2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

全長6m、体重3トンほどの中型の鎧竜である。カナダの白亜紀後期(7640~7560万年前)の地層から、多数の頭骨や部分骨格が見つかっている。
かつてはカナダ・アメリカの白亜紀後期の地層から見つかる鎧竜の多くが本種へと分類されたが、近年見直す動きが強まっている(後述)。

頭部から尾の中ほどにかけて、皮骨板でよく装甲されている。また、尾の先端の皮骨板がいくつか癒合して、大きなハンマーを形成している。ゴルゴサウルスダスプレトサウルスなどの捕食者に対し、これを用いて身を守ったと言われている。さらに、まぶたにも皮骨板のシャッターが存在する。

体高は低く、貧弱な歯と大きな胴体と合わせ、背丈の低い植物を丸呑みにしていたと考えられる。

発見と命名の歴史

1902年、ローレンス・ランべ(ランベオサウルスの名前の元になった研究者。ゴルゴサウルスなどを記載)によって、カナダ・アルバータ州から発見された部分骨格に基づきステレオケファルス・トゥトゥスが記載された。しかし、「ステレオケファルス」はすでに昆虫に使われていた学名であったため、1910年になってエウオプロケファルス・トゥトゥスとして命名され直した。
1920年、新たな化石がアルバータ州で発見され、鎧竜にハンマーが存在すること、腰の幅が非常に広いことが初めて確認された。1924年、この化石にはディオプロサウルス・アクトスクアメウスという学名が与えられた。また、1926年に関節の繋がった見事な鎧竜の化石が見つかり、その2年後にスコロサウルス・カトラーリとして記載された。
その後、アメリカのモンタナ州でもエウオプロケファルスらしき化石が見つかった。また、アルバータ州で新たに見つかった頭骨にはアノドントサウルス・ランベイという学名が付けられた。

時は流れて1970年代。この頃、鎧竜の分類は混乱の極みに達していた。しかし、ある新進気鋭の学者が、これをうまくまとめあげることに成功する。この時、(半ば暫定的に)彼はディオプロサウルスとスコロサウルス、そしてアノドントサウルスをエウオプロケファルスにまとめた。この研究は広く支持され、やがてディオプロサウルスたちの名は忘れられた。

1990年代にディオプロサウルス復活の兆しがわずかにあったものの、結局復活せずじまいであった。しかし、2009年から連続して発表された論文で、ディオプロサウルス、スコロサウルス、アノドントサウルスは、頭骨や足にはっきりした違いが見られることや生息年代が違うことを根拠として、見事復活を遂げた
また、モンタナ産の「エウオプロケファルス」についてはオオウコトキアという新しい学名も提唱された。ただし、これについてはあくまでもスコロサウルスとする説も存在する。

古代王者恐竜キング

2007第2紀から強さ2000で登場。土属性。登場時は高い強さと同時期に登場した超わざ「クエイクセイバー」を超必殺わざとして使える事から注目を浴びた。ショルダーネームは「金剛不壊」。

  • 初登場したバージョンでは「クエイクセイバー」のわざカードにも描かれた。

バトルタイプは2007第4紀+まではピンチタイプ、激闘!ザンジャークではこうげきタイプ、目覚めよ!新たなる力ではチョキチョキタイプ。
2007第3紀では化石カードの為ふっかつタイプ。初の化石カードになった恐竜の一種である。

「7つのかけら」では固有名詞付き恐竜の「サイカ」を除けばストーンサークルで入手できる唯一の恐竜カード。

テレビアニメでは第21話で登場。鍾乳洞の土にカードが当たった事によって現れた。わざカードは「クエイクセイバー」が入っていた。

その他

エウオプロケファルスの復元骨格は各地で見ることができる。しかし、国立科学博物館(上野)と福井県立恐竜博物館所蔵の実物骨格は、オオウコトキアないしスコロサウルスであるので注意が必要である。

関連タグ

鎧竜 アンキロサウルス

関連記事

親記事

アンキロサウルス あんきろさうるす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12479

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました