ピクシブ百科事典

仮面ライダーバース

かめんらいだーばーす

平成仮面ライダーシリーズ第12弾・仮面ライダーOOOに登場する二人目の仮面ライダー。本稿では当ライダーの能力・設定等について解説する。
目次[非表示]

後藤「一緒に戦って下さい・・・!」


カポーン

概要

鴻上生態研究所によって開発された強化スーツ。汎用性とセルメダルの収集に特化している。
名前の由来は「出生、誕生」を意味する「BIRTH」から。
デザインモチーフはカプセルベンダーマシンおよび甲殻類。

オーズと大きく異なる点は、コアメダルではなくセルメダルによって変身や攻撃を行うこと。
変身やバースバスターの使用、各CLAWsユニット(後述)の使用にもメダルを消費し、オーズに比べて燃費が悪いが、後述の様にCLAWsユニットにはメダル回収機構が備わっているため攻撃さえすればメダルが尽きる事は無い。

メダジャリバー以外の攻撃では属性の優劣が生まれてしまうオーズに比べ、属性を持たないセルメダルを扱うので複数の属性を持つヤミーにさえ対抗できる。
コアメダルよりパワーが劣るセルメダルを使う事からグリードを直接相手にするにはやや不利であるが、セルを大量に剥ぎ取ることによるグリードに副次的なダメージを与えたり後述のバース・デイやサソリの高性能もあって、グリードに対抗できる性能ではある。

オーズドライバーの様に変身者(装着者)を特定することがないため、十分な体力さえあれば変身者を問わない。
但しバースバスターに関しては、ライドベンダー隊で鍛えたはずの後藤慎太郎でさえ、最初は反動が強すぎて使えこなせなかったので、完全な運用はよほど鍛えてないと難しいと言える。なお、里中エリカは普通に扱えていた。

バースドライバー

装着者をバースへと変身させる変身ベルトガチャポンとそのカプセルを模している。
メダルを一枚セットし、ハンドルを回す事で変身する。

本編的にはそれ以上でも以下でもない・・・のだが小説版の設定では自分の意思を持っていることが判明。性格は若干厨二病が入った熱血漢、そして相棒(伊達さん後藤さん)大好き。

装着者

本編

TV本編で最初の装着者。変身解除でいきなり現れる。1億円を稼ぐ為にヤミー、グリードと戦うのを仕事として引き受けたという。
後述のCLAWsユニットも使うが、バースバスターとプロレス技主体の戦闘法。目的達成後は後藤慎太郎に後任し一時引退となる。
46話で復帰後はバース・プロトタイプ(後述)に変身。

2代目の装着者。本人は第1話から登場しており、バースの変身を願っていたが力が足りず、伊達の引退まで弟子としてバースのサポートをしていた。
伊達とは逆に、CLAWsユニットを駆使した戦闘を行う。
MOVIE大戦COREではTVと同じく2代目として仮面ライダーアクセルと共闘。

劇場版など

  • ノブナガ(MOVIE大戦CORE・オーズパート)

劇場版の先行登場として活躍。格闘・バースバスター・CLAWsユニットを使いこなした、装着車全員の中ではある意味スタンダードな戦闘方法。

コアメダルを奪われ、バースドライバーと共に江戸時代に飛ばされてしまった映司が一度だけ変身した。構えや戦闘法はオーズの時のままだがユニットは使えている。
珍しき女性ライダーだが、残念ながら変身のみ。
後に『HEROSAGA WIZARD EDITION』で正式着用者に選ばれた。
  • ライドベンダー隊の皆さんHEROSAGA
上記『HEROSAGA』でバースの量産が行われ、ライオトルーパー黒影トルーパーのように集団で変身した。しかし未来からやって来た仮面ライダーポセイドンショッカー戦闘員の如く蹴散らされる。

バースCLAWs

バースドライバーにセルメダルを投入する事により、ユニットを転送、装着することができる。この状態からさらに二枚入れる事によりセルバッシュモードになり、セルメダルのパワーを限界まで引き出し必殺技を放つ。様々なユニットを使い分けて戦っていく。
一部のユニットには、磁石のようにセルメダルを吸いつけることができる。
ちなみにCLAWsは「Cannon、Leg、Arm、Wing、System」のそれぞれの頭文字をとったもの。
複数を同時に装着する事も可能。

装備名装着部位能力
ブレストキャノン胴体胸部に大きな砲塔を展開し、高エネルギーのビームを発射する。メダルを複数投入することで威力の増幅が可能。
ドリルアーム右腕ドリルを展開。ヤミーやグリードの体をドリルで削るようにしてセルメダルを回収することが可能。後述のクレーンアームと組み合わせることで、ドリルを射出することもできる。カザリとの戦いで破損したが真木が修復し強化された。
クレーンアーム右腕右肩にまで及ぶワイヤークレーン。フックを射出することで敵を引き寄せる、対象物を吊り上げる、飛散したセルメダルをまとめて回収するなど劇中でも登場回数が多い。
カッターウィング背中飛行ブースター。高速飛行を実現できるだけでなく翼そのものが武器となり、切り裂きの攻撃をすることが出来る。ドリルアームとの組み合わせで遠隔攻撃も可能。
ショベルアーム左腕ショベルを展開。相手を掴み締め上げるだけでなく、直接殴りつけて攻撃することもできる。
キャタピラレッグ両足足にキャタピラを展開。地上を高速で走行できる他、重量とキャタピラによる強烈なキックを繰り出すことも可能。無限軌道部でヤミーの体を削るようにしてセルメダルを吸着することができる

バース・デイ

仮面ライダー バースデイ


詳細は専用記事を参照

CLAWs・サソリ

全CLAWsユニットが合体したサソリ型戦闘ドロイド。
バースの動きを完全にトレースして動き、また自律戦闘プログラムを搭載しているため単独でも動作する。分散、再合体することが可能。それを利用した奇襲攻撃も行える。七色の光線を放ち敵を粉砕する。
グリードであるカザリを圧倒するなど、戦闘能力はかなり高い。
バースに変身できなくとも運用が出来る様で、発掘作業の際には単独でも登場している。

初登場時の仮面ライダーシリーズ1000回放送記念回にかけてか、起動にセルメダル1,000枚と多くのエネルギーを必要とする。
そのため、千回記念放送でお役ご免かと思われていたが、37話にて再登場を果たす。

仮面ライダーバース・プロトタイプ(プロトバース)

詳細はこちら

余談


ゲーム作品

ガンバライド

003弾でバースがLRで参戦。制作時期の関係で、この時点では声を声優が演じている。
005弾でバース・デイがLRで参戦。通常はバースで、必殺技使用時のみバース・デイに変身する。また、声が撮り直され伊達さんボイスとなった。
03で仮面ライダーバース・プロトタイプがSRで参戦。中の人は伊達さん。同時に、バース及びバース・デイの声が後藤さんのものになった。

ガンバライジング

ナイスドライブ6弾より伊達さんバージョンでLR枠の一つとして参戦。必殺技『ブレストキャノン』も実装。テクニカルタイプで表面は二番目指定でカードを出すとコウゲキとバーストゲージがアップ、更にタイリョク回復。バースト後はボウギョとひっさつを大幅に上げ更にカウンター発生率を超絶アップとサポーターとして無駄のない働きをする。
バッチリカイガン1弾ではSR、Rを通り越してブレストキャノンがいきなりN落ちしてしまった・・・(同弾参戦のデルタもそうだが)
と思いきや、次弾では早くも後藤バースが登場することになった。SRで参戦。必殺技は伊達バースと同様『ブレストキャノン』であるが、完全に使い回しではなくセルメダルの入れ方などに変更点がある。
更に、伊達さんのプロトバースも同時参戦。こちらもSR。必殺技は『ブレストキャノン』で、ノーマールバースとはセリフが違う。
後は、強化形態であるバース・デイを残すのみとなった(他にも装着者は『将軍と21のコアメダル』の映司バース、ネット版『21の主役とコアメダル』の里中バースMOVIE大戦COREに登場した幻のノブ君バースがいるが・・・)
伊達バース(もしくはプロトバース)と後藤バースで組むと『バース・リバース』、そこにオーズが加わると『無限の絆』のチーム称号が発生。
また、伊達バースorプロトバースに限りオーズとチームを組むと『嫌いじゃないゼ』、仮面ライダーXと組むと『戦う医者』、仮面ライダーエグゼイドと組むと『医者と研修医』、仮面ライダーブレイブと組むと『海を越えた医師』の称号が発生する。

バトライド・ウォーシリーズ

無印より伊達明verのみがプレイアブルキャラクターとして存在。原作と同じく豪快なプロレス攻撃を得意とする。攻撃を当てていくことでセルメダルが蓄積され、消費することでバースCLAWsによる攻撃が可能。
中でも「ショベルアーム」は敵のガード、スーパーアーマーを無視して発動できる投げ技。セルメダルの消費があるとはいえ、レベルアップによる「セルメダル取得量上昇」のスキルと合わせればボスを一方的に攻撃することも可能である。
創生」より一部の敵にバリアが採用されたため、一方的というわけには行かなくなったものの、バースバスターによる連射がバリア破壊と相性が良い性能になっている。
なお後藤慎太郎verは三作目「創生」においてもNPC、アシスト専用キャラとしてすら採用されていない。

ロストヒーローズシリーズ

伊達verがアシストキャラとして登場。

ライダージェネレーション

1作目では伊達バースが参戦。
2作目では後藤がバース、伊達がプロトバースで参戦。

テーマソング



関連タグ

仮面ライダーOOO 2号ライダー セルメダル
仮面ライダーリバース 仮面ライダーデス

ポリスライダーズ・・・変身者の1人が元警察官、と言う繋がりで。

星雲仮面マシンマン、同じく石ノ森章太郎原作。マスクの造形が似ている。

量産ライダー

ショッカーライダー/ホッパー仮面ライダー仮面ライダーTHENEXT
仮面ライダーG3マイルド仮面ライダーアギト)※実際には量産計画は頓挫
ライオトルーパー仮面ライダー555
仮面ライダーカイザ小説仮面ライダー555
仮面ライダーメイジ仮面ライダーウィザード
黒影トルーパー仮面ライダー鎧武
仮面ライダーマッハ量産型仮面ライダードライブ)※実際には1台こっきり

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538898

コメント