ピクシブ百科事典

仮面ライダーポセイドン

かめんらいだーぽせいどん

仮面ライダーポセイドンとは、劇場版仮面ライダーOOO第4作「MOVIE大戦MEGAMAX」に登場する仮面ライダー及びグリードである。
目次[非表示]

「命乞いはするな!時間の無駄だ…!」

CV:浜田賢二

概要

40年後の未来(単純計算で2051年)の世界に生きる青年・湊ミハル鴻上光生から託されたサメ・クジラ・オオカミウオコアメダルとそれらをセットした「ポセイドンドライバー」を用いて変身した仮面ライダー
海洋生物をモチーフにしている点ではシャウタコンボに似ているが、こちらはメダルモチーフが全て脊椎動物であるという点で差別化が図られている。
頭部に鮫、胴部に鯨、下半身に狼魚の意匠を持ち、武器である槍・「ディーペストハープーン」もオオカミウオを模している。

能力


  • スペック
    身長204cm
    体重89kg
    パンチ力3.5t
    キック力7t
    ジャンプ力ひと跳び45m
    走力100mを6.1秒
※オーズサラミウオコンボと同様の数値。

  • サメ
額の黄白色に輝くクリスタル状の超感覚器官、ポセイダスクォーツにより五感を超えた時間の流れや時空の歪みをも感じ取ることが出来る。複眼のシャークアイは800m先の人間の表情を視覚可能な視力を持ち、光が届かない深海であっても、生物の発する赤外線を元に地上と遜色のない視覚情報を得ることも可能。頭部の側面の白色の部分は聴覚器官シャークソナーとなっており、地上では空気の振動を感じ取り、水中では水の振動と反響を元に周囲の環境や動きを感じ取る役割を果たしている。鼻から口にかけてを覆う強化外骨格、シャークノーズは内部にあらゆる毒素を浄化、呼吸可能とするろ過機能が存在し、内部構造は水棲生物のエラによく似た構造になっており、水中に溶けた酸素を取り込むことで水中での呼吸が可能になっている。

  • クジラ
胸部を守るクジラを模した大型の胸部外骨格、ホエールチェスターは大きく発達した外骨格が重なり合い分厚い装甲を形成しており、ポセイドンの上半身をあらゆる攻撃から守る。肩部外骨格である、ホエールショルダーはホエールチェスターとともにポセイドンの肩部を保護し、専用の長槍であるディーペストハープーンを振り回す際にも肩の動きを制限することが無いよう、堅牢さと柔軟性の高さを併せ持っている。胸部のサメ、クジラ、オオカミウオの紋章が描かれたトライングデルタは、大きく発達した外骨格が重なり合い分厚い装甲を形成しており、ポセイドンの上半身をあらゆる攻撃から守る。前腕部を保護する外骨格であるホエールガントレクスに流線型に形成されたラインドライブにより、水中で光速で泳ぐ際に水の抵抗を最小限に抑えることが可能となっている。

  • オオカミウオ
大腿部を覆う強化外骨格、ウルフィッシュフィンチは大型だが薄く軽量なため下半身の動きを妨げずに防御力を大幅に向上させている。また、水中で外骨格の表面を覆うラインドライブに水が通過する際にジェット噴射のように排出することで後方への推進力へと転換している。足首を保護する外骨格ウルフィッシュアンクルトゥの内部は極めて柔軟な強化筋肉で構成されており、魚類の尾びれと同様の動きで水中を泳ぐことが可能。足部を覆う外骨格、ウルフィッシュソールの中央部分を存在するソールフィンブレードはキックの威力を高めると共に、水中での急な方向転換を補助し、機動力を高める機能を持つ。

主な攻撃方法は、サゴーゾコンボの拘束をも振りほどく怪力を使った徒手格闘や荒々しい槍術の他、槍の矛先から放つ水色のエネルギー波等。特にエネルギー波は、一撃でライドベンダーを破壊するほどの威力がある。各部の機能は水中で機能する物が多い為、水中戦にて真価を発揮するものと思われる。また、未来のコアメダルを使用しているため、時間停止能力もあると思われる。(『MEGA MAX』DC版にて、映司に接近する際の瞬間移動のような描写がそれと思われる)

コアメダルを用いた変身システムの為、その姿やコンセプトは若干オーズと似通っている。しかしベルトに於けるメダルの配列は逆三角形であり、オーズのオーラングサークルにあたる部位であるトライングデルタはオーズのように上中下と並んでおらず、右に鮫、左に鯨、下に狼魚となっており、狼魚の上で鮫と鯨が向かい合う形になっている。

デザインコンセプトは「ネガタトバ」であり、カラーリングはそれぞれタトバコンボの赤・黄・緑の補色である。
下半身のモチーフとなった生物がフォーム専用の武器のモチーフともなるという点ではプトティラコンボとも共通点がある。

水棲生物のメダルを使用しているだけあって水中戦能力は格段に高く、同じ水棲生物コンボのシャウタコンボとの水中戦では互角以上の戦闘を繰り広げた。また、両腕から放出するエネルギーで相手を苦しめつつ、自律移動させたディーペストハープーンで敵を切り裂いた後、オオカミウオの頭部を模したエネルギーを纏った回し蹴りによる三段攻撃を披露した。
さらに取り込んだウヴァ本体のクワガタ・コアの力で屑ヤミーの生成も可能である。

必殺技は「ディープスパウダー」だが、劇中未使用であった。

性格は強者との戦闘を求める戦闘狂(鴻上光生曰く「底なしの戦闘欲」)で、他のライダーと戦う為に隕石によって時空が歪み、40年前の過去に繋がるワームホールを通って、オーズの世界へ来た。

元々未来の世界で戦う仮面ライダーであったが、40年前(オーズ最終話)から時間跳躍してきたコアメダルを吸収したことで自我が芽生え、ミハルの意識・身体を奪い取り、闘争本能にまかせて暴れまわる怪人となった。
初戦ではバースプロトバースを圧倒し、オーズを追い詰めるが、ミハルの意思に動きを止められ、二度目はオーズの言葉でミハルに一時的に抑えられてしまった。しかし、その後、再度ミハルを乗っ取り、メダルを奪おうとするも、それに見抜いたオーズやアンクに体内のメダルを奪われることとなった。
だが、ミハルの身体の中で成長し続けた結果、アンク(完全態)や錬金術師ガラのように媒介とする人間無しでも単独で行動できるようになり、もはや仮面ライダーの姿をしたグリードとも言える存在と化した。
ミハルから分離した後もオーズを圧倒する実力を見せつけるが、ミハルが新たに変身した仮面ライダーアクアに圧倒され、最期はアクアのオーシャニックブレイクとオーズタジャドルコンボプロミネンスドロップの同時攻撃を受けて爆散、撃破される。

しかし3枚のコアメダルは財団Xに回収されることとなった。

アイテム


ポセイドンドライバー

40年後の未来の鴻上ファウンデーションが開発した新型ベルト。当時の鴻上光生によって湊ミハルに渡された。
サメ・クジラ・オオカミウオの3枚のコアメダルの力を引き出せるように設計されている。
また、このドライバー自体がメダルの力を解放するのでスキャニングの必要がない。

ディーペストハープーン

ポセイドンの専用武器。
オオカミウオを模した赤い長槍となっており、劇中では変身前のミハルの姿でも使用していた。

余談

HEROSAGA WIZARD EDITION』では(主人公は『仮面ライダーウィザード』の奈良瞬平なのに)なぜかラスボスとして登場。未来で大量のセルメダルを吸収して更なる強さを手にして復活を遂げ、地球を征服した
セルメダルの力により下半身をオオカミウオ状に展開するという新たな力も得ており、実力は仮面ライダーバース7人を一蹴し、仮面ライダーウィザードすら手も足も出ないほど強くなっている。

下半身がオオカミウオというえらくマイナーな人選ならぬ魚選なのだが、実はオオカミウオはアイヌ民族ではチップカムイ(神の魚)と呼ばれており、この魚が漁れるとニシンが大漁に漁れるといういわば豊漁の神様として扱われている。もしかしたら会長はこの伝説にあやかってオオカミウオを選択したのかもしれない。

ちなみにCSMオーズドライバーでは、ポセイドンの変身に使用するコアメダルと、オーズドライバーのバックルと差し替えることでポセイドンドライバーに変形させる事が可能な、ポセイドンバックルが付属する事が決定した。ちなみにこれらのコアメダルをオーズドライバーで使用すると…!?ポセイドンファンは予約して損は無いだろう。

関連タグ

仮面ライダーコア:同じく変身者がいなくても活動できるライダー。
仮面ライダーOOO MOVIE大戦MEGAMAX 湊ミハル 仮面ライダーアクア
劇場版限定ライダー サラミウオコンボ

関連記事

親記事

湊ミハル みなとみはる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーポセイドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45050

コメント