ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガランダー帝国

がらんだーていこく

インカの力があれば……神にすらなれるというのに!! ク……もう一度、光をこの手に!!
目次 [非表示]

概要

仮面ライダーアマゾン』に登場したシンジケート。

秘密結社ゲドン他、多数の部族のネットワークを牛耳り、世界の支配を目指す。

首領はパルティア王朝の末裔にして「全能の支配者」を名乗るゼロ大帝

怪人はゲドン同様の「獣人」(ガランダーがゲドンに技術を提供したとも考えられる)。キノコ獣人モグラ獣人に対し「ゲドンの獣人がガランダーの獣人に勝てるわけが無かろう!」と言っていた通り、基礎スペックはゲドン獣人を上回る。

戦闘員は「黒ジューシャ」。こちらは赤ジューシャとは違い全員が男性で、獣人の下で働かされている。


ゲドンと同じく首領と怪人の間に立つ幹部がおらず(影武者のゼロ大帝が幹部と言えなくもない)、組織の規模もあまり大きくない。

だが立案する計画は壮大なモノばかりで、日本人絶滅させかねないほどの勢いでテロを行っている。例を挙げれば石油コンビナート爆破、人工地震の発生、富士山噴火ならびにマグマ東京の地底に張り巡らせる東京フライパン作戦、キノコの胞子による大規模バイオテロなど。こうした過激な作戦は今までの敵組織なら番組内で数回程度しか行っていないが、ガランダー帝国は毎週のように行っており、犠牲者はかなりの人数に達したと思われる。

またモグラ獣人キノコ獣人で悶死させる、サンショウウオ獣人をアマゾンに擬態させ立花藤兵衛らと仲違いさせようとする、ゼロ大帝の影武者を常に立てておくなど、かなり悪辣な手を駆使する。


十面鬼ゴルゴスからガガの腕輪を奪い取るが、最終決戦ではそれが仇となり、2つの腕輪が合体してインカの超エネルギーを得たアマゾンの「スーパー大切断」でゼロ大帝が討たれ、帝国は崩壊した。


仮面ライダーストロンガー』では、GOD機関呪博士やゼロ大帝もまた大首領の手駒のひとつに過ぎなかったことが明かされる。


獣人一覧


兵器・アイテム

ゼロ装置

第18話に登場したメカで、人工的に地震を発生させる。

実際に灯台を沈める成果を挙げた。


人喰い人間

第21話で登場。一般人を改造(?)して造られるが、改造人間よりは生物兵器に近い。イソギンチャク獣人の血を人間に入れる事で製作する。尚、人間の血を入れ直すことで元に戻る。


インカリア

第22話で登場し、耳かき一杯の量で村を一つ壊滅させた恐るべき猛毒物質。空気に触れることで気化し、大量の青酸ガスになる仕組み。かつてインカ帝国が完成させたが、使う前にスペインに滅ぼされたとされる。


ヘリウム爆弾

ガランダー帝国の切り札。日本の3分の1を破壊する威力を誇り、第23話では八丈島近くで実験が行われ、第24話(最終話)で新宿に仕掛けられた。


関連タグ

仮面ライダーアマゾン


秘密結社ゲドン ← ガランダー帝国 → ブラックサタン

関連記事

親記事

仮面ライダーアマゾン かめんらいだーあまぞん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34987

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました