ピクシブ百科事典

グロック17

ぐろっくじゅうなな

オーストリアのGLOCK社が開発した軍・警察用の拳銃である。
目次[非表示]

概要

グロック17(GLOCK17)とはオーストリアの銃器メーカーであるグロック社が開発した自動拳銃である。
開発は1980年からわずか2年で最初のプロトタイプが提出され、1983年のトライアルで「Pi80」の名前でオーストリア国防軍の制式拳銃として採用された。
トライアルに参加した他の銃はスタイアー社のPi18、H&K社のP7、SIG社のP220/226、ベレッタ社のM92FSB-F等が名を連ねていたが、無名のグロック社の製品には誰も目を向けていなかった中での快挙だった。
Pi80の民間用モデルとして1982年に西欧市場で、1985年に銃器輸入商社を介してアメリカ市場で販売されたものがグロック17である。
17とは、当時としては多かった17(+1)発の装弾数をアピールしたものだと言う説や、製作するにあたって獲得した17件の特許の数であるという説、などさまざまだが本当の理由は分かってない。
信頼性の向上と共に部品点数は多く複雑化していたオートマチックピストルではあるが、このグロック17では一つの部品が複数の部品の役割をする、一つのピンで複数の部品を固定するなど、非常に部品点数が少なく済む構造となっており、部品点数35と非常に少ない部品数を実現している。

バリエーションとしてバレルとスライドにマズルブレーキとして機能する穴(マグナポート)が開けられたグロック17C、17Cにエクステンドスライドストップ等を追加した競技向けモデルのグロック17CC、競技向けのロングバレル・ロングスライドのグロック17L、公的機関向けのグロック17M等がある。
17LはIDPA競技会のルール改正により使用できなくなったため、新しいレギュレーションにあわせて銃身長を短くしたグロック34が発売された事で製造はほぼ終了している。(カタログ落ちはしておらず、不定期に少数生産されている模様)
グロック17Mは4thGenをベースとしており、外見ではフィンガーグルーブの除去、右側へのスライドリリースレバーの追加、マガジンウェルの開口部が広げられてマガジン交換が容易となるなどの変更が加えられている。中身もG42/43をベースに改良を加えられており、特に銃身は線条痕の判別がしづらく、誰が撃ったのか判り辛い多角形状の線条から溝掘り式の線条へと変更している。

銃身にポリゴナルライフリング(多角形施条)を使用しているため、ライフリングが食い込む弾頭部側面にギルティングメタルが施されていないソフトポイント弾が使えない等、弾を選ぶ。
また、上記のように線条痕の判別がしづらく、法執行機関での銃撃戦後の現場検証においては誰が撃った弾なのかを判別するために非常に手間がかかる。対策としてマイアミバレルと呼ばれる弾頭の識別がしやすい銃身が用意された事もある。

グロック17にはいくつかのフレームバリエーションがある。

  • 1stGen
 グリップが全面栗地。
 フロントサイトの固定方式は差し込んで裏側からピンで固定する方法。
  • 2ndGen
 グリップの前面がチェッカーとなった。
 途中からフロントサイトの固定方法が3/16hexのボルトに変更。
  • 3rdGen
 現行のフレームでアンダーマウントレールやフィンガーグルーブ、フィンガーレストが追加された。
初期の9mm用フレームはGen2と同様の2pinフレーム(トリガーハウジングピン及びトリガーピン)だったが、後に他の口径用のフレーム同様にロッキングブロックピンが追加された3pinフレームに変更されている。
2007年よりグリップ部のトリガーハウジングピンが太いラージピンへと変更されている。
また、スライド側はエキストラクターに突起が追加され、ローディングインジケータとして視認しやすく変更もされている。
  • 3rdGen RTF
ラフテクスチャーフレーム(Rough Texture Frame)。
フレームの滑り止めの模様の変更、スライドのセレーションをうろこ状にするなど、外見を変更したGen3。
現在はカタログ落ちしている。
  • 4thGen
現行のフレームで強装弾に対応するために補強に加えてリコイルスプリングが二重になる等様々な変更が施されている。
外見上の大きな違いは滑り止めの模様の変更、グリップ後部のバックストラップが交換可能となっている等、大きく変えられている。
既存のフレームでは推奨できなかった強装弾に対応したため、弾薬の相性によっては動作不良を起こしやすくなってしまっている。
多くの箇所を変更したため、Gen3までと部品の互換性が少なくなっている。
社外製品のスライドや純正スライドの加工により小型のダットサイトとアイアンサイトとの併用が流行っており、MOS(Modular Optic System)として小型の光学サイトをリアサイト前に直付け可能なスライドを搭載したモデルが用意されている。
  • 5thGen
 2017年に登場した最新のモデルで、4thGenをベースに主にフレームの形状を一新している。
 フレームの変更は右側へのスライドリリースレバーの追加やグリップ前面のフィンガーグルーブの除去、マグウェルの拡大が行われている。
 スライド部は銃口側がグロック34等のロングスライドモデル同様に斜めにカットされており、エキストラクターの大型化がされ、銃身はライフリングが変更されたグロックマークスマンバレル(GMB)へと変更された。
 銃身及びスライド表面のコーティングがnDLCフィニッシュへの変更がされている。

余談

元々グロック社は樹脂成形と金属プレス成形の会社であり、ドアノブやヒンジといった産業用部品の下請けや医療技術部品などを製造し、軍用の装備関係ではナイフや折りたたみスコップ手榴弾の樹脂製外皮などを製造しているのみと銃器メーカーではなかった事から、その機構や設計思想はそれまでの軍用拳銃のスタイルにとらわれないものであった。
もともと軍用品を作っていたために兵士から直接意見を聞けるだけでなく、設計を行なったガストン・グロック氏自身が拳銃射撃を好んでいたことから、拳銃に必要なもの、必要でないものが分かっていたのも大きいだろう。
発表当時は特殊な機構や材質、デザインから敬遠されたが、現在ではその性能が認められ、軍・警察用として本国のオーストリア以外にも、フィンランド、スウェーデン、インド、アメリカでもFBIなどの法執行機関に採用されている。
樹脂性フレームは寒冷地や熱暑地等の金属を素手で触れなくなる事がある地域、海岸近くで錆を気にする必要のある地域では特に評価されている。
金属製のスライドは特殊な熱処理とTenifer Finishと呼ばれる表面処理により防錆能力は高くなっており、海中に長期間放置した場合でも作動した例もある。
Tenifer Finishはステンレス以上の防錆能力を発揮するため、他社の銃ではバリエーションとして存在しているステンレススライドモデルは存在していない。
NATO規格弾となった9x19mm弾を使用する拳銃の必要性から行なわれたアメリカ軍のXM9パーソナルディフェンスピストルトライアルではM1911に換わる拳銃としてベレッタM92FSがM9として採用されたが、グロック社は準備不足として参加を辞退している。
ソリッドフレーム(金属製フレーム)ではないグロックはポリマーフレームへの懐疑から、初期型グロックはガンケースがタッパー状だった事もあってタッパーガンなどと皮肉った名で呼ばれることもあった。
ちなみに現在のガンケースは他社同様にスポンジの入った強化プラスチックのケースであるが、グロックではピッキングに比較的強いディンプルキーシリンダーの鍵でロック可能なケースも用意している。(鍵のない通常のケースには南京錠等は使えないが、他のメーカーも同様のものはあり、鍵が掛けれたとしても持ち運べる上に破壊は容易と安全といえる箱ではなく、保管用のガンロッカーは別に用意するものと割り切っていると思われる)
また、銃の盗難や子供による誤発射事故を防ぐために銃自体にロックをかけれるものも登場しており、ガンケース同様にディンプルキーシリンダーを用いている。
拳銃弾を使用したカービンではグロック互換のマガジンを使用する機種が登場しており、FMG-9クリス・ヴェクターAR-15クローンまで様々なものがある。

変わった特徴

この銃には他と違う変わった特徴が多い。
中でもとりわけ有名なのはその素材である。
グロックは、フレームやマガジンがポリマー、強化プラスチックでできている。
そのため、重量が軽く射手への負担が少なく、高温環境や極寒環境でも素手で扱えるという利点がある。
フレームに使用されているポリマーは硬質ではなく柔らかい樹脂を使っており、強度を高めると共に射撃時の反動を吸収する役割を果たしている。
グロックの開発以前にも、ポリマーフレームの拳銃は開発されていたが、時代がそれを受け入れずすぐに姿を消した。(ちなみに、世界初のポリマー製拳銃はH&K社のVP70である)

特殊な安全装置(セーフティ)

このグロックはマニュアルセーフティ類を搭載せず、トリガー部にのみ射手が直接操作可能なセーフティを搭載しているが、既存の安全装置に慣れたユーザーが使用した際にホルスターから出すときなどに誤発射が多い銃としても有名であった。
(撃つ時以外でもトリガーに指を掛けているという事で安全意識のかけらも無かったということも示しているが)
また、長年ダブルアクションリボルバーを使用していた警官はトリガーストロークやトリガープルの違いから暴発させやすく(意図しないタイミングで撃ってしまう)、対策としてオプションでトリガープルを重く(5ポンドから8ポンドに変更)するためのコネクターランプ(ポリスコネクター)を用意し、さらにリボルバーに似たトリガープルの感触を持ちトリガープルをさらに2ポンドほど重くしたトリガースプリング(ニューヨークトリガースプリング)をオプションで用意した。
これらによってトリガーセーフティはより安全性の高い方式として生まれ変わった。
外見からは一つしかないと思われる安全装置だが、トリガー部にトリガーの後退を防ぐ部品を追加したトリガー・セーフティ、ストライカーの雷管への接触を防ぐファイアリングピンブロック・セーフティ、ストライカーの前進を防ぐドロップ・セーフティと三つの安全装置が搭載されている。
それぞれのセーフティは連動しており(セーフアクション)、セーフティを外す操作を必要とせず、対象に銃口を向けてトリガーを引けば良いだけとなっている。
また既存のダブルアクション(前進状態)、もしくはシングルアクション(後退状態)と違い、コッキングされた状態ではストライカー(グロックはハンマーは無く、直接ファイアリングピンを動かすストライカー方式となっている)を6割程度後退させておく変則ダブルアクションを採用している。
この構造により故障等により万が一セーフティが働かずにストライカーが前進した場合でも誤発射の可能性を減らすだけでなく、ダブルアクションのようにトリガーが重くならないことを両立している。
射撃直後はストライカーは完全に後退した状態であり、トリガーを一定以上戻すことで6割前進した状態へと戻るが、少しだけ戻して再度トリガーを引く事で完全後退状態からの射撃が可能で、一度目の射撃時より弱い力でトリガーを引くことが可能となっており、連射の際にガク引きにより狙いがずれてしまうことを防いでいる。
ストライカー方式のためにコッキングがされているかどうかわからないため、トリガーがコッキングインジケータを兼ねており、ストライカーが前進しているときにはトリガーは引ききった状態に固定される。
不発の際はシングルアクション同様にトリガー操作でストライカーを動かすことが出来ず、露出式ハンマーと違いストライカーを指で動かすことも出来ないため、排莢するほどではないとはいえ少しだけスライドを動かしてストライカーを待機位置へと持っていく必要がある。(撃てるか判らない不発弾は捨ててしまうのでわざわざストライカーのみ操作して再度激発する必要はないが)
しかし、このようなグロック独自のセーフアクションや変則ダブルアクションは癖があることから好まないユーザーは多いため、グロック17の後追いをした銃では既存の銃のようにセーフティレバー、グリップセーフティなどを採用し、ストライカー方式を採用した場合でも変則ダブルアクション機構等を採用しない銃も多い。
また、このような安全機構があってもマニュアルセーフティが搭載されていないことから一部の法執行機関では従来の拳銃を採用、またはXDMM&P等のマニュアルセーフティやグリップセーフティのようなトリガーセーフティ以外の安全装置を搭載、もしくはオプションで用意している機種へと再び変更しているところもある。
ユーザーレベルでは社外部品としてM1911と同じように操作ができるサムセーフティを搭載する部品も登場しており、後付けではあるものの一応はマニュアルセーフティの搭載は可能である。
グロック側もイギリス軍向け(クロスボルトセーフティ)やタスマニア警察向け(M1911風サムセーフティ)、アメリカ陸軍HMSトライアル(サムセーフティ)のようにユーザーの要望に応じてマニュアルセーフティを搭載したモデルを出す等、ある程度は対応しているが、セーフアクションの利点を潰してしまうためかあまり積極的ではなく、一般向けのモデルではマニュアルセーフティを搭載したものは出していない。

