ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アムールトラ

あむーるとら

アムールトラは、トラの最大の亜種である。別名:シベリアトラ、シベリアンタイガー。
目次 [非表示]

概要編集

ネコ科に属するトラの一亜種で、現存する5つの亜種でも大型の体躯を持ち、ネコ科の中でも最大の種である。

雄の個体では全長3m、体重350kgを超えた例も報告されている。


本亜種はロシア沿海州から中国東北部、朝鮮半島の広範囲に渡って生息しており、その地域ごとに


ロシア沿海州:アムールトラ、シベリアンタイガー、シベリアトラ、ウスリートラ

中国東北部:華北トラ

朝鮮半島:チョウセントラ


と異なる呼び方をされている。


また、カフカスに生息していたカスピトラやタクラマカン砂漠に生息していたロプノールトラ(両種とも既に絶滅)は、最近の遺伝子調査の結果アムールトラだった事が判明しており、この事から本亜種はユーラシア大陸の広範囲に渡って生息していた事が窺える。しかし、人間の生活圏の拡大に伴い、アムールトラの生息圏の縮小・隔絶が進んでいき、今ではユーラシア大陸の北東部にのみでしか生息していない。

(北朝鮮の一部でも目撃されているが南部(韓国)での目撃例はないもよう。加藤清正の虎退治はこのアムールトラを倒したものと思われる。)


野生ではシカイノシシを主に捕食するが、時にはカモキジ等の大型の鳥を襲う。ヒグマ(主に子供)を襲うこともあるが、反対に成獣の個体に返り討ちにあったり、自身の獲物を奪われたりすることもある。


寿命は13~20年ほど。単独生活で、繁殖可能年齢は3歳ごろからだが、メスの場合5歳くらいまでに初産をしておかないと後の妊娠が難しくなるとも言われている。

産む子供は2、3頭から7頭という記録があるが、多く出産しても衰弱して育たない子がいる場合もあり繁殖効率はあまり良くない生き物である。


人間とのかかわり編集

前述したようにかつては広範囲に生息していたが、多くの亜種と同様に棲息地の開発や乱獲により激減し、現在の野生の生息数は500頭ほどと推察されている。

現在では絶滅危惧種に指定され保護されたことにより回復傾向にあるが、未だに密猟や地元住民との衝突といった問題が多々ある。


日本国内では24園の動物園で飼育されており、飼育下では馬肉や鶏肉、牛骨などを食べさせており、ロシアの動物園ではモルモットウサギも食べさせている。


上記の事情により、ドイツライプチヒ動物園が国際血統登録を行なっており、全世界で飼育されている個体に番号を振って血が濃くなりすぎないように繁殖計画を行なっている。

日本の動物園もこれに協力しており、そのため時折トラが園を移動することもある。



最強王図鑑では編集

シベリアトラの名前で書籍としては『動物最強王図鑑』に登場。イリエワニライオンと敢闘を見せた。


その後『異種最強王図鑑』においては登場しなかったものの、『マンガ動物最強王図鑑』でアレキサンダーの名を冠する個体が登場。カバラーテルとの敢闘を見せ、3巻では表紙を飾る。


そしてその後マンガの影響もありアニメ版にて第6話から久々にその姿を見せた。スミロドンとの1戦は体力の消耗が激しい大型肉食動物同士ではありながら体の大きさが功を奏し撃破に成功。ミイデラゴミムシとの1戦は致命傷を負うことはせずともこれ以上は危険とみなし戦意喪失…

というか、別の獲物を探しに行くかのように自信満々にその場を去って行った

その判断の速さは、まさに王者の風格を漂わせる負け方であった。

その後はライオンと岩場に出来た巨大な石橋の上で再戦。儚く散ったもののライオンをあと一歩の所まで追い込んでいた。


2つ名は「北の大地に君臨する孤高の帝王」


なお、ライオンと比べ冷遇気味ではないかという意見も見られるが、有名なローマの闘技場でトラの勝率が高かったのは小柄な絶滅亜種ヨーロッパライオンを導入していたためという話があり、本シリーズの動物関連を監修する實吉達郎の著書『猛獣もし戦わば』では実力は互角と記されており、そう深くつっこまない方がいいことがうかがえる。

関連タグ編集

トラ

ヒグマ(ライバル)

動物

アムールトラ(けものフレンズ)

関連記事

親記事

トラ とら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61510

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました