ピクシブ百科事典

仮面ライダーブレイブ

かめんらいだーぶれいぶ

『仮面ライダーエグゼイド』に登場する仮面ライダーの1人。
目次[非表示]

「俺に斬れないものは無い!」

声:瀬戸利樹

概要

ゲーマドライバータドルクエストライダーガシャットを挿入して変身する。

エナジーアイテム入りのアイテムボックスはRPG宝箱
物語序盤は飛彩がゲーム初心者故に使用する機会が無かったが、本編第6話でグラファイトに速攻を仕掛けるために「高速化」を使用して以降は使用機会が増えてきている。

レベル1変身時には、仮面ライダーブレイブのパネルを、左腕を横に伸ばしてタッチし選択・変身する。

ゲーマー(フォーム)

ライダーガシャットを使用する事により、あらゆるゲームジャンルに合わせた能力を得てレベルアップ(フォームチェンジ)する。


本編登場

  • クエストゲーマー レベル1
Mr.ゲーム&ウィッチ#36



下記のガシャコンソードの他、左手には小型の盾・リヴァーサルシールドを装備する。
この形態では火炎を纏って何度も敵に突撃、体内から敵を爆破する技を使用できる。
飛彩はこの姿を「術式レベル1」と呼称する。

テレビ朝日公式サイト紹介ページ

  • クエストゲーマー レベル2

タドルクエスト!



「術式レベル2」
「タドルメグル、タドルメグル、タドルクエスト!」

メインカラーはシアン。容姿は鎧を纏った騎士そのもの。
レベル1の時の盾は左腕に一体化している。

テレビ朝日公式サイト紹介ページ

詳細記事を参照。

詳細記事を参照。

詳細記事を参照。

ブレイブの最強フォーム。詳細記事を参照。

スピンオフ作品における姿


詳細記事を参照。

  • ファミスタクエストゲーマー

燃やせ闘魂


「かっ飛ばせ!ストライク!ヒットエンドラン&ホームラン!かっ飛ばせ!ファミスタ!決めろ完全勝利!」

ネットムービー『【裏技】仮面ライダーゲンム』に登場。ファミスタガシャットを用いてレベルアップした強化形態。
外見はビートクエストゲーマーそっくりだが、元ネタの野球ゲームを反映してか、赤と白を基調とした野球のユニフォームを模したカラーリングが特徴で、左手にはグローブをはめている。
戦闘も野球場のゲームエリアにて野球形式で行うスタイルを取っており、飛彩は「投薬治療」と称してピッチャー役を担当する。なお、打者以外はバグスターウイルスが担当しており、ファミスタを彷彿とさせる演出がなされた。

  • ギャラクシアンクエストゲーマー
「攻撃開始!ギャ・ギャ・ギャ・ギャ・ギャラクシー!行くぜ!ギャラクシアン!」

劇場版作品超スーパーヒーロー大戦に登場する強化形態。ギャラクシアンガシャットを用いて変身する。

劇場版作品超スーパーヒーロー大戦に登場。別世界の飛彩タドルレガシーガシャットを用いて変身するため厳密にはブレイブとは別のライダーである。

使用アイテム、ツール

ブレイブが使用する専用武器。詳細は個別記事を参照されたし。

ブレイブに変身するための変身ベルト。他のライダー達も使用する。

変身に用いるキーアイテム。現時点で所持ガシャットは
タドルクエスト
ドレミファビート
ドラゴナイトハンターZ
ガシャットギアデュアルβ
タドルレガシー

の5つ。

  • 長剣
第2話で最初に変身した際に所持していたごく普通の長剣。
戦闘に乱入してきたゲンムに叩き折られてしまい、以後はゲームエリアにあった伝説の剣が変化したガシャコンソードに取って代わられる。

必殺技

  • タドルクリティカルストライク

相手にキックを放つ。ヴァーチャルオペレーションズでエフェクトなしのものを初披露。
ジャンプし、腕を組みながら右足でキックを放つ。
第44話では他のライダー達と共にレベル1の姿で発動し、檀正宗ゲムデウスを分離させた。

  • タドルクリティカルフィニッシュ
ガシャコンソードでの技。第2話で初披露。
2つの属性を纏わせ連続で切り裂く。
第6話では氷属性のみを纏わせて発動。足元と敵の双方を凍らせ、身動きを封じた敵にスケートの要領で素早く接近して切り伏せる。

  • ドレミファクリティカルフィニッシュ
ガシャコンソードでの技。第6話で初披露。
刀身に音符を纏わせリズムに合わせて連続で敵を切り裂く。
第15話ではレベル2状態で発動。剣先を上空に向ける事で複数の音符を模したエネルギー弾を発射し一気に複数の敵を殲滅する。

  • ドレミファクリティカルストライク
仮面ライダー平成ジェネレーションズ』で初披露。
左肩のワッツアップサウンダーから音楽と共に音波のエネルギーボムを発射する。

  • ファミスタクリティカルストライク
ネットムービー『【裏技】仮面ライダーゲンム』にて初登場。
炎を纏った野球ボールを投げて敵を審判役とキャッチャー役のバグスターウイルス共々爆散させる。
なお、この必殺技だけ、カットイン時に表示される必殺技名がカタカナである。



ガンバライジング

番組開始と同時にガシャットヘンシン1弾よりレベル1とレベル2が参戦。LRのライダータイプは名前通りブレイブである。アビリティはこれまでにないAPバトルの合計値によって発動するアビリティで例により2号ライダーのお約束ともいえるテクニカルゲージアップ持ちである。バースト後のアビリティはブレイブタイプの最大の問題であるタイリョク半分のデメリットを軽減する貴重なチームタイリョク回復持ちである(おまけにチーム相性が最大だと相手チームのボウギョを半分にする)。

G2弾でビートクエストゲーマーレベル3がLRで、ハンタークエストゲーマーレベル5がCPで参戦。
G4弾でファンタジーゲーマーレベル50がLRで参戦。
プロモーションカードでファミスタクエストゲーマーとギャラクシアンクエストゲーマーが参戦している。

エグゼイド系ライダー専用システムであるガシャットスキャンチャンスやブットバソウルとの連動、ゴースト系ライダー同様ゲキレツアイコンの『ゲキガシャアタック』による追加攻撃など、現行ライダーとしての活躍に期待できる。

蝙蝠のモンスターと契約した同じく騎士モチーフのライダーとチームを組むと『鋼鉄の騎士』、名前が似ている剣士ライダーと組むと『ブレイドブレイブ』、変身者の名字の読みが同じな青い2号ライダーと組むと『スタイリッシュガイ』と『青き剣士カガミ』、時空を旅するライダーと組むと『辿り巡る旅』、海外で医者として活動していたライダーと組むと『海を越えた医師』、魔法使いライダーと組むと『ソード&マジック』、バナナの槍を持つ騎士モチーフのライダーと組むと『騎士の出で立ち』、武器としても使える攻守一体のメロンの盾を持つライダーと組むと『攻守一体』のチームボーナスが発生する。

余談

序盤に登場した5人のライダーの中では唯一乗り物に関するフォームが無い(エグゼイドとゲンムはスポーツアクションゲーマー、スナイプはシミュレーションゲーマー、レーザーはバイクゲーマー)。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 2号ライダー

騎士RPG:モチーフ。

仮面ライダーナイト 仮面ライダーバロン:同じく騎士がモデルの2号ライダー。その他にも共通点が多い(他人に心を許さない、主人公と行動方針をめぐり対立など)。

仮面ライダーブレイド仮面ライダーグレイブ:名前が一文字違い。

仮面ライダースーパー1:同じく火属性氷属性を併せ持つライダー。

ブルースソウル:腕に小型の盾が付いた剣士繋がり。こちらも登場する作品がエグゼ

騎士ガンダム:レベル1形態を見て、こちらを連想した人も。レベル50形態で魔王になるのも尚更拍車をかけているような…

ネクストホワイト:青を基調とし、キャップを被っている点がレベル3と共通している。また、こちらのテーマもゲームである。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーブレイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1005966

コメント