ピクシブ百科事典

ワケノシンノス

わけのしんのす

北九州西部で食材となっているイソギンチャクの事。

ワケノシンノス

 ワケンシンノスとも言う。有明海沿岸域で広く食用とされるイソギンチャクの事。
 刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目の総称でもある。食用となっている種は、和名『イソワケイソギンチャク』とその近似種、亜種に限られる。
 ワケノシンノスは福岡~佐賀辺りの方言で、『わけーの』→『若い者の』、『シンノス(尻のす)』→『肛門』の意味。『若者の尻の穴』。見た目が近い事からこう呼ばれるようになったとの説がある。
 食用とされ、市場などで簡単に手に入る。一部通販などでも運が良ければ手に入る。食べ方は、塩もみ処理をして下拵えをし、唐揚げや味噌煮として食べる。普通は生では食べない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワケノシンノス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント