ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ジュラ紀後期の、主に北米ヨーロッパポルトガル)に生息した肉食恐竜。

ティラノサウルス(やその仲間)・ケラトサウルススピノサウルスといった、肉食恐竜界のスターとでも呼べる存在であり、恐竜としても、怪獣やモンスターのモチーフとしても根強い人気がある。


タイプ種の「アロサウルス・フラギリス」という学名は「繊細で(他の恐竜と)異なるトカゲ」の意味だが、実のところ肉食恐竜としてはオーソドックスな体型をしている。

なのに「異なるトカゲ」なのは、発見された椎骨(背骨)が19世紀当時に知られていた恐竜と異なる特徴があり、これは奇妙だということでつけられたもの。ただし後に発見された獣脚類と比べても特段変わり種という訳ではなかった。

現在のところこのフラギリス種の他、2020年に新種と認められたジムマドセニ種と、ポルトガル産のエウロパエウス種の3種が知られている。後述する『恐竜キング』に登場したアトロクス種はフラギリス種のシノニム(無効になった名前)とされており、タンザニア産のテンタグレンシス種はアロサウルス属とは異なる獣脚類と考えられている。


1991年に発見された「ビッグ・アル」の愛称で知られるジムマドセニ種の標本は、骨格の95%が保存されており、アロサウルスの研究に大きく貢献した。ちなみに、このビッグ・アルは成体の一歩手前の若い個体だったと推測されている。

推定される全長は最大11m(近縁のエパンテリアスサウロファガナクスをアロサウルス属とするなら14mに達する可能性がある)。しかし平均な全長は7,5〜9m程で10mを越えることは少なかったらしい。

同じコロラド州のモリソン層で見つかるケラトサウルスよりも大分大きく、それぞれ体に応じた獲物を捕えて棲み分けていたという見方もある。


頭骨は頑丈なつくりをしているが、横幅が狭くて軽く、顎の力はライオンを下回る可能性も指摘されている。だが、カルカロドントサウルスのように噛み砕くより切り裂くことに向いた、鋸歯のある鋭い牙を持っていた。おそらく、大きく開いた顎を手斧のように振り下ろして獲物を仕留めていたと考えられている。また、頭そのものがハンマーにもなったのではないかという人もいる。

この突起はディスプレイに使われたという説や噛まれた際に衝撃を緩和する役割もあったのではという説もある。


胴体はスリムで体重は軽かった。前肢は比較的長く、3本の指には大きな鉤爪があった。後肢はティラノサウルスほど丈夫な構造ではなかったが、推定2t前後の体を時速20~30km台で動かし、トップスピードは30~55km/hに達する脚力があったとされる。


涙骨は角またはトサカ状に張り出し、外見上の大きな特徴となっている。主に仲間に対するアピールに用いられたと考えられる。

同時期に生息したステゴサウルスとは捕食者と獲物の関係にあったようで、アロサウルスに食い千切られたとされるステゴサウルスの骨板や、ステゴサウルスのサゴマイザー(尻尾のトゲ)が貫通したとされるアロサウルスの尾椎が発見されている事がその事を物語っている。

肉食恐竜としては多くの化石が発見されており、見つかった場所もまとまっているので群れをなしていた可能性がある。

また2020年の研究では共食いをしていた可能性が指摘されているが、明確な共食いの証が残っているマジュンガサウルスなんてやつもいるのでもしかしたらさほど珍しい行為ではなかったのかも知れない。


2006年に公開された論文によると、アロサウルスの寿命は22歳〜28歳で、成長期の15歳ごろには年間148kgほど成長したと推定されている。

また、推定10歳のアロサウルスからは"骨髄骨"という組織の跡が見つかり、10歳には繁殖可能であったことが判明している。


登場作品

古代王者恐竜キング

第1紀から必殺わざはチョキ・風属性で登場したが、強さは1400と、実在した恐竜を扱っている割には低い。ショルダーネームは「究極のプレデター」。なのに…

  • 第1紀ではカルノタウルス(2000)やユタラプトル(1800)といった上位のカードがなかったので(メガラプトルやアトロクスはもっと後)、第1紀に限れば、風属性は1600のケラトサウルスが最高位で、No.2とはいえ…

のちにアクト団が改造を施したアクト恐竜バージョンが登場し、こちらはつよさ1800。体色が毒々しいビビッドな色に仕上がっている(通常版はトサカが濃いピンク色で本体がやや青みがかった灰色)。


  • この「超アクトアロサウルス」はアーケード版では他の恐竜とステータスが被っていない唯一の超アクト恐竜である。

バトルタイプは第6紀まではあいこタイプ、2007第1紀から第2紀はそっこうタイプ、激闘!ザンジャーク第1紀ははとつげきタイプ、目覚めよ!新たなる力ではよこくタイプ。

激闘!ザンジャーク第2紀は化石カードの為ふっかつタイプ。


  • 超わざカードに描かれたのは2006雨季限定の「カマイタチ」と、知名度の割にはやや遅め。

あまり青っぽくない体色で登場したが、「青い恐竜のたまご」使用時に出てくる事もある。


テレビアニメでは第40話に登場。カードが風に飛ばされた事によってバルセロナに現れる。ハムをやたら食べていた。わざカードは「カゲロウ」が入っていた。

闘技場で肉を括り付けたマントを羽織ったエースと戦った。


激闘!ザンジャーク第3紀ではアトロクス種(甲虫王者ムシキングにおける亜種と同じ扱い)が強さ2000、風属性、必殺わざはグーで登場した。バトルタイプはではラッキー7タイプ。ショルダーネームは「究極のエリミネーター」。

  • 初登場した次のバージョンでは「ソニックブラスト」のわざカードにも描かれた。

 

カセキホリダーシリーズ

こちらでは無属性のリバイバー(古生物系モンスター)として登場。なんの偶然か青いカラーになっているが、スーパー化石を使うと黄色ベースになる。

 

能力が高い上に無属性なので弱点がなく、どんな相手でも互角以上にやりあえる。そして大型の肉食恐竜系リバイバーは高いスペックの代わりに味方の能力をダウンさせてしまうヤツが多いのだが、こいつは味方の素早さアップでバッチリサポート。強豪リバイバーは多いが、間違いなくその一角に入る。

 

化石はレインボーキャニオンで見つけられる他、稀に化石ギルドで売られていることがあるので運が良ければ序盤から使える。しかし強力な分値段は非常に高く、ひとつ25000G(ゴロリ)と序盤では破格のお値段。

買えたとしても頭がなければリバイブすらできないので、どうしても序盤から使いたいなら通信交換でもらうか、売りに出されるまでひたすらファンタジー北島プレイを続けるかである。

 

「ムゲンギア」では2種類登場。

「スーパー」で登場した青い個体が「ビッグアロン」に改名し、オレンジ寄りの新規カラーが「アロン」として土属性になった。ちなみに「ビッグアロン」の方がレアで、自動回復も持っている。

 

ジュラシックパークシリーズ

意外なようだが、第5作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』までシリーズには登場しなかった。「ジュラシック」という名前からすると、目玉恐竜となっていても不自然ではないが、いかんせんティラノサウルスの知名度のせいか、登場そのものも難しかったのだろうか…?

初登場時は亜成体だったが、続編『ジュラシック・ワールド/バトル・アット・ビッグ・ロック』では成体となり登場。第6作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』にも登場。マルタ島でカルノタウルスと共に人間を捕食していた。

  • なお、シリーズにおけるアロサウルスはジムマドセニ種という設定。

ARK:Survival_Evolved

レッドウッドや山岳地帯に出現。2~3体のグループでスポーンする。一番レベルが高い個体にはリーダーバフがかかり、オレンジのオーラが出る。リーダーは体力を割合で削る出血攻撃を使うことができる。昏睡させ、肉類を与えることでテイムできる。スタミナが少ないので注意。


その他


アロサウルスをモチーフにしたキャラクター

アロザウラー(ゾイドシリーズ)

アロメラス(獣電戦隊キョウリュウジャー)

アロモン(デジタルモンスターシリーズ)

アロン(リバイバー)

ゴドス(ゾイドシリーズ)

ゴロザウルス(ゴジラ怪獣シリーズ)

ゴジラGODZILLA

アロザ(ミラーマン)

X・ドレーク(ONEPIECE)

SCP-250(SCP_Foundation)


メジャーな部類の恐竜だが、やはりティラノサウルスと大型肉食恐竜枠を争うせいかモチーフにするキャラクターは少なく有名どころも少ないのが悲しい…

とはいってもこれは大型肉食恐竜ほぼ全種にも言える事なのだが


余談

  • 実は日本で初めて全身骨格の展示が行われた恐竜でもある。それが国立科学博物館のアロサウルスで、その際のいきさつは今でも語り継がれている。

  • 先述の影響でディノアライブでも最初にデビューしたのがアロサウルスである。2006年に初号機が完成した。以後改良を重ねている。

関連タグ

恐竜 獣脚類 アロサウルス科

関連記事

親記事

アロサウルス科 あろさうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231789

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました