中でもホホジロザメは海中の捕食に特化した究極の姿とされる事がある。
しかし、一方で欠点が見えてくるのは、あまり進化していない生物全てに言える事である。

長所

  • 姿が大きく変わらない(必要な機能を全て備えた構造)
  • 高い遊泳能力
  • 高い知能

短所

  • 軟骨魚類なので、骨が脆い(後述)
  • 浮き袋が無い


脆い骨

基本的に軟骨魚類は原始的な魚である。
鮫もこの一種で、今日まで生き残ってきたのは優れた進化の証明だが、様々な欠点がある。

前述で運動能力が高いとしたが、「軟骨魚類にしては」であり、ホホジロザメなど一部のサメ類の特性で、他の魚類と比べれば遅い。(ホホジロザメは知能でこれを補っている)

頭蓋骨の他に目立つ骨は背骨しかなく、内臓等を守る肋骨は未発達。
小型のイルカ等からタックルされるだけで致命傷を負ってしまう事がある。
イルカならまだしもぶつかってきた相手がシャチだったらひとたまりもない。

意外な弱点

サメの鼻先にはロレンチーニ瓶という電気センサーが備わっているが、その分敏感。
それゆえ、鼻づらに一発食らうと倒れるというのは間違いではない。
一発食らわせる必要はなく、サメは鼻先を撫でられると動きが止まり、
15分も撫でられていれば一種の昏睡状態に陥ってしまう。

しかし、人間が退化した身体能力を知能で補うのと同じく、
ある点で優れた能力が彼らを生かし続けているのである。

その他

  • 鮫の事をワニ或いはフカ(鱶)と呼ぶ事がある。
  • スクアーロイタリア語で鮫を意味する。
  • コバンザメチョウザメは名前にサメとつくが、硬骨魚類なので、全く別の種類である。
  • 鮫は凶暴なイメージが強いが、それはホホジロザメ等の影響であり、人に危害を加える恐れのある種は少ない。


用途

食材

中華料理ではフカヒレが珍重されている為、乱獲で絶滅する可能性がある他、
水俣病が発症しやすくなるメチル水銀に汚染されたものもあるので注意が必要。
日本ではかまぼこはんぺん等の練り製品に使われる他、
地方によっては煮付けフライ干物として食される。

皮膚

サメの皮は盾鱗と呼ばれる歯の様に小さな鱗で覆われている。これをワサビ用のおろし金に加工して使う。また、滑り止めとして日本刀の柄に使われる事もある。

アクセサリーに加工される場合がある。ちなみに沖縄では、サメの歯の装飾は、浮気防止の効果があるお守りらしい。
化石として発見されたサメの歯は昔天狗の爪だと思われ、神社で祀られている場所もある。

関連キャラクター

神話伝承


トランスフォーマーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ

昭和戦隊


平成戦隊


令和戦隊


仮面ライダーシリーズ

昭和ライダー


平成一期


平成二期


令和ライダー


ウルトラシリーズ


その他特撮


ダライアスシリーズ


ONEPIECE


ゲーム


その他


鮫っぽい者


キャラとしての傾向

そのイメージから、悪役や怖いキャラとされる事が多い。
その一方、姿のかっこよさから子供向け作品ではヒーローメカのモチーフとなる場合も多い。(ガオレンジャーガオブルーカーロボットゲルシャーク等。)

男児からはライオントラ等と並んで人気の動物で、男児向け作品のキャラや兵器等のモチーフでは陸がライオン、空がワシと来れば、水属性はサメがほぼお約束。
また上記の影響で、人を襲いそうな鮫ばかりモチーフにされている。

ブーム

  • 2018年末から2019年初頭にかけてIKEAの商品であるサメの大きなぬいぐるみ「ブローハイ」(スウェーデン語でヨシキリザメ)がネット上で国際的なブームとなり、日本国内でも売り上げが1.5倍に上がった。なお切っ掛けはロシアのインスタから始まり、徐々に広がりを見せたという。


関連イラスト

サメだけど「シロワニ」っていうんだお
シュモクザメ


サメかわいいよサメ
ジンベエザメ



関連タグ

海洋生物  サメ娘 生物 動物  
ジョーズ ディープ・ブルー サメ映画
フカヒレ かまぼこ はんぺん

八戸線-線内に鮫駅が存在。
戸松遥-日本の女性声優。鮫に詳しく、鮫グッズも集めている。
はかせ(日常(あらゐけいいち))-鮫好きという設定。

水底から迫る恐怖。サメのイラスト特集

別表記
サメ さめ シャーク スクアーロ

関連記事

親記事

ネオセラキー ねおせらきー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サメ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サメ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22681689

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました