ピクシブ百科事典

3号ライダー

さんごうらいだー

3号ライダーとは、風見志郎が変身する仮面ライダーV3の通称、またはそれにちなんだ平成ライダー作品における3人目のライダーの呼び名のことである。
目次[非表示]

もしかして:仮面ライダー3号

仮面ライダー3号



3号ライダーとは、


本項では主に2について扱う。

概要

初代仮面ライダー1号2号と共に登場し、同じ作品ではないもののV3という実質3人目の仮面ライダーが登場した(初代仮面ライダーとリンクしているので)。ここから、アギト以降の平成ライダーに登場する”3人目の仮面ライダー”のことを「3号ライダー」と言うことがある。

基本的には3番目に登場したから3号ライダー。
主人公と強い関係があるものが多いが、2号ライダーに比べ作品によって存在しないこともあり、設定などが大きく違うため、きちんとした共通点は少ない。ただ、大まかなお約束としては以下のようなものが挙げられる。

  • 作中に置いて1度は主役ライダーと対立する者が多い(轟鬼メイジなど例外も存在する)。登場初期に対立している場合が多いが、中には物語が進むにつれて敵対する者もいる(龍玄など)。
  • 登場してしばらくは主役ライダーと互角以上の強さを誇る。
  • 何かしら過酷な運命や過去などを背負っている。
  • 2号ライダーとは違い、仲間になっても段々ギャグキャラとしての頭角を現すことはなく、シリアスなキャラとして貫くことが多い。(しかし、近年ではギャグキャも登場している。)
  • ストーリーの都合上強化フォームを取得する可能性は低く、単体の姿のみで終わる事が多い。登場しても主役や2号より出番が圧倒的に少ないか、なんらかの重いリスクがある。(チェイサーやネクロムのように本編で3人で同時で変身する際も他は強化フォームで変身してるのに対し、1人だけ基本フォームになる事が多い。)ただ、近年ではスピンオフなどの作品が度々作られるようになりそこで強化フォームを習得するパターンがある。

又、ファンによっては2号なのか3号なのかに分かれるものもあったり(ギャレンカリスなど)、様々な要素から3号と呼ぶのかどうか微妙なのもいる(ドレイク白い魔法使いなど)。

2号ライダーと同じく主役ライダーの引き立て役的なポジションであるが、主役ライダーとはまた違った個性を持たされるため、場合によっては主役ライダーを凌ぐ人気を持つことも。

3号ライダーの一覧

仮面ライダーギルス(仮面ライダーアギト)

野獣、覚醒。


変身者:葦原涼
歴代初の3号ライダー。平成ライダーでは珍しく生物的なライダーであり、噛みつきや引っ掻きなどの攻撃が過去作の『仮面ライダーアマゾン』を彷彿させる。
自身の夢を潰され、恋人にも拒絶され、さらに変身するたびに身体が蝕まれる等の壮絶で過酷な目に遭うというかなりのインパクトやドラマ性があるライダー。それでも正義を貫き通した強い精神から今でも根強い人気である。
強化フォームはエクシードギルス。3号ライダーでは数少ない強化フォームである。

仮面ライダーゾルダ(仮面ライダー龍騎)

ゾルダ


変身者:北岡秀一、(由良吾郎)
凄腕「スーパー弁護士」の異名を持つライダー。銃系のライダーであり、必殺技は威力が高くインパクトも強い。
3号ライダーとして認定されているが登場したのは4番目(3番目に登場したシザースはすぐ退場したので3号ライダーには含まれない)。当初は主人公を平気で騙したり、悪徳弁護士として法外報酬を得る等ダークな要素が目立ったが、話が進むにつれ自身の病気も含めて様々な善人な面が生じてきた。特に宿敵「王蛇」との長きにわたる奮闘劇は多くのファンを魅了するシーンである。

仮面ライダーデルタ(仮面ライダー555)

Δ


変身者:北崎三原修二
仮面ライダーで最も変身した人数が多い(10人)3号ライダー。モチーフは名前にある通り、ギリシャ文字の「Δ(デルタ)」である。他のライダーは携帯電話で変身をするが、こちらは銃のトリガー部分に音声入力することにより変身や攻撃への入力コードを行う。
当初はこのライダーのベルトを巡って(変身後の副作用の影響で)多くの犠牲者を出し、その後悪の組織の幹部が変身してしまうという経歴を持つライダーであったが、ある人物によって三原修二に変身者が変わって、味方として闘うようになった。その後はヘタレな部分も多く見られたが、主人公側の貴重な戦力として活躍をした。カイザ程ではないが正義にも悪にもなる個性的なライダーとして人気は高い。

仮面ライダーカリス/仮面ライダーギャレン(仮面ライダー剣)

カリス
ギャレン


変身者:相川始/橘朔也
先述の通りどちらが3号ライダーかは意見が別れる為詳しくは2号ライダーを参照

仮面ライダー轟鬼(仮面ライダー響鬼)

轟鬼


変身者:トドロキ(戸田山登巳蔵)
斬鬼の弟子の鬼。エレキギターで音撃(この作品での音の攻撃)や雷電攻撃を行う。また、そのエレキギターを剣のようにも扱っている。
初登場時点では見習いであり、鬼としての名前もなかった。その為当初は斬鬼のサポートという4号っぽい立ち位置だったが、斬鬼のアドバイスを受け成長したことで1人前になり「轟鬼」の名を与えられ、それ以降は主要な音撃戦士の1人として活躍した。ちなみに、メイン3ライダーの中では唯一弟子ポジションの鬼である。

仮面ライダードレイク(仮面ライダーカブト)

自由を求めた先に……


変身者:風間大介
トンボモチーフの銃系ライダー。ZECTに所属していないマスクドライダーの1人。
変身者はメイクアップアーティストで、自由気ままな性格。
一度だけカブトガタックザビーサソードに勘違いから総出でリンチを喰らってしまう不遇な場面に出くわす。
銃ライダーの例にもれず苦戦を強いられたことが何度もあったが、ウカワーム戦など見せ場は決して少なくない。

仮面ライダーサガ(仮面ライダーキバ)

王の判決を言い渡す…


変身者:登太牙
黄金のキバなどのキバの鎧以前に作られた、言わばプロトタイプ。
変身者は現代のキングとして高い地位を持ち、異端なファンガイアを成敗するなどの悪役ポジションであったが実の弟である主人公と恋人との三角関係によりその地位が徐々に崩落するなどの不幸な目に遭ったこともある。ジャコーダーという武器を使い、フェンシングの様に突きさしたり、鞭のように縛りあげ、必殺技では必殺仕事人の様に吊るし上げる。
決して弱くはないのだが、闇のキバの鎧を入手するまでの繋ぎに過ぎなかったようで、キバットバットⅡ世発見後はジャコーダーを除いて二度と登場しなかった。ただ、外見のカッコ良さとインパクトのある必殺技からネタ要素でも有名な753に負けずと劣らない人気である。
ジャコーダーや必殺技が引き継がれるなど、ダークキバが実質的な強化フォームに相当する。

仮面ライダーバース・プロトタイプ(仮面ライダーOOO)

プロトバース


変身者:(後藤慎太郎)→伊達明
2号ライダーバースの試作品。
バースが故障した際の代用品として使用された、文字通りプロトタイプのバース。バースの武器装備が6つなのに対して、プロトタイプは2つのみ。
故障したバースを直してる間に後藤が使用したが、その後は先代バースの伊達が戦線復帰したことで伊達用のバースとして本格使用されることになり、後藤と協力して闘う。
が、後藤バース共々苦戦する場面が多く、しまいにはMOVIE大戦MEGAMAXでの戦闘ダメージで廃棄処分されてしまった(はずなのだが、スーパーヒーロー大戦では何事もなかったかのように登場していた)。

仮面ライダーメイジ(仮面ライダーウィザード)

仮面ライダーメイジ
3色メイジ


変身者:稲森真由(オリジナル)、飯島譲(青色)、山本昌宏(緑色)
姿自体は劇場版に登場する量産型のものと同じだが、TV作品におけるメイン変身者が初の女性のレギュラーとなるライダー。色違いのメイジも存在し、それらは別の二人が変身している。ここではオリジナル装着者の稲森真由について表記する(真由が変身するメイジは劇場版の量産型に比べ、スペックが高め)。
魔法使いとしては白い魔法使いを入れて4人目だが、白い魔法使いはライダーの名を冠していないため(後に仮面ライダーワイズマンと命名されたが)、便宜上メイジを3号ライダーとして扱う。
メデューサを家族の仇として憎み、姉への強い思いで絶望を乗り切って魔法使いの資格を獲得。白い魔法使いによって魔法使いとなり、初登場時から多才な魔法を使用するなどウィザードにも劣らぬ実力を見せた。本編終盤ではそれぞれの決意を固め、他の2人のメイジと共同戦線を張る。しかし、MOVIE大合戦では前作のダブルバースのように3人まとめてやられ役となってしまう。

仮面ライダー龍玄(仮面ライダー鎧武)

ブドウアームズ!


変身者:呉島光実
現役高校生で弟分的な存在のぶどうの3号ライダー。ぶどうを模した銃を武器とする。また、銃系ライダーでは珍しく近接系の強化フォームが存在する。徐々に悪に染まってしまったライダーでもある。
当初は純粋に主人公・葛葉紘汰やヒロイン・高司舞のために行動していたが、地球を浸食しようとするヘルヘイムの森の真実を知ると共に次第に立場が変化していき、舞にはそれを隠すが為に焦りが生じていった。そして、自分の思い通りに行動しない紘汰へ怒りを募らせ一度暗殺しかける、仲間を裏切って敵に協力してしまうなどの凶行に走る、いわゆる闇堕ちをしてしまった。→黒ミッチ
その戦いが終わった後、全てが解決された今となっては隠す意味も無くなり、自ら行った事だけが残った事に悔いて後ろめたさを感じ、自ら仲間と距離をとる。しかし地球に残っている仮面ライダーは自分しかいない事から、彼は紘汰の意志を継いで一人闘う事を決意し、強敵に立ち向かった。
3号ライダーでありつつ、最終回やMOVIE大戦フルスロットルでは主人公とほぼ同格の扱いだった。
強化フォームはキウイアームズ仮面ライダー龍玄・黄泉(一度のみの変身)、ジンバードラゴンフルーツアームズ(小説版限定)

仮面ライダーチェイサー(仮面ライダードライブ)

lap.26「チェイサーはどこへ向かうのか」


変身者:チェイス
敵対していたライバル戦士が味方として変身する希有な例の仮面ライダー。
マッハと同じくドライブを上回る性能を持つ仮面ライダー。通常フォームのライダーで珍しく斧型の武器敵対時代から引き継いだ武器を取り扱う。
元々変身者はロイミュードの0番目(プロトゼロ)であり、ドライブのプロトタイプ(プロトドライブ)に変身して人々を守っていたが、敵の幹部との戦いに敗れ、洗脳された事で敵サイドに下り、ライバルキャラの魔進チェイサーとなる。その後、紆余曲折を経て再び正義のヒーローである仮面ライダーとして戦うようになった。
このように、平成ライダーでもトップクラスに波乱に満ちた経歴の持ち主である。
強化形態は超魔進チェイサー(Vシネマ限定)

仮面ライダーネクロム(仮面ライダーゴースト)

メガウルオウド!


変身者:アラン
主人公たちと敵対する怪人(眼魔)側の仮面ライダーだったが、後に主人公達に協力する事になる。
他ライダーと同様にフォームチェンジが可能で、3号ライダーでは初めて初期段階から2つのフォームが付けられている。変身の時間制限があり、その度に戦闘員の眼魔コマンドを吸収しなければ変身が解かれるというリスクもある(このリスクは30話にて克服された)。物語後半では修行によって新たな専用武器も入手している。
変身者は眼魔の世界の住人であり、2号ライダーであるスペクターマコトとは"親友"と呼べる間柄である。ゴーストタケルとは自分たちの生き方と相反してた事などから大きく反発していたが、次第に彼とも協力関係を結ぶようになった。
強化フォームはグリム魂サンゾウ魂友情バースト魂(Vシネマ限定)
ちなみに、2016年11月27日に放送されたアメトーークにて、3号ライダーのはずなのに2号ライダーとしての扱いを受けた。スペクター涙目である。

仮面ライダースナイプ(仮面ライダーエグゼイド)

仮面ライダースナイプ


変身者:花家大我
元放射線科医師であり現在は闇医者として暗躍する3号ライダー。
ライダー史上では珍しい、マントを羽織った仮面ライダー。
風貌も相まってどことなくブラック・ジャックを彷彿とさせるが、序盤は患者の命よりもライダーガシャットを10本集めることを重要視しており、冷たい人物だと思われていた。しかし話が進むにつれて、彼のドクターとしての信念も少しずつだが見え始めている。
エグゼイドに登場するライダー全てに言えることだが、目が複眼ではなくSDガンダムなどを思わせるような黒目があるデザインとなっている。それだけでなく最初はレベル1と呼ばれるSDキャラの様な姿に変身し、一通り戦闘をこなしたあとレベル2と呼ばれる等身大の姿に変身する。
ガシャコンマグナムと呼ばれるハンドガンを用いて連射したり、ライフルに変形させて名の通り敵を狙い撃つ。他にも巨大な弾丸の姿になっての体当たり(レベル1)やゼロ距離射撃、蹴りを主とした格闘戦を仕掛けたりもする。
強化フォームはコンバットシューティングゲーマーレベル3シミュレーションゲーマーレベル50
また他のライダーと共通だがハンターシューティングゲーマーレベル5もある

TVシリーズ外の3号ライダー

TV本編では2号までしか登場していない作品の劇場版等に登場するライダーや、TV以外の媒体で公開された作品の3号ライダーたちを紹介する。

仮面ライダーNEW電王(仮面ライダー電王)

ストライクフォーム


変身者:野上幸太郎
「さらば電王」以降の電王関連の劇場版に登場する仮面ライダー。本編では味方サイドが電王ゼロノスの二人だけであったがために、貴重な戦力である。
未来からきた電王で、変身者は主人公・野上良太郎の孫である。
剣技を得意としている。当初は自分の力に驕っていて、カウントを決めてカウント内に倒すスタイルを行っていたが、次第にそれは無くなり本気の戦いを見せる様になる。
続編で新フォームを与えられたり、主役としてストーリーが語られたり、ライダー大戦に加わるなど、限定ライダーでありながらも大きく活躍の場を広げている。
鬼ヶ島の戦艦ではベガフォームを披露している(強化形態と言うよりはデネブ憑依によるイレギュラー形態と言った存在)

仮面ライダーキバーラ(仮面ライダーディケイド)

仮面ライダーキバーラ


変身者:光夏海(MOVIE大戦2010)/麻生恵(HEROSAGA)
ディケイド本編では小野寺ユウスケが変身するクウガがレギュラー出演しているが、彼を既存作品のライダーとして除外した場合キバーラが3号ライダーと扱われる(仮面ライダーアビスは龍騎世界のライダーとして除外されるか、ゲスト&敵ライダーとして番外扱いとされる事が多い)。
門矢士に同行する光写真館の光夏海が、世界の破壊者となったディケイドを止めるために、ディケイドたちの旅に同行するキバーラの力を借りて変身した。
キバの鎧系統と同じくエネルギー源は魔皇力だが、ほかのキバの鎧と違って人間でも扱える様子である(しかしどうやら女性専用のようである)。
戦闘スタイルは素手による格闘、キバーラサーベルによる剣技、そして光家秘伝笑いのツボ
必殺技はキバーラサーベルを逆手持ちにして光の翼を展開して敵に突進するキバーラスタップ。
残念なことに同じ劇場版なでしこと違って出番はMOVIE大戦2010とHEROSAGA(こちらは麻生恵が変身)しかない。
が、ライダージェネレーション2でちゃっかり参戦している。

仮面ライダースカル(仮面ライダーW)

スカル


変身者:鳴海荘吉
「MOVIE大戦2010」に登場した劇場版限定ライダー。
名の通り『骸骨』をモチーフにしており、身体能力を極限まで引き上げる特性を持っている。
主人公達が仮面ライダーになる前に活躍していた仮面ライダー(なので0号ポジションともとられる)。シリーズでは唯一、変身後に帽子を被るライダー。そして中の人が大物ミュージシャンである。
主人公・左翔太郎が「おやっさん」と慕う探偵の師匠で、ヒロイン・鳴海亜樹子の父親。翔太郎が尊敬して目指す『ハードボイルド』そのものである。
戦闘能力は、変身前でも多数の戦闘員を相手に出来る程。それが身体能力を極限まで引き上げる変身によって、更に力を増している。
しかし不慮の事故により本編一話(・それに基づく劇場版)で命を落としてしまう…が、度々残していったもので翔太郎たちに助言を与えて、死してもなお『おやっさん』ポジションが活かされている。
そして一年後の劇場版で主役となり、自らが仮面ライダーとなった経緯とそこで起きた悲しい闘いが繰り広げられた。

仮面ライダーアクア(仮面ライダーオーズ)

オーズも一緒に!


変身者:湊ミハル
「MOVIE大戦MEGAMAX」に登場。
姿がバース同様であるバース・プロトタイプがカウントされない場合、3号ライダー扱いとする。
未来で活躍する仮面ライダーだが、不祥事によって悪の力に支配されて現代の世界まで飛んできて悪行を行う。しかし、主人公の映司たちの協力のおかげで解放され、本来の力を取り戻した。
水の力を用いて変身し、水場での闘いを得意とする。専用マシンは、シリーズでは唯一のウォータースライダーである。

仮面ライダーなでしこ(仮面ライダーフォーゼ)

なでしこ


変身者:美咲撫子
「MOVIE大戦MEGAMAX」に登場。
宇宙生命体の一種『SOLU』が昴星学園の美咲撫子の姿をコピーし、そしてフォーゼのベルトと姿をコピーして変身したもの。(つまり擬態でもあり、変身でもある)
エンターレバーがなく、リミットブレイクも使えず、おまけに装備されたスイッチはロケットとレーダーだけだが、元々強い宇宙生命体が変身するだけあってか戦闘能力はずば抜けて高い。
必殺技はロケットモジュールで敵を殴るなでしこロケットパンチと何の変哲もないライダーキックであるなでしこキック
MEGAMAXラストで肉体を失うも死んではおらず、宇宙へ帰還した。
人気が高かったのか、5年後の時間軸であるMOVIE大戦アルティメイタム・フォーゼ編でなでしこが再登場。
過去と未来の両方でフォーゼやウィザードたちを力を貸し、アクマイザーの野望を壊滅させるために活躍した。(専用マシンが無いため、彼女だけ、ライダーリングで実体化したアクセルに乗っていた)

仮面ライダーV3(仮面ライダーTHENEXT)

お前が自分の意思で死を望むなら・・


変身者:風見志郎
IT企業「エクサストリーム」の若社長が変身する改造人間。オリジナルのV3と違い1号、2号と同じバッタ型の最新型(Version3)。

仮面ライダーアマゾンシグマ(仮面ライダーアマゾンズ)

アマゾンシグマ


変身者:前原淳
「season1」に登場。
ノザマペストンサービス駆除班の一員である前原淳が死後、アマゾン細胞を移植されて生体兵器として生まれ変わったアマゾン
通常のアマゾンと違いタンパク質を経口摂取する必要がなく、行動不能になるまで戦えるように痛覚遮断機能がドライバーに搭載されているなど、兵器としての一面が強調されている。
変身者である前原自身が戦闘要員だった事から、9話までは負け知らずだったアマゾンアルファを単独で圧倒し、アマゾンオメガを一度は戦闘不能に追い込むなど、劇中に登場したアマゾンライダーの中ではトップクラスの戦闘力を誇った。

関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー
2号ライダー 4号ライダー ライバル サブライダー

仮面ライダー3号

pixivに投稿された作品 pixivで「3号ライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14063

コメント