2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

3号ライダー

さんごうらいだー

風見志郎が変身する仮面ライダーV3の通称、またはそれに因んだ平成以降のライダー作品での3人目のライダーの呼び名の事。
目次[非表示]

曖昧さ回避

3号ライダーとは、

  1. 風見志郎が変身する仮面ライダーV3の別称。
  2. 平成・令和ライダー作品における、主役ライダーを1人目とした場合の3人目の仮面ライダーのこと。本稿で主に解説。
  3. スーパーヒーロー大戦GP』に登場した映画限定のオリジナルライダー → 仮面ライダー3号

仮面ライダー3号



概要

初代ライダー1号2号と共に登場し、同じ作品では無いがV3と言う実質3人目の仮面ライダーが登場した。
ここから、『アギト』以降の平成令和に登場する”3人目の仮面ライダー”の事を「3号ライダー」と言う事がある。
公式の呼称ではないが便宜上用いられる事はあり、出演者がこの表現を使う事もある。一例

基本的には本編で3番目に登場したライダーが「3号ライダー」としてカテゴライズされる。
しかし、登場するライダーの人数が多い作品では、3番目に登場しても作中の主要なライダーではない場合がある為、「3号ライダー=3番目の登場」では無い事もある。
ファンによってはサブライダーの内2号ライダー、3号ライダーが誰なのか意見が分かれる事がある。
公式及び準公式的な媒体でカテゴライズされた事は一度しか無く、2号ライダーと比べるとやや曖昧である。そのカテゴライズも、2号ライダーがほぼ公式に分類されたネオディエンドライバーとは相反する点がある。(詳細は2号ライダー参照)

2号ライダーと同じく主役ライダーの引き立て役的なポジションであるが、主役ライダーとはまた違った個性を持たされる為、場合によっては主役ライダーを凌ぐ人気を持つ事も。

主人公と強い関係がある物が多いが、2号ライダーに比べ作品によって存在しない事もあり、設定等が大きく違う為、キチンとした共通点は少ない。只、大まかなお約束としては以下の様な物が挙げられる。

  • 作中に置いて1度は主役ライダーと対立する者が多い(轟鬼メイジジャンヌや、ライダーとしては敵対せず怪人として敵対したバルキリー等例外も存在する)。登場初期に対立している場合が多いが、中には物語が進むにつれて敵対する者もいる(龍玄等)。
  • 登場して暫くは主役ライダーと互角以上の強さを誇る。
  • 何かしら過酷な運命や過去等を背負っている。
  • 2号ライダーとは違い、仲間になっても段々ギャグキャラとしての頭角を現す事は無く、シリアスなキャラとして貫く事が多い(しかし、近年ではギャグも登場している)。
  • ストーリーの都合上強化フォームを取得する可能性は低く、単体の姿のみで終わる事が多い。登場しても主役や2号より出番が圧倒的に少ないか、何かしらの重いリスクがある(チェイサーやネクロムの様に、本編で3人同時変身する際も他は強化フォームで変身しているのに対し、1人だけ基本フォームになる事が多い)。只、近年ではスピンオフ等の作品が度々作られる様になりそこで強化フォームを習得するパターンがある。
  • メインカラーは緑系または黄色系、主武装は銃、この内どれかを満たす場合が多い。ゲームやネオディエンドライバー等では『剣』の2号ライダーとして扱われる仮面ライダーギャレンは銃が主武装であり、またストーリー上の立ち位置や担当スーツアクターから3号ライダーと言われる事も。
  • メインの女性キャラが変身する場合、稲森真由メイジジャンヌの様に実際の登場順が3人目では無かった場合でも3号扱いされているケースが多い。その場合、デザインにはオレンジが配されることが多い様だ。戦闘力については主役ライダーや2号ライダーの初期フォームと同格~やや上に設定される傾向にあるが販促の都合上、強化フォームを手に入れる事は殆ど無い。

スーツアクター

平成一期では押川善文がテレビ本編に登場する多くの3号ライダーを担当した。
TV本編にレギュラーで登場する3号ライダーが復活した平成二期後半では、永徳藤田慧中田裕士等が3号ライダーのスーツアクターを担当する事が多い。

また令和ライダーになってからは最初や序盤のラスト辺りから3号ライダーに変身する女性ヒロインも増え、令和3作目4作目では女性のスーツアクターである宮澤雪が担当している。

公式の扱い

ネオディエンドライバー等のバンダイによるカテゴライズが存在する2号ライダーと異なり、公式及び準公式的な媒体で3号ライダーをカテゴライズした媒体は1点だけである。
また、先述の通り平成一期では押川善文がテレビ本編に登場する多くの3号ライダーを担当したが、それを公式の扱いの基準とすると論争が発生する場合がある。

オロナミンC CM

大塚製薬がスポンサーに復帰した『ゴースト』で復活したタイアップCM。
放送中の作品の主要3ライダーが子供達にエールを送る内容であり、最初にセリフを言うのは主役ライダーである為、続けてセリフを言うのが順に2号ライダー、3号ライダーと解釈されている。本稿では『ゴースト』以降の3号ライダーは同CMに準じる。
登場人物の勢力図が落ち着いて来る番組中盤に放送される為、視聴者間で2号ライダー、3号ライダーについての認識が固まってきた時期に改めて公式の扱いが明示される形になる。

君が選ぶ!欲しいDXライドウォッチ大投票タイム

投票で選ばれたライダーをDXライドウォッチ化して発売する『ジオウ』放送中に行われた玩具の1企画。
この投票候補において、順次サウンドライドウォッチとしてラインナップされていた2号ライダーは外されており、発売予定が未発表だった一部のライダーも外されていた。
外されていたサブライダーの内、ギルスゾルダデルタは後になって実際にサウンドライドウォッチとして商品化された為、これらのライダーはバンダイによって3号ライダー扱いされていると解釈出来る。
これらの他にザビー ライダーフォームウィザード ウォータードラゴンが外されていたがライドウォッチが商品化される事は無かった。発売予定が立ち消えになったのか単なるミスなのかは不明。

スポーツ報知「仮面ライダー 特別号」での扱い

公式及び準公式的な媒体で3号ライダーをカテゴライズした唯一の媒体。付録の「カテゴライズポスター」において、発売当時の最新作である『ジオウ』までの2号ライダーがA面に、3号ライダーがB面に掲載されている。
3号ライダーとまで明記はされておらず、既に販売されていた「仮面ライダージオウ 変身装填銃 DXネオディエンドライバー」と相反する点がある等根拠としては乏しいとも言える。
本稿では平成ライダーの3号ライダーは以下の例外を除いて概ね同ポスターに準じる。
①『剣』の枠はカリスでは無くギャレンが掲載されているが(2号の面にカリスを掲載)、ゲームやネオディエンドライバー等のバンダイの扱いではギャレンが2号である為、本稿ではカリスを3号とする。
スカルが掲載されているが、劇場版限定ライダーである為本稿では除外。

一覧

3号ライダーとしての基本的な変身者のみ掲載する。

3号ライダー変身者演者スーツアクター代役
平成ライダー
仮面ライダーギルス葦原涼友井雄亮押川善文
仮面ライダーゾルダ北岡秀一涼平押川善文丸山徹
仮面ライダーデルタ 押川善文小川慎太郎(三原)
仮面ライダーカリス相川始森本亮治伊藤慎馬場圭介
仮面ライダー轟鬼トドロキ川口真五渡邉淳高橋剛
仮面ライダードレイク風間大介加藤和樹押川善文大坪康亮
仮面ライダーザビー影山瞬内山眞人伊藤慎-
仮面ライダーサガ登太牙山本匠馬永徳滑川洋平
仮面ライダーメイジ稲森真由中山絵梨奈藤田慧-
仮面ライダー龍玄呉島光実高杉真宙佐藤太輔-
仮面ライダーチェイサーチェイス上遠野太洸今井靖彦-
仮面ライダーネクロムアラン磯村勇斗永徳-
仮面ライダースナイプ花家大我松本享恭永徳-
仮面ライダーグリス猿渡一海武田航平藤田慧-
仮面ライダーウォズ 渡邊圭祐永徳-
令和ライダー
仮面ライダーバルキリー刃唯阿井桁弘恵藤田慧-
仮面ライダーエスパーダ富加宮賢人青木瞭中田裕士-
仮面ライダージャンヌ五十嵐さくら井本彩花宮澤雪-
仮面ライダーナーゴ鞍馬祢音星乃夢奈宮澤雪-

各ライダーの詳細

平成ライダー

野獣、覚醒。


変身者:葦原涼
テーマ曲:『searching_for_myself』(劇中未使用)
歴代初の3号ライダー。『アギト』の主役の1人とも言える。平成ライダーでは珍しく生物的なライダーであり、噛み付き(モチーフはカミキリムシ)や引っ掻き等の攻撃が過去作の『仮面ライダーアマゾン』を彷彿させる。
自身の夢を潰され、恋人にも拒絶され、更に変身する度に身体が蝕まれる等の壮絶で過酷な目に遭う等かなりのインパクトやドラマ性があるライダー。それでも正義を貫き通した強い精神から今でも根強い人気である。
強化フォームエクシードギルス

ゾルダ


変身者:北岡秀一、(由良吾郎)
テーマ曲:『消えない虹』(劇中未使用)
凄腕「スーパー弁護士」の異名を持つライダー。銃ライダーであり、必殺技は威力が高くインパクトも強い。モチーフは
作中で3番目に登場した仮面ライダーはシザースでありゾルダは4人目の仮面ライダーだが、シザースはゲストキャラ的な扱いだった為、公式では龍騎ナイトに次ぐ3人目の主要ライダーとしてゾルダが扱われている。
当初は主人公を平気で騙したり、悪徳弁護士として法外報酬を得る等ダークな要素が目立ったが、話が進むにつれ自身の病気も含めて様々な善人な面が生じて来た。特に宿敵「王蛇」との長きに渡る奮闘劇は多くのファンを魅了するシーンである。
強化フォームは無し。ゾルダサバイブと言う強化フォームが与えられる予定だったが、諸事情でボツに。設定上は存在するがS.I.Cでも実装させて貰えなかった(された所で正式な物では無いが)。

Δ


変身者:北崎三原修二
テーマ曲:『DELTA_STRIP~White_Ring』(劇中未使用)
仮面ライダーで最も変身した人数が多い(10人)3号ライダー。モチーフは名前にある通り、ギリシャ文字の「Δ(デルタ)」である。他のダーは携帯電話で変身をするが、こちらは銃のトリガー部分に音声入力する事により変身や攻撃への入力コードを行う。
当初はこのライダーのベルトを巡って(変身後の副作用の影響で)多くの犠牲者を出し、その後悪の組織幹部が変身してしまう経歴を持つライダーであったが、ある人物によって三原修二に変身者が変わって、味方として闘う様になった。その後はヘタレな部分も多く見られたが、主人公側の貴重な戦力として活躍をした。カイザ程ではないが正義にも悪にもなる個性的なライダーとして人気は高い。
強化フォームは無し。

カリス


変身者:相川始
テーマ曲:『カリス激情!』(劇伴)、『Take_it_a_try』
人間の心を持ってしまった怪人が変身するライダー。モチーフはハートカマキリ刃付きの弓矢を武器とする。
登場したのは3番目(但し、変身シーンの順で見ればカリスが2番目になる)で、主人公と変身システムも立ち位置も異なり、近年のゲーム(特に『バトライド・ウォー』シリーズはギャレンが優先されており、カリスはジョーカーアンデッドとしてのみ登場)や公式のレジェンドアイテム等、バンダイ側は基本的にギャレンを2号ライダーとして優先している為、現状では公式の扱いに合わせてカリスを3号ライダーとして扱うファンが増えている。
しかし、東映からの扱い(オープニング映像での登場順やクレジット等)は2号ライダーであり、放送当時から論争が絶えない。終盤においてはブレイドと対をなす存在となっており、ストーリー的には後日談や客演にカリスが取り上げられる事がある。
強化フォームはワイルドカリス

ツイッター1時間お絵描き其の58


変身者:トドロキ(戸田山登己蔵)
テーマ曲:『雷武轟々』(劇中未使用)
斬鬼の弟子の鬼。エレキギター音撃や雷撃を行う。また、そのエレキギターを剣の様にも扱っている。モチーフは他の音撃戦士同様
初登場時点では見習いであり、鬼としての名前もなかった。その為当初は斬鬼のサポートという半人前の戦士だったが、斬鬼のアドバイスを受け成長した事で一人前になり「轟鬼」の名を与えられ、それ以降は主要な音撃戦士の1人として活躍した。因みに、メイン3ライダーの中では唯一弟子ポジションの鬼である。
強化フォームは無し。

仮面ライダードレイク


変身者:風間大介
トンボモチーフの銃ライダーZECTに所属していないマスクドライダーの1人。マスクドライダーシステムの第3号であり作中で3番目に登場したライダー。
変身者はメイクアップアーティストで、自由気ままな性格。
一度だけカブトガタックザビーサソードに勘違いから総出でリンチを喰らってしまう不遇な場面に出くわす。
銃ライダーの例に漏れず苦戦を強いられた事が何度もあったが、ウカワーム戦等の見せ場は決して少なくない。
後半はスポット登場だが出る度に活躍している。
強化フォームは無し。

(\幸/)


変身者:(矢車想加賀美新)→影山瞬→(三島正人)
モチーフのライダー。ZECTの精鋭部隊シャドウの部隊長が変身する。
マスクドライダーシステムの第2号であり天道総司にも2号ライダーと呼ばれているが、準主役キャラクターの加賀美が中盤からカブトと対をなすガタックに変身する様になり2号ライダーの立場を失った。
繰り下がり的な扱いか、仮面ライダー図鑑などの公式メディアではカブト、ガタックに次いで3番目に掲載されている事が多い。
変身者が居なくなったので後半は殆ど登場しない。
強化フォームは無し。

『カブト』の2号ライダーであるガタックは5番目の登場である為、3号ライダーについては意見が分かれ易く、前述のカテゴライズポスターもドレイクとザビーが2人で掲載される異例の扱いになっている。
また、ドレイクもザビーも後半は殆ど登場しない為、後半も出番の多いサソードやカブト・ガタックと共にトリプルライダーキックを放ったキックホッパーを3号ライダー扱いするファンも存在する。

王の判決を言い渡す…


変身者:登太牙
テーマ曲:『Roots_of_the_King』
黄金のキバ闇のキバなどよりも前に作られた最初の鎧であり、言わばプロトタイプ。
主役のキバが人間とファンガイアのハーフ、2号のイクサが人間のライダーであるため、3号のサガはファンガイアのライダーとして登場する。
変身者は現代のキングとして高い地位を持ち、異端なファンガイアを成敗する等の悪役ポジションであったが実の弟である主人公恋人との三角関係によりその地位が徐々に崩落する等の不幸な目に遭った事もある。メイン武器であり変身アイテムでもあるジャコーダーを使い、フェンシングの様に突き刺したり、ムチの様に縛りあげ、必殺技では必殺仕事人の様に吊るし上げる。
決して弱くはないがダークキバを入手するまでの繋ぎに過ぎなかった様で、行方不明だったキバットバットⅡ世の発見後はダークキバに乗り換えられてしまいジャコーダーこそ引き継がれたが、その姿が本編に再登場する事は無かった。
只、外見のカッコ良さとインパクトのある必殺技からネタ要素でも有名な753に優るとも劣らない人気である。
強化フォームは無し。

仮面ライダーメイジ
3色メイジ


変身者:稲森真由
劇場版で量産型として登場し、TV本編でも複数の変身者が居るが、中でも"稲森真由が変身する「琥珀色のメイジ」"が『ロストヒーローズ2』でも破格の扱いを受けてたりと3号ライダーと目される事が多い為本項目もそれに倣う。
TV作品における「女性レギュラーがメイン変身者」となる初のライダーでもある。
モチーフはウィザードワイズマン同様宝石
ワイズマン(白い魔法使い)を含めれば4人目だが、ワイズマンの本格的な活動が遅い為、真由のメイジが3号ライダーとして扱われ、ワイズマンは4号ライダーとされる事が多い。
メデューサを家族の仇として憎み、姉への強い思いで絶望を乗り切って魔法使いの資格を獲得。ワイズマンによって魔法使いとなり、初変身時から多才な魔法を使用するなどウィザードにも劣らぬ実力を見せた(因みに真由のメイジは劇場版の量産型よりスペックが高い)。
TV本編では他に飯島譲の変身する"青いメイジ"と山本昌宏の変身する"緑のメイジ"が登場。ストーリー終盤ではそれぞれの決意の元で、3人のメイジとして共同戦線を張る。
しかし『天下分け目の戦国MOVIE大合戦』では2作前のダブルバースの様に3人纏めてやられ役となってしまう。
専用魔法となる「ホーリー」の指輪を手にして戦力増強が行われたが、強化フォームは無し。

ブドウアームズ!


変身者:呉島光実
テーマ曲:『Point_Of_No_Return』(劇中未使用)
現役高校生チーム鎧武で弟分的な存在な少年が変身するぶどうの3号ライダー。ぶどうを模した銃を武器とする。また、銃系ライダーでは珍しく近接系のフォームチェンジ(キウイアームズ)が存在する。徐々に悪に染まってしまったライダーでもある。
当初は純粋に主人公・葛葉紘汰やヒロイン・高司舞のために行動していたが、地球を浸食しようとする脅威の真実を知ると共に次第に立場が変化していき、舞にはそれを隠すが為に焦りが生じていった。そして、自分の思い通りに行動しない紘汰へ怒りを募らせ一度暗殺しかける・仲間を裏切って敵に協力してしまう等の凶行に走る、所謂闇堕ちをしてしまった。→黒ミッチ
戦いが終わり、全てが解決された今となっては隠す意味も無くなり、自らが行った事による後悔だけが残り、仲間と距離を取っていた。しかし、地球に残っている仮面ライダーは自分しか居ない事から、紘汰の意志を継いで戦う事を決意し、地球に襲い来る強敵達に立ち向かった。
3号ライダーでありつつも、最終回や『MOVIE大戦フルスロットル』、小説においては主人公とほぼ同格の扱いだった。
強化フォームは仮面ライダー龍玄・黄泉(一度のみの変身)、ジンバードラゴンフルーツアームズ(小説版限定)

lap.26「チェイサーはどこへ向かうのか」


変身者:チェイス
テーマ曲:『Spinning_Wheel』(※ドライブ、マッハ、チェイサー共闘テーマソング)
敵対していたライバル戦士が味方として変身する希有な例の仮面ライダー。
マッハと同じくドライブを上回る性能を持つ仮面ライダー。通常フォームのライダーで珍しく斧型の武器敵対時代から引き継いだ武器を取り扱う。
元々変身者は0番目のロイミュードであり、プロトドライブに変身して人々を守っていたが、敵の幹部との戦いに敗れ、洗脳された事で敵サイドに下り、ライバルキャラの魔進チェイサーとなる。その後、紆余曲折を経て再び正義のヒーローである仮面ライダーとして戦う様になった。
この様に、平成ライダーでもトップクラスに波乱に満ちた経歴の持ち主である。
この状態が事実上魔進チェイサー最強フォームとも取れる(なお別の形の強化形態も存在しており、場合によってはそちらが事実上の最強フォームとして扱われる事もある)。
ライダーとしての強化フォームは無し。

幽


変身者:アラン
テーマ曲:『仮面ライダーネクロム_心の叫びを聞け!』(劇伴)、『TIMELESS_BLUE』(スピンオフ主題歌)など
当初は主人公達と敵対する怪人(眼魔)側の仮面ライダーだったが、後に主人公達に協力する事になる。
他のライダーと同様に強化に該当ないフォームチェンジが可能で、3号ライダーでは初めて初期段階から2つのフォームが付けられている。変身の時間制限があり、その度に戦闘員を吸収しなければ変身が解かれるリスクもあったが第30話にて克服された。物語後半では修行によって専用武器も入手している。
変身者は眼魔の世界の住人であり、2号ライダーであるスペクターマコトとは"親友"と呼べる間柄である。ゴーストタケルとは自分達の生き方と相反してた事等から大きく反発していたが、次第に彼とも協力関係を結ぶ様になった。
強化フォームは友情バースト魂(Vシネマ限定)。TVではガンガンキャッチャーを使用できる様になった状態がパワーアップと位置付けられていた。
因みに、2016年11月27日に放送された『アメトーーク』にて、3号ライダーのハズなのに2号ライダーとしての扱いを受けた。

第弐戦術


変身者:花家大我
テーマ曲:『スナイプ-LEVEL2-』(劇伴)など
シューティングゲームをモチーフとした銃系ライダー。ライダー史上では珍しくマントを羽織った3号ライダー。
ハンドガン型の武器を用いて連射したり、ライフルに変形させて名の通り敵を狙い撃つ。他にも巨大な弾丸の姿になっての体当たり(レベル1)やゼロ距離射撃、蹴りを主とした格闘戦を仕掛けたりもする。
本作に登場するライダー全てに言える事だが、目が複眼では無くキャラ物の様な目のデザインとなっている。また、最初はレベル1と呼ばれる三等身姿に変身し、一通り戦闘を熟した後レベル2と呼ばれる等身大の姿に変身する。
変身者は元放射線科医師であり、現在は闇医者として暗躍。風貌も相まって何所と無くブラック・ジャックを彷彿とさせる。序盤は患者の命よりも変身アイテムを集める事を重要視しており、冷たい人物だと思われていた。しかし話が進むにつれて、その目的と彼のドクターとしての信念が見える様になり、(一般人の患者には医師らしく敬語で接する場面も見られた)。実際は不器用ながら優しさを備えた人物であり、番組終盤ではエグゼイド達と全面的に協力する様になる。
強化フォームはシミュレーションゲーマーレベル50

ROBOT IN GREASE!


変身者:猿渡一海
テーマ曲:『Perfect_Triumph』(Vシネマ主題歌)、『決戦_仮面ライダーグリス』(劇伴)など
三つに分かれた国の北の地・北都に所属する仮面ライダー。
ボトル2本の組み合わせで変身するビルドと異なり、こちらはゼリーを絞って変身する。モチーフはロボット
政府の命によって東都へ侵攻するが、彼自身はあくまで「自分の大切な物を守る為」に戦っており、また、相手も同じ思いで戦ってる事を理解し、自分や仲間が命を落とす事を覚悟していた武人気質である。彼を慕う者達からは「カシラ」と呼ばれている。
ビルドに敗れた後、その隙を突かれ西都に占拠された北都を取り返すべく、以降は戦兎達と共同戦線を張る事になった。
変身の副作用も影響してか、戦闘中は戦いを「祭り」と称して楽しむバトルジャンキーな性格であり、相手を圧倒する。しかしリスクが掛かる変身にもかかわらず特に負荷も見られない等、力の適応率が高い様子。
この様に高い実力を誇る戦士としての一面を見せているが、実は石動美空=ネットアイドルとしての「みーたん」の大ファンであり、彼女が関わる話においては残念なイケメンぶりを発揮している。因みに本職は農家
強化フォームはグリスブリザードグリスパーフェクトキングダム(Vシネマ限定)。

New WOZ


変身者:もう一人のウォズ(白ウォズ)→ウォズ(黒ウォズ)
テーマ曲:『Black&White』
分岐されたもう1つの未来から来た仮面ライダー。ジオウゲイツと異なり、別の未来の仮面ライダーの力を宿したウォッチを使いフォームチェンジする。
当初の変身者はジオウに敬意を表している方のウォズでは無く、オーマジオウが倒された別の未来」からやって来たもう一人のウォズこと白ウォズであった。
明光院ゲイツの事を「救世主・ゲイツリバイブと呼び、ゲイツを支援し自分のいる時代を実現させる為に未来からやって来た模様。また、変身前に常に持っている「未来ノート」を使って、ある程度の未来を定め、相手を翻弄しながら戦う事も可能。
第27話にて変身者が黒ウォズに変わり、第30話で正式に所有権が移行した。その為「未来ノート」を使った戦闘方法は無くなったが、基本的な戦闘スタイルは変わっていない。黒ウォズも自身の本を使って戦う事もある。
強化フォームはウォズギンガファイナリー(黒ウォズのみ使用)

令和ライダー

令和に移ってからは、3号ライダーのポジションを女性が担当する事が増えている。

ダッシュラッシングブラスト


変身者:刃唯阿
テーマ曲:『仮面ライダーバルカン&バルキリー』(劇伴)
チーターをモチーフとしたオレンジ色銃ライダー史上初の正式な女性3号ライダー・初期から登場する女性ライダーである。
銃にもバックルにもなる変身ベルトプログライズキーで変身する。
本編登場の女性ライダーとしては初のフォームチェンジも存在する。
2号ライダー・不破諫が変身するバルカンと同じベルトを使うが、変身の方法が若干違う。
A.I.M.S.の技術顧問である刃唯阿が変身する。不破を危険視したり、主人公・或人を表面ながらも普通に接しているなど常識は備わっている。が、彼女もまた或人とは違って当初はヒューマギアを「道具」として扱い割り切っていたが、AIのお陰で自身の苦悩から解放された後はAIの意志を尊重する様になった。
強化フォームはジャスティスサーバル(Vシネマ限定)。

仮面ライダーエスパーダ ランプドアランジーナ


変身者:富加宮賢人
雷鳴剣黄雷に選ばれた、ソードオブロゴスに所属するの剣士。ランプの魔神をモチーフとした仮面ライダー。
登場順だと4番目になるが、公式ポスターの位置やキャストの順番、EDや主人公との関係性から3号ライダーと見られている。
因みにライダーとしては仮面ライダーバスターが先に登場しているが、変身者としては賢人の方が先に登場している。
主役ライダーである神山飛羽真の幼馴染になるが、15年前のある出来事によって飛羽真が記憶を失っており、その切っ掛けとなったのが自分の関係者である事を苦悩しながら戦うとシリアスな背景を持っている人物。仮面ライダーカリバーの変身者が判明した後は、我先に走りがちになってしまい、その結果、第12章でカリバーの攻撃により闇の浸食を受け、第13章にて消滅。劇中初盤で退場したシリーズ初の3号ライダーとなってしまった上に、神代玲花の暗躍も相まってか、自分を慕っていた緋道蓮が飛羽真と敵対する原因を作ってしまう事に。
後に別のライダーとして復活したが、紆余曲折を経て第40章でエスパーダとしての復帰した。
強化フォームはアラビアーナナイト(Vシネマ限定)。

仮面ライダージャンヌ


変身者:五十嵐さくら
テーマ曲:『Cherry-ish!』
五十嵐三兄妹の末っ子がバイスタンプリベラドライバーを用いて変身するコブラをモチーフとした女性ライダー。
ジャンヌのシステムが格闘主体の戦闘スタイルで設計されている為、元々空手が得意であるさくらの戦闘スタイルとバッチリ噛み合っており、高い戦闘力を発揮している。
なお、変身中はさくらの悪魔であるラブコフが実体化しているが、ラブコフ単体では直接の戦闘能力を持たない為、当初はジャンヌが戦っている間は誰かがラブコフを守る必要があった。これは後にゲノムチェンジでラブコフを武器形態に変化させる方法で解決している他、終盤ではラブコフ自身が単独でもそれなりに戦える程に成長を遂げたりとゲノムチェンジ無しでもそれなりの戦闘能力を発揮した。
強化フォームはインビンシブルジャンヌ

