2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

全長5m(7m表記が一般的だが、これは長く見積もりすぎである)、体重2トンほどの中型の鎧竜
属名の意味は、モンゴル語で「美しいもの」である。多数の皮骨板で飾られた本種にふさわしい学名であろう(実は地名らしいが)。波打つような巨大なスパイク状の皮骨板と、「2連ハンマー」、アンキロサウルス科でも屈指の重装甲が魅力の鎧竜であった。・・・はずだった。

アイデンティティ崩壊

サイカニアと言えば、全身骨格がたびたびイベントなどで展示されるため、目にした方も少なくないだろう。一般的なサイカニアのイメージは、すべてこの骨格(MPC 100/1305)に基づいている。
ところで、サイカニアの模式標本(MPC 100/151)は、完全な頭骨と、上半身から成っている。MPC 100/1305はほぼ完全な骨格だったが、頭骨だけそっくり欠けていたため、MPC 100/151から流用して復元骨格が製作された。

ところが、つい最近になって衝撃的な事実が発表された。MPC 100/151とMPC 100/1305の腕部の形態が異なっており、しかも発見された場所も時代も別物だったのである。
よって、「サイカニアの全身骨格」は頭部を除いてサイカニアではないことがほぼ確実となり、「アンキロサウルス科の未定種ないしピナコサウルスっぽいなにか」となってしまったのだった。
人々が慣れ親しんだサイカニアは、サイカニアではない別の恐竜だったのである

古代王者恐竜キング

第1紀で登場したが、体格の割に強さ2000で登場した。実際はアンキロサウルスと強さの設定を逆にするべきであっただろうが…

ショルダーネームは「鋼鉄の要塞」。
バトルタイプは第6紀まではあいこタイプ、2007第3紀から2007第4紀+まではとつげきタイプ、激闘!ザンジャークではカウンタータイプ。なお、体色は色。

2007第2紀ではアクト団の恐竜としてテレビアニメに登場した固有名詞付き恐竜の「サイカ」も強さ1600・必殺わざはグー・超まもりタイプで登場した。

激闘!ザンジャークではディノテクター恐竜も登場した。バトルタイプは「サイカ」はこんじょうタイプ・固有名詞なしのディノテクター恐竜はチョキチョキタイプ。

このゲームでやたら優遇されていたためか大きく知名度が上がった恐竜の一種。

余談ながら、類似作「ダイノキングバトル」においては対照的にパワー500(古代王者恐竜キングにおける強さ1000に該当)の恐竜として抜擢されていおり、両極端。

その他のメディアにおけるサイカニア

久正人氏の漫画『ジャバウォッキー』には進化して恐竜人間となったサイカニアの氏族が登場する。皮骨板はそのままに二足歩行になった彼らは水浴びが好きで、それをもとに河童の伝承が生まれたと語られた。

関連項目

恐竜

関連記事

親記事

アンキロサウルス あんきろさうるす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8115

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました