ピクシブ百科事典

イソギンチャク

いそぎんちゃく

海洋生物、刺胞動物のイソキンチャク目の生物の総称。英語では「シーアネモネ」と呼ぶ。
目次[非表示]

概要

イソギンチャクはクラゲサンゴと同じ刺胞動物に属する動物である。
筒状の胴体で、口のまわりに触手を多数持ち、それを使い小動物を捕獲丸呑みする。
多くの種類は海底にくっついて生活するが、砂場に住むスナイソギンチャクなどの種類もあり、ウメボシイソギンチャクは普通の発生の他、隔膜が剥がれ出るとその辺を彷徨って着床し、成体になる。なので海岸ではその辺にいる。

一般にイソギンチャクはオ動かないイメージがあるが移動速度が遅いだけで、ちゃんと移動する。(ヤドカリと共生するのは移動しやすいため)
触手を使って泳ぐオヨギイソギンチャクや、ジャンプするキタフウセンイソギンチャクなんて種類もいる。

凶悪な毒を持つ生き物であるため、ある種のカニエビ、ヤドカリなどと共生関係を持つ。移動させる代わりに敵から守ってやるとか。この他クマノミさんとの共生関係が有名。
クマノミがイソギンチャクに刺されない理由は長い間明らかにされなかったが、2015年愛媛県の女子高生2人がクマノミの体の粘液にマグネシウムイオンが多く含まれることを発見、マグネシウム濃度が多いと毒針を出しにくくなることを突き止めた。

毒は人間にはほとんど効かないが、サンゴ礁周辺に生息するウンバチイソギンチャクは毒が強いものがあるので、該当海域では注意が必要。

関連タグ

海洋生物 ワケノシンノス

イソギンチャクモチーフのキャラクター

イソギンチャック イソギンジャガー イソギンチャク獣人 イソギンチャク男
イソギンモンガー イソギンカンス アネモス ブルトン
グランク アネモ ガムアネモネ イソーギン

関連記事

親記事

刺胞動物 しほうどうぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イソギンチャク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 488433

コメント