鞍馬祢音 • BAET


変身者:鞍馬祢音
テーマ曲:『日曜日のノラネコ』、『Beat of My Life』
デザイアグランプリの参加者の一人。デザイアドライバー仮面ライダーナーゴコアIDをセットして変身する黒猫をモチーフとした金色のライダー。元々、2号ライダーはタイクーンと明言されていたが、ナーゴはそこまでは明言されていなかった。しかし、公式サイトのライダーの順番はコレまでの3号ライダーと同じく3番目である他、第4話のオーディオコメンタリーにてナーゴを「3号ライダー」と話していた為、ほぼ確定だと思われる。

その他の作品の3号ライダー

ここではTVシリーズやその劇場版以外の媒体で公開されたシリーズに登場する3号ライダーを記載する。

お前が自分の意思で死を望むなら・・


変身者:風見志郎(TheNext)
IT企業「エクサストリーム」の若社長が変身する改造人間。オリジナルのV3と違い1号、2号と同じバッタ型の最新型(Version3)。

白鳥


変身者:ケイスマヤ・ヤング
仮面ライダー龍騎仮面ライダーファムに該当。
レン=ウイングナイトの恋人であるベンタラ人のケイスが変身。原作ではそこそこだった戦闘力もこちらでは最強格の女戦士設定になっている(カードのAPはそのまま。恐らくケイスの素質が大きい)。
物語の途中からはマヤが代理を務めるが、ケイスが復活して以降は彼女が戦線に復帰している。
本作ではメインビジュアルに原作の仮面ライダーゾルダこと仮面ライダートルクが描かれているが、中盤で退場した小物と言う3号ライダー然とした扱いでは無く、寧ろ彼女が主人公達の心強い味方として活躍する。
因みに、原作の龍騎劇場版でもゾルダよりファムの登場時間の方が多く、メインビジュアルでもゾルダを差し置いてリュウガと共に存在感を放っている。

アマゾンシグマ


変身者:前原淳
「season1」に登場。
ノザマペストンサービス駆除班の一員である前原淳が死後、アマゾン細胞を移植されて生体兵器として生まれ変わったアマゾン
通常のアマゾンと違いタンパク質を経口摂取する必要がなく、行動不能になるまで戦える様に痛覚遮断機能がドライバーに搭載されているなど、見た目は生物的でありながらも兵器としての一面が強調されている。
変身者である前原自身が生前は戦闘要員だった事から、第9話までは負け知らずだったアマゾンアルファを単独で圧倒し、アマゾンオメガを一度は戦闘不能に追い込むなど、劇中に登場したアマゾンライダーの中ではトップクラスの戦闘力を誇った。

3番目の仮面ライダー

物語としては3番目に登場したライダーだが、登場が2話だけと短く前述のゾルダが3号扱いされる事が多い。

シザース同様、物語として3番目に登場したライダーだが、ゲスト扱いであり変身シーンも無いため何号とも数えられていない。

主人公側のライダーとしては3人目だが、劇場版限定ライダーなので除外。

NEW電王同様、主人公側のライダーとしては3人目だが、劇場版限定ライダーなので除外。

本編において3番目に登場したライダーだが、公式では伊達明後藤慎太郎の2人が2号ライダーバースとして扱われており、Wバースの共闘を実現させるために急遽登場したプロトタイプを公式が敢えて3号として扱うことはほとんど無いため除外。

時系列上はフォーゼメテオに続く3番目の登場だが、劇場版限定ライダーなので除外。

物語として3番目に登場したライダーだが、基本的に敵であり、公式から主要3ライダーとして扱われるのはエグゼイドブレイブスナイプである為、3号ライダー扱いされる事は無い。

ゲンム同様、物語として3番目に登場したライダーだが、前述の様に3号ライダーはエスパーダの為、バスターは4号ライダーとされている。

主役のリバイバイスを合わせて1番目とした場合、3番目に登場したライダーだが、前述の様に3号ライダーはジャンヌの為、デモンズは4号ライダーとされている。

関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー ライバル サブライダー
1号ライダー 2号ライダー3号ライダー4号ライダー 0号ライダー
仮面ライダーのカテゴライズ一覧

仮面ライダー3号

3号キュア
戦隊イエロー 戦隊ブルー

関連記事

親記事

サブライダー さぶらいだー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました