ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

の中でも片手でも扱える程に小型化した銃の総称。

短銃、ピストルハンドガンとも呼ばれる。


英語では……

・回転式拳銃→リボルバー

・自動式拳銃→ピストル

という呼びわけが(厳密にではないが)されている。

歴史

歴史的には火縄銃からあまり時を待たずして製造され、主に騎兵用の兵装として着目されていった。

特に第一次世界大戦で多種多様な銃火器が開発され、拳銃もその中で大きく発達を遂げていく。しかし、同時に威力不足という登場当初からの問題点も顕著となり、戦場での兵器よりも護身用・携行用の武器としての道を歩み出す。

現在でも用途は多種多様であり、閉所での主兵装、兵士の非常用の兵装、警察官の武装、狩猟の道具、射撃競技の道具、殺傷能力を失くした信号弾用、一般市民の自衛用などが挙げられる。

その一方で、小型故に隠匿しやすく、犯罪に使用されるものとして世界各国で厳しく取り締まられており、その流通については議論が絶えない。


性能

どの拳銃も基本的にグリップの一点で支えなければならず、小銃の様に構えを安定させる為のストックが無いため命中率は低い。

命中率・有効射程・装弾数などの面で小銃とは比べられるものでもないのだが、その最高の利点は、軽く小さく、取り回しや携帯性に優れる事である。

その小ささから、近接戦闘や市街戦・室内戦・隠密作戦において大きな効果を発揮する。


普及性が高い為、銃の威力についてはそれを大きく左右する口径が用途に応じて様々で一概にその特性を語る事は出来ないものの、一般的な拳銃の範疇(はんちゅう)においては銃身の短さ故に射程と貫通力が低く、これを補う為に弾頭が大きく成る傾向がある。

貫通力が低いまま破壊力を持たせた為、ボディーアーマーやちょっとした板で弾丸を防げたり、場合によっては一般的な衣服にすら絡めとられてしまう事もある。


有効射程は銃弾にもよるが、対人用として実用的な範囲内だと25~50m程度が相場。

大型動物も考慮した狩猟用のものでは100m程度の有効射程を持つものもある。


カスタマイズ

ストックやフォアグリップ等を装着して安定した射撃を可能にし、ドットサイト等の光学機器を装着して狙い易くする事で欠点の解消を行うカスタマイズもある。

ストックは携行を犠牲にするものが多いが、容易に分解可能とする事で携行に影響がない様にしたものもある。

近年では銃身下部にマウントレールを装着したり、上部にマウントベース用の接合部が設けられていたりと、無改造で様々なオプションパーツを搭載可能な製品が多く、ドットサイト、フラッシュライト、レーザーサイト等を装着する事例もある。


特に高精度の製品を小型軽量な近距離用の狙撃銃として扱う事例もあり、フランスの警察特殊部隊GIGNは二脚とスコープを装着した狙撃仕様の回転式拳銃を装備している。


種類

装填機構による分類

Ranch Hand Pistols

リボルバーとも呼ばれる。

筒状弾倉(シリンダー)が回転し、銃弾を複数ストックしておけるもの。

構造の単純さ故に強度を高く作り易く、自動式と比較すると高威力のラインナップが充実

している。

一方で回転弾倉の分厚みが出るため小型化には限界がある。


自動式と比較した最大の欠点は装弾に時間がかかること。

銃身にぴったりと位置が噛み合わなければならない回転弾倉は銃ごとに精密に調整されたものであり、自動式の様に弾倉ごと交換して装弾する事は不可能。

弾倉を開き、一発ずつ丁寧に穴に納めていく必要がある。

スピードローダーと言われる製品もあるが、5、6発の銃弾をぴったり穴に合わせるのは器用さを要求される作業であり、ストレスがかかる状況では銃弾をばらまきがち。


またシングルアクションで撃つには一発ごとに撃鉄を指で起こす必要があるのもデメリット。

撃鉄を待機位置で保持する機能がなく、ダブルアクションでしか撃てない製品も多いが、此方は速射性が高い一方で引き金がかなり重く、精密射撃には向かない。

この点解決した「オートマチックリボルバー」とでも呼ぶべき製品もありはするが、そこまでするぐらいなら自動式を使った方が良いという事であまり流行らなかった。


実用上は欠点が目立つ構造であるが、弾倉が銃に固定されており紛失する心配が無い点や、装填すれば後は発射するだけと言う扱いの単純さもあって愛用者は多く、本邦の警察に於いてもこれ等の利点から回転式拳銃が未だに主力となっている。


当初はシリンダーに直接、弾頭・炸薬・雷管を装填したが(パーカッション等と呼ばれる)、現在の物は自動式と同様にメタルカートと呼ばれるそれらの弾薬がセットに成った弾体をシリンダーに装填する。

世界の軍用拳銃は基本的にオートマチックが主流だが、その安易さから民兵などは敢えてこのリボルバーを拳銃に選ぶ者も少なくない。


弾倉(マガジン)に一定数の銃弾をストックしておき、1発撃つごとに自動で銃弾が装填されるもの。

黎明期には固定弾倉に銃弾を手で差し込んでいく形式のものもあったが、現代では弾倉は基本的にグリップの底から差し込む。

容量はまちまちだが、弾倉が一列のもので7発程度。二列のもので15発程度入るがグリップが太くなってしまう。

グリップから大きく弾倉を飛び出させる事で20発、30発の大容量を達成しているものもあるが、携行性を削ぐため主流ではない。

リボルバー以上に速射性に優れ、さらにグリップ(握り部分)等から纏めて銃弾を補填出来る事から、弾倉を複数所持しておく事で弾込めの時間が大幅に短縮出来るという利点がある。


機構も複雑化した為に初期のものではそれまでの拳銃以上に壊れ易くもなったが、機構の単純化などの改良が重ねられて信頼性は向上した。

自動装填機構の関係から強力な弾丸を使用する自動拳銃はあまり作られず、弾数や機能性、信頼性に重きを置いたものが多い。

例外的に、オートマグデザートイーグルの様に強力な弾丸を使用する自動拳銃も存在するが、稀な例である。


全自動で連射出来るもの。フルオートマチック、フルオート、全自動式とも呼ばれる。

短機関銃との違いは曖昧で同一視される事もあるが、使い分ける場合には自動式拳銃と同様に前後動するスライドを持つものを指すことが多い。

専用設計の他、既存の自動式拳銃を改修して全自動射撃機能を持たされたものもある。

大抵の場合は別パーツとして銃床が用意されており、VP70は銃床がセレクターも兼ねている。


拳銃ではあるが動作機構があまりに軽いため動作速度もあまりに速く成りがちであり、つまりは連射速度がとんでもない事になる。

このため銃自体の軽さもあって過大な反動が発生してしまい、射撃精度は非常に悪く、至近距離でばら撒く様な運用が基本となる。


犯罪者に用いられたら偉い事になるので基本的に軍や法執行機関への専売である。


デリンジャーカンプピストルに代表される様なシンプルなもの。

弾倉を持たず、薬室に直接弾丸を装填する。

構造が簡素でその分銃の口径が大きくできて、威力が高い。

マスケットピストル等もこれに類し、その後の拳銃の在り方を位置づけるものとなった。

また、小型化が進んで護身・暗殺といった要素が強くなっていくが、これは射程もかなり短く、至近距離でないとまともに当たる事はない。

信号弾などの特殊な弾丸を扱う銃は、ほとんどがこれに属する。


装弾数は1〜4発程度、装弾数だけバレルも増えるのであまり装弾数を増やすと利点が失われる。

単発式は回転式以上の強度を持たせる事が可能な為、トンプソン・コンテンダータンフォリオ ラプター等の大口径多装薬の弾を使用できる銃も販売されている。これらはマグナムリボルバー用の大口径拳銃弾からボルトアクションライフル用の大口径ライフル弾まで、様々な弾を使用できる。重機関銃用の.50BMGを使用するTriple Action ThunderやMaadi Griffenの様なものもある。


大概は弾薬に見合った銃身長でない為、市販の弾をそのまま使用した場合は加速しきれずに威力は低下している。

威力の低下の代わりにド派手なマズルファイアが出る為、実用以上のものは其方の需要がある。

また、マスケット同様のマズルローダーが現在も作られており、薬莢式と異なり一発ごとに火薬の量を微調整しつつ撃つ事が出来ると一定の人気を保っている。


ボルトアクション式ライフルの機関部を流用し、拳銃としたもの。

単発式同様にプリンキングやビッグゲーム等の競技やハンティングでの使用を目的としており、弾倉のある単発式と言ったところ。

因みに法執行機関での採用実績もあり、使用目的は西側諸国では住宅街に侵入した危険な動物の駆除や交通事故などで即死し損ねた大型獣の処理用、東側諸国ではライフルグレネードの発射や暗殺、破壊工作、対テロ等。

銃身長に由来する弾薬の問題は単発式同様。

M700の機関部を使用し.223Remを使用するXP-100、サイレンサーを搭載したB&T VP9やD消音拳銃(Изделие Д)、諜報機関や特殊作戦用に開発されたウェルロッド等がある。


  • オープンチャンバー式

オートマチックの様なマガジンを持つリボルバーの様なもの。

外壁のないシリンダーが銃に内蔵されており、回転に合わせて薬室を兼ねたカートリッジがマガジンから供給され、撃ち終わったカートリッジはシリンダーの回転によっては排出位置に移動して排出される。

ダーディックピストル、SPIWプログラムのHarrington&Richardson案に採用されている。


激発メカニズム

  • シングルアクション(SA)

引き金を引くと撃鉄が解放される。

引き金の引き心地が軽く、無駄な力が入りにくいため精密射撃向きである。

しかしながら撃鉄が辛うじて引っかかっているだけの状態で保持される為、ちょっとした接触や落下の衝撃によって暴発する恐れがある。


  • ダブルアクション(DA)

引き金を引くと撃鉄が起き上がり、最後まで引くと解放される。

引き心地が重く、力が入り易いので精密射撃には向かないが、その重さの分だけ暴発はしにくい。

手で撃鉄を起こすとSA、起こさずに引くとDAと使い分けられる様に成っている製品が多く、大半の自動拳銃は二発目以降は銃が撃鉄を起こしてくれるので勝手にSAになるが、安全性を重視してSAの位置で撃鉄を保持する機能を搭載せず、DAオンリーの製品もある。

DAオンリーの機構が登場した事から従来のSAと併用できるDAはコンベンショナル・ダブルアクション(CDA)とも呼ばれる様に成った。

CDAであっても撃鉄のスパー(指掛け)を除去したモデルでは、機構はCDAであってもDAオンリーと成っているものもある。


  • 変則ダブルアクション

プリコック式とも。

グロック17が鏑矢となった方式。

初弾を薬室に装填するとストライカーは途中まで引かれた状態で保持され、引き金を引く事によって最後までストライカーが引かれ、開放され、発射される。

引き金を引かない状態でストライカーが解放されても、途中までしか引かれていないので加速が足りずに暴発はしにくい。一方でギリギリの所まで引かれてはいるので引き心地はSAに迫るほど軽く、両者の良いとこどり。

更に1発目の発砲後にトリガーを一定以上戻さなければストライカーが待機位置に戻らないので次弾はSAのように軽い力で撃つ事が出来る。

ストライカー式専用の機構と思われがちだが、ハンマー式でも似た機構は可能。実用性や商業的に成功するかはさておき。


  • トリプルアクション

大宇K5で採用されている方式。

基本はコンベンショナルDAだが、コッキング状態のハンマーを指で押し戻す事が可能と成っている。

トリガー操作によりハンマーは起きるが、デコッキングとは異なりハンマースプリングはコッキング状態のままと成っており、SAの様に軽い力で引く事が出来る。

HP-SFSもコッキング状態からハンマーを指で戻せるが、此方はマニュアルセーフティを解除すると激発位置にハンマーが起きてSAで撃てる機構と成っており、K5とは異なる。


  • インナーハンマー

撃鉄を内蔵した方式。

撃鉄のスパーが服などに引っかかる事を防ぐ為というのが主。

直接撃鉄を操作できない事からリボルバーではDA、自動式ではSA限定となる。

M38ボディガードのように撃鉄の殆どを覆うカバーを取り付けて半内臓式としたものもインナーハンマー式と扱われる事もある。


  • ストライカーアクション

撃鉄では無く撃針を直接操作する「ストライカー」が銃に内蔵されており、これが弾薬を叩く事によって銃弾が発射される。

ストライカーアクションと呼ばれるものは撃鉄が無いだけで基本的にはDA,SAと既存の撃発方式と準ずる機構だが、グロックでは前述の変則DAが採用されている。

撃鉄に叩かれ前進する撃針と異なり、ストライカーと前進の為のスプリングがセットとなっており、トリガー操作によりストライカー自体が前進する事で撃発する。

唯一の欠点はインナーハンマー式同様に不発に全く対処出来ない事だが、確率的に現代の弾薬が不発する事はまずありえないし、安全の為にも激発方式に関係無く不発弾は排出するので問題は無い。