問題点

グロックはグリップは自然とハイグリップとなるようにデザインされているが、Gen3やGen3をベースとしたSF(Slim Frame)、RTFまでバックストラップ(グリップの後ろのふくらみ)が同じ曲線でユーザー(特にアメリカで多数派となるM1911ユーザー)からデザイン変更を求める声があった。
現在Gen3と並行して販売されているGen4ではグリップのバックストラップが交換できる様になって、やっと解決されたと思いきや、先に登場していたアフターパーツの方が人気で決断の遅さがうかがえる。
またハイグリップが出来るグリップ形状の影響でアメリカ人などの手の大きい人が後退したスライドで親指の付け根を切るという事故が多く、グリップ後部のビーバーテイルの延長が求められていた。(既に解決済み)
Gen3で追加されたグリップ前面のフィンガーグルーブは手に合わないと逆に握りにくくなる事からフレームのカスタムの際には除去されることもあり、社外のフレームに至ってはないものが殆どという有様であり、Gen5では再び無いフレームへと変更されている。
開発当初はどちらの手でも同様に扱えるような設計というのは珍しい時代であり、右手で扱うことを前提とした軍用拳銃であった為にマガジンキャッチが左手で操作できないという不満もあったが、これもGen4では左右入れ替え式に変更する事で解決しているが、左手用に入れ替えた場合は固定用の切り欠きが片方にしかないGen3までの旧型マガジンが使用できなくなるという問題も生じている。
スライドリリースレバーも同様に左側のみで右手での操作が前提となっているが、マガジン交換時はレバーを使わずにスライドを動かしてロックを解除する事も多く、右側へのレバーの追加はそこまで重視されていなかったが、グロック17M及びGen5では追加されている。
前述のようにグロック17のフレームは柔らかい樹脂を使用しているが、Gen3以降のアンダーマウントレールを持つグロックではねじで側面から締め付けるタイプのライトを装着した場合、締め過ぎる事でフレームが歪み、動作不良を引きこしてしまう問題がある。
一部の競技用途ではポリマーフレームでは軽すぎ、ダットサイト用のマウントアームの増設といった加工を施す際に歪んでしまうといった問題ことから金属製フレームがアフターパーツで販売されている。
また、初期のマガジンはスチールインサートが無いため、多く装填した際にマガジンが膨らんでしまい、グリップから抜けにくくなるという問題があった。
(現在発売されている社外マガジンにはスチールインサートがないものもあるが、純正品とは違う組成の樹脂を使用しているためか特に問題は出ていない。一方で韓国やイスラエル等で製造されている互換マガジンの一部では純正品と同様にスチールインサートのされたものであるが樹脂の組成や構造の違いからか歪んで抜きにくい、リップ部が変形して装填不良が起きる、と言った問題が起きており、社外マガジンは高性能なものと不良品一歩手前とが混在している状況である。)
現状のスチールインサートマガジンでもポリマーマガジン特有のすべりにくさ、使用環境等によっては抜きづらいことがあり、グリップより長いマガジンやフィンガーグルーブ付きの大型マガジンプレート(マガジン底を塞ぐプレート)を使用しており掴みやすいマガジンならともかく、丁度収まったマガジン長のものでは引っかかってしまうと引き抜くのは容易ではなく、マガジンプレートを社外品へと交換する事で引き抜きやすくするカスタムが行われる事もあった。
Gen5ではマグウェル部の拡大とマガジンプレート形状の変更によりマガジンプレート部を持って引き抜きやすくなっている。
ファイアリングピンであるストライカーは消耗品であるが、破損の仕方によっては分解が困難となってしまう。スライドを外してストライカーを操作してバックプレートを外すという手順でストライカー等が抜けるようになるのだが、破損の仕方によってはバックプレートを外すことすらできなくなる為、交換が不可能となる。こうなると一般的なユーザーレベルでは対処は難しく、専門知識のあるガンスミスの手による分解が必要となる。
他にもGen3から追加されたフィンガーグルーヴが手に合わずに邪魔、標準搭載のU字型白線が引いてある標準型のリアサイトが見にくい、アイアンサイトが標準のものはポリマー製の為に破損や変形などの心配があるといった問題点もあり、グロックが完璧な拳銃と言われるにはまだ時間がかかる。

もっとも、アイアンサイトに関しては他社製品でも見にくい、使いにくいなどは珍しくはなく、オプションもしくはアフターパーツに交換が当たり前な部品なのでグロックに限らない欠点となっている。
さらに言えば万人に合う完璧な拳銃というものは無いため、カスタムパーツで補助したり、銃自体に加工を施す事で使いやすい銃へと変える事は当たり前となっている。
なお、オプションとして3ドットタイプの金属製アイアンサイトも用意されており、最新のロットではモデルによっては破損しやすく、変形が狙い辛さへと繋がるフロントサイトのみ金属製が標準となっているものもある。

2005年にアメリカにおいては特許が失効した事もあり、主要部品であるフレームを組めて様々なパーツやキットが販売されており、カスタムパーツのみで一艇組む事も可能となっている。
M1911AR-15同様に大きな市場となっているが、S&Wシグマにおいて敗訴した事もあってか大手メーカーからはそのものであるクローンは登場していない。

都市伝説

限られた場でのみ有名だったグロックの存在を広く世界的に有名にしたのは皮肉にも間違った報道や認識がきっかけだった。
1990年の映画「ダイ・ハード2」でテロリスト役が(一応ドイツ製のグロック7と別の銃扱いではあったが)この銃を所持していたことがきっかけである。
そこでのあるセリフが当時の社会で波紋を呼んだ。そのセリフは、空港内でのシーンでテロリスト役の男が「この銃はプラスチック製だから、X線に映らない」と言ったのである。
当時アメリカでは外国製品排斥の動きがあり、映画での間違った台詞だけでなく、「X線探知や金属探知機にも引っかからないハイジャッカー御用達の銃」と悪意を持った誤報道やバッシングが行われ、さらにリビアカダフィ大佐が大量購入したと報道されてしまう。
これらの件が原因となり、グロック社には真偽を問う意見が殺到したが、実際には銃弾やスライドなど、金属部分はそのまま映る為に容易に発見されてしまう。
現在のものはマガジンには補強のために金属のインサートが入れられ、フレームのポリマーにはX線造影剤を素材に混ぜ込む事で発見はさらに容易になっている。
結果としてはオーストリアの無名メーカーであるグロック社の宣伝をマスメディアが無料で行った程度で済み、あの有名なグロックを欲しがるものはアメリカで多く生まれることとなり、長く品切れが続くようになった。

なお、実銃が販売されていない日本では同じくダイハード2での「アンタの給料全部投げ出しても買えないね」という台詞が原因でグロック17の値段が非常に高価であるという誤解が長く続くことになった。
実際は新品価格でグロック17が441ドルに対しベレッタM92Fが685ドル、SIG P226が628ドル、コルトM1911が526ドルと他の銃と比較して安価な銃であり、中古であればさらに安価に購入可能となっていた。

遊戯銃

銃自体が有名なことに加え、多くの法執行機関や軍等で使用されており、映画などでも多く登場することから様々メーカーから発売されている。

  • タナカワークス:17 2ndGen及び3rdGen(2pin)固定スライド及びガスブローバック、モデルガン
  • KSC:17 3rdGen(2pin)ガスブローバック(フロントサイトはGen1と同じ差込式となっている)
  • 東京マルイ:17 2ndGenコッキング、17Lコッキング、17 3rdGen(3pin)ガスブローバック、17カスタム(カナダのSMARTLOCK製カスタムパーツをモチーフとしたカスタムパーツを装着)
等。
しかし、エアソフトガンとして成立させる為の機構の制限からグロック独自のセーフアクションや変則ダブルアクション等は再現しきれておらず、多くの製品ではインナーハンマー式のシングルアクション機構を採用している。
タナカより発売されているモデルガンのグロックのみ、それらを再現している。
また、上記のような柔らかい樹脂を使用したフレームは再現されておらず、硬質のABS樹脂や金属粉を混入したヘビーウエイト樹脂となっている。

グロック社は銃のエアソフトガン化は認めておらず、訓練用のトレーニングウェポンとしてしかライセンスの供与は行なっていない。(もしくは実銃でも使えるガンスタンド等でのロゴ使用のみ)
国内での裁判等の問題もあり、商標の問題からグロックのロゴが使われていないものもある。
KSC製は製造時期によってはスライドのロゴがG部分だけになっており、オーストラリア製表記がMIL SPEC表記となっている。フレーム側もロゴがなく、パテント表記や製造国表記部分が変更されている。(また時期等によってはKSC独自のシリアルナンバーが実銃と違う位置に刻印されている)
タナカ製はロゴのG部分が少し異なり、CLOCKとなっている。

エアソフトガンの組合の一つ、ASGKではエアコッキングガン等の一部を除いてマニュアルセーフティの搭載は必須であり、実銃ではないマニュアルセーフティ(いわゆるトイガンセーフティ)が追加されている。
タナカではフレーム側面、スライドとフレームの境に小さなセーフティレバーが用意されていたが、外見が崩れてしまっているという問題があった。
KSCではトリガーセーフティ部を銃口方向へ立てることでトリガーがロックするようになっている。やろうと思えばトリガー操作時にセーフティを解除して発砲と言った事も可能であり、セーフティ機構として少々疑問を持つ構造であった。
マルイではフレーム下部のシリアル番号プレートがセーフティになっている。しかしアンダーマウントにライト等を取り付けたり、樹脂製ホルスターを使用した際にプレートが移動してロックされてしまう、プレートの突起が邪魔となってライト等が取り外せなくなる、という問題があった。

エアソフトガンとして機構を組み込むためか、採寸元となったモデルとなった銃の問題か、実銃とサイズが異なっているという問題もある。
特に問題となるのはマルイ製で、.45ACPを使用するグロック21並みのサイズとなっており、そのままでは9mm口径サイズのホルスターを使用することは出来なくなっている。(一番多く売れるマルイ製を基準としたために輸入品の実銃向けホルスターは21用が殆どを占め、他社の実銃サイズに近い製品ではまともに使えないホルスターが売られている)
また、実銃用ホルスター自体とエアソフトガンとの相性の問題もあり、ホルスター自体が変形して銃を抑える構造のものは干渉によりエアソフトガンが傷だらけになってしまうが、擦り傷どころか大きな傷が付いてしまう事もある。(実銃ではホルスターの方が柔らかいために大きな傷が付くことはなく、擦り傷程度は実用上問題ではない)

関連イラスト

グロック 17 3rd
glock-g17-02



関連タグ

グロック GLOCK グロック18C
シグマ XD Px4 シグプロ P320

pixivに投稿された作品 pixivで「グロック17」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31482

コメント