ピクシブ百科事典

アマゾン(仮面ライダーアマゾンズ)

あまぞん

ここでは、仮面ライダーアマゾンズに登場する生命体を紹介する。
目次[非表示]

『これがこの街に4000匹いるアマゾンだ…!!』

概要

野座間製薬が研究していた、ウイルス程の大きさの人工細胞が人間大にまで成長した人工生命体
様々な動物の姿をしており、その動物の能力を持っている。
野座間製薬によってランク分けされており、A~Eが存在する。

2年前、研究所で起きた事故が原因で、4000体のアマゾンが街に解き放たれてしまった。
変身能力を持っている為、多くの個体が人間に擬態して社会に潜伏している。人間態からアマゾンの姿に戻る時には、強烈な衝撃波と高熱が生じる。逆に人間態になる時には冷気が生じる。
純粋なアマゾンに限っては目覚めたアマゾンの気配を察知できる能力も持っている(純粋なアマゾンでない仁はその能力がかなり弱い)が、かなりの遠距離からでも正確に居場所を知ることができたり至近距離まで接近しないと判別できなかったりと、精度は個体によって大きく異る。

赤く明滅する心臓のような核を体のどこかに持っており、これを破壊されるか、肉体を真っ二つにされるなどの決定的な損傷をすると死亡する。
また、アマゾン専用に作られた殺虫剤にも弱い(当初は人間でも危険な劇薬だったが、後に人間には無害でアマゾンにのみ効果を出せるように改良された)。
死亡するとすぐに、死体は原型を留めずドロドロに溶けてしまう。溶けた後の粘液状の物質もすぐに消滅してしまい、ほぼ痕跡を残さない。

細胞一つ一つが本能レベルでヒトのタンパク質を求める=人喰いの欲求を持っている、生まれついての食人生物という極めて危険な存在である為、野座間製薬から駆除対象にされている。

アマゾンズレジスターと呼ばれる腕輪を装着しており、そこから投与される薬剤が効いている間は本能を抑制して人間社会の中でも生きていけるが、薬剤の容量は約2年程で切れてしまう。一度人喰いの本能に目覚めると、強烈な食人衝動で人間としての体裁を保てなくなる。再び薬剤を投与しても以前の状態に戻ることはない。
本能を抑制していられるうちは野座間製薬も放置しているが、薬剤が切れるとアマゾンズレジスターからの信号で居場所が通知され、駆除班が出動することになる。

唯一の例外は人間をベースにした鷹山仁=仮面ライダーアマゾンアルファで、彼だけはアマゾンズレジスターなしでも理性を保っている
ただし、人間にアマゾン細胞を移植した仁であっても、常人より多くのタンパク質を求める習性からは逃れられず、十分理性で抑制できるレベルとはいえ食人衝動も持っている。

後に人間の遺体をベースにした仮面ライダーアマゾンシグマが登場。
新たに開発された新型のアマゾン細胞が使われており、食人欲求もなく、タンパク質摂取の必要もないアマゾン細胞の「完成系」と言える。

だがそれは、生物兵器・アマゾン」が完成したとも言える事であり…。

1作目から5年後の時間軸を描いたseason2では溶原性細胞と呼ばれるアマゾン細胞が登場する。
この新型のアマゾン細胞はウイルスよりも大きい程度の大きさだが、まるで病原菌やウイルスの様に人間に感染し、感染者をアマゾンへと変えてしまう某ゾンビゲームウイルスのような恐ろしい特性を持っている。
とはいっても水分が無ければ直ぐに死滅するという性質があり、それ故に空気中に滞在する事は勿論、接触感染や空気感染する事は絶対にありえない。その為、この細胞で汚染された同一の感染源があるのだが、それはとある会社が製造しているAroma Ozoneという名の業務用ウォーターサーバーの飲料水。感染者が万単位にも昇る大惨事を引き起こしたが、後に感染しても発症せずにアマゾンに変異しなかった者の方が圧倒的に多い事が判明した。
この細胞に感染してアマゾン化した個体と実験体やシグマタイプの個体との最大の差異は、死亡しても肉体が溶け落ちて消滅せずに変色した死体が残る点。また、この種のアマゾンはアマゾン態に変化しても人間態時の衣服が消滅せず、そのまま着用しているのも大きな特徴の一つである。更に東映公式ページにおける白倉伸一郎プロデューサーの発言によれば、実験体に比べ実力は遥かに上で実験体が弱点としていた電撃やガスの類が通用せず、物理的打撃や火力で無ければ殲滅できない点、特定の部位(ゾウ:脳、ハゲタカ:眼球、バラ:首)が好物である点などがseason1の実験体アマゾンとの差異らしい。さらに様々な描写から、アマゾン化してしまった場合その人間にとって大切な存在を真っ先に襲う傾向があることが示唆されている。

その実態は水澤悠曰く、アマゾン細胞と人間の遺伝子がある条件下で変異した新型のアマゾン細胞で、4Cの見立てではその元になったオリジナルは悠、仁、千翼の三人のうちのいずれかだと睨んでいるらしい。
劇中でマモルを始めとするseason1で生き残ったアマゾンたちがAroma Ozoneの水源となっている場所に何処からか入手したオリジナルの腕を投げ入れ感染を引き起こしていたことが発覚した。その目的は強い仲間を増やして人間たちを逆に自分たちの手で狩る事である。しかし悠はそのことに否定的であり、新種のアマゾンを狩るべく行動している。

一覧

実験体(第一のアマゾン)

100%アマゾン細胞から作られた存在。
アマゾンの多くは『仮面ライダーアマゾン』のゲドンガランダー帝国獣人と同じモチーフになっている。

アマゾン名モチーフ同モチーフの獣人
モグラアマゾンモグラモグラ獣人
クモアマゾンクモクモ獣人
コウモリアマゾンコウモリ獣人吸血コウモリ
トンボアマゾントンボ獣人ヘビトンボ
アリアマゾン(女王/兵隊)アリトゲアリ獣人
蝶アマゾン(幼虫/サナギ/成虫)
モズアマゾン(幼鳥/若鳥/成鳥)モズ
カニアマゾンカニカニ獣人
ハチアマゾンハチハチ獣人

人間ベース(第二のアマゾン)

人間にアマゾン細胞を注入した存在。
仮面ライダーアマゾンアルファ

???(第三のアマゾン)

実験体とは微妙に異なる存在らしい。
仮面ライダーアマゾンオメガ

死体ベース(第四のアマゾン)

人間の死体にアマゾン細胞を注入した存在。
season2ではその技術を用いて制作された、シグマタイプと呼ばれる存在が登場する。
仮面ライダーアマゾンシグマ
カラスアマゾン

溶原性細胞感染者(第五のアマゾン)

season2より登場する新種のアマゾン細胞に感染して誕生したアマゾン。
ヒョウアマゾン
クワガタアマゾン
カマキリアマゾン
サイアマゾン
ヘビアマゾン
ハゲタカアマゾン
ウニアマゾン
ヒヒアマゾン
ゾウアマゾン
ゾウムシアマゾン
バラアマゾン

オリジナル

溶原性細胞の感染源の大元となっているアマゾン細胞と人間の遺伝子がある条件下で変異した新型のアマゾン細胞から生まれた存在。
該当者は千翼泉七羽の2名が確認されている。
仮面ライダーアマゾンネオ
クラゲアマゾン

余談

モチーフは生物モチーフと共に衣服のモチーフが取り入れられている(例:モグラアマゾン→オーバーオール、コウモリアマゾン→マント等)。
season2での新種のアマゾンは既に人だった頃の衣服を着ている状態のため衣服モチーフは無く、一部を除いて共通のボディを持っている。
人は自ら衣服を着るほぼ唯一の生物であり、人が人たる所以は理性の有無にあるのかもしれない。実験体の容姿に衣服を思わせる意匠があるのは彼らが人であるための理性を装いたいということであり、逆に新種のアマゾンがボロボロの衣服を纏っているのは、最早彼等は本能を理性では抑えられないということを示しているのかもしれない。
又、大半が肉食動物モチーフが多く、そうでないのでも肉食をする動物モチーフもいる(蝶アマゾン クワガタアマゾンが該当)

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ ライダー怪人

獣人(仮面ライダー)…元ネタ。

ミラーモンスター 魔化魍 ファンガイア…同じく人間を喰らう怪人。原作の獣人も人間を常食としている。
ロイミュード…同じく人間が作り出した怪人。数が決まっている点も共通する。

イルカアマゾン戦闘用AIを組み込んだイルカのアマゾン?

pixivに投稿された作品 pixivで「アマゾン(仮面ライダーアマゾンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18811

コメント