ピクシブ百科事典

狙撃

そげき

狙撃とは、一般的には遠距離から標的を射撃すること。
目次[非表示]

概要

狙撃とは、一般的には遠距離から標的を射撃することを言う。英語ではSnipingと言い、その語源はタシギ(Snipe)から来ているという説がある。

狙撃は主には小銃狙撃銃を用いて行われる。
一撃必中の思想から、サブマシンガン機関銃等の全自動火器を用いた制圧射撃と対を為すもの。

嘗ては狙撃を行う者は小銃手の中から優れた技能を持つ者、銃も小銃の中から所謂「当たり品」等と呼ばれる特に精度の高い物を抜き出して任命・所持させていたが、現在では狙撃手はそれ専門のカリキュラムの下養成され、狙撃銃は小銃を下地とし、専用設計される物も多い。

現在のような狙撃の運用方法が確立されたのは比較的最近であり、ベトナム戦争で活躍したカルロス・ノーマン・ハスコックII世が大きな影響を与えている。
それ以前では何処の国の軍隊も運用方法は大差が無く、狙撃を任された当人の経験がすべてだった。
第二次世界大戦中に至ってはろくな偽装もせず撃った後に移動することも無く同じ場所で狙撃を繰り返していたということもあったという。

戦術

狙撃と言う戦術は陸軍などが行う軍事作戦において敵の作戦の中枢である指揮官や、命令を伝達する為の通信要員、味方歩兵部隊の前進を阻む機関銃手等の重要目標を狙い撃ち、敵の行動を阻害・麻痺させ味方の進軍または撤退を補助する役割を担う。
また、重要目標を失うことは、失った側の士気を大いに低下させるうえ、どこから狙われているかわからないという恐怖感からプレッシャーを与えることができる。

また、警察における狙撃は、主に犯人が人質を取っている場合において特に有効で、強行突入して銃撃戦を行う場合に比して人質への被害が少ないことが挙げられる。

技術

姿勢

被発見性と安定した姿勢を確保する為、伏射(プローン)と呼ばれる腹這いの姿勢が最も利用される。
窓などから撃つ為にテーブルやカメラ用三脚等に銃を載せて撃つ場合、椅子に座った姿勢から撃つ場合もある。
そして銃自体にもそれ自身の安定させる為、バイポッド(二脚)が銃先端部に、モノポッド(一脚)が銃後端部に装備されるものもある。
機関銃用の三脚架が用いられることもある。
バイポッドの代わりに土嚢や背嚢などに銃を載せる「依託射撃」と言う方法も用いられる。
依託射撃は様々な狙撃方法が訓練では用いられ、その場で伐採した枝やスキー用ストック等で簡易三脚を作ったり、前に座ったスポッターの肩に乗せる、orzの姿勢となったパートナーの尻に乗せる等、様々な代用品が用いられる。
また、呼吸や拍動による振動が照準に及ぼす影響を最小限とする為、バットプレートと肩の間にクッションを挟む等する。
立射での狙撃の場合、立木やカメラ用三脚、構造物など、様々なものを用いて銃と姿勢を安定させる。
ドアや窓の縁に銃口側に倒したバイポッドを押し付けて安定させるのは一例である。

  • 最も代表的な姿勢「伏射」

その綺麗な顔を



  • その他の射撃スタイル(左:膝射、右:立射)

ちょろいもんだぜ

 



  • 依託射撃

ジャーヘッドフェアリー



照準

照準は長距離射撃の場合は倍率の掛かったスコープが用いられ、レティクルと呼ばれる照準器内に刻まれた十字線を基にして行われる。
しかしただ単に十字線の中心に標的を持ってくるだけではそこに命中はしない。
距離・風向・風力・気温・気圧・湿度・重力・コリオリ力、高低差、使用弾の弾道特性等、様々な条件により修正を行わなければならない。
特に風に関するデータは重要で、これにより精度が大きく変わってくる。
それらデータを収集したり、着弾位置を確認する補助員のことをスポッターと呼び、スポッターもまた狙撃手である。(意思疎通が円滑に進む為。また役割を交代することで負担分散などが見込める。)

  • スポッターと組む、オーソドックスな狙撃スタイル

狙撃訓練中



創作作品などではこのスポッターが登場せず、狙撃手が単独で射撃を行うことが間々あるが、時代設定によっては厳密には正しいとは言えない。(が創作作品にいちいちケチを付けていてはキリが無い上に作品を素直に楽しめない。)
また、WW2中のように現代の狙撃技術が確立していない時代では単独で狙撃を行うことが多かった。
単独では着弾確認しづらい為、炸裂弾を用いて着弾を確認したというエピソードもある。



広義の狙撃

現在では、狙撃という言葉は中距離から遠距離の標的を射撃するという意味で用いられる言葉である。
しかしながら、現在のような「狙撃」という概念が一般的に広まる以前には、特に報道機関や治安機関の間では「特定の人物に対して銃撃を加える」という意味合いで使用されることが多かった。つまり不特定多数を狙った「乱射」や、或いは組織などを標的とした「襲撃」と対を成す言葉として用いられていた。
例えば、昭和5年11月14日に時の総理大臣であった濱口雄幸が東京駅で銃撃を受けた際には、翌日付の大阪朝日新聞に「濱口首相狙撃さる」という見出しが載った。遅くとも後述の通り1990年代までは使用されていた様子である。
一方で現在では、特に遠距離の標的を射撃する他に狙撃という言葉が用いられることは少ない。
平成25年12月19日に餃子チェーン王将の社長が襲撃された事件は、「射殺事件」と呼ばれている。

狙撃に関する事件

  • 1566年2月24日:戦国大名三村家親が宇喜多直家の命を受けた遠藤秀清と弟の俊通により暗殺される。日本史上最も古い要人狙撃事件とされる。
  • 1570年6月22日:戦国大名織田信長杉谷善住坊に狙撃される。銃弾自体は信長を掠めただけで失敗に終わっている。
  • 1867年12月8日:新選組局長近藤勇御陵衛士残党に狙撃され、負傷。
  • 1963年11月22日:第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディリー・ハーヴェイ・オズワルドに狙撃され、死亡。
  • 1972年9月5日:ミュンヘンオリンピック事件。西ドイツ警察が犯人の射殺に失敗し、人質全員が殺害される。この事件を機に対テロ特殊部隊GSG-9(国境警備隊第9グループ)が創設されるきっかけとなった他、多数のターゲットに迅速に命中させる為、多少の精度を犠牲にし(それでも最低限の精度を保ったまま)速射性を持たせたオートマチックスナイパーライフル(半自動狙撃銃)、PSG-1が開発される。
  • 1981年3月30日:第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンが狙撃され負傷。
  • 1995年3月30日:警察庁の國松孝次長官(当時)が何者かに狙撃され負傷(警察庁長官狙撃事件)。この用いられたのは小銃でも狙撃銃でもなく「拳銃」であり(コルトパイソンと鑑定)、20メートルの距離から4発中3発を命中させている。


関連イラスト

戦友 秋山優花里伍長
☆ ミリタリー少女



セーラー服と対戦車ライフル



関連タグ

スナイパー 狙撃手 狙撃銃
偽装 ギリースーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「狙撃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248899

コメント