ピクシブ百科事典

スミロドン

すみろどん

新生代新第三紀鮮新世後期から第四紀更新世末期の南北アメリカに棲息した、代表的なサーベルタイガー。
目次[非表示]

データ

属名はその犬歯に因んで「ナイフの歯」を意味する。1842年に南米で「スミロドン・ポプラトール」が命名され、その後南北アメリカで3種の化石が確認されている。

最も有名な「スミロドン・ファタリス(ラテン語で「不吉」の意味)」はカリフォルニア州のランチョ・ラ・ブレアのタール坑から約2000頭分もの化石が見つかっており、そのおかげでかなりの研究が進んでいる古生物の1つでもある。体型はジャガーに近く、前足が発達しており、獲物を追いかけるよりも押さえつけるのに適していた。そのために速く走る事が出来ず、基本は獲物を待ち伏せていたようで、前述したタール坑で多数の化石が見つかったのも、タールにはまって動けなくなった動物を狙って自らも溺死してしまったものと考えられている。
また、見つかった化石にはとても狩りをできる状態ではない重傷を負った個体のものも見つかっているが、その個体はしばらく生きながらえていたことが判明しており、ライオンのように群れで狩りをしたのではないかとされている。
ちなみにこの動物は、ネコ科の中では珍しく性別関係なく体の大きさが同じであるため、細かいところまで詳しく調べないと、オスとメスの区別がほとんど出来ないのだ。

長い牙の使い方

彼らと同じ頃に生息していた草食動物にはバイソンマクラウケニアトクソドンメガテリウムマンモスなどがいるが、主に狙ったのはその体格に見合う前者3種くらいで、メガテリウムやマンモスは親からはぐれた子供などを捕食していたのだろう。その強靭な前足で獲物を押さえつけたら、その24センチにもなる牙を喉に突き立てて頸動脈を切断し気管を押し潰し、失血・窒息死させていたとされている。

絶滅へ

更新世の終わりごろとなった1万年前、獲物としていた多くの動物とともに絶滅の道を辿った。バイソンなどの一部を除く獲物の減少、待ち伏せ出来るような環境ではなくなった、より素早いジャガーやピューマなどとの生存競争に敗れた、人間の影響を受けたなどの説があるが、真相は定かではない。

関連タグ

古生物 ネコ科 サーベルタイガー

pixivに投稿された作品 pixivで「スミロドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5251

コメント