ピクシブ百科事典

概要

イソギンチャクはクラゲサンゴと同じ刺胞動物に属する動物である。
筒状の胴体で、口のまわりに触手を多数持つ。海底にくっついて生活する。
触手にはがあり、それを使い小動物を捕獲丸呑みする。

ウメボシイソギンチャクは、普通の発生の他、胃壁が、剥がれて出ると、その辺を彷徨って着床し、イソギンチャクになる。なので海岸ではその辺にいる。

 凶悪な毒を持つ生き物であるため、ある種のカニヤドカリなんかが共生関係を持つ。移動させる代わりに敵から守ってやるとか。の他クマノミさんとの共生関係が有名。

関連タグ

生物 動物 刺胞動物 海洋生物  海底
触手 クマノミ ワケノシンノス

イソギンチャック イソギンジャガー イソギンチャク獣人 イソギンチャク男
イソギンモンガー アネモス ブルトン
グランク アネモ ガムアネモネ イソーギン

pixivに投稿された作品 pixivで「イソギンチャク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 425999

コメント