ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アフリカに生息するゾウ。ゾウ科アフリカゾウ属。別名サバンナゾウ。体長は約7m、体高は約3~4m、重量は最大で10tに達する。
現存する陸上最大の動物で、でも簡単にひっくり返すような巨体に違わぬを持ち、地上で最も強い猛獣なのは間違いない。また、巨体に反して意外と素早く、その走行速度は時速40kmに達する。
あまりに体が大きいため、毎日200㎏~300㎏エサを食べ、100リットル以上のを飲むとされる。なぜかゴリラ共々バナナばっかり食ってる印象が先行するが、実際は果実葉っぱよりもを好んで食べ、おもちゃに丸太を与えられたら一通り楽しんだ後、そのままおやつにすこともある。しかし消化能力は低く、仲間のを食べることもある。アフリカゾウは1日2㎏大便をするが、この糞は繊維質が多く、の原料に出来るとさえ言われている。というか(素材の生産者はインドゾウだが)実際に商品化されていたりする。またインドゾウ共々飼育している動物園では肥料に加工して餌にする野菜の栽培に使うところもある。

見分け方

インドゾウとの見分け方は簡単で、が頭部と同等かそれ以上に大きかったらアフリカゾウ、小さかったらインドゾウである。アフリカゾウは全体的に体が大きく、インドゾウとは比べ物にならないほどが長い。他にもの突起が1個(上にある)だけならアフリカゾウ、2個(上下にある)ならインドゾウという見分け方もある。

他種動物との関係

銃を持った人間以外に天敵と呼べるものは存在せず、個体戦力は文句無しのアフリカ最強。
成獣個体にまともに傷を付けられる生物はシロサイやカバ、スイギュウなどの他の大型草食動物ぐらいのもので、それらでさえ本気になったアフリカゾウには簡単に殺害されることもある。
ただし、幼獣個体はライオンの群れに襲われて捕食されることがあり、一部地域のライオンの群れには成獣個体も積極的に狙う特化タイプがあり、必ずしも無敵というわけではない。

生息状況

上述のように大量のエサを食べるため広大な生活圏を必要とするが、人間の生活圏に圧迫されてゾウが居住できる地域は徐々に少なくなっている。さらに、象牙目当てのハンターに襲われることが多かったためその数を減らし(特に立派な象牙を持つ個体は顕著で、結果成長しても象牙が目立たない個体の割合が増えている)、現在は絶滅危惧種VU(危急種)に認定されている。

関連項目

ゾウ  マンモス
アフリカゾウ(けものフレンズ):本種モチーフのキャラクター(フレンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「アフリカゾウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31945

コメント