ピクシブ百科事典

イソギンジャガー

いそぎんじゃがー

イソギンジャガーとは、仮面ライダーに登場したゲルショッカー怪人である。
目次[非表示]

「必殺触手締め!」
CV:辻村真人

概要

第84話「危うしライダー!イソギンジャガーの地獄罠」に登場。
イソギンチャクジャガーの合成怪人で、強力な触手背中から出す毒水や瞬間移動を得意とする強力な怪人。
また、これまでの怪人たちとは違い素体となる人間の頭に変身装置を埋め込んでブラック将軍の指示で変身するといった方式を取っている。変身者は桂木という男。
桂木が海から上陸して、ブラック将軍の指示で変身すると、手始めに自分の姿を見た釣り人を殺害する(この釣り人を演じたのは本エピソードの監督を務めた石ノ森章太郎。要するに原作者を殺害した怪人である。)。
その後は本郷猛をおびき出すために娘のマキを拉致し、追いかけてきた仮面ライダー1号に罠を仕掛けるも突破され、ライダーと対決する。
滝和也によってマキが救出されたため最後の戦いに挑むも、ライダーポイントキックで変身装置を破壊されたため元の桂木に戻り、娘とも無事再会した。

正義の系譜

PS2のゲーム「仮面ライダー正義の系譜」ではBLACK編に登場。原作通りブラック将軍の命令で仮面ライダーBLACKと戦うが倒されてしまう。
その後は邪眼の手によって、より凶悪な姿となったイソギンジャガー転生体として復活した。

漫画版

すがやみつるによる漫画『新仮面ライダー』では、アマゾン奥地の人喰いジャガー「シルバースター」が改造されたという設定。人間並みの知能に改造されただけあって、獰猛でありながら恐ろしく狡猾な知略家として描かれている。
二重三重のを張り、1号ライダーを徹底して疲労させてから追い詰めようとするも、シルバースターに妻子を殺された冒険家トーマスの義手で額を貫かれ、怯んだ所に(トーマスが載っていたヘリコプターの起こした風でダイナモを回した)1号のライダーキックで倒された。

トーマスはイソギンジャガーに喉を食い破られて命を落とすも、彼が死の間際に見たのは、苦悶と絶望のに満ちて死んでいった亡き妻と息子の、優しい笑顔の幻影だった。

余談


関連タグ

仮面ライダー ライダー怪人 ゲルショッカー

pixivに投稿された作品 pixivで「イソギンジャガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10231

コメント