安全装置

軍用の小銃などと違い護身用として日常生活にも持ち込まれるものである事から、銃の中でも安全には特に気を配られている。


  • マニュアル・セーフティ

手動のレバーやボタンにより引き金をロックする事で発射できなくする。

大抵は親指で操作できる位置にある。


  • デコッカー

撃鉄を安全に下ろしてくれる装置。

これが無い銃では発射せずに撃鉄を下ろす際には指で押さえながらゆっくりと引き金を引く必要があり、指が滑ると暴発したり、構造によっては安全装置が無効に成ってしまう事もある。

マニュアルセーフティを兼ねるものが多い。


  • グリップ・セーフティ

グリップを握りこんだ際に自然と圧迫される位置に配置されるセーフティ。

握らない限り引き金がロックされ続ける。

握り方が制限されたり、手の大きさ次第では不自然な握り方と成ってしまう事から無効化される事もある。


  • トリガー・セーフティ

引き金に指を掛けた際に自然と轢かれるように配置されたセーフティ。

指を掛けない限り引き金がロックされ続ける。


  • マガジン・セーフティ

弾倉が入っていないと激発できないよう部品同士のリンクがされ成かったり、ロックがかかる機構。

薬室に弾を残したまま弾倉を交換する時に咄嗟の射撃が出来なく成ってしまったり、弾倉が引き抜きにくく成るといった欠点がある為、除去されてしまう事もある。


  • ファイアリングピン・ブロック

自動式拳銃に於いて、撃鉄の動きを撃針に伝える「ファイアリングピン」を、引き金が引かれない限りブロックしておく構造。

衝撃によってピンが前進して暴発する事を防ぐ。


  • テイクダウン・セーフティ

自動拳銃式で、分解がレバー操作のモデルでは射撃可能な状態でもテイクダウンレバーが操作可能な場合、何らかの表紙にテイクダウン状態となり発砲してしまえば事故につながってしまう。そう成らないようマガジンが入っているなど射撃可能な状態では操作が不可能とする機構。

直接セーフティ機構があるだけでなく、ボタンを押しながらテイクダウンレバーを操作しなければ成らないといったひと手間必要とする構造としているものもある。

スライドリリースレバーを引き抜く構造の場合はスライドを後退させながら溝の位置を合わせて引き抜く必要があるため、それ自体が安全機構となる。


  • トランスファーバー

回転式拳銃に於いて、引き金を引くとせり上がり、撃鉄と弾薬の間に挟まって衝撃を伝えるもの。

バーが上がっていないと撃鉄が解放されても、弾薬を叩く事が出来ないので暴発しないという仕組み。


  • ハーフコック

撃鉄のセーフティ・リセスにシアが引っかかり、少しだけ起きた状態で固定される安全装置。

トランスファーバーの様な安全装置の無い時代に生まれた倒れたままの撃鉄が動いて接触しない様に固定したり、起こした撃鉄に衝撃が加わって動いてしまった際に接触する前に止める機構。

リセスの摩耗や衝撃による破損で無効と成り易く、安全装置としては信頼性が劣るものである為、これのみに頼るのは問題である。

また、リボルバーでは構造によってはハーフコックポジションではシリンダーストップが解除されてシリンダーの回転がフリーと成ってしまうものがあり、射撃時には位置ずれにより不発と成ってしまう等の問題を引き起こしてしまう事もある。


  • セイフティノッチ

先込め式であるパーカッションリボルバー時代に生まれたセーフティ。

シリンダーのパーカッションニップルの間に備えられた溝にハンマーを落とし込む事で、シリンダーの回転を止めると同時にハンマーの前進による撃発を防ぐ。

ハンマーで直接弾薬を叩く構造でないと搭載できない為、ファイアリングピンを採用したセンターファイアの弾薬には適さず廃れていったが、リムファイア弾薬を採用した製品では現代でも採用している製品もある。


  • キーロック

自衛用として家で保管している拳銃による誤発射事故防止の為に追加された安全装置で、銃とは別の鍵と成るものを用いて解除を行う。

汎用工具で動かせるものから、複製が難しい鍵で解除出来るものまで様々。


認証により所有者を識別して特定の人物だけが使用出来る様にする機構。

技術的・法的な問題等の様々な問題があって現在も実用には至っていない。


創作・フィクションでの扱い

等と共に、イラストの題材にされやすい武器の1つに挙げられる。

描く際には確実に手が写り込む為、慣れない内は手の表現に手こずる絵師も多い。

近代兵器である事から、ファンタジー世界では魔法等の超常的な力の存在故に発展が遅れていてあまり役に立たないか現代火器が超兵器染みた扱いがされる一方、特殊な技能などを必要とする理由づけや強力な敵である事を描く為に現代の火器であっても役に立たない武器であるといった描かれ方がされる事もある。

近未来などのSFや近現代を舞台とした作品では、主要武装として活躍する。


近年では特殊部隊アウトロー等の活躍を描く銃が日常に溶け込んだ世界観を主体とするメディア作品が興隆を見せている事から、描かれる拳銃の種類も多種多様となっている。

中には対物用の徹甲弾炸裂弾が撃てる様な、人類には使いきれないバケモノ級の拳銃(例:『HELLSING』の主人公・アーカードの拳銃「ジャッカル」が好例)も登場する様になってきた。

またそうした規格外なものを「ハンドキャノン」と呼ぶ俗習も登場しており、現実に存在する拳銃でも極一部の大型拳銃への通称に使われている(デザートイーグルはその尤も有名な内の1つ)。

その他にも、二挺拳銃ガン=カタと言った、アクション性を求めたシチュエーションにも多用される。



銃の構えや握りは時代や用途だけでなく、銃の種類、構造、アクセサリーの有無等により構えが異なる。

リボルバーならシリンダーキャップ、自動式ならスライドやボルト等の可動部、共通して銃口に着けられるマズルアクセサリやマウントに着けられるフラッシュライト等の使用など。

これらの危険を避ける為であったり、アクセサリの運用等に合わせて様々な構えや握りがとられる。

フィクション作品においては現実では不可能な要素により奇抜とも言える構えや握りがされる事もある。


構え方

  • アイソセレス・スタンス

アイソサリーズなど発音にブレがある。

標的の正面を向き、拳銃を握った両手を頂点としして二等辺三角形(Isosceles Triangle)を描く様に構える。

腰の可動域が広い、ボディアーマーを活かせる、直ぐに動き易いなど利点は多くあるが、人間の本能的に非常に自然な構えであるというのが一番のメリット。

統計学的分析により90年代以降あらゆる公的機関に急速に普及し、一般にも波及した。

前後方向の安定性に若干欠ける為、利き手と逆側の脚を半歩前に出す「モディファイド・アイソセレス」が最近の流行り。


  • ウィーバー・スタンス

ロサンゼルス州の保安官ジャック・ウィーバーが考案したスタンス。

小銃射撃の構えが参考にされている。

標的に対して半身に構え、利き腕をピンと伸ばし、反対の腕は少し曲げてやや下から銃を支える。

銃がしっかりと固定されるため高い射撃精度を実現できるものの、固定が過ぎて動きにくいのが欠点。

加えて人間の戦闘本能に反した姿勢であり、ウィーバーで訓練を積んでいた警官が実戦になると自然とアイソセレスに近い姿勢を取ってしまっていた事が明らかと成り、実戦的な場では使われ無く成って久しい構えである。


しかしながら半身の構えは剣術のそれに似てスタイリッシュであり、銃が顔に近く成るため絵的に映え易いという点からフィクションでは未だ主流の構えでもある。


センター・アクシス・リロックの略。

顔に接触するギリギリの距離で、斜めに銃を保持する超接近戦向けの構え。

室内での戦闘や、車両から射撃する際に適している。


習熟が難しくマイナーな構えであったが、ジョン・ウィックで参考にされた事により知名度が大幅に向上した。

役者の顔と銃がフレーム内に収まり続けるのもフィクション的に美味しいところ。


  • 片手撃ち

西部劇などでよく見る構え。

標的に対して斜め、もしくは真横に体を向けてると腕の捻りが少なく成るので負担が少なくなる。

拳銃が騎兵の兵器であった時代、射手は手綱を握り続ける為、拳銃は片手での構えを前提に設計され続けていた。

このため当時のグリップは両手では握りにくい形状をしており、徒歩の状態でも片手で握るのが常識となっていた。

50年代にウィーバーが改革をもたらすまでは主流の構えであり続け、現代でも腕を負傷した際や片手が塞がっている等に備えて習得が推奨されている。


    • ヒップシュート

片手撃ちだが此方は腰だめで照準を使用せずに撃つ構え。

銃を持った手を腰骨に当てて支えて撃つ。

狙いは甘く成るがホルスターから抜いて即座に撃てる事から、FBIでは近距離での射撃の際には一時期FBIクラウチングと呼ばれる射撃方法も使用していた。


    • ギャング撃ち

銃を右手一本で持ち、真横に倒して正面に突き出す。

人体の構造から正面に拳を突き出すと自然と拳が横向きに成り易く、その自然な姿勢で銃を持ってしまった結果がこれである。

映画と言った映像作品の影響もあって全く訓練されていない犯罪者達がこの構えを良くとっている。

照準器が使いづらく、反動もいなしにくく、射撃を行う上で何一つ利点が存在しない構えではあるが、コンビニを強盗する際にはカウンターの向こう側を狙い易いというメリット(?)もある。

カメラ銃口」の構図で役者の顔が隠れにくい為フィクションでも人気を博していたが、最近では監視カメラ映像などの可視化により「ケチなチンピラがする構え」というイメージが定着しつつあり、そういったキャラ付けが目的でない限りは選択されなくなってきている。

フルオートが可能な拳銃では横倒しにしたまま連射し、その反動を利用して薙ぎ払うように撃つ事もあり、「横撃ち」であったり「水平薙ぎ撃ち」呼ばれているなど呼び方は一定ではないが、MGS3にて「馬賊撃ち」の名が出てきてからはその名で呼ばれる事も増えている。


    • 横撃ち

バリスティックシールド使用時に盾の覗き窓越しに撃つ為の構え。

片手で持った銃を横に向け、腕はシールドの縁に当たる様に顔の方に伸ばして支える。

シールドを構えているという事は基本的に至近距離と言う事であり、役割分担もあって射撃精度はさほど期待されておらず、精度が必要な射撃は基本的にバディが行う。


  • ハリエステクニック

片手にフラッシュライトを逆手に持ち、銃を持つ手もしくは手首にライトを持つ手の甲か手首を当てて支える構え。

ライトと銃を安定させて構える事が可能という利点があるが、即応性の低下と死角が生じ易い欠点があるだけでなく、構えの際に銃口前をライトや腕を横切ってしまうという危険性がある。


  • ロジャース/Surefireテクニック

ライトを人差し指と中指の間に挟み、銃を持つ手をライトを持った手で包む構え。

通常の両手持ちに近い操作が可能でマガジン交換等に対応し易いという利点があるが、小型のライトしか使用できず、即座に構える事が出来ないという欠点がある。

持ったライトは点けっぱなしで構えるか、テールキャップ部のスイッチを銃や銃を持つ手に当てて間欠点灯する。


  • モデファイドFBIテクニック

ライトを順手もしくは逆手で持ち、体から離れた位置で点灯させる構え。

ライトを自由に動かせるので様々な位置を照らせる事が可能で、身体から離れた位置にライトがあるので光源を目安に撃たれた場合でも中り辛い利点があるが、ライトと銃どちらも安定性が低くなる欠点がある。


  • ネックインデックステクニック

ライトを逆手に持ち、腕を畳んで耳の下もしくは顎に添える構え。

ライトを安定させ、視線に近づけて標的を照らす際に使う。

ライトが頭部に近く成る為に銃の照準を照らしてしまい狙いづらくなる、位置によっては銃を持つ手に遮られて影が出来てしまう欠点がある。


握り方

  • ティーカップ

カップアンドソーサーとも。

銃を持った手とは反対の手(サポートハンド)で受け皿の様に下から支えるように握る握り方。

現在では古い構えである事から古い人間である事を視覚的に分かり易くするといった使い方もされている。

名作とされるアクション映画などの少し古めの作品では多く見かける事から、素人が真似る構えという使い方もされる。


  • リストブレース

サポートハンドで銃を持った腕の手首を握る。

安定性も劣り、握る力が強くなる訳でもない古い握り方。


  • クロストサムス

親指を交差する様に握る。

後退したスライドにサポートハンドの親指が削られる恐れがある為、リボルバー向けの握り方。


  • フィンガー・オン・トリガーガード

サポートハンドの人差し指がトリガーガードにかかる様に握る握り方。

強い反動の制御は難しくなるが、ブレを減らし易い。


  • サムスロックダウン

上からサポートハンドの親指で、銃を持った手の親指を抑える様に握る握り方。


  • サムスフォワード

グリップの開いた部分にサポートハンドの掌を密着させて、親指が前に向く様に揃えて向ける握り方。


関連イラスト

デビルメイクライ事務所ロリータと二丁拳銃

bang!ひどい落書きから架空銃を立体的にでっち上げる


有名な拳銃


拳銃に関連が深いメディア作品

ガンアクション

その他、拳銃と関連が深い作品


関連タグ


外部リンク

関連記事

親記事

じゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16095025